PR

ワンルームエンジェル

【電子限定!
秘密のセリフ入りネームを特別収録!
】BL臨界点!
人生投げ気味のヤカラ男×感情シェア天使――。
人生の光と闇を紡ぐ、はらだ史上、最も優しい物語。
趣味なし、友人なし、恋人なし。
生きる価値、なし。
惰性で毎日を送っていたコンビニ店員の幸紀(30代)は、うっかりチンピラに刺され瀕死になった折、遠のく意識のなかで、真っ白い羽の美しい「天使」を見た―――。
お迎えかと思いきや、その後すっかり完治して帰宅してみると、そこにはあの時の天使が…。
天使のふてぶてしい態度に戸惑いつつ、記憶もなく、飛べないというのを不憫に思い、天使をしばらく家に置くことに。
突然はじまった奇妙な同棲生活だったが天使との日々は、死んだように生きていた幸紀の心にある感情を芽吹かせて――。
あなたは、この関係をなんと名付けますか?デビューまもなく、自身が執筆した短編「止まり木」をセルフリメイクした意欲作!

レビューを見る

購入・お申し込みはこちら

コメント

  1. みーもさん より:
    BLではないけど素敵なお話

    ちょいちょい出てくるツッコミが面白い。
    全体的にはほんわかだけど、要所要所で目を背けたい現実が出てくる。
    最後はしんみり寂しいけど、あとがきでまたちょっとほっこりする感じ。
  2. user より:

    初めて読んだ時から、面白い設定で引き込まれる。
    天使がとても魅力的でかわいい!
    羽も素敵。

    空から着た天使は何故自分が天使になったか分からず、うだつの上がらない主人公と共に生活をしていきます。
    少しずつ暴かれる過去はとても衝撃的で、先も読めない展開が続く。

    ストーリー展開がありきたりでなくしっかりしている。

    少し小説を読んでいる様な気持ちになるような作品で、最後も心を掴まれます。

  3. ねのねさん より:
    帯はBL臨界点突破

    だそうですw

    まさにその通りです。

    過去作のリメイクですが、全然別物。

    構成も演出も素晴らしかった!

  4. 感動した

    bl作品で泣いたのは初めてでした。
    読み始め、微妙な感じがしましたが最後には涙が止まりませんでした。
    生々しいシーンはありませんが感動のある作品です。
  5. 泣ける…

    レビューの中に「泣ける」、とあったのですが
    まさかね…という気持ちで読み進めたところ
    大号泣でした!

    ネタバレせずにまっさらな状態で読むことを
    おすすめします。

    とても良い作品でした。

  6. user より:

    読み切りだったお話が広がって、ヒューマン作品に昇華されてます。
    感動的。

    個人的にこの作品は、BL枠を超えていると思いました。

    ストーリー重視です。

    はらださん作品なので、シリアスを保ったままダークな方向に終わるかと思っていましたが、そんなことは無く。

    ネタバレ無しで読むのをおすすめ致します。

    個人的には、受けの子と同じクラスの男の子がBLしてるところも読んでみたいと思ってしまいました。

    はらださんは色んな角度からBLを描かれるので、毎回楽しませてもらってます。

  7. user より:

    ドラマ放送するということで、購入してみました。

    はらだ先生はハピクソのイメージが強く、読む前ではあっち方向でやばいのかと思っていましたが、読んでみると想像とは全く異なり感動して涙出ました…
    確かに笑える要素などはありますが、ここまで落ち着いた作品だとは思いませんでした…とても最高です。

    話が深すぎてページ読み返したりしました。

    BL?恋愛の要素は薄いかなと思ったので、抵抗ある方でもおすすめです。

    1番驚いたのは、主人公が意外と夢見がちな性格だったことです。
    笑笑

  8. user より:

    号泣しました。
    描き下ろしで完結ですね…
    是非とも巻末のQRコードも…
    そこでもう1回号泣します。

    BLでジャンル分けすることによって、この名作を避けられることがあったら勿体ないな~と思います。

    (内容がBLではない)
    1本映画を観終わったかのような感覚になりました。

    生きるのが下手な元チンピラと記憶喪失の天使のお話です。

  9. さすが

    こちらの元となった短編がはらだ作品の中でもすごく好きだったので少し複雑な気持ちはありつつも面白かった。
    ストーリーを読む作品なのでBL的萌えとかないけどめっちゃよく出来ています。
  10. user より:

    語彙力が無いから上手く言葉に言い表せないんだけど、心に来るものがあった
    そりゃ皆良いって言う訳だわ………
  11. 最高峰

    レビューを見て購入を決めましたが、期待以上でした。

    特に、最後の描き下ろしやおまけ?などは素晴らしかったです。

  12. rhtmさん より:
    BLか…?

    表紙がオシャレで、とても人気があるので気になって購入。

    BLか…?という感じだったけど、都合の良い結末は用意されていないのが良かった。

    読んでよかったです。

  13. user より:

    2回目読了。

    ヤクザの仕打ちのシーンは、2回目で耐性ができていたので、素通りできた。
    帯にBL臨界点とあったので1回目は、かなり警戒した。
    作者が何を書きたかったかはわからない。
    愛するとういことは、男女を越えて、性的な交わりも越えた先に存在することであると思った。
    人を愛することは、一人だけでできることと思う。
    その愛を相手と共有できた期間が少しでもあれば、残り人生、一人でも生きて行けるのではと思った。

    >C評価
    >米津玄師さんの、曲を用いたのはなかなか。
    lemonは、死を悲しみ前に進む曲で、あるため共感はできた。
    しかし、天使が女性であればこのことから、この物語がなぜ男同士の物語にしたのかが読めていない。

    >再提出 
    >〆切 5月24日
    >
    >
    >
    >2019年5月20日(月) 3:46
    >
    >読了。
    やくざの仕打ちにかなり落ち込んだ。
    全体的に良い話であった。
    イメージソングとして、米津玄師のレモンがあってると思った。
    絵がうまいと思った。
    エンジェル役が女性であれば、もっと感情移入をかなりできたかもしれない。
     
    >

  14. user より:

    泣いた…『止まり木』はあの短さでも凄く印象に残っていたけど、設定の妙技というだけでは収まらない。
    素晴らしい。
    なんで天使が学生服やねん…ってとこで引っ掛かって、引っ掛かるんだけどそれをあんまり考えずに読むと、なんつーか、心臓に繋がってる「琴線」と言う名の紐をぶるぶるー、って揺さぶられる感じとでも言えばいいのか…帯の「BL臨界点」は「正に!
    」ってなる。
    表紙が「黄色」で「昼間」、おまけカードが「青色」で「夜」ってと見せかけて実は逆なのかな、これ。
    黄色いのは「夜に部屋の電気を点けている」からで、青色で窓が明るいのは「昼間で部屋の中が暗くなる」なのか。

    エンディングの描写もこれ以外ないと言う…感動させよう、泣かせようと言う気負いが全く感じられないのは、この二人の関係性をなぞって描かれた作品だからだろう。

  15. kjtdsさん より:
    近況にマッチ

    出会い、別れ、あったばかりだったので
    とても染み入りました。

    実写化できそうですよね。

    するならきちんとこのまましてほしいですが。

  16. 久しぶりに号泣した

    まず絵が綺麗。
    テンポもよく読みやすい。
    くすっと笑えるような箇所がたくさんあり、読んでてすごく楽しかったです。
    最後は感動でガチ泣きしました。
  17. もけえさん より:
    悲しいけど優しいお話

    優しいけど悲しい。
    というよりは悲しいけど優しいという順番に感じるお話でした。
    BなL要素はほんわか程度で、後はメッセージをどう伝えているかというお話で、ゴリラな幸紀さんの優しさに触れるのが暖かかったです。
    はらだ先生らしからぬ癖の弱さなので、誰にでもオススメ出来る逸品でございました!

    天使くん(突然のクイズ。
    読んだ人は読み方を脳内変換してください。
    テンシではありません)ですが、幸紀さんをゴリラに例えるならその野生動物の頭とかに乗ってる小鳥みたいな感じの関係性で、ずっと和やかにお話が進んでいきますわけでも無いですが、その急降下具合のインパクトが凄いのも好きです。

    正直表情とかだけだと推測するしか無いですが、天使が感情を感じられることによってそれを言葉にしてくれるから、読者に幸紀さんが優しい人だと伝わったと思います。
    最後には素直に言葉に出し合いましたし、気持ちが分かっていても分かりやすくても、言葉にして伝えてくれる事で伝わることは格別にたくさんあるなと思わせてくれました。

    名前に意味があるの好きです。
    文字ってるのもすきです。

    しかしやはり私は腐女子なので2人の年齢を操作して天志くんを大人にさせちゃったり、そのままの年齢でそわそわ初々しい恋愛始めちゃってるところを勝手に妄想します。

    ありがとうございます!

  18. user より:

    今さらなんだけど、買って置いておいたのを読んで泣かされてる。

    いかがわしいシーンも無いし、2人とその周囲の人たちとの心の描き方が中心なので、お勧め。

  19. Gooooさん より:
    すごすぎる!

    泣いた!
    泣きました!

    はらだ先生、すごすぎる!

    本当に様々な作品をお描きになる。
    そして、そのすべてが高クオリティ。
    人の心にズンっと何かを落としていく感じ。

    この作品はBLという括りではなく、人にすすめたい。
    トゲトゲの心を優しくしてくれる素敵な作品です。

  20. 丁寧に作られた芯のある作品

    エッチなシーンは無いです。
    これをBL作品と言っていいのかもわからない。
    たまたま、天使と幸紀が男だったから傍から呼称するとBLになってしまっただけで、これは2人の物語なんだって思わせてくれる、それぐらい人物描写が丁寧!
    あと、シーンの切り替えだったり、視点の誘導が上手くて、ラストなんかもう、映画です。

    ページをめくるのが楽しかったです。

  21. ゆゆ123さん より:
    目が腫れとる

    心がズタズタにされちゃいました。


    でも同時に温かみも感じました。
    とても言葉にできません、全人類にぜひ一度に読んでほしいくらいです。

    特に電子特典のセリフ入れネームが最高でした。
    きっとそれは救済措置的なものなんでしょうと私は思います。

  22. 文句なしにおすすめできる一冊!

    BL一歩手前くらいですが、2人の関係性にとても心が満たされました。
    話の構成がとても素晴らしいです。
    電子書籍特典で思わず涙が出ました。
  23. ヲPさん より:
    サイコ~~~~~~~!!!

    マジで良、、、涙止まらん、、、一巻だけなのにすごく綺麗にお話もまとまってて満足度が高いな~!
    最後のギミックでまた泣く。
    生々しいシーンは一切ないのでBL読まない人も読んで欲しい。
    なかなかレビューなど書かない私ですが衝動的におすすめしたい!
    と思ってレビュー投稿するくらいには超良かったです。
  24. user より:

    感動して泣いてしまった。

    きれいで儚く切ない、プラトニックなBLでした。

    はらだ先生の過去作、「変愛」の中にも”止まり木”という同じ感じの漫画があったのを思い出し、そのリメイクなのかな?と思いました。

    そちらは単話だったけれど、今回は1冊にしっかりと描かれていて、とても良かったです。

    たまにはプラトニックなBLも良いなあ、としみじみ。

  25. 大袈裟でなく

    あまりに優しくて悲しいお話です。

    会話では笑わされます。
    天使が口が悪かったりするのを、強面の主人公がいなすぐらいです。

    ちょっとしたミステリーを解いていくうちに、どんどん謎が深まり引き込まれていきました。

    なのにそれでも会話は笑わせられます。

    知ってしまった真実も、不条理で理不尽な社会で、その中からふたりが少しでも光を見出そうととする度こちらの心が浄化されました。

    互いに幸せになると別れになるという悲しさに、主人公は救われないのかと、また孤独に突き落とされましたが、そこからまた歩き出すのにも泣けました。

    書き下ろしに救われます。

    絡みなど必要なくなる、もはやBLという枠に閉じ込めてはいけない、綺麗なお話です。

    QRコードがなかなかダウンロード中で開かずモヤモヤしてます(泣)

  26. オススメしたいBLナンバーワン 

    BLなのかそうでないのか微妙なラインだと思いますが、そんなことは関係なく人にオススメしたくなるお話でした。

    優しい気持ちがじんわり広がります。

    きっと明日、私の目は腫れてます。

  27. 切ないな

    凄く素敵な表紙で、評判も良くて、
    やっと購入した。

    想像していた内容とかなり違った。

    もう一回読まないと、
    線が繋がらない。

    切ないな。
    って
    そう思う作品でした。

  28. ーーちさん より:
    すごくすごく良かったです。

    友達に勧められて読んでみました。

    すごく良かったです。
    何度も読み返したいと思います。

  29. いい読後感

    エロ有りが大好きな自分ですが、エロなしでも楽しめました。

    踏ん張ってる人にも零れてしまった人にも暖かい物語でした。

  30. user より:

    ワンルームでゆったりと流れる雰囲気の
    ストーリで、天使くんと生活していく中で
    どんどん天使くんの過去が明かされ...
    と言う様な感じで、比較的ゆっくりと
    進んでいくストーリーですが、
    丁度いいぐらいの時に、場面の変化が起き
    読みやすく、内容はかなりシリアス系で
    読み終わった後の虚無感が凄まじいです。
  31. user より:

    ざっくり言うと男と天使の姿をした少年の、生と死と愛のお話。

    分かりやすい話が、たまにある BLだけど一般人が読んだらBLの概念が変わるタイプのBLです。

    はらださんの作品は『心が軽くなる楽しさや明るさと人間の闇の底を掬ったヘドロを配合したすぐには死なない高品質な毒』みたいなところがままありますが、同じ工場でこんなプラトニック純愛も生産されている……? と息を飲んだのがこちらの作品です。

    慣れた人には毒もオススメですが、『ワンルームエンジェル』こそ誰にでもオススメしたい。

  32. 何度でも読む

    何度でも読んで欲しいし何度でも読むべき作品、と自分の中では思っています
    正直・・・1番最初はそこまでではなかったんです、、、
    でも、読む度にその想いは変化し、今では大事過ぎる大事な作品です
  33. user より:

    はらだ至上、
    人に勧めやすい一冊が爆誕。

    過去の読切を既読だとギャップに驚く。

    こんなええ話にしてくるとは思わんやん。

    はらだで泣くってこれまでなかったけど、かなりぐっときてしまったな。

    やさしい世界。

  34. 満足感たっぷりの1冊

    BLでウルっときたのは初めてです。
    この漫画はBLに入るのかな?って感じですが。
    段々と分かってくる真実、深まる二人の関係性、終盤の切ない展開に読む手が止まらなくなり、最後の描き下ろしに救われます。
    読み応えたっぷりのページ数に加え、QRコードの粋な仕掛けが最高で、読後の余韻も長く浸れる為、1冊の満足感お得感が物凄いです!
  35. user より:

    この漫画、読むのたぶん3回目ぐらいなんだけど、
    1回目と2回目はそんなにささらなかったん。

    っていうのは、
    暴力団とか半グレとかがどうしても苦手で、最初にソレがくるからしんどかった・・・って記憶しかなかったんよね。

    で、今日もう1回読んでみて・・・泣けた~。

    なんでだろう?
    ドラマの実写バージョン(1話だけだけど)見て、最初の暴力シーンに慣れて、その後の展開を想像しやすくなったからかな?

    読みながら、あぁそうだった、そうだったって思いながら読んだけど
    ほぼ読む寸前まで思い出せないほど、
    私の中に残ってなかったのもびっくりだったわw

    この漫画についてはあんまり語りたくない。

    それは、いい意味で。

    私の言葉で語りたくない。
    読んで受け止めないと。

    1回目2回目読んだ時は最後は無理やりハッピーエンドにしてるだけで、
    全然ハッピーエンドじゃないやんって思っていたけど
    今回読んでみてコウキと天使が出会った意味はあったし、
    これはこれでハッピーエンドだったんだなって。

    それから最後の
    「#であい」
    でちょっとひっこみかけた涙が再度ぼとぼとぼと~~~。

    そして友達に教えてもらった最後のQRコードの謎。

    いやマジ、よかった・・・・。

    あとこれ、カテゴリーをBLにしたけど、BLなのか?全然違う普通の漫画じゃない?

  36. user より:

    「めっちゃ好き」のページがすごく好き。
    ああ~こんな言葉を他人から言われたらどんな気持ちになれるんだろう、と。

    天使くんの「人生は開き直りですよ」って言葉、その通りなのだけどそれが大抵の人には難しいんだよな。

  37. いい漫画

    電子書籍版のおまけページがいいですね。

    QRコードももちろん見ました。
    泣く。

    自分的にはこの漫画はBLではないと思いますが

    色んな人に読んでもらいたいと考えました。

    はじめてレビューを書きたいと思った作品でした。

  38. user より:

    外で読んでたので涙を我慢するのに必死。
    はらだ史上、最も優しい…うん、そうかも。
    途中出てくるヤクザって、あのえげつない暴力って、あの人ですよね?あさとよるの。
    それはさておき、暗いし苦しいのにお涙頂戴ってことはなくて、泣きたくなるのは哀しみによるそれとは違ったなー。
    心が洗われた。
    いつもの変態とかエロとかの作品も好きだけど、こういうのも良い。
    BLにはこういう素晴らしい作品もあるんだよー!
    といろんな人に伝えたい
  39. だぶちさん より:
    今だからこの話がいい

    閉塞感とか正義感とか隣りにある今だから、なおさら読めてよかった
  40. user より:

    今作ははらだ作品お馴染みの暴力描写こそ少しありますが、全体としてエッジは抑え目、お話の構成や画力が高いレベルでまとまっており、今までのファンは勿論、一般的にも抵抗感が少なく且つ面白い本に仕上がってました。
    『よるとあさの歌』に出てきたクレイジーな友紀と今作の主人公である幸紀の兄弟関係にグッときます。
    絵的にも、天使の羽根の柔らかさまでが感じ取れてこちらも幸せな気持ちになりました。

    『変愛』に収録されている『止まり木』からお話を膨らませたと思われますが、エンディングが異なります。
    BL的な『止まり木』の終わり方も良かったですが、こちらのメリバ的な終焉も美しいですね。

  41. にすいさん より:
    話がうまい

    BL…?なのか…?というところ。
    ザBLを求めてる人には向かないかもしれないです。
    最後に全部わかる感じが好きですね。
    そういうことか~!
    みたいな。
  42. oeyさん より:
    はらだ史上、最も優しい物語。

    初めて購入したはらだ先生の作品です。
    泣きました、自分でもこんなに泣くのかってほど泣きました。
    これはBL枠だけに収まってほしくない。
    そのくらい素敵な作品です。
    今のこの世にあってる気がしました。
  43. user より:

    抱える闇が深い分、天使の笑顔が印象に残る素敵な作品でした。
    本当に魅力的な人物を描く作家さんだな。
  44. pktさん より:
    感動

    はらだ先生は本当に漫画を描くのが上手い。
    コマ割もそうですがコマの間隔までストーリーにあわせて計算されて緻密に描写されていると思います。
    切なくてあたたかく心に残るお話でした。
  45. 本当に素晴らしいストーリーです!

    愛と救済のお話でした。
    今までレビューで泣けるとあっても中々泣くまでの作品に出会えなかったのですが、こちらは本当に泣きました。
    ストーリーが素晴らしいです。
    最後の特典で涙が止まりませんでした。
  46. ほっこり

    何回読んでも胸にぐっとくる作品です、、。
    天使くんと主人公の絡みが読み進めるほど尊くなります。
    1冊で綺麗に完結してます、恋愛じゃないと思います!
  47. user より:

    この話はBLという括りで見るにはもったいない。
    人生の辛さも人間関係の温かさも全部詰まっている。
    全年齢向け。
    最後の最後のページまで含んで作品として完結していて、本という媒体を超越しました。
  48. user より:

    自分に、人生に価値を見出せないアラサー男子と天使の物語。

    これはもうBLのカテゴリに入れて良いのか?と言うレベル。

    互いが互いを必要としあっていて、優しさを共有して満たされて、想いあっているけれど恋愛的なものでは無くどちらかと言うと家族愛的なあったかいものです。

    BLが少し苦手という人にもオススメ。

  49. 切ないファンタジー

    はらだ先生の他の作品と異なる作品です。
    幅広い方に読んでほしいです。
    ファンタジーですが現実の辛さや孤独を感じさせられるます。
    ミステリー的要素もあり、最後は切ないですが良かったです。
  50. 文句無し!!素晴らしい!!

    読み終わったあと心があったかくなって笑顔に慣れました?涙がじわりと滲みました。
    なんと美しいハッピーエンドでしょう。
    これはBLではありません。
    美しい人達のお話でした。
    はらだ先生こんな素晴らしいお話をありがとうございます。
    買って損なし??買いです??
  51. user より:

    後味いいのか悪いのかわかんないな…いやいいな…でもな…と行ったり来たりしてるうち、これが切ないと言うものかと思うに至りました
  52. NA__さん より:
    このレビューを見た方はぜひ読んでほしいです

    普段レビューを書くことはないのですが、BL読む方も読まない方も関係なく読んで欲しい作品です。

    友人にお勧めされて読んだ作品ですがもっと早く読むべきだった、多くの方に読んで欲しいと思いレビューを今書いています。

    恋愛ものを読みたい方にはテイストが違うので驚かれるかもしれませんが読んだことを後悔することはないと思います。

  53. ryo_25さん より:

    最後泣きました。
    BL読まない人にも読んで欲しい。
    優しい物語でした。
    天使の口の悪さとかクスっとする所もあって本当に良かった。
  54. user より:

    痺れた。
    ヤベェ。
    トップレベルに好きだわこれ……。

    儚くって、寂しくって、心臓を貫くようにジンとした感覚が残る。

    心の準備なんかさせない。
    それはふらっと何かの弾みで、気が付いたらみたいに案外簡単に。

    最後の話の「であい」も最高だった。
    あー、アカン。
    こういう時の気持ちをぴったり説明してくれる形容詞を早く知りたい。
    でもとにかく最高だった。

    この胸に残る痛みこそが、愛していたんだと自覚させる。

  55. ないゆさん より:
    良かった

    すごく良かった。

    はらだ先生の作品の中でも一番優しい物語。

    えちなシーンも一切ありません。

    ただただ二人のかけあいが愛おしい。

  56. ワンルームエンジェル

    普段だったらまず読まない表紙だったんですが、読んでみて良かったです。
    非現実的と現実、シリアスとコメディが凄くいいバランスでした。
    二人がお互いを想い合う優しい気持ちがとても良かったです。
  57. 余韻がすごくて言葉が出ない…でもこの本の魅力を伝えたい

    はらだ先生の作品はかなり暴力の表現が強くて、絵がめちゃくちゃ上手いだけにかなり心にきてたので今作も読もうか迷ったのですが、結局最高の一言。

    ヤクザとか、殺しとか、自殺とか、見るだけで参ってしまう。
    でも、普通に生きる人ならすぐに目を背けてしまうような環境にいる人でもみんな一人一人に事情があって、生活があって、心がある。
    見た目がどんなにチャラくて、すぐに手を出してしまったり、堕落した生活を送っている人でも、こんなにも誠実な心を持っていて、人を思う心があるんだなあというのははらだ先生の作品で一貫して感じます。

    今作は特にそれが強いのかなあ…と。

    天使と不良(なのかな?)。
    真反対に思えるこの2人は誰よりも近い。

    BLという枠ではあるけど、社会に訴えかけるような力強いさがありますね…。
    この春、社会に一歩踏み出した自分にはめちゃくちゃ考えさせられる一冊です。
    普通に実写映画化してほしい…アニメじゃなくて、生身の人間と、実在するこの世界を映し出してほしい。

  58. user より:

    読み終わった後、しばらく動けなかったです。
    なんか、思ってたのと全然違ったはらだ作品で、ごっそり魂が浄化されてしまった気分です…泣いた。

    センセの初コミックス『変愛』の中でも気に入ってた「止まり木」っていうお話があるんですが、それをセルフリメイクされていて、短編がとても分厚い長編になっていました。

    人生投げてる30代ワンルーム暮らし×記憶を失った自称天使。

    …「止まり木」では、HENTAIエロちっくな展開もありつつちゃんと愛が存在していたのでいいな~と思って読んでたのですが、こちらは長いお話の中で一切そういう場面が出てこないという、センセにしては異色の設定でした。

    …こういうのもすごくいいです!
    センセは濃厚HENTAIエロだけじゃない深い情感を描ける作家さんだと確信。

    全ての気持ちを持ってかれました。
    伏線の回収がとんでもなくすごい。
    どんどんわからなかった事が繋がっていって、最後は愛しくて切なくて泣かずにはいられないけれど、悲しいんだけど、なぜかとても読後感が良いというミラクルです。

    普通に描いたら暗くて悲惨で落ち込むような幸紀の生きざまを常にあたたかい目線で、時に脱力、時にくすっと笑わせてくれたりと、ほんとに読んでいて胸にじんとくるものがありました。

    理不尽なことばかりで幸紀も天使も不幸な人生としか言いようがないのだけれど、その中で本当に欲しかったものを二人とも手にすることができたんだな…と感動。

    優しさに包まれました。

    最後はやっぱりそうだよねと悲しくさせられるけど、描き下ろしに癒されまくりです。
    遠回しの表現だけど、そういうことですよね。

    QRコードの特典がさらに胸にグッときました。
    パスワードは読んでたら気がつきます。
    必見!

    カバー絵とカバー下の対比もこの話の大事なところを示してますよね。

    脇キャラもインパクトあって印象的な人々ばかりでした。
    特にあり沙はすごい~!
    天使のお父さんも忘れられないキャラです。
    やたもも、よるあさともつながってるのはリメイクしたからなのかな?
    ともかく、はらだセンセのすごさを改めて実感したお話です。

  59. user より:

    天使の笑顔に泣かされました。
    いい大人が号泣します。
    そして、いろんな感情を洗い流してくれます。
    素晴らしい漫画を読みました。
    ドラマのような。
    天使のセリフに読者の自分も救われました。
    大切なこといっぱい。

    はらださんの他の作品も、初めて。

    BLだったこともわからず読みました。
    BLなどのジャンル分け
    他の方も書かれてますが、要らないですね。

  60. 描き下ろしに救われ

    全体的にハッピーな作品が好きなのではらださんのヒリヒリするような作品は苦手でしたが、やたらと評価の高い作品だったので読んでみました。

    おもしろかったけど、やっぱりラストは寂しい
    描き下ろしになんとか救われました。

  61. ワンルームエンジェル

    悲しくて切なくてすごく優しいお話でした。

    BLというよりはそのいっぽ手前くらいの関係性です。

  62. 80namiさん より:
    泣いた。

    もう、すごくよかったです。

    ファンタジーのような、ミステリーのような、、なんか悲しくて、でもかわいくて愛おしい、心暖まるお話。

    ネタバレなしで読んでほしい!

  63. user より:

    はらださんのいくつかの漫画を読んだことがありますが、この作品は、この作品こそ、はらださんの本音、のような核心のようなものを
    のぞけたような気がします。

    繊細であり、鋭いです。

  64. user より:

    評判に違わず名作。
    ええ、泣きましたとも!

    始まりは、キャラクター同士の軽い会話の応酬でさらっと読者を引き込みつつ、少しずついろんなものを混ぜていき、たくさんの感情が凝縮したラストまで一気に読ませてくれました。

    意外とありそうな設定のドラマで、ラストは当然ハッピーエンドかバッドエンドかの二択に関わらず、このラストに導いた作者はすごい。

    最後、彼の笑顔と台詞しか書かれていないにも関わらず、それを見ている主人公の表情と気持ちが想像できて胸熱。
    さらに涙。

    そして、作者の遊び心というべきサービスまで。

    自分一人だったら気が付かなかった素敵なオマケに、SNSが普及していて良かったと心から思いました。

  65. user より:

    感動して泣いてしまった。

    きれいで儚く切ない、プラトニックなBLでした。

    はらだ先生の過去作、「変愛」の中にも”止まり木”という同じ感じの漫画があったのを思い出し、そのリメイクなのかな?と思いました。

    そちらは単話だったけれど、今回は1冊にしっかりと描かれていて、とても良かったです。

    たまにはプラトニックなBLも良いなあ、としみじみ。

  66. user より:

    今さらなんだけど、買って置いておいたのを読んで泣かされてる。

    いかがわしいシーンも無いし、2人とその周囲の人たちとの心の描き方が中心なので、お勧め。

  67. 満足感たっぷりの1冊

    BLでウルっときたのは初めてです。
    この漫画はBLに入るのかな?って感じですが。
    段々と分かってくる真実、深まる二人の関係性、終盤の切ない展開に読む手が止まらなくなり、最後の描き下ろしに救われます。
    読み応えたっぷりのページ数に加え、QRコードの粋な仕掛けが最高で、読後の余韻も長く浸れる為、1冊の満足感お得感が物凄いです!
  68. user より:

    天使の笑顔に泣かされました。
    いい大人が号泣します。
    そして、いろんな感情を洗い流してくれます。
    素晴らしい漫画を読みました。
    ドラマのような。
    天使のセリフに読者の自分も救われました。
    大切なこといっぱい。

    はらださんの他の作品も、初めて。

    BLだったこともわからず読みました。
    BLなどのジャンル分け
    他の方も書かれてますが、要らないですね。

  69. ryo_25さん より:

    最後泣きました。
    BL読まない人にも読んで欲しい。
    優しい物語でした。
    天使の口の悪さとかクスっとする所もあって本当に良かった。
  70. ないゆさん より:
    良かった

    すごく良かった。

    はらだ先生の作品の中でも一番優しい物語。

    えちなシーンも一切ありません。

    ただただ二人のかけあいが愛おしい。

  71. kjtdsさん より:
    近況にマッチ

    出会い、別れ、あったばかりだったので
    とても染み入りました。

    実写化できそうですよね。

    するならきちんとこのまましてほしいですが。

  72. 描き下ろしに救われ

    全体的にハッピーな作品が好きなのではらださんのヒリヒリするような作品は苦手でしたが、やたらと評価の高い作品だったので読んでみました。

    おもしろかったけど、やっぱりラストは寂しい
    描き下ろしになんとか救われました。

  73. 切ないな

    凄く素敵な表紙で、評判も良くて、
    やっと購入した。

    想像していた内容とかなり違った。

    もう一回読まないと、
    線が繋がらない。

    切ないな。
    って
    そう思う作品でした。

  74. user より:

    泣いた…『止まり木』はあの短さでも凄く印象に残っていたけど、設定の妙技というだけでは収まらない。
    素晴らしい。
    なんで天使が学生服やねん…ってとこで引っ掛かって、引っ掛かるんだけどそれをあんまり考えずに読むと、なんつーか、心臓に繋がってる「琴線」と言う名の紐をぶるぶるー、って揺さぶられる感じとでも言えばいいのか…帯の「BL臨界点」は「正に!
    」ってなる。
    表紙が「黄色」で「昼間」、おまけカードが「青色」で「夜」ってと見せかけて実は逆なのかな、これ。
    黄色いのは「夜に部屋の電気を点けている」からで、青色で窓が明るいのは「昼間で部屋の中が暗くなる」なのか。

    エンディングの描写もこれ以外ないと言う…感動させよう、泣かせようと言う気負いが全く感じられないのは、この二人の関係性をなぞって描かれた作品だからだろう。

  75. いい読後感

    エロ有りが大好きな自分ですが、エロなしでも楽しめました。

    踏ん張ってる人にも零れてしまった人にも暖かい物語でした。

  76. user より:

    ワンルームでゆったりと流れる雰囲気の
    ストーリで、天使くんと生活していく中で
    どんどん天使くんの過去が明かされ...
    と言う様な感じで、比較的ゆっくりと
    進んでいくストーリーですが、
    丁度いいぐらいの時に、場面の変化が起き
    読みやすく、内容はかなりシリアス系で
    読み終わった後の虚無感が凄まじいです。
  77. 丁寧に作られた芯のある作品

    エッチなシーンは無いです。
    これをBL作品と言っていいのかもわからない。
    たまたま、天使と幸紀が男だったから傍から呼称するとBLになってしまっただけで、これは2人の物語なんだって思わせてくれる、それぐらい人物描写が丁寧!
    あと、シーンの切り替えだったり、視点の誘導が上手くて、ラストなんかもう、映画です。

    ページをめくるのが楽しかったです。

  78. user より:

    ドラマ放送するということで、購入してみました。

    はらだ先生はハピクソのイメージが強く、読む前ではあっち方向でやばいのかと思っていましたが、読んでみると想像とは全く異なり感動して涙出ました…
    確かに笑える要素などはありますが、ここまで落ち着いた作品だとは思いませんでした…とても最高です。

    話が深すぎてページ読み返したりしました。

    BL?恋愛の要素は薄いかなと思ったので、抵抗ある方でもおすすめです。

    1番驚いたのは、主人公が意外と夢見がちな性格だったことです。
    笑笑

  79. だぶちさん より:
    今だからこの話がいい

    閉塞感とか正義感とか隣りにある今だから、なおさら読めてよかった
  80. 最高峰

    レビューを見て購入を決めましたが、期待以上でした。

    特に、最後の描き下ろしやおまけ?などは素晴らしかったです。

  81. user より:

    はらださんのいくつかの漫画を読んだことがありますが、この作品は、この作品こそ、はらださんの本音、のような核心のようなものを
    のぞけたような気がします。

    繊細であり、鋭いです。

  82. 大袈裟でなく

    あまりに優しくて悲しいお話です。

    会話では笑わされます。
    天使が口が悪かったりするのを、強面の主人公がいなすぐらいです。

    ちょっとしたミステリーを解いていくうちに、どんどん謎が深まり引き込まれていきました。

    なのにそれでも会話は笑わせられます。

    知ってしまった真実も、不条理で理不尽な社会で、その中からふたりが少しでも光を見出そうととする度こちらの心が浄化されました。

    互いに幸せになると別れになるという悲しさに、主人公は救われないのかと、また孤独に突き落とされましたが、そこからまた歩き出すのにも泣けました。

    書き下ろしに救われます。

    絡みなど必要なくなる、もはやBLという枠に閉じ込めてはいけない、綺麗なお話です。

    QRコードがなかなかダウンロード中で開かずモヤモヤしてます(泣)

  83. 文句なしにおすすめできる一冊!

    BL一歩手前くらいですが、2人の関係性にとても心が満たされました。
    話の構成がとても素晴らしいです。
    電子書籍特典で思わず涙が出ました。
  84. user より:

    抱える闇が深い分、天使の笑顔が印象に残る素敵な作品でした。
    本当に魅力的な人物を描く作家さんだな。
  85. user より:

    ざっくり言うと男と天使の姿をした少年の、生と死と愛のお話。

    分かりやすい話が、たまにある BLだけど一般人が読んだらBLの概念が変わるタイプのBLです。

    はらださんの作品は『心が軽くなる楽しさや明るさと人間の闇の底を掬ったヘドロを配合したすぐには死なない高品質な毒』みたいなところがままありますが、同じ工場でこんなプラトニック純愛も生産されている……? と息を飲んだのがこちらの作品です。

    慣れた人には毒もオススメですが、『ワンルームエンジェル』こそ誰にでもオススメしたい。

  86. オススメしたいBLナンバーワン 

    BLなのかそうでないのか微妙なラインだと思いますが、そんなことは関係なく人にオススメしたくなるお話でした。

    優しい気持ちがじんわり広がります。

    きっと明日、私の目は腫れてます。

  87. user より:

    読み終わった後、しばらく動けなかったです。
    なんか、思ってたのと全然違ったはらだ作品で、ごっそり魂が浄化されてしまった気分です…泣いた。

    センセの初コミックス『変愛』の中でも気に入ってた「止まり木」っていうお話があるんですが、それをセルフリメイクされていて、短編がとても分厚い長編になっていました。

    人生投げてる30代ワンルーム暮らし×記憶を失った自称天使。

    …「止まり木」では、HENTAIエロちっくな展開もありつつちゃんと愛が存在していたのでいいな~と思って読んでたのですが、こちらは長いお話の中で一切そういう場面が出てこないという、センセにしては異色の設定でした。

    …こういうのもすごくいいです!
    センセは濃厚HENTAIエロだけじゃない深い情感を描ける作家さんだと確信。

    全ての気持ちを持ってかれました。
    伏線の回収がとんでもなくすごい。
    どんどんわからなかった事が繋がっていって、最後は愛しくて切なくて泣かずにはいられないけれど、悲しいんだけど、なぜかとても読後感が良いというミラクルです。

    普通に描いたら暗くて悲惨で落ち込むような幸紀の生きざまを常にあたたかい目線で、時に脱力、時にくすっと笑わせてくれたりと、ほんとに読んでいて胸にじんとくるものがありました。

    理不尽なことばかりで幸紀も天使も不幸な人生としか言いようがないのだけれど、その中で本当に欲しかったものを二人とも手にすることができたんだな…と感動。

    優しさに包まれました。

    最後はやっぱりそうだよねと悲しくさせられるけど、描き下ろしに癒されまくりです。
    遠回しの表現だけど、そういうことですよね。

    QRコードの特典がさらに胸にグッときました。
    パスワードは読んでたら気がつきます。
    必見!

    カバー絵とカバー下の対比もこの話の大事なところを示してますよね。

    脇キャラもインパクトあって印象的な人々ばかりでした。
    特にあり沙はすごい~!
    天使のお父さんも忘れられないキャラです。
    やたもも、よるあさともつながってるのはリメイクしたからなのかな?
    ともかく、はらだセンセのすごさを改めて実感したお話です。

  88. 何度でも読む

    何度でも読んで欲しいし何度でも読むべき作品、と自分の中では思っています
    正直・・・1番最初はそこまでではなかったんです、、、
    でも、読む度にその想いは変化し、今では大事過ぎる大事な作品です
  89. Gooooさん より:
    すごすぎる!

    泣いた!
    泣きました!

    はらだ先生、すごすぎる!

    本当に様々な作品をお描きになる。
    そして、そのすべてが高クオリティ。
    人の心にズンっと何かを落としていく感じ。

    この作品はBLという括りではなく、人にすすめたい。
    トゲトゲの心を優しくしてくれる素敵な作品です。

  90. pktさん より:
    感動

    はらだ先生は本当に漫画を描くのが上手い。
    コマ割もそうですがコマの間隔までストーリーにあわせて計算されて緻密に描写されていると思います。
    切なくてあたたかく心に残るお話でした。
  91. ねのねさん より:
    帯はBL臨界点突破

    だそうですw

    まさにその通りです。

    過去作のリメイクですが、全然別物。

    構成も演出も素晴らしかった!

  92. user より:

    今作ははらだ作品お馴染みの暴力描写こそ少しありますが、全体としてエッジは抑え目、お話の構成や画力が高いレベルでまとまっており、今までのファンは勿論、一般的にも抵抗感が少なく且つ面白い本に仕上がってました。
    『よるとあさの歌』に出てきたクレイジーな友紀と今作の主人公である幸紀の兄弟関係にグッときます。
    絵的にも、天使の羽根の柔らかさまでが感じ取れてこちらも幸せな気持ちになりました。

    『変愛』に収録されている『止まり木』からお話を膨らませたと思われますが、エンディングが異なります。
    BL的な『止まり木』の終わり方も良かったですが、こちらのメリバ的な終焉も美しいですね。

  93. もけえさん より:
    悲しいけど優しいお話

    優しいけど悲しい。
    というよりは悲しいけど優しいという順番に感じるお話でした。
    BなL要素はほんわか程度で、後はメッセージをどう伝えているかというお話で、ゴリラな幸紀さんの優しさに触れるのが暖かかったです。
    はらだ先生らしからぬ癖の弱さなので、誰にでもオススメ出来る逸品でございました!

    天使くん(突然のクイズ。
    読んだ人は読み方を脳内変換してください。
    テンシではありません)ですが、幸紀さんをゴリラに例えるならその野生動物の頭とかに乗ってる小鳥みたいな感じの関係性で、ずっと和やかにお話が進んでいきますわけでも無いですが、その急降下具合のインパクトが凄いのも好きです。

    正直表情とかだけだと推測するしか無いですが、天使が感情を感じられることによってそれを言葉にしてくれるから、読者に幸紀さんが優しい人だと伝わったと思います。
    最後には素直に言葉に出し合いましたし、気持ちが分かっていても分かりやすくても、言葉にして伝えてくれる事で伝わることは格別にたくさんあるなと思わせてくれました。

    名前に意味があるの好きです。
    文字ってるのもすきです。

    しかしやはり私は腐女子なので2人の年齢を操作して天志くんを大人にさせちゃったり、そのままの年齢でそわそわ初々しい恋愛始めちゃってるところを勝手に妄想します。

    ありがとうございます!

  94. user より:

    評判に違わず名作。
    ええ、泣きましたとも!

    始まりは、キャラクター同士の軽い会話の応酬でさらっと読者を引き込みつつ、少しずついろんなものを混ぜていき、たくさんの感情が凝縮したラストまで一気に読ませてくれました。

    意外とありそうな設定のドラマで、ラストは当然ハッピーエンドかバッドエンドかの二択に関わらず、このラストに導いた作者はすごい。

    最後、彼の笑顔と台詞しか書かれていないにも関わらず、それを見ている主人公の表情と気持ちが想像できて胸熱。
    さらに涙。

    そして、作者の遊び心というべきサービスまで。

    自分一人だったら気が付かなかった素敵なオマケに、SNSが普及していて良かったと心から思いました。

  95. みーもさん より:
    BLではないけど素敵なお話

    ちょいちょい出てくるツッコミが面白い。
    全体的にはほんわかだけど、要所要所で目を背けたい現実が出てくる。
    最後はしんみり寂しいけど、あとがきでまたちょっとほっこりする感じ。
  96. 泣ける…

    レビューの中に「泣ける」、とあったのですが
    まさかね…という気持ちで読み進めたところ
    大号泣でした!

    ネタバレせずにまっさらな状態で読むことを
    おすすめします。

    とても良い作品でした。

  97. user より:

    この話はBLという括りで見るにはもったいない。
    人生の辛さも人間関係の温かさも全部詰まっている。
    全年齢向け。
    最後の最後のページまで含んで作品として完結していて、本という媒体を超越しました。
  98. 久しぶりに号泣した

    まず絵が綺麗。
    テンポもよく読みやすい。
    くすっと笑えるような箇所がたくさんあり、読んでてすごく楽しかったです。
    最後は感動でガチ泣きしました。
  99. rhtmさん より:
    BLか…?

    表紙がオシャレで、とても人気があるので気になって購入。

    BLか…?という感じだったけど、都合の良い結末は用意されていないのが良かった。

    読んでよかったです。

  100. ヲPさん より:
    サイコ~~~~~~~!!!

    マジで良、、、涙止まらん、、、一巻だけなのにすごく綺麗にお話もまとまってて満足度が高いな~!
    最後のギミックでまた泣く。
    生々しいシーンは一切ないのでBL読まない人も読んで欲しい。
    なかなかレビューなど書かない私ですが衝動的におすすめしたい!
    と思ってレビュー投稿するくらいには超良かったです。
  101. user より:

    「めっちゃ好き」のページがすごく好き。
    ああ~こんな言葉を他人から言われたらどんな気持ちになれるんだろう、と。

    天使くんの「人生は開き直りですよ」って言葉、その通りなのだけどそれが大抵の人には難しいんだよな。

  102. user より:

    初めて読んだ時から、面白い設定で引き込まれる。
    天使がとても魅力的でかわいい!
    羽も素敵。

    空から着た天使は何故自分が天使になったか分からず、うだつの上がらない主人公と共に生活をしていきます。
    少しずつ暴かれる過去はとても衝撃的で、先も読めない展開が続く。

    ストーリー展開がありきたりでなくしっかりしている。

    少し小説を読んでいる様な気持ちになるような作品で、最後も心を掴まれます。

  103. 余韻がすごくて言葉が出ない…でもこの本の魅力を伝えたい

    はらだ先生の作品はかなり暴力の表現が強くて、絵がめちゃくちゃ上手いだけにかなり心にきてたので今作も読もうか迷ったのですが、結局最高の一言。

    ヤクザとか、殺しとか、自殺とか、見るだけで参ってしまう。
    でも、普通に生きる人ならすぐに目を背けてしまうような環境にいる人でもみんな一人一人に事情があって、生活があって、心がある。
    見た目がどんなにチャラくて、すぐに手を出してしまったり、堕落した生活を送っている人でも、こんなにも誠実な心を持っていて、人を思う心があるんだなあというのははらだ先生の作品で一貫して感じます。

    今作は特にそれが強いのかなあ…と。

    天使と不良(なのかな?)。
    真反対に思えるこの2人は誰よりも近い。

    BLという枠ではあるけど、社会に訴えかけるような力強いさがありますね…。
    この春、社会に一歩踏み出した自分にはめちゃくちゃ考えさせられる一冊です。
    普通に実写映画化してほしい…アニメじゃなくて、生身の人間と、実在するこの世界を映し出してほしい。

  104. 本当に素晴らしいストーリーです!

    愛と救済のお話でした。
    今までレビューで泣けるとあっても中々泣くまでの作品に出会えなかったのですが、こちらは本当に泣きました。
    ストーリーが素晴らしいです。
    最後の特典で涙が止まりませんでした。
  105. いい漫画

    電子書籍版のおまけページがいいですね。

    QRコードももちろん見ました。
    泣く。

    自分的にはこの漫画はBLではないと思いますが

    色んな人に読んでもらいたいと考えました。

    はじめてレビューを書きたいと思った作品でした。

  106. ほっこり

    何回読んでも胸にぐっとくる作品です、、。
    天使くんと主人公の絡みが読み進めるほど尊くなります。
    1冊で綺麗に完結してます、恋愛じゃないと思います!
  107. ワンルームエンジェル

    普段だったらまず読まない表紙だったんですが、読んでみて良かったです。
    非現実的と現実、シリアスとコメディが凄くいいバランスでした。
    二人がお互いを想い合う優しい気持ちがとても良かったです。
  108. 感動した

    bl作品で泣いたのは初めてでした。
    読み始め、微妙な感じがしましたが最後には涙が止まりませんでした。
    生々しいシーンはありませんが感動のある作品です。
  109. user より:

    2回目読了。

    ヤクザの仕打ちのシーンは、2回目で耐性ができていたので、素通りできた。
    帯にBL臨界点とあったので1回目は、かなり警戒した。
    作者が何を書きたかったかはわからない。
    愛するとういことは、男女を越えて、性的な交わりも越えた先に存在することであると思った。
    人を愛することは、一人だけでできることと思う。
    その愛を相手と共有できた期間が少しでもあれば、残り人生、一人でも生きて行けるのではと思った。

    >C評価
    >米津玄師さんの、曲を用いたのはなかなか。
    lemonは、死を悲しみ前に進む曲で、あるため共感はできた。
    しかし、天使が女性であればこのことから、この物語がなぜ男同士の物語にしたのかが読めていない。

    >再提出 
    >〆切 5月24日
    >
    >
    >
    >2019年5月20日(月) 3:46
    >
    >読了。
    やくざの仕打ちにかなり落ち込んだ。
    全体的に良い話であった。
    イメージソングとして、米津玄師のレモンがあってると思った。
    絵がうまいと思った。
    エンジェル役が女性であれば、もっと感情移入をかなりできたかもしれない。
     
    >

  110. user より:

    号泣しました。
    描き下ろしで完結ですね…
    是非とも巻末のQRコードも…
    そこでもう1回号泣します。

    BLでジャンル分けすることによって、この名作を避けられることがあったら勿体ないな~と思います。

    (内容がBLではない)
    1本映画を観終わったかのような感覚になりました。

    生きるのが下手な元チンピラと記憶喪失の天使のお話です。

  111. 切ないファンタジー

    はらだ先生の他の作品と異なる作品です。
    幅広い方に読んでほしいです。
    ファンタジーですが現実の辛さや孤独を感じさせられるます。
    ミステリー的要素もあり、最後は切ないですが良かったです。
  112. user より:

    はらだ至上、
    人に勧めやすい一冊が爆誕。

    過去の読切を既読だとギャップに驚く。

    こんなええ話にしてくるとは思わんやん。

    はらだで泣くってこれまでなかったけど、かなりぐっときてしまったな。

    やさしい世界。

  113. user より:

    痺れた。
    ヤベェ。
    トップレベルに好きだわこれ……。

    儚くって、寂しくって、心臓を貫くようにジンとした感覚が残る。

    心の準備なんかさせない。
    それはふらっと何かの弾みで、気が付いたらみたいに案外簡単に。

    最後の話の「であい」も最高だった。
    あー、アカン。
    こういう時の気持ちをぴったり説明してくれる形容詞を早く知りたい。
    でもとにかく最高だった。

    この胸に残る痛みこそが、愛していたんだと自覚させる。

  114. 文句無し!!素晴らしい!!

    読み終わったあと心があったかくなって笑顔に慣れました?涙がじわりと滲みました。
    なんと美しいハッピーエンドでしょう。
    これはBLではありません。
    美しい人達のお話でした。
    はらだ先生こんな素晴らしいお話をありがとうございます。
    買って損なし??買いです??
  115. user より:

    自分に、人生に価値を見出せないアラサー男子と天使の物語。

    これはもうBLのカテゴリに入れて良いのか?と言うレベル。

    互いが互いを必要としあっていて、優しさを共有して満たされて、想いあっているけれど恋愛的なものでは無くどちらかと言うと家族愛的なあったかいものです。

    BLが少し苦手という人にもオススメ。

  116. ゆゆ123さん より:
    目が腫れとる

    心がズタズタにされちゃいました。


    でも同時に温かみも感じました。
    とても言葉にできません、全人類にぜひ一度に読んでほしいくらいです。

    特に電子特典のセリフ入れネームが最高でした。
    きっとそれは救済措置的なものなんでしょうと私は思います。

  117. ーーちさん より:
    すごくすごく良かったです。

    友達に勧められて読んでみました。

    すごく良かったです。
    何度も読み返したいと思います。

  118. oeyさん より:
    はらだ史上、最も優しい物語。

    初めて購入したはらだ先生の作品です。
    泣きました、自分でもこんなに泣くのかってほど泣きました。
    これはBL枠だけに収まってほしくない。
    そのくらい素敵な作品です。
    今のこの世にあってる気がしました。
  119. NA__さん より:
    このレビューを見た方はぜひ読んでほしいです

    普段レビューを書くことはないのですが、BL読む方も読まない方も関係なく読んで欲しい作品です。

    友人にお勧めされて読んだ作品ですがもっと早く読むべきだった、多くの方に読んで欲しいと思いレビューを今書いています。

    恋愛ものを読みたい方にはテイストが違うので驚かれるかもしれませんが読んだことを後悔することはないと思います。

  120. user より:

    読み切りだったお話が広がって、ヒューマン作品に昇華されてます。
    感動的。

    個人的にこの作品は、BL枠を超えていると思いました。

    ストーリー重視です。

    はらださん作品なので、シリアスを保ったままダークな方向に終わるかと思っていましたが、そんなことは無く。

    ネタバレ無しで読むのをおすすめ致します。

    個人的には、受けの子と同じクラスの男の子がBLしてるところも読んでみたいと思ってしまいました。

    はらださんは色んな角度からBLを描かれるので、毎回楽しませてもらってます。

  121. user より:

    外で読んでたので涙を我慢するのに必死。
    はらだ史上、最も優しい…うん、そうかも。
    途中出てくるヤクザって、あのえげつない暴力って、あの人ですよね?あさとよるの。
    それはさておき、暗いし苦しいのにお涙頂戴ってことはなくて、泣きたくなるのは哀しみによるそれとは違ったなー。
    心が洗われた。
    いつもの変態とかエロとかの作品も好きだけど、こういうのも良い。
    BLにはこういう素晴らしい作品もあるんだよー!
    といろんな人に伝えたい
  122. 80namiさん より:
    泣いた。

    もう、すごくよかったです。

    ファンタジーのような、ミステリーのような、、なんか悲しくて、でもかわいくて愛おしい、心暖まるお話。

    ネタバレなしで読んでほしい!

  123. user より:

    後味いいのか悪いのかわかんないな…いやいいな…でもな…と行ったり来たりしてるうち、これが切ないと言うものかと思うに至りました
  124. user より:

    語彙力が無いから上手く言葉に言い表せないんだけど、心に来るものがあった
    そりゃ皆良いって言う訳だわ………
  125. user より:

    この漫画、読むのたぶん3回目ぐらいなんだけど、
    1回目と2回目はそんなにささらなかったん。

    っていうのは、
    暴力団とか半グレとかがどうしても苦手で、最初にソレがくるからしんどかった・・・って記憶しかなかったんよね。

    で、今日もう1回読んでみて・・・泣けた~。

    なんでだろう?
    ドラマの実写バージョン(1話だけだけど)見て、最初の暴力シーンに慣れて、その後の展開を想像しやすくなったからかな?

    読みながら、あぁそうだった、そうだったって思いながら読んだけど
    ほぼ読む寸前まで思い出せないほど、
    私の中に残ってなかったのもびっくりだったわw

    この漫画についてはあんまり語りたくない。

    それは、いい意味で。

    私の言葉で語りたくない。
    読んで受け止めないと。

    1回目2回目読んだ時は最後は無理やりハッピーエンドにしてるだけで、
    全然ハッピーエンドじゃないやんって思っていたけど
    今回読んでみてコウキと天使が出会った意味はあったし、
    これはこれでハッピーエンドだったんだなって。

    それから最後の
    「#であい」
    でちょっとひっこみかけた涙が再度ぼとぼとぼと~~~。

    そして友達に教えてもらった最後のQRコードの謎。

    いやマジ、よかった・・・・。

    あとこれ、カテゴリーをBLにしたけど、BLなのか?全然違う普通の漫画じゃない?

  126. ワンルームエンジェル

    悲しくて切なくてすごく優しいお話でした。

    BLというよりはそのいっぽ手前くらいの関係性です。

  127. にすいさん より:
    話がうまい

    BL…?なのか…?というところ。
    ザBLを求めてる人には向かないかもしれないです。
    最後に全部わかる感じが好きですね。
    そういうことか~!
    みたいな。
  128. さすが

    こちらの元となった短編がはらだ作品の中でもすごく好きだったので少し複雑な気持ちはありつつも面白かった。
    ストーリーを読む作品なのでBL的萌えとかないけどめっちゃよく出来ています。
  129. user より:

    「めっちゃ好き」のページがすごく好き。
    ああ~こんな言葉を他人から言われたらどんな気持ちになれるんだろう、と。

    天使くんの「人生は開き直りですよ」って言葉、その通りなのだけどそれが大抵の人には難しいんだよな。

  130. ないゆさん より:
    良かった

    すごく良かった。

    はらだ先生の作品の中でも一番優しい物語。

    えちなシーンも一切ありません。

    ただただ二人のかけあいが愛おしい。

  131. user より:

    自分に、人生に価値を見出せないアラサー男子と天使の物語。

    これはもうBLのカテゴリに入れて良いのか?と言うレベル。

    互いが互いを必要としあっていて、優しさを共有して満たされて、想いあっているけれど恋愛的なものでは無くどちらかと言うと家族愛的なあったかいものです。

    BLが少し苦手という人にもオススメ。

  132. ほっこり

    何回読んでも胸にぐっとくる作品です、、。
    天使くんと主人公の絡みが読み進めるほど尊くなります。
    1冊で綺麗に完結してます、恋愛じゃないと思います!
  133. user より:

    泣いた…『止まり木』はあの短さでも凄く印象に残っていたけど、設定の妙技というだけでは収まらない。
    素晴らしい。
    なんで天使が学生服やねん…ってとこで引っ掛かって、引っ掛かるんだけどそれをあんまり考えずに読むと、なんつーか、心臓に繋がってる「琴線」と言う名の紐をぶるぶるー、って揺さぶられる感じとでも言えばいいのか…帯の「BL臨界点」は「正に!
    」ってなる。
    表紙が「黄色」で「昼間」、おまけカードが「青色」で「夜」ってと見せかけて実は逆なのかな、これ。
    黄色いのは「夜に部屋の電気を点けている」からで、青色で窓が明るいのは「昼間で部屋の中が暗くなる」なのか。

    エンディングの描写もこれ以外ないと言う…感動させよう、泣かせようと言う気負いが全く感じられないのは、この二人の関係性をなぞって描かれた作品だからだろう。

  134. 本当に素晴らしいストーリーです!

    愛と救済のお話でした。
    今までレビューで泣けるとあっても中々泣くまでの作品に出会えなかったのですが、こちらは本当に泣きました。
    ストーリーが素晴らしいです。
    最後の特典で涙が止まりませんでした。
  135. 余韻がすごくて言葉が出ない…でもこの本の魅力を伝えたい

    はらだ先生の作品はかなり暴力の表現が強くて、絵がめちゃくちゃ上手いだけにかなり心にきてたので今作も読もうか迷ったのですが、結局最高の一言。

    ヤクザとか、殺しとか、自殺とか、見るだけで参ってしまう。
    でも、普通に生きる人ならすぐに目を背けてしまうような環境にいる人でもみんな一人一人に事情があって、生活があって、心がある。
    見た目がどんなにチャラくて、すぐに手を出してしまったり、堕落した生活を送っている人でも、こんなにも誠実な心を持っていて、人を思う心があるんだなあというのははらだ先生の作品で一貫して感じます。

    今作は特にそれが強いのかなあ…と。

    天使と不良(なのかな?)。
    真反対に思えるこの2人は誰よりも近い。

    BLという枠ではあるけど、社会に訴えかけるような力強いさがありますね…。
    この春、社会に一歩踏み出した自分にはめちゃくちゃ考えさせられる一冊です。
    普通に実写映画化してほしい…アニメじゃなくて、生身の人間と、実在するこの世界を映し出してほしい。

  136. user より:

    はらだ至上、
    人に勧めやすい一冊が爆誕。

    過去の読切を既読だとギャップに驚く。

    こんなええ話にしてくるとは思わんやん。

    はらだで泣くってこれまでなかったけど、かなりぐっときてしまったな。

    やさしい世界。

  137. oeyさん より:
    はらだ史上、最も優しい物語。

    初めて購入したはらだ先生の作品です。
    泣きました、自分でもこんなに泣くのかってほど泣きました。
    これはBL枠だけに収まってほしくない。
    そのくらい素敵な作品です。
    今のこの世にあってる気がしました。
  138. いい漫画

    電子書籍版のおまけページがいいですね。

    QRコードももちろん見ました。
    泣く。

    自分的にはこの漫画はBLではないと思いますが

    色んな人に読んでもらいたいと考えました。

    はじめてレビューを書きたいと思った作品でした。

  139. user より:

    後味いいのか悪いのかわかんないな…いやいいな…でもな…と行ったり来たりしてるうち、これが切ないと言うものかと思うに至りました
  140. 大袈裟でなく

    あまりに優しくて悲しいお話です。

    会話では笑わされます。
    天使が口が悪かったりするのを、強面の主人公がいなすぐらいです。

    ちょっとしたミステリーを解いていくうちに、どんどん謎が深まり引き込まれていきました。

    なのにそれでも会話は笑わせられます。

    知ってしまった真実も、不条理で理不尽な社会で、その中からふたりが少しでも光を見出そうととする度こちらの心が浄化されました。

    互いに幸せになると別れになるという悲しさに、主人公は救われないのかと、また孤独に突き落とされましたが、そこからまた歩き出すのにも泣けました。

    書き下ろしに救われます。

    絡みなど必要なくなる、もはやBLという枠に閉じ込めてはいけない、綺麗なお話です。

    QRコードがなかなかダウンロード中で開かずモヤモヤしてます(泣)

  141. NA__さん より:
    このレビューを見た方はぜひ読んでほしいです

    普段レビューを書くことはないのですが、BL読む方も読まない方も関係なく読んで欲しい作品です。

    友人にお勧めされて読んだ作品ですがもっと早く読むべきだった、多くの方に読んで欲しいと思いレビューを今書いています。

    恋愛ものを読みたい方にはテイストが違うので驚かれるかもしれませんが読んだことを後悔することはないと思います。

  142. 満足感たっぷりの1冊

    BLでウルっときたのは初めてです。
    この漫画はBLに入るのかな?って感じですが。
    段々と分かってくる真実、深まる二人の関係性、終盤の切ない展開に読む手が止まらなくなり、最後の描き下ろしに救われます。
    読み応えたっぷりのページ数に加え、QRコードの粋な仕掛けが最高で、読後の余韻も長く浸れる為、1冊の満足感お得感が物凄いです!
  143. user より:

    今さらなんだけど、買って置いておいたのを読んで泣かされてる。

    いかがわしいシーンも無いし、2人とその周囲の人たちとの心の描き方が中心なので、お勧め。

  144. user より:

    今作ははらだ作品お馴染みの暴力描写こそ少しありますが、全体としてエッジは抑え目、お話の構成や画力が高いレベルでまとまっており、今までのファンは勿論、一般的にも抵抗感が少なく且つ面白い本に仕上がってました。
    『よるとあさの歌』に出てきたクレイジーな友紀と今作の主人公である幸紀の兄弟関係にグッときます。
    絵的にも、天使の羽根の柔らかさまでが感じ取れてこちらも幸せな気持ちになりました。

    『変愛』に収録されている『止まり木』からお話を膨らませたと思われますが、エンディングが異なります。
    BL的な『止まり木』の終わり方も良かったですが、こちらのメリバ的な終焉も美しいですね。

  145. 何度でも読む

    何度でも読んで欲しいし何度でも読むべき作品、と自分の中では思っています
    正直・・・1番最初はそこまでではなかったんです、、、
    でも、読む度にその想いは変化し、今では大事過ぎる大事な作品です
  146. 文句無し!!素晴らしい!!

    読み終わったあと心があったかくなって笑顔に慣れました?涙がじわりと滲みました。
    なんと美しいハッピーエンドでしょう。
    これはBLではありません。
    美しい人達のお話でした。
    はらだ先生こんな素晴らしいお話をありがとうございます。
    買って損なし??買いです??
  147. user より:

    ワンルームでゆったりと流れる雰囲気の
    ストーリで、天使くんと生活していく中で
    どんどん天使くんの過去が明かされ...
    と言う様な感じで、比較的ゆっくりと
    進んでいくストーリーですが、
    丁度いいぐらいの時に、場面の変化が起き
    読みやすく、内容はかなりシリアス系で
    読み終わった後の虚無感が凄まじいです。
  148. だぶちさん より:
    今だからこの話がいい

    閉塞感とか正義感とか隣りにある今だから、なおさら読めてよかった
  149. user より:

    はらださんのいくつかの漫画を読んだことがありますが、この作品は、この作品こそ、はらださんの本音、のような核心のようなものを
    のぞけたような気がします。

    繊細であり、鋭いです。

  150. にすいさん より:
    話がうまい

    BL…?なのか…?というところ。
    ザBLを求めてる人には向かないかもしれないです。
    最後に全部わかる感じが好きですね。
    そういうことか~!
    みたいな。
  151. さすが

    こちらの元となった短編がはらだ作品の中でもすごく好きだったので少し複雑な気持ちはありつつも面白かった。
    ストーリーを読む作品なのでBL的萌えとかないけどめっちゃよく出来ています。
  152. user より:

    感動して泣いてしまった。

    きれいで儚く切ない、プラトニックなBLでした。

    はらだ先生の過去作、「変愛」の中にも”止まり木”という同じ感じの漫画があったのを思い出し、そのリメイクなのかな?と思いました。

    そちらは単話だったけれど、今回は1冊にしっかりと描かれていて、とても良かったです。

    たまにはプラトニックなBLも良いなあ、としみじみ。

  153. user より:

    ざっくり言うと男と天使の姿をした少年の、生と死と愛のお話。

    分かりやすい話が、たまにある BLだけど一般人が読んだらBLの概念が変わるタイプのBLです。

    はらださんの作品は『心が軽くなる楽しさや明るさと人間の闇の底を掬ったヘドロを配合したすぐには死なない高品質な毒』みたいなところがままありますが、同じ工場でこんなプラトニック純愛も生産されている……? と息を飲んだのがこちらの作品です。

    慣れた人には毒もオススメですが、『ワンルームエンジェル』こそ誰にでもオススメしたい。

  154. user より:

    抱える闇が深い分、天使の笑顔が印象に残る素敵な作品でした。
    本当に魅力的な人物を描く作家さんだな。
  155. user より:

    この話はBLという括りで見るにはもったいない。
    人生の辛さも人間関係の温かさも全部詰まっている。
    全年齢向け。
    最後の最後のページまで含んで作品として完結していて、本という媒体を超越しました。
  156. ryo_25さん より:

    最後泣きました。
    BL読まない人にも読んで欲しい。
    優しい物語でした。
    天使の口の悪さとかクスっとする所もあって本当に良かった。
  157. 最高峰

    レビューを見て購入を決めましたが、期待以上でした。

    特に、最後の描き下ろしやおまけ?などは素晴らしかったです。

  158. user より:

    ドラマ放送するということで、購入してみました。

    はらだ先生はハピクソのイメージが強く、読む前ではあっち方向でやばいのかと思っていましたが、読んでみると想像とは全く異なり感動して涙出ました…
    確かに笑える要素などはありますが、ここまで落ち着いた作品だとは思いませんでした…とても最高です。

    話が深すぎてページ読み返したりしました。

    BL?恋愛の要素は薄いかなと思ったので、抵抗ある方でもおすすめです。

    1番驚いたのは、主人公が意外と夢見がちな性格だったことです。
    笑笑

  159. user より:

    評判に違わず名作。
    ええ、泣きましたとも!

    始まりは、キャラクター同士の軽い会話の応酬でさらっと読者を引き込みつつ、少しずついろんなものを混ぜていき、たくさんの感情が凝縮したラストまで一気に読ませてくれました。

    意外とありそうな設定のドラマで、ラストは当然ハッピーエンドかバッドエンドかの二択に関わらず、このラストに導いた作者はすごい。

    最後、彼の笑顔と台詞しか書かれていないにも関わらず、それを見ている主人公の表情と気持ちが想像できて胸熱。
    さらに涙。

    そして、作者の遊び心というべきサービスまで。

    自分一人だったら気が付かなかった素敵なオマケに、SNSが普及していて良かったと心から思いました。

  160. Gooooさん より:
    すごすぎる!

    泣いた!
    泣きました!

    はらだ先生、すごすぎる!

    本当に様々な作品をお描きになる。
    そして、そのすべてが高クオリティ。
    人の心にズンっと何かを落としていく感じ。

    この作品はBLという括りではなく、人にすすめたい。
    トゲトゲの心を優しくしてくれる素敵な作品です。

  161. 久しぶりに号泣した

    まず絵が綺麗。
    テンポもよく読みやすい。
    くすっと笑えるような箇所がたくさんあり、読んでてすごく楽しかったです。
    最後は感動でガチ泣きしました。
  162. user より:

    この漫画、読むのたぶん3回目ぐらいなんだけど、
    1回目と2回目はそんなにささらなかったん。

    っていうのは、
    暴力団とか半グレとかがどうしても苦手で、最初にソレがくるからしんどかった・・・って記憶しかなかったんよね。

    で、今日もう1回読んでみて・・・泣けた~。

    なんでだろう?
    ドラマの実写バージョン(1話だけだけど)見て、最初の暴力シーンに慣れて、その後の展開を想像しやすくなったからかな?

    読みながら、あぁそうだった、そうだったって思いながら読んだけど
    ほぼ読む寸前まで思い出せないほど、
    私の中に残ってなかったのもびっくりだったわw

    この漫画についてはあんまり語りたくない。

    それは、いい意味で。

    私の言葉で語りたくない。
    読んで受け止めないと。

    1回目2回目読んだ時は最後は無理やりハッピーエンドにしてるだけで、
    全然ハッピーエンドじゃないやんって思っていたけど
    今回読んでみてコウキと天使が出会った意味はあったし、
    これはこれでハッピーエンドだったんだなって。

    それから最後の
    「#であい」
    でちょっとひっこみかけた涙が再度ぼとぼとぼと~~~。

    そして友達に教えてもらった最後のQRコードの謎。

    いやマジ、よかった・・・・。

    あとこれ、カテゴリーをBLにしたけど、BLなのか?全然違う普通の漫画じゃない?

  163. 描き下ろしに救われ

    全体的にハッピーな作品が好きなのではらださんのヒリヒリするような作品は苦手でしたが、やたらと評価の高い作品だったので読んでみました。

    おもしろかったけど、やっぱりラストは寂しい
    描き下ろしになんとか救われました。

  164. ヲPさん より:
    サイコ~~~~~~~!!!

    マジで良、、、涙止まらん、、、一巻だけなのにすごく綺麗にお話もまとまってて満足度が高いな~!
    最後のギミックでまた泣く。
    生々しいシーンは一切ないのでBL読まない人も読んで欲しい。
    なかなかレビューなど書かない私ですが衝動的におすすめしたい!
    と思ってレビュー投稿するくらいには超良かったです。
  165. user より:

    2回目読了。

    ヤクザの仕打ちのシーンは、2回目で耐性ができていたので、素通りできた。
    帯にBL臨界点とあったので1回目は、かなり警戒した。
    作者が何を書きたかったかはわからない。
    愛するとういことは、男女を越えて、性的な交わりも越えた先に存在することであると思った。
    人を愛することは、一人だけでできることと思う。
    その愛を相手と共有できた期間が少しでもあれば、残り人生、一人でも生きて行けるのではと思った。

    >C評価
    >米津玄師さんの、曲を用いたのはなかなか。
    lemonは、死を悲しみ前に進む曲で、あるため共感はできた。
    しかし、天使が女性であればこのことから、この物語がなぜ男同士の物語にしたのかが読めていない。

    >再提出 
    >〆切 5月24日
    >
    >
    >
    >2019年5月20日(月) 3:46
    >
    >読了。
    やくざの仕打ちにかなり落ち込んだ。
    全体的に良い話であった。
    イメージソングとして、米津玄師のレモンがあってると思った。
    絵がうまいと思った。
    エンジェル役が女性であれば、もっと感情移入をかなりできたかもしれない。
     
    >

  166. pktさん より:
    感動

    はらだ先生は本当に漫画を描くのが上手い。
    コマ割もそうですがコマの間隔までストーリーにあわせて計算されて緻密に描写されていると思います。
    切なくてあたたかく心に残るお話でした。
  167. user より:

    外で読んでたので涙を我慢するのに必死。
    はらだ史上、最も優しい…うん、そうかも。
    途中出てくるヤクザって、あのえげつない暴力って、あの人ですよね?あさとよるの。
    それはさておき、暗いし苦しいのにお涙頂戴ってことはなくて、泣きたくなるのは哀しみによるそれとは違ったなー。
    心が洗われた。
    いつもの変態とかエロとかの作品も好きだけど、こういうのも良い。
    BLにはこういう素晴らしい作品もあるんだよー!
    といろんな人に伝えたい
  168. user より:

    読み終わった後、しばらく動けなかったです。
    なんか、思ってたのと全然違ったはらだ作品で、ごっそり魂が浄化されてしまった気分です…泣いた。

    センセの初コミックス『変愛』の中でも気に入ってた「止まり木」っていうお話があるんですが、それをセルフリメイクされていて、短編がとても分厚い長編になっていました。

    人生投げてる30代ワンルーム暮らし×記憶を失った自称天使。

    …「止まり木」では、HENTAIエロちっくな展開もありつつちゃんと愛が存在していたのでいいな~と思って読んでたのですが、こちらは長いお話の中で一切そういう場面が出てこないという、センセにしては異色の設定でした。

    …こういうのもすごくいいです!
    センセは濃厚HENTAIエロだけじゃない深い情感を描ける作家さんだと確信。

    全ての気持ちを持ってかれました。
    伏線の回収がとんでもなくすごい。
    どんどんわからなかった事が繋がっていって、最後は愛しくて切なくて泣かずにはいられないけれど、悲しいんだけど、なぜかとても読後感が良いというミラクルです。

    普通に描いたら暗くて悲惨で落ち込むような幸紀の生きざまを常にあたたかい目線で、時に脱力、時にくすっと笑わせてくれたりと、ほんとに読んでいて胸にじんとくるものがありました。

    理不尽なことばかりで幸紀も天使も不幸な人生としか言いようがないのだけれど、その中で本当に欲しかったものを二人とも手にすることができたんだな…と感動。

    優しさに包まれました。

    最後はやっぱりそうだよねと悲しくさせられるけど、描き下ろしに癒されまくりです。
    遠回しの表現だけど、そういうことですよね。

    QRコードの特典がさらに胸にグッときました。
    パスワードは読んでたら気がつきます。
    必見!

    カバー絵とカバー下の対比もこの話の大事なところを示してますよね。

    脇キャラもインパクトあって印象的な人々ばかりでした。
    特にあり沙はすごい~!
    天使のお父さんも忘れられないキャラです。
    やたもも、よるあさともつながってるのはリメイクしたからなのかな?
    ともかく、はらだセンセのすごさを改めて実感したお話です。

  169. user より:

    語彙力が無いから上手く言葉に言い表せないんだけど、心に来るものがあった
    そりゃ皆良いって言う訳だわ………
  170. user より:

    読み切りだったお話が広がって、ヒューマン作品に昇華されてます。
    感動的。

    個人的にこの作品は、BL枠を超えていると思いました。

    ストーリー重視です。

    はらださん作品なので、シリアスを保ったままダークな方向に終わるかと思っていましたが、そんなことは無く。

    ネタバレ無しで読むのをおすすめ致します。

    個人的には、受けの子と同じクラスの男の子がBLしてるところも読んでみたいと思ってしまいました。

    はらださんは色んな角度からBLを描かれるので、毎回楽しませてもらってます。

  171. ワンルームエンジェル

    普段だったらまず読まない表紙だったんですが、読んでみて良かったです。
    非現実的と現実、シリアスとコメディが凄くいいバランスでした。
    二人がお互いを想い合う優しい気持ちがとても良かったです。
  172. 切ないな

    凄く素敵な表紙で、評判も良くて、
    やっと購入した。

    想像していた内容とかなり違った。

    もう一回読まないと、
    線が繋がらない。

    切ないな。
    って
    そう思う作品でした。

  173. 丁寧に作られた芯のある作品

    エッチなシーンは無いです。
    これをBL作品と言っていいのかもわからない。
    たまたま、天使と幸紀が男だったから傍から呼称するとBLになってしまっただけで、これは2人の物語なんだって思わせてくれる、それぐらい人物描写が丁寧!
    あと、シーンの切り替えだったり、視点の誘導が上手くて、ラストなんかもう、映画です。

    ページをめくるのが楽しかったです。

  174. みーもさん より:
    BLではないけど素敵なお話

    ちょいちょい出てくるツッコミが面白い。
    全体的にはほんわかだけど、要所要所で目を背けたい現実が出てくる。
    最後はしんみり寂しいけど、あとがきでまたちょっとほっこりする感じ。
  175. user より:

    初めて読んだ時から、面白い設定で引き込まれる。
    天使がとても魅力的でかわいい!
    羽も素敵。

    空から着た天使は何故自分が天使になったか分からず、うだつの上がらない主人公と共に生活をしていきます。
    少しずつ暴かれる過去はとても衝撃的で、先も読めない展開が続く。

    ストーリー展開がありきたりでなくしっかりしている。

    少し小説を読んでいる様な気持ちになるような作品で、最後も心を掴まれます。

  176. 切ないファンタジー

    はらだ先生の他の作品と異なる作品です。
    幅広い方に読んでほしいです。
    ファンタジーですが現実の辛さや孤独を感じさせられるます。
    ミステリー的要素もあり、最後は切ないですが良かったです。
  177. ーーちさん より:
    すごくすごく良かったです。

    友達に勧められて読んでみました。

    すごく良かったです。
    何度も読み返したいと思います。

  178. いい読後感

    エロ有りが大好きな自分ですが、エロなしでも楽しめました。

    踏ん張ってる人にも零れてしまった人にも暖かい物語でした。

  179. 文句なしにおすすめできる一冊!

    BL一歩手前くらいですが、2人の関係性にとても心が満たされました。
    話の構成がとても素晴らしいです。
    電子書籍特典で思わず涙が出ました。
  180. rhtmさん より:
    BLか…?

    表紙がオシャレで、とても人気があるので気になって購入。

    BLか…?という感じだったけど、都合の良い結末は用意されていないのが良かった。

    読んでよかったです。

  181. ゆゆ123さん より:
    目が腫れとる

    心がズタズタにされちゃいました。


    でも同時に温かみも感じました。
    とても言葉にできません、全人類にぜひ一度に読んでほしいくらいです。

    特に電子特典のセリフ入れネームが最高でした。
    きっとそれは救済措置的なものなんでしょうと私は思います。

  182. user より:

    天使の笑顔に泣かされました。
    いい大人が号泣します。
    そして、いろんな感情を洗い流してくれます。
    素晴らしい漫画を読みました。
    ドラマのような。
    天使のセリフに読者の自分も救われました。
    大切なこといっぱい。

    はらださんの他の作品も、初めて。

    BLだったこともわからず読みました。
    BLなどのジャンル分け
    他の方も書かれてますが、要らないですね。

  183. 泣ける…

    レビューの中に「泣ける」、とあったのですが
    まさかね…という気持ちで読み進めたところ
    大号泣でした!

    ネタバレせずにまっさらな状態で読むことを
    おすすめします。

    とても良い作品でした。

  184. オススメしたいBLナンバーワン 

    BLなのかそうでないのか微妙なラインだと思いますが、そんなことは関係なく人にオススメしたくなるお話でした。

    優しい気持ちがじんわり広がります。

    きっと明日、私の目は腫れてます。

  185. ワンルームエンジェル

    悲しくて切なくてすごく優しいお話でした。

    BLというよりはそのいっぽ手前くらいの関係性です。

  186. 感動した

    bl作品で泣いたのは初めてでした。
    読み始め、微妙な感じがしましたが最後には涙が止まりませんでした。
    生々しいシーンはありませんが感動のある作品です。
  187. kjtdsさん より:
    近況にマッチ

    出会い、別れ、あったばかりだったので
    とても染み入りました。

    実写化できそうですよね。

    するならきちんとこのまましてほしいですが。

  188. 80namiさん より:
    泣いた。

    もう、すごくよかったです。

    ファンタジーのような、ミステリーのような、、なんか悲しくて、でもかわいくて愛おしい、心暖まるお話。

    ネタバレなしで読んでほしい!

  189. ねのねさん より:
    帯はBL臨界点突破

    だそうですw

    まさにその通りです。

    過去作のリメイクですが、全然別物。

    構成も演出も素晴らしかった!

  190. もけえさん より:
    悲しいけど優しいお話

    優しいけど悲しい。
    というよりは悲しいけど優しいという順番に感じるお話でした。
    BなL要素はほんわか程度で、後はメッセージをどう伝えているかというお話で、ゴリラな幸紀さんの優しさに触れるのが暖かかったです。
    はらだ先生らしからぬ癖の弱さなので、誰にでもオススメ出来る逸品でございました!

    天使くん(突然のクイズ。
    読んだ人は読み方を脳内変換してください。
    テンシではありません)ですが、幸紀さんをゴリラに例えるならその野生動物の頭とかに乗ってる小鳥みたいな感じの関係性で、ずっと和やかにお話が進んでいきますわけでも無いですが、その急降下具合のインパクトが凄いのも好きです。

    正直表情とかだけだと推測するしか無いですが、天使が感情を感じられることによってそれを言葉にしてくれるから、読者に幸紀さんが優しい人だと伝わったと思います。
    最後には素直に言葉に出し合いましたし、気持ちが分かっていても分かりやすくても、言葉にして伝えてくれる事で伝わることは格別にたくさんあるなと思わせてくれました。

    名前に意味があるの好きです。
    文字ってるのもすきです。

    しかしやはり私は腐女子なので2人の年齢を操作して天志くんを大人にさせちゃったり、そのままの年齢でそわそわ初々しい恋愛始めちゃってるところを勝手に妄想します。

    ありがとうございます!

  191. user より:

    号泣しました。
    描き下ろしで完結ですね…
    是非とも巻末のQRコードも…
    そこでもう1回号泣します。

    BLでジャンル分けすることによって、この名作を避けられることがあったら勿体ないな~と思います。

    (内容がBLではない)
    1本映画を観終わったかのような感覚になりました。

    生きるのが下手な元チンピラと記憶喪失の天使のお話です。

  192. user より:

    痺れた。
    ヤベェ。
    トップレベルに好きだわこれ……。

    儚くって、寂しくって、心臓を貫くようにジンとした感覚が残る。

    心の準備なんかさせない。
    それはふらっと何かの弾みで、気が付いたらみたいに案外簡単に。

    最後の話の「であい」も最高だった。
    あー、アカン。
    こういう時の気持ちをぴったり説明してくれる形容詞を早く知りたい。
    でもとにかく最高だった。

    この胸に残る痛みこそが、愛していたんだと自覚させる。

  193. 感動した

    bl作品で泣いたのは初めてでした。
    読み始め、微妙な感じがしましたが最後には涙が止まりませんでした。
    生々しいシーンはありませんが感動のある作品です。
  194. 最高峰

    レビューを見て購入を決めましたが、期待以上でした。

    特に、最後の描き下ろしやおまけ?などは素晴らしかったです。

  195. 切ないファンタジー

    はらだ先生の他の作品と異なる作品です。
    幅広い方に読んでほしいです。
    ファンタジーですが現実の辛さや孤独を感じさせられるます。
    ミステリー的要素もあり、最後は切ないですが良かったです。
  196. user より:

    ざっくり言うと男と天使の姿をした少年の、生と死と愛のお話。

    分かりやすい話が、たまにある BLだけど一般人が読んだらBLの概念が変わるタイプのBLです。

    はらださんの作品は『心が軽くなる楽しさや明るさと人間の闇の底を掬ったヘドロを配合したすぐには死なない高品質な毒』みたいなところがままありますが、同じ工場でこんなプラトニック純愛も生産されている……? と息を飲んだのがこちらの作品です。

    慣れた人には毒もオススメですが、『ワンルームエンジェル』こそ誰にでもオススメしたい。

  197. user より:

    2回目読了。

    ヤクザの仕打ちのシーンは、2回目で耐性ができていたので、素通りできた。
    帯にBL臨界点とあったので1回目は、かなり警戒した。
    作者が何を書きたかったかはわからない。
    愛するとういことは、男女を越えて、性的な交わりも越えた先に存在することであると思った。
    人を愛することは、一人だけでできることと思う。
    その愛を相手と共有できた期間が少しでもあれば、残り人生、一人でも生きて行けるのではと思った。

    >C評価
    >米津玄師さんの、曲を用いたのはなかなか。
    lemonは、死を悲しみ前に進む曲で、あるため共感はできた。
    しかし、天使が女性であればこのことから、この物語がなぜ男同士の物語にしたのかが読めていない。

    >再提出 
    >〆切 5月24日
    >
    >
    >
    >2019年5月20日(月) 3:46
    >
    >読了。
    やくざの仕打ちにかなり落ち込んだ。
    全体的に良い話であった。
    イメージソングとして、米津玄師のレモンがあってると思った。
    絵がうまいと思った。
    エンジェル役が女性であれば、もっと感情移入をかなりできたかもしれない。
     
    >

  198. NA__さん より:
    このレビューを見た方はぜひ読んでほしいです

    普段レビューを書くことはないのですが、BL読む方も読まない方も関係なく読んで欲しい作品です。

    友人にお勧めされて読んだ作品ですがもっと早く読むべきだった、多くの方に読んで欲しいと思いレビューを今書いています。

    恋愛ものを読みたい方にはテイストが違うので驚かれるかもしれませんが読んだことを後悔することはないと思います。

  199. user より:

    天使の笑顔に泣かされました。
    いい大人が号泣します。
    そして、いろんな感情を洗い流してくれます。
    素晴らしい漫画を読みました。
    ドラマのような。
    天使のセリフに読者の自分も救われました。
    大切なこといっぱい。

    はらださんの他の作品も、初めて。

    BLだったこともわからず読みました。
    BLなどのジャンル分け
    他の方も書かれてますが、要らないですね。

  200. 泣ける…

    レビューの中に「泣ける」、とあったのですが
    まさかね…という気持ちで読み進めたところ
    大号泣でした!

    ネタバレせずにまっさらな状態で読むことを
    おすすめします。

    とても良い作品でした。

  201. user より:

    ドラマ放送するということで、購入してみました。

    はらだ先生はハピクソのイメージが強く、読む前ではあっち方向でやばいのかと思っていましたが、読んでみると想像とは全く異なり感動して涙出ました…
    確かに笑える要素などはありますが、ここまで落ち着いた作品だとは思いませんでした…とても最高です。

    話が深すぎてページ読み返したりしました。

    BL?恋愛の要素は薄いかなと思ったので、抵抗ある方でもおすすめです。

    1番驚いたのは、主人公が意外と夢見がちな性格だったことです。
    笑笑

  202. user より:

    今さらなんだけど、買って置いておいたのを読んで泣かされてる。

    いかがわしいシーンも無いし、2人とその周囲の人たちとの心の描き方が中心なので、お勧め。

  203. ゆゆ123さん より:
    目が腫れとる

    心がズタズタにされちゃいました。


    でも同時に温かみも感じました。
    とても言葉にできません、全人類にぜひ一度に読んでほしいくらいです。

    特に電子特典のセリフ入れネームが最高でした。
    きっとそれは救済措置的なものなんでしょうと私は思います。

  204. user より:

    読み終わった後、しばらく動けなかったです。
    なんか、思ってたのと全然違ったはらだ作品で、ごっそり魂が浄化されてしまった気分です…泣いた。

    センセの初コミックス『変愛』の中でも気に入ってた「止まり木」っていうお話があるんですが、それをセルフリメイクされていて、短編がとても分厚い長編になっていました。

    人生投げてる30代ワンルーム暮らし×記憶を失った自称天使。

    …「止まり木」では、HENTAIエロちっくな展開もありつつちゃんと愛が存在していたのでいいな~と思って読んでたのですが、こちらは長いお話の中で一切そういう場面が出てこないという、センセにしては異色の設定でした。

    …こういうのもすごくいいです!
    センセは濃厚HENTAIエロだけじゃない深い情感を描ける作家さんだと確信。

    全ての気持ちを持ってかれました。
    伏線の回収がとんでもなくすごい。
    どんどんわからなかった事が繋がっていって、最後は愛しくて切なくて泣かずにはいられないけれど、悲しいんだけど、なぜかとても読後感が良いというミラクルです。

    普通に描いたら暗くて悲惨で落ち込むような幸紀の生きざまを常にあたたかい目線で、時に脱力、時にくすっと笑わせてくれたりと、ほんとに読んでいて胸にじんとくるものがありました。

    理不尽なことばかりで幸紀も天使も不幸な人生としか言いようがないのだけれど、その中で本当に欲しかったものを二人とも手にすることができたんだな…と感動。

    優しさに包まれました。

    最後はやっぱりそうだよねと悲しくさせられるけど、描き下ろしに癒されまくりです。
    遠回しの表現だけど、そういうことですよね。

    QRコードの特典がさらに胸にグッときました。
    パスワードは読んでたら気がつきます。
    必見!

    カバー絵とカバー下の対比もこの話の大事なところを示してますよね。

    脇キャラもインパクトあって印象的な人々ばかりでした。
    特にあり沙はすごい~!
    天使のお父さんも忘れられないキャラです。
    やたもも、よるあさともつながってるのはリメイクしたからなのかな?
    ともかく、はらだセンセのすごさを改めて実感したお話です。

  205. 満足感たっぷりの1冊

    BLでウルっときたのは初めてです。
    この漫画はBLに入るのかな?って感じですが。
    段々と分かってくる真実、深まる二人の関係性、終盤の切ない展開に読む手が止まらなくなり、最後の描き下ろしに救われます。
    読み応えたっぷりのページ数に加え、QRコードの粋な仕掛けが最高で、読後の余韻も長く浸れる為、1冊の満足感お得感が物凄いです!
  206. user より:

    外で読んでたので涙を我慢するのに必死。
    はらだ史上、最も優しい…うん、そうかも。
    途中出てくるヤクザって、あのえげつない暴力って、あの人ですよね?あさとよるの。
    それはさておき、暗いし苦しいのにお涙頂戴ってことはなくて、泣きたくなるのは哀しみによるそれとは違ったなー。
    心が洗われた。
    いつもの変態とかエロとかの作品も好きだけど、こういうのも良い。
    BLにはこういう素晴らしい作品もあるんだよー!
    といろんな人に伝えたい
  207. ワンルームエンジェル

    普段だったらまず読まない表紙だったんですが、読んでみて良かったです。
    非現実的と現実、シリアスとコメディが凄くいいバランスでした。
    二人がお互いを想い合う優しい気持ちがとても良かったです。
  208. だぶちさん より:
    今だからこの話がいい

    閉塞感とか正義感とか隣りにある今だから、なおさら読めてよかった
  209. rhtmさん より:
    BLか…?

    表紙がオシャレで、とても人気があるので気になって購入。

    BLか…?という感じだったけど、都合の良い結末は用意されていないのが良かった。

    読んでよかったです。

  210. ヲPさん より:
    サイコ~~~~~~~!!!

    マジで良、、、涙止まらん、、、一巻だけなのにすごく綺麗にお話もまとまってて満足度が高いな~!
    最後のギミックでまた泣く。
    生々しいシーンは一切ないのでBL読まない人も読んで欲しい。
    なかなかレビューなど書かない私ですが衝動的におすすめしたい!
    と思ってレビュー投稿するくらいには超良かったです。
  211. ワンルームエンジェル

    悲しくて切なくてすごく優しいお話でした。

    BLというよりはそのいっぽ手前くらいの関係性です。

  212. user より:

    はらだ至上、
    人に勧めやすい一冊が爆誕。

    過去の読切を既読だとギャップに驚く。

    こんなええ話にしてくるとは思わんやん。

    はらだで泣くってこれまでなかったけど、かなりぐっときてしまったな。

    やさしい世界。

  213. user より:

    評判に違わず名作。
    ええ、泣きましたとも!

    始まりは、キャラクター同士の軽い会話の応酬でさらっと読者を引き込みつつ、少しずついろんなものを混ぜていき、たくさんの感情が凝縮したラストまで一気に読ませてくれました。

    意外とありそうな設定のドラマで、ラストは当然ハッピーエンドかバッドエンドかの二択に関わらず、このラストに導いた作者はすごい。

    最後、彼の笑顔と台詞しか書かれていないにも関わらず、それを見ている主人公の表情と気持ちが想像できて胸熱。
    さらに涙。

    そして、作者の遊び心というべきサービスまで。

    自分一人だったら気が付かなかった素敵なオマケに、SNSが普及していて良かったと心から思いました。

  214. いい読後感

    エロ有りが大好きな自分ですが、エロなしでも楽しめました。

    踏ん張ってる人にも零れてしまった人にも暖かい物語でした。

  215. 余韻がすごくて言葉が出ない…でもこの本の魅力を伝えたい

    はらだ先生の作品はかなり暴力の表現が強くて、絵がめちゃくちゃ上手いだけにかなり心にきてたので今作も読もうか迷ったのですが、結局最高の一言。

    ヤクザとか、殺しとか、自殺とか、見るだけで参ってしまう。
    でも、普通に生きる人ならすぐに目を背けてしまうような環境にいる人でもみんな一人一人に事情があって、生活があって、心がある。
    見た目がどんなにチャラくて、すぐに手を出してしまったり、堕落した生活を送っている人でも、こんなにも誠実な心を持っていて、人を思う心があるんだなあというのははらだ先生の作品で一貫して感じます。

    今作は特にそれが強いのかなあ…と。

    天使と不良(なのかな?)。
    真反対に思えるこの2人は誰よりも近い。

    BLという枠ではあるけど、社会に訴えかけるような力強いさがありますね…。
    この春、社会に一歩踏み出した自分にはめちゃくちゃ考えさせられる一冊です。
    普通に実写映画化してほしい…アニメじゃなくて、生身の人間と、実在するこの世界を映し出してほしい。

  216. oeyさん より:
    はらだ史上、最も優しい物語。

    初めて購入したはらだ先生の作品です。
    泣きました、自分でもこんなに泣くのかってほど泣きました。
    これはBL枠だけに収まってほしくない。
    そのくらい素敵な作品です。
    今のこの世にあってる気がしました。
  217. ねのねさん より:
    帯はBL臨界点突破

    だそうですw

    まさにその通りです。

    過去作のリメイクですが、全然別物。

    構成も演出も素晴らしかった!

  218. みーもさん より:
    BLではないけど素敵なお話

    ちょいちょい出てくるツッコミが面白い。
    全体的にはほんわかだけど、要所要所で目を背けたい現実が出てくる。
    最後はしんみり寂しいけど、あとがきでまたちょっとほっこりする感じ。
  219. user より:

    抱える闇が深い分、天使の笑顔が印象に残る素敵な作品でした。
    本当に魅力的な人物を描く作家さんだな。
  220. user より:

    泣いた…『止まり木』はあの短さでも凄く印象に残っていたけど、設定の妙技というだけでは収まらない。
    素晴らしい。
    なんで天使が学生服やねん…ってとこで引っ掛かって、引っ掛かるんだけどそれをあんまり考えずに読むと、なんつーか、心臓に繋がってる「琴線」と言う名の紐をぶるぶるー、って揺さぶられる感じとでも言えばいいのか…帯の「BL臨界点」は「正に!
    」ってなる。
    表紙が「黄色」で「昼間」、おまけカードが「青色」で「夜」ってと見せかけて実は逆なのかな、これ。
    黄色いのは「夜に部屋の電気を点けている」からで、青色で窓が明るいのは「昼間で部屋の中が暗くなる」なのか。

    エンディングの描写もこれ以外ないと言う…感動させよう、泣かせようと言う気負いが全く感じられないのは、この二人の関係性をなぞって描かれた作品だからだろう。

  221. 描き下ろしに救われ

    全体的にハッピーな作品が好きなのではらださんのヒリヒリするような作品は苦手でしたが、やたらと評価の高い作品だったので読んでみました。

    おもしろかったけど、やっぱりラストは寂しい
    描き下ろしになんとか救われました。

  222. user より:

    後味いいのか悪いのかわかんないな…いやいいな…でもな…と行ったり来たりしてるうち、これが切ないと言うものかと思うに至りました
  223. にすいさん より:
    話がうまい

    BL…?なのか…?というところ。
    ザBLを求めてる人には向かないかもしれないです。
    最後に全部わかる感じが好きですね。
    そういうことか~!
    みたいな。
  224. 何度でも読む

    何度でも読んで欲しいし何度でも読むべき作品、と自分の中では思っています
    正直・・・1番最初はそこまでではなかったんです、、、
    でも、読む度にその想いは変化し、今では大事過ぎる大事な作品です
  225. オススメしたいBLナンバーワン 

    BLなのかそうでないのか微妙なラインだと思いますが、そんなことは関係なく人にオススメしたくなるお話でした。

    優しい気持ちがじんわり広がります。

    きっと明日、私の目は腫れてます。

  226. 本当に素晴らしいストーリーです!

    愛と救済のお話でした。
    今までレビューで泣けるとあっても中々泣くまでの作品に出会えなかったのですが、こちらは本当に泣きました。
    ストーリーが素晴らしいです。
    最後の特典で涙が止まりませんでした。
  227. user より:

    号泣しました。
    描き下ろしで完結ですね…
    是非とも巻末のQRコードも…
    そこでもう1回号泣します。

    BLでジャンル分けすることによって、この名作を避けられることがあったら勿体ないな~と思います。

    (内容がBLではない)
    1本映画を観終わったかのような感覚になりました。

    生きるのが下手な元チンピラと記憶喪失の天使のお話です。

  228. user より:

    この漫画、読むのたぶん3回目ぐらいなんだけど、
    1回目と2回目はそんなにささらなかったん。

    っていうのは、
    暴力団とか半グレとかがどうしても苦手で、最初にソレがくるからしんどかった・・・って記憶しかなかったんよね。

    で、今日もう1回読んでみて・・・泣けた~。

    なんでだろう?
    ドラマの実写バージョン(1話だけだけど)見て、最初の暴力シーンに慣れて、その後の展開を想像しやすくなったからかな?

    読みながら、あぁそうだった、そうだったって思いながら読んだけど
    ほぼ読む寸前まで思い出せないほど、
    私の中に残ってなかったのもびっくりだったわw

    この漫画についてはあんまり語りたくない。

    それは、いい意味で。

    私の言葉で語りたくない。
    読んで受け止めないと。

    1回目2回目読んだ時は最後は無理やりハッピーエンドにしてるだけで、
    全然ハッピーエンドじゃないやんって思っていたけど
    今回読んでみてコウキと天使が出会った意味はあったし、
    これはこれでハッピーエンドだったんだなって。

    それから最後の
    「#であい」
    でちょっとひっこみかけた涙が再度ぼとぼとぼと~~~。

    そして友達に教えてもらった最後のQRコードの謎。

    いやマジ、よかった・・・・。

    あとこれ、カテゴリーをBLにしたけど、BLなのか?全然違う普通の漫画じゃない?

  229. pktさん より:
    感動

    はらだ先生は本当に漫画を描くのが上手い。
    コマ割もそうですがコマの間隔までストーリーにあわせて計算されて緻密に描写されていると思います。
    切なくてあたたかく心に残るお話でした。
  230. user より:

    ワンルームでゆったりと流れる雰囲気の
    ストーリで、天使くんと生活していく中で
    どんどん天使くんの過去が明かされ...
    と言う様な感じで、比較的ゆっくりと
    進んでいくストーリーですが、
    丁度いいぐらいの時に、場面の変化が起き
    読みやすく、内容はかなりシリアス系で
    読み終わった後の虚無感が凄まじいです。
  231. 久しぶりに号泣した

    まず絵が綺麗。
    テンポもよく読みやすい。
    くすっと笑えるような箇所がたくさんあり、読んでてすごく楽しかったです。
    最後は感動でガチ泣きしました。
  232. 80namiさん より:
    泣いた。

    もう、すごくよかったです。

    ファンタジーのような、ミステリーのような、、なんか悲しくて、でもかわいくて愛おしい、心暖まるお話。

    ネタバレなしで読んでほしい!

  233. 大袈裟でなく

    あまりに優しくて悲しいお話です。

    会話では笑わされます。
    天使が口が悪かったりするのを、強面の主人公がいなすぐらいです。

    ちょっとしたミステリーを解いていくうちに、どんどん謎が深まり引き込まれていきました。

    なのにそれでも会話は笑わせられます。

    知ってしまった真実も、不条理で理不尽な社会で、その中からふたりが少しでも光を見出そうととする度こちらの心が浄化されました。

    互いに幸せになると別れになるという悲しさに、主人公は救われないのかと、また孤独に突き落とされましたが、そこからまた歩き出すのにも泣けました。

    書き下ろしに救われます。

    絡みなど必要なくなる、もはやBLという枠に閉じ込めてはいけない、綺麗なお話です。

    QRコードがなかなかダウンロード中で開かずモヤモヤしてます(泣)

  234. 切ないな

    凄く素敵な表紙で、評判も良くて、
    やっと購入した。

    想像していた内容とかなり違った。

    もう一回読まないと、
    線が繋がらない。

    切ないな。
    って
    そう思う作品でした。

  235. user より:

    初めて読んだ時から、面白い設定で引き込まれる。
    天使がとても魅力的でかわいい!
    羽も素敵。

    空から着た天使は何故自分が天使になったか分からず、うだつの上がらない主人公と共に生活をしていきます。
    少しずつ暴かれる過去はとても衝撃的で、先も読めない展開が続く。

    ストーリー展開がありきたりでなくしっかりしている。

    少し小説を読んでいる様な気持ちになるような作品で、最後も心を掴まれます。

  236. さすが

    こちらの元となった短編がはらだ作品の中でもすごく好きだったので少し複雑な気持ちはありつつも面白かった。
    ストーリーを読む作品なのでBL的萌えとかないけどめっちゃよく出来ています。
  237. Gooooさん より:
    すごすぎる!

    泣いた!
    泣きました!

    はらだ先生、すごすぎる!

    本当に様々な作品をお描きになる。
    そして、そのすべてが高クオリティ。
    人の心にズンっと何かを落としていく感じ。

    この作品はBLという括りではなく、人にすすめたい。
    トゲトゲの心を優しくしてくれる素敵な作品です。

  238. もけえさん より:
    悲しいけど優しいお話

    優しいけど悲しい。
    というよりは悲しいけど優しいという順番に感じるお話でした。
    BなL要素はほんわか程度で、後はメッセージをどう伝えているかというお話で、ゴリラな幸紀さんの優しさに触れるのが暖かかったです。
    はらだ先生らしからぬ癖の弱さなので、誰にでもオススメ出来る逸品でございました!

    天使くん(突然のクイズ。
    読んだ人は読み方を脳内変換してください。
    テンシではありません)ですが、幸紀さんをゴリラに例えるならその野生動物の頭とかに乗ってる小鳥みたいな感じの関係性で、ずっと和やかにお話が進んでいきますわけでも無いですが、その急降下具合のインパクトが凄いのも好きです。

    正直表情とかだけだと推測するしか無いですが、天使が感情を感じられることによってそれを言葉にしてくれるから、読者に幸紀さんが優しい人だと伝わったと思います。
    最後には素直に言葉に出し合いましたし、気持ちが分かっていても分かりやすくても、言葉にして伝えてくれる事で伝わることは格別にたくさんあるなと思わせてくれました。

    名前に意味があるの好きです。
    文字ってるのもすきです。

    しかしやはり私は腐女子なので2人の年齢を操作して天志くんを大人にさせちゃったり、そのままの年齢でそわそわ初々しい恋愛始めちゃってるところを勝手に妄想します。

    ありがとうございます!

  239. user より:

    はらださんのいくつかの漫画を読んだことがありますが、この作品は、この作品こそ、はらださんの本音、のような核心のようなものを
    のぞけたような気がします。

    繊細であり、鋭いです。

  240. 丁寧に作られた芯のある作品

    エッチなシーンは無いです。
    これをBL作品と言っていいのかもわからない。
    たまたま、天使と幸紀が男だったから傍から呼称するとBLになってしまっただけで、これは2人の物語なんだって思わせてくれる、それぐらい人物描写が丁寧!
    あと、シーンの切り替えだったり、視点の誘導が上手くて、ラストなんかもう、映画です。

    ページをめくるのが楽しかったです。

  241. user より:

    「めっちゃ好き」のページがすごく好き。
    ああ~こんな言葉を他人から言われたらどんな気持ちになれるんだろう、と。

    天使くんの「人生は開き直りですよ」って言葉、その通りなのだけどそれが大抵の人には難しいんだよな。

  242. user より:

    感動して泣いてしまった。

    きれいで儚く切ない、プラトニックなBLでした。

    はらだ先生の過去作、「変愛」の中にも”止まり木”という同じ感じの漫画があったのを思い出し、そのリメイクなのかな?と思いました。

    そちらは単話だったけれど、今回は1冊にしっかりと描かれていて、とても良かったです。

    たまにはプラトニックなBLも良いなあ、としみじみ。

  243. ryo_25さん より:

    最後泣きました。
    BL読まない人にも読んで欲しい。
    優しい物語でした。
    天使の口の悪さとかクスっとする所もあって本当に良かった。
  244. 文句なしにおすすめできる一冊!

    BL一歩手前くらいですが、2人の関係性にとても心が満たされました。
    話の構成がとても素晴らしいです。
    電子書籍特典で思わず涙が出ました。
  245. user より:

    痺れた。
    ヤベェ。
    トップレベルに好きだわこれ……。

    儚くって、寂しくって、心臓を貫くようにジンとした感覚が残る。

    心の準備なんかさせない。
    それはふらっと何かの弾みで、気が付いたらみたいに案外簡単に。

    最後の話の「であい」も最高だった。
    あー、アカン。
    こういう時の気持ちをぴったり説明してくれる形容詞を早く知りたい。
    でもとにかく最高だった。

    この胸に残る痛みこそが、愛していたんだと自覚させる。

  246. 文句無し!!素晴らしい!!

    読み終わったあと心があったかくなって笑顔に慣れました?涙がじわりと滲みました。
    なんと美しいハッピーエンドでしょう。
    これはBLではありません。
    美しい人達のお話でした。
    はらだ先生こんな素晴らしいお話をありがとうございます。
    買って損なし??買いです??
  247. ないゆさん より:
    良かった

    すごく良かった。

    はらだ先生の作品の中でも一番優しい物語。

    えちなシーンも一切ありません。

    ただただ二人のかけあいが愛おしい。

  248. ーーちさん より:
    すごくすごく良かったです。

    友達に勧められて読んでみました。

    すごく良かったです。
    何度も読み返したいと思います。

  249. user より:

    今作ははらだ作品お馴染みの暴力描写こそ少しありますが、全体としてエッジは抑え目、お話の構成や画力が高いレベルでまとまっており、今までのファンは勿論、一般的にも抵抗感が少なく且つ面白い本に仕上がってました。
    『よるとあさの歌』に出てきたクレイジーな友紀と今作の主人公である幸紀の兄弟関係にグッときます。
    絵的にも、天使の羽根の柔らかさまでが感じ取れてこちらも幸せな気持ちになりました。

    『変愛』に収録されている『止まり木』からお話を膨らませたと思われますが、エンディングが異なります。
    BL的な『止まり木』の終わり方も良かったですが、こちらのメリバ的な終焉も美しいですね。

  250. ほっこり

    何回読んでも胸にぐっとくる作品です、、。
    天使くんと主人公の絡みが読み進めるほど尊くなります。
    1冊で綺麗に完結してます、恋愛じゃないと思います!
  251. user より:

    自分に、人生に価値を見出せないアラサー男子と天使の物語。

    これはもうBLのカテゴリに入れて良いのか?と言うレベル。

    互いが互いを必要としあっていて、優しさを共有して満たされて、想いあっているけれど恋愛的なものでは無くどちらかと言うと家族愛的なあったかいものです。

    BLが少し苦手という人にもオススメ。

  252. user より:

    語彙力が無いから上手く言葉に言い表せないんだけど、心に来るものがあった
    そりゃ皆良いって言う訳だわ………
  253. user より:

    この話はBLという括りで見るにはもったいない。
    人生の辛さも人間関係の温かさも全部詰まっている。
    全年齢向け。
    最後の最後のページまで含んで作品として完結していて、本という媒体を超越しました。
  254. いい漫画

    電子書籍版のおまけページがいいですね。

    QRコードももちろん見ました。
    泣く。

    自分的にはこの漫画はBLではないと思いますが

    色んな人に読んでもらいたいと考えました。

    はじめてレビューを書きたいと思った作品でした。

  255. user より:

    読み切りだったお話が広がって、ヒューマン作品に昇華されてます。
    感動的。

    個人的にこの作品は、BL枠を超えていると思いました。

    ストーリー重視です。

    はらださん作品なので、シリアスを保ったままダークな方向に終わるかと思っていましたが、そんなことは無く。

    ネタバレ無しで読むのをおすすめ致します。

    個人的には、受けの子と同じクラスの男の子がBLしてるところも読んでみたいと思ってしまいました。

    はらださんは色んな角度からBLを描かれるので、毎回楽しませてもらってます。

  256. kjtdsさん より:
    近況にマッチ

    出会い、別れ、あったばかりだったので
    とても染み入りました。

    実写化できそうですよね。

    するならきちんとこのまましてほしいですが。

  257. ワンルームエンジェル

    悲しくて切なくてすごく優しいお話でした。

    BLというよりはそのいっぽ手前くらいの関係性です。

  258. だぶちさん より:
    今だからこの話がいい

    閉塞感とか正義感とか隣りにある今だから、なおさら読めてよかった
  259. いい漫画

    電子書籍版のおまけページがいいですね。

    QRコードももちろん見ました。
    泣く。

    自分的にはこの漫画はBLではないと思いますが

    色んな人に読んでもらいたいと考えました。

    はじめてレビューを書きたいと思った作品でした。

  260. pktさん より:
    感動

    はらだ先生は本当に漫画を描くのが上手い。
    コマ割もそうですがコマの間隔までストーリーにあわせて計算されて緻密に描写されていると思います。
    切なくてあたたかく心に残るお話でした。
  261. user より:

    語彙力が無いから上手く言葉に言い表せないんだけど、心に来るものがあった
    そりゃ皆良いって言う訳だわ………
  262. ないゆさん より:
    良かった

    すごく良かった。

    はらだ先生の作品の中でも一番優しい物語。

    えちなシーンも一切ありません。

    ただただ二人のかけあいが愛おしい。

  263. user より:

    この漫画、読むのたぶん3回目ぐらいなんだけど、
    1回目と2回目はそんなにささらなかったん。

    っていうのは、
    暴力団とか半グレとかがどうしても苦手で、最初にソレがくるからしんどかった・・・って記憶しかなかったんよね。

    で、今日もう1回読んでみて・・・泣けた~。

    なんでだろう?
    ドラマの実写バージョン(1話だけだけど)見て、最初の暴力シーンに慣れて、その後の展開を想像しやすくなったからかな?

    読みながら、あぁそうだった、そうだったって思いながら読んだけど
    ほぼ読む寸前まで思い出せないほど、
    私の中に残ってなかったのもびっくりだったわw

    この漫画についてはあんまり語りたくない。

    それは、いい意味で。

    私の言葉で語りたくない。
    読んで受け止めないと。

    1回目2回目読んだ時は最後は無理やりハッピーエンドにしてるだけで、
    全然ハッピーエンドじゃないやんって思っていたけど
    今回読んでみてコウキと天使が出会った意味はあったし、
    これはこれでハッピーエンドだったんだなって。

    それから最後の
    「#であい」
    でちょっとひっこみかけた涙が再度ぼとぼとぼと~~~。

    そして友達に教えてもらった最後のQRコードの謎。

    いやマジ、よかった・・・・。

    あとこれ、カテゴリーをBLにしたけど、BLなのか?全然違う普通の漫画じゃない?

  264. user より:

    はらださんのいくつかの漫画を読んだことがありますが、この作品は、この作品こそ、はらださんの本音、のような核心のようなものを
    のぞけたような気がします。

    繊細であり、鋭いです。

  265. 大袈裟でなく

    あまりに優しくて悲しいお話です。

    会話では笑わされます。
    天使が口が悪かったりするのを、強面の主人公がいなすぐらいです。

    ちょっとしたミステリーを解いていくうちに、どんどん謎が深まり引き込まれていきました。

    なのにそれでも会話は笑わせられます。

    知ってしまった真実も、不条理で理不尽な社会で、その中からふたりが少しでも光を見出そうととする度こちらの心が浄化されました。

    互いに幸せになると別れになるという悲しさに、主人公は救われないのかと、また孤独に突き落とされましたが、そこからまた歩き出すのにも泣けました。

    書き下ろしに救われます。

    絡みなど必要なくなる、もはやBLという枠に閉じ込めてはいけない、綺麗なお話です。

    QRコードがなかなかダウンロード中で開かずモヤモヤしてます(泣)

  266. NA__さん より:
    このレビューを見た方はぜひ読んでほしいです

    普段レビューを書くことはないのですが、BL読む方も読まない方も関係なく読んで欲しい作品です。

    友人にお勧めされて読んだ作品ですがもっと早く読むべきだった、多くの方に読んで欲しいと思いレビューを今書いています。

    恋愛ものを読みたい方にはテイストが違うので驚かれるかもしれませんが読んだことを後悔することはないと思います。

  267. ヲPさん より:
    サイコ~~~~~~~!!!

    マジで良、、、涙止まらん、、、一巻だけなのにすごく綺麗にお話もまとまってて満足度が高いな~!
    最後のギミックでまた泣く。
    生々しいシーンは一切ないのでBL読まない人も読んで欲しい。
    なかなかレビューなど書かない私ですが衝動的におすすめしたい!
    と思ってレビュー投稿するくらいには超良かったです。
  268. 丁寧に作られた芯のある作品

    エッチなシーンは無いです。
    これをBL作品と言っていいのかもわからない。
    たまたま、天使と幸紀が男だったから傍から呼称するとBLになってしまっただけで、これは2人の物語なんだって思わせてくれる、それぐらい人物描写が丁寧!
    あと、シーンの切り替えだったり、視点の誘導が上手くて、ラストなんかもう、映画です。

    ページをめくるのが楽しかったです。

  269. user より:

    2回目読了。

    ヤクザの仕打ちのシーンは、2回目で耐性ができていたので、素通りできた。
    帯にBL臨界点とあったので1回目は、かなり警戒した。
    作者が何を書きたかったかはわからない。
    愛するとういことは、男女を越えて、性的な交わりも越えた先に存在することであると思った。
    人を愛することは、一人だけでできることと思う。
    その愛を相手と共有できた期間が少しでもあれば、残り人生、一人でも生きて行けるのではと思った。

    >C評価
    >米津玄師さんの、曲を用いたのはなかなか。
    lemonは、死を悲しみ前に進む曲で、あるため共感はできた。
    しかし、天使が女性であればこのことから、この物語がなぜ男同士の物語にしたのかが読めていない。

    >再提出 
    >〆切 5月24日
    >
    >
    >
    >2019年5月20日(月) 3:46
    >
    >読了。
    やくざの仕打ちにかなり落ち込んだ。
    全体的に良い話であった。
    イメージソングとして、米津玄師のレモンがあってると思った。
    絵がうまいと思った。
    エンジェル役が女性であれば、もっと感情移入をかなりできたかもしれない。
     
    >

  270. user より:

    はらだ至上、
    人に勧めやすい一冊が爆誕。

    過去の読切を既読だとギャップに驚く。

    こんなええ話にしてくるとは思わんやん。

    はらだで泣くってこれまでなかったけど、かなりぐっときてしまったな。

    やさしい世界。

  271. さすが

    こちらの元となった短編がはらだ作品の中でもすごく好きだったので少し複雑な気持ちはありつつも面白かった。
    ストーリーを読む作品なのでBL的萌えとかないけどめっちゃよく出来ています。
  272. user より:

    ざっくり言うと男と天使の姿をした少年の、生と死と愛のお話。

    分かりやすい話が、たまにある BLだけど一般人が読んだらBLの概念が変わるタイプのBLです。

    はらださんの作品は『心が軽くなる楽しさや明るさと人間の闇の底を掬ったヘドロを配合したすぐには死なない高品質な毒』みたいなところがままありますが、同じ工場でこんなプラトニック純愛も生産されている……? と息を飲んだのがこちらの作品です。

    慣れた人には毒もオススメですが、『ワンルームエンジェル』こそ誰にでもオススメしたい。

  273. みーもさん より:
    BLではないけど素敵なお話

    ちょいちょい出てくるツッコミが面白い。
    全体的にはほんわかだけど、要所要所で目を背けたい現実が出てくる。
    最後はしんみり寂しいけど、あとがきでまたちょっとほっこりする感じ。
  274. user より:

    読み終わった後、しばらく動けなかったです。
    なんか、思ってたのと全然違ったはらだ作品で、ごっそり魂が浄化されてしまった気分です…泣いた。

    センセの初コミックス『変愛』の中でも気に入ってた「止まり木」っていうお話があるんですが、それをセルフリメイクされていて、短編がとても分厚い長編になっていました。

    人生投げてる30代ワンルーム暮らし×記憶を失った自称天使。

    …「止まり木」では、HENTAIエロちっくな展開もありつつちゃんと愛が存在していたのでいいな~と思って読んでたのですが、こちらは長いお話の中で一切そういう場面が出てこないという、センセにしては異色の設定でした。

    …こういうのもすごくいいです!
    センセは濃厚HENTAIエロだけじゃない深い情感を描ける作家さんだと確信。

    全ての気持ちを持ってかれました。
    伏線の回収がとんでもなくすごい。
    どんどんわからなかった事が繋がっていって、最後は愛しくて切なくて泣かずにはいられないけれど、悲しいんだけど、なぜかとても読後感が良いというミラクルです。

    普通に描いたら暗くて悲惨で落ち込むような幸紀の生きざまを常にあたたかい目線で、時に脱力、時にくすっと笑わせてくれたりと、ほんとに読んでいて胸にじんとくるものがありました。

    理不尽なことばかりで幸紀も天使も不幸な人生としか言いようがないのだけれど、その中で本当に欲しかったものを二人とも手にすることができたんだな…と感動。

    優しさに包まれました。

    最後はやっぱりそうだよねと悲しくさせられるけど、描き下ろしに癒されまくりです。
    遠回しの表現だけど、そういうことですよね。

    QRコードの特典がさらに胸にグッときました。
    パスワードは読んでたら気がつきます。
    必見!

    カバー絵とカバー下の対比もこの話の大事なところを示してますよね。

    脇キャラもインパクトあって印象的な人々ばかりでした。
    特にあり沙はすごい~!
    天使のお父さんも忘れられないキャラです。
    やたもも、よるあさともつながってるのはリメイクしたからなのかな?
    ともかく、はらだセンセのすごさを改めて実感したお話です。

  275. 余韻がすごくて言葉が出ない…でもこの本の魅力を伝えたい

    はらだ先生の作品はかなり暴力の表現が強くて、絵がめちゃくちゃ上手いだけにかなり心にきてたので今作も読もうか迷ったのですが、結局最高の一言。

    ヤクザとか、殺しとか、自殺とか、見るだけで参ってしまう。
    でも、普通に生きる人ならすぐに目を背けてしまうような環境にいる人でもみんな一人一人に事情があって、生活があって、心がある。
    見た目がどんなにチャラくて、すぐに手を出してしまったり、堕落した生活を送っている人でも、こんなにも誠実な心を持っていて、人を思う心があるんだなあというのははらだ先生の作品で一貫して感じます。

    今作は特にそれが強いのかなあ…と。

    天使と不良(なのかな?)。
    真反対に思えるこの2人は誰よりも近い。

    BLという枠ではあるけど、社会に訴えかけるような力強いさがありますね…。
    この春、社会に一歩踏み出した自分にはめちゃくちゃ考えさせられる一冊です。
    普通に実写映画化してほしい…アニメじゃなくて、生身の人間と、実在するこの世界を映し出してほしい。

  276. user より:

    読み切りだったお話が広がって、ヒューマン作品に昇華されてます。
    感動的。

    個人的にこの作品は、BL枠を超えていると思いました。

    ストーリー重視です。

    はらださん作品なので、シリアスを保ったままダークな方向に終わるかと思っていましたが、そんなことは無く。

    ネタバレ無しで読むのをおすすめ致します。

    個人的には、受けの子と同じクラスの男の子がBLしてるところも読んでみたいと思ってしまいました。

    はらださんは色んな角度からBLを描かれるので、毎回楽しませてもらってます。

  277. oeyさん より:
    はらだ史上、最も優しい物語。

    初めて購入したはらだ先生の作品です。
    泣きました、自分でもこんなに泣くのかってほど泣きました。
    これはBL枠だけに収まってほしくない。
    そのくらい素敵な作品です。
    今のこの世にあってる気がしました。
  278. オススメしたいBLナンバーワン 

    BLなのかそうでないのか微妙なラインだと思いますが、そんなことは関係なく人にオススメしたくなるお話でした。

    優しい気持ちがじんわり広がります。

    きっと明日、私の目は腫れてます。

  279. ねのねさん より:
    帯はBL臨界点突破

    だそうですw

    まさにその通りです。

    過去作のリメイクですが、全然別物。

    構成も演出も素晴らしかった!

  280. user より:

    この話はBLという括りで見るにはもったいない。
    人生の辛さも人間関係の温かさも全部詰まっている。
    全年齢向け。
    最後の最後のページまで含んで作品として完結していて、本という媒体を超越しました。
  281. 切ないファンタジー

    はらだ先生の他の作品と異なる作品です。
    幅広い方に読んでほしいです。
    ファンタジーですが現実の辛さや孤独を感じさせられるます。
    ミステリー的要素もあり、最後は切ないですが良かったです。
  282. 文句無し!!素晴らしい!!

    読み終わったあと心があったかくなって笑顔に慣れました?涙がじわりと滲みました。
    なんと美しいハッピーエンドでしょう。
    これはBLではありません。
    美しい人達のお話でした。
    はらだ先生こんな素晴らしいお話をありがとうございます。
    買って損なし??買いです??
  283. 切ないな

    凄く素敵な表紙で、評判も良くて、
    やっと購入した。

    想像していた内容とかなり違った。

    もう一回読まないと、
    線が繋がらない。

    切ないな。
    って
    そう思う作品でした。

  284. user より:

    「めっちゃ好き」のページがすごく好き。
    ああ~こんな言葉を他人から言われたらどんな気持ちになれるんだろう、と。

    天使くんの「人生は開き直りですよ」って言葉、その通りなのだけどそれが大抵の人には難しいんだよな。

  285. ワンルームエンジェル

    普段だったらまず読まない表紙だったんですが、読んでみて良かったです。
    非現実的と現実、シリアスとコメディが凄くいいバランスでした。
    二人がお互いを想い合う優しい気持ちがとても良かったです。
  286. 文句なしにおすすめできる一冊!

    BL一歩手前くらいですが、2人の関係性にとても心が満たされました。
    話の構成がとても素晴らしいです。
    電子書籍特典で思わず涙が出ました。
  287. 泣ける…

    レビューの中に「泣ける」、とあったのですが
    まさかね…という気持ちで読み進めたところ
    大号泣でした!

    ネタバレせずにまっさらな状態で読むことを
    おすすめします。

    とても良い作品でした。

  288. ほっこり

    何回読んでも胸にぐっとくる作品です、、。
    天使くんと主人公の絡みが読み進めるほど尊くなります。
    1冊で綺麗に完結してます、恋愛じゃないと思います!
  289. user より:

    感動して泣いてしまった。

    きれいで儚く切ない、プラトニックなBLでした。

    はらだ先生の過去作、「変愛」の中にも”止まり木”という同じ感じの漫画があったのを思い出し、そのリメイクなのかな?と思いました。

    そちらは単話だったけれど、今回は1冊にしっかりと描かれていて、とても良かったです。

    たまにはプラトニックなBLも良いなあ、としみじみ。

  290. user より:

    抱える闇が深い分、天使の笑顔が印象に残る素敵な作品でした。
    本当に魅力的な人物を描く作家さんだな。
  291. 80namiさん より:
    泣いた。

    もう、すごくよかったです。

    ファンタジーのような、ミステリーのような、、なんか悲しくて、でもかわいくて愛おしい、心暖まるお話。

    ネタバレなしで読んでほしい!

  292. 描き下ろしに救われ

    全体的にハッピーな作品が好きなのではらださんのヒリヒリするような作品は苦手でしたが、やたらと評価の高い作品だったので読んでみました。

    おもしろかったけど、やっぱりラストは寂しい
    描き下ろしになんとか救われました。

  293. user より:

    号泣しました。
    描き下ろしで完結ですね…
    是非とも巻末のQRコードも…
    そこでもう1回号泣します。

    BLでジャンル分けすることによって、この名作を避けられることがあったら勿体ないな~と思います。

    (内容がBLではない)
    1本映画を観終わったかのような感覚になりました。

    生きるのが下手な元チンピラと記憶喪失の天使のお話です。

  294. いい読後感

    エロ有りが大好きな自分ですが、エロなしでも楽しめました。

    踏ん張ってる人にも零れてしまった人にも暖かい物語でした。

  295. ーーちさん より:
    すごくすごく良かったです。

    友達に勧められて読んでみました。

    すごく良かったです。
    何度も読み返したいと思います。

  296. 感動した

    bl作品で泣いたのは初めてでした。
    読み始め、微妙な感じがしましたが最後には涙が止まりませんでした。
    生々しいシーンはありませんが感動のある作品です。
  297. user より:

    ワンルームでゆったりと流れる雰囲気の
    ストーリで、天使くんと生活していく中で
    どんどん天使くんの過去が明かされ...
    と言う様な感じで、比較的ゆっくりと
    進んでいくストーリーですが、
    丁度いいぐらいの時に、場面の変化が起き
    読みやすく、内容はかなりシリアス系で
    読み終わった後の虚無感が凄まじいです。
  298. ゆゆ123さん より:
    目が腫れとる

    心がズタズタにされちゃいました。


    でも同時に温かみも感じました。
    とても言葉にできません、全人類にぜひ一度に読んでほしいくらいです。

    特に電子特典のセリフ入れネームが最高でした。
    きっとそれは救済措置的なものなんでしょうと私は思います。

  299. user より:

    痺れた。
    ヤベェ。
    トップレベルに好きだわこれ……。

    儚くって、寂しくって、心臓を貫くようにジンとした感覚が残る。

    心の準備なんかさせない。
    それはふらっと何かの弾みで、気が付いたらみたいに案外簡単に。

    最後の話の「であい」も最高だった。
    あー、アカン。
    こういう時の気持ちをぴったり説明してくれる形容詞を早く知りたい。
    でもとにかく最高だった。

    この胸に残る痛みこそが、愛していたんだと自覚させる。

  300. 本当に素晴らしいストーリーです!

    愛と救済のお話でした。
    今までレビューで泣けるとあっても中々泣くまでの作品に出会えなかったのですが、こちらは本当に泣きました。
    ストーリーが素晴らしいです。
    最後の特典で涙が止まりませんでした。
  301. 何度でも読む

    何度でも読んで欲しいし何度でも読むべき作品、と自分の中では思っています
    正直・・・1番最初はそこまでではなかったんです、、、
    でも、読む度にその想いは変化し、今では大事過ぎる大事な作品です
  302. Gooooさん より:
    すごすぎる!

    泣いた!
    泣きました!

    はらだ先生、すごすぎる!

    本当に様々な作品をお描きになる。
    そして、そのすべてが高クオリティ。
    人の心にズンっと何かを落としていく感じ。

    この作品はBLという括りではなく、人にすすめたい。
    トゲトゲの心を優しくしてくれる素敵な作品です。

  303. にすいさん より:
    話がうまい

    BL…?なのか…?というところ。
    ザBLを求めてる人には向かないかもしれないです。
    最後に全部わかる感じが好きですね。
    そういうことか~!
    みたいな。
  304. user より:

    今作ははらだ作品お馴染みの暴力描写こそ少しありますが、全体としてエッジは抑え目、お話の構成や画力が高いレベルでまとまっており、今までのファンは勿論、一般的にも抵抗感が少なく且つ面白い本に仕上がってました。
    『よるとあさの歌』に出てきたクレイジーな友紀と今作の主人公である幸紀の兄弟関係にグッときます。
    絵的にも、天使の羽根の柔らかさまでが感じ取れてこちらも幸せな気持ちになりました。

    『変愛』に収録されている『止まり木』からお話を膨らませたと思われますが、エンディングが異なります。
    BL的な『止まり木』の終わり方も良かったですが、こちらのメリバ的な終焉も美しいですね。

  305. user より:

    外で読んでたので涙を我慢するのに必死。
    はらだ史上、最も優しい…うん、そうかも。
    途中出てくるヤクザって、あのえげつない暴力って、あの人ですよね?あさとよるの。
    それはさておき、暗いし苦しいのにお涙頂戴ってことはなくて、泣きたくなるのは哀しみによるそれとは違ったなー。
    心が洗われた。
    いつもの変態とかエロとかの作品も好きだけど、こういうのも良い。
    BLにはこういう素晴らしい作品もあるんだよー!
    といろんな人に伝えたい
  306. user より:

    初めて読んだ時から、面白い設定で引き込まれる。
    天使がとても魅力的でかわいい!
    羽も素敵。

    空から着た天使は何故自分が天使になったか分からず、うだつの上がらない主人公と共に生活をしていきます。
    少しずつ暴かれる過去はとても衝撃的で、先も読めない展開が続く。

    ストーリー展開がありきたりでなくしっかりしている。

    少し小説を読んでいる様な気持ちになるような作品で、最後も心を掴まれます。

  307. 久しぶりに号泣した

    まず絵が綺麗。
    テンポもよく読みやすい。
    くすっと笑えるような箇所がたくさんあり、読んでてすごく楽しかったです。
    最後は感動でガチ泣きしました。
  308. 最高峰

    レビューを見て購入を決めましたが、期待以上でした。

    特に、最後の描き下ろしやおまけ?などは素晴らしかったです。

  309. user より:

    泣いた…『止まり木』はあの短さでも凄く印象に残っていたけど、設定の妙技というだけでは収まらない。
    素晴らしい。
    なんで天使が学生服やねん…ってとこで引っ掛かって、引っ掛かるんだけどそれをあんまり考えずに読むと、なんつーか、心臓に繋がってる「琴線」と言う名の紐をぶるぶるー、って揺さぶられる感じとでも言えばいいのか…帯の「BL臨界点」は「正に!
    」ってなる。
    表紙が「黄色」で「昼間」、おまけカードが「青色」で「夜」ってと見せかけて実は逆なのかな、これ。
    黄色いのは「夜に部屋の電気を点けている」からで、青色で窓が明るいのは「昼間で部屋の中が暗くなる」なのか。

    エンディングの描写もこれ以外ないと言う…感動させよう、泣かせようと言う気負いが全く感じられないのは、この二人の関係性をなぞって描かれた作品だからだろう。

  310. user より:

    評判に違わず名作。
    ええ、泣きましたとも!

    始まりは、キャラクター同士の軽い会話の応酬でさらっと読者を引き込みつつ、少しずついろんなものを混ぜていき、たくさんの感情が凝縮したラストまで一気に読ませてくれました。

    意外とありそうな設定のドラマで、ラストは当然ハッピーエンドかバッドエンドかの二択に関わらず、このラストに導いた作者はすごい。

    最後、彼の笑顔と台詞しか書かれていないにも関わらず、それを見ている主人公の表情と気持ちが想像できて胸熱。
    さらに涙。

    そして、作者の遊び心というべきサービスまで。

    自分一人だったら気が付かなかった素敵なオマケに、SNSが普及していて良かったと心から思いました。

  311. 満足感たっぷりの1冊

    BLでウルっときたのは初めてです。
    この漫画はBLに入るのかな?って感じですが。
    段々と分かってくる真実、深まる二人の関係性、終盤の切ない展開に読む手が止まらなくなり、最後の描き下ろしに救われます。
    読み応えたっぷりのページ数に加え、QRコードの粋な仕掛けが最高で、読後の余韻も長く浸れる為、1冊の満足感お得感が物凄いです!
  312. kjtdsさん より:
    近況にマッチ

    出会い、別れ、あったばかりだったので
    とても染み入りました。

    実写化できそうですよね。

    するならきちんとこのまましてほしいですが。

  313. ryo_25さん より:

    最後泣きました。
    BL読まない人にも読んで欲しい。
    優しい物語でした。
    天使の口の悪さとかクスっとする所もあって本当に良かった。
  314. rhtmさん より:
    BLか…?

    表紙がオシャレで、とても人気があるので気になって購入。

    BLか…?という感じだったけど、都合の良い結末は用意されていないのが良かった。

    読んでよかったです。

  315. user より:

    ドラマ放送するということで、購入してみました。

    はらだ先生はハピクソのイメージが強く、読む前ではあっち方向でやばいのかと思っていましたが、読んでみると想像とは全く異なり感動して涙出ました…
    確かに笑える要素などはありますが、ここまで落ち着いた作品だとは思いませんでした…とても最高です。

    話が深すぎてページ読み返したりしました。

    BL?恋愛の要素は薄いかなと思ったので、抵抗ある方でもおすすめです。

    1番驚いたのは、主人公が意外と夢見がちな性格だったことです。
    笑笑

  316. もけえさん より:
    悲しいけど優しいお話

    優しいけど悲しい。
    というよりは悲しいけど優しいという順番に感じるお話でした。
    BなL要素はほんわか程度で、後はメッセージをどう伝えているかというお話で、ゴリラな幸紀さんの優しさに触れるのが暖かかったです。
    はらだ先生らしからぬ癖の弱さなので、誰にでもオススメ出来る逸品でございました!

    天使くん(突然のクイズ。
    読んだ人は読み方を脳内変換してください。
    テンシではありません)ですが、幸紀さんをゴリラに例えるならその野生動物の頭とかに乗ってる小鳥みたいな感じの関係性で、ずっと和やかにお話が進んでいきますわけでも無いですが、その急降下具合のインパクトが凄いのも好きです。

    正直表情とかだけだと推測するしか無いですが、天使が感情を感じられることによってそれを言葉にしてくれるから、読者に幸紀さんが優しい人だと伝わったと思います。
    最後には素直に言葉に出し合いましたし、気持ちが分かっていても分かりやすくても、言葉にして伝えてくれる事で伝わることは格別にたくさんあるなと思わせてくれました。

    名前に意味があるの好きです。
    文字ってるのもすきです。

    しかしやはり私は腐女子なので2人の年齢を操作して天志くんを大人にさせちゃったり、そのままの年齢でそわそわ初々しい恋愛始めちゃってるところを勝手に妄想します。

    ありがとうございます!

  317. user より:

    今さらなんだけど、買って置いておいたのを読んで泣かされてる。

    いかがわしいシーンも無いし、2人とその周囲の人たちとの心の描き方が中心なので、お勧め。

  318. user より:

    後味いいのか悪いのかわかんないな…いやいいな…でもな…と行ったり来たりしてるうち、これが切ないと言うものかと思うに至りました
  319. user より:

    天使の笑顔に泣かされました。
    いい大人が号泣します。
    そして、いろんな感情を洗い流してくれます。
    素晴らしい漫画を読みました。
    ドラマのような。
    天使のセリフに読者の自分も救われました。
    大切なこといっぱい。

    はらださんの他の作品も、初めて。

    BLだったこともわからず読みました。
    BLなどのジャンル分け
    他の方も書かれてますが、要らないですね。

  320. user より:

    自分に、人生に価値を見出せないアラサー男子と天使の物語。

    これはもうBLのカテゴリに入れて良いのか?と言うレベル。

    互いが互いを必要としあっていて、優しさを共有して満たされて、想いあっているけれど恋愛的なものでは無くどちらかと言うと家族愛的なあったかいものです。

    BLが少し苦手という人にもオススメ。

  321. 本当に素晴らしいストーリーです!

    愛と救済のお話でした。
    今までレビューで泣けるとあっても中々泣くまでの作品に出会えなかったのですが、こちらは本当に泣きました。
    ストーリーが素晴らしいです。
    最後の特典で涙が止まりませんでした。
  322. みーもさん より:
    BLではないけど素敵なお話

    ちょいちょい出てくるツッコミが面白い。
    全体的にはほんわかだけど、要所要所で目を背けたい現実が出てくる。
    最後はしんみり寂しいけど、あとがきでまたちょっとほっこりする感じ。
  323. user より:

    ワンルームでゆったりと流れる雰囲気の
    ストーリで、天使くんと生活していく中で
    どんどん天使くんの過去が明かされ...
    と言う様な感じで、比較的ゆっくりと
    進んでいくストーリーですが、
    丁度いいぐらいの時に、場面の変化が起き
    読みやすく、内容はかなりシリアス系で
    読み終わった後の虚無感が凄まじいです。
  324. user より:

    自分に、人生に価値を見出せないアラサー男子と天使の物語。

    これはもうBLのカテゴリに入れて良いのか?と言うレベル。

    互いが互いを必要としあっていて、優しさを共有して満たされて、想いあっているけれど恋愛的なものでは無くどちらかと言うと家族愛的なあったかいものです。

    BLが少し苦手という人にもオススメ。

  325. user より:

    抱える闇が深い分、天使の笑顔が印象に残る素敵な作品でした。
    本当に魅力的な人物を描く作家さんだな。
  326. user より:

    ざっくり言うと男と天使の姿をした少年の、生と死と愛のお話。

    分かりやすい話が、たまにある BLだけど一般人が読んだらBLの概念が変わるタイプのBLです。

    はらださんの作品は『心が軽くなる楽しさや明るさと人間の闇の底を掬ったヘドロを配合したすぐには死なない高品質な毒』みたいなところがままありますが、同じ工場でこんなプラトニック純愛も生産されている……? と息を飲んだのがこちらの作品です。

    慣れた人には毒もオススメですが、『ワンルームエンジェル』こそ誰にでもオススメしたい。

  327. ねのねさん より:
    帯はBL臨界点突破

    だそうですw

    まさにその通りです。

    過去作のリメイクですが、全然別物。

    構成も演出も素晴らしかった!

  328. pktさん より:
    感動

    はらだ先生は本当に漫画を描くのが上手い。
    コマ割もそうですがコマの間隔までストーリーにあわせて計算されて緻密に描写されていると思います。
    切なくてあたたかく心に残るお話でした。
  329. user より:

    外で読んでたので涙を我慢するのに必死。
    はらだ史上、最も優しい…うん、そうかも。
    途中出てくるヤクザって、あのえげつない暴力って、あの人ですよね?あさとよるの。
    それはさておき、暗いし苦しいのにお涙頂戴ってことはなくて、泣きたくなるのは哀しみによるそれとは違ったなー。
    心が洗われた。
    いつもの変態とかエロとかの作品も好きだけど、こういうのも良い。
    BLにはこういう素晴らしい作品もあるんだよー!
    といろんな人に伝えたい
  330. user より:

    2回目読了。

    ヤクザの仕打ちのシーンは、2回目で耐性ができていたので、素通りできた。
    帯にBL臨界点とあったので1回目は、かなり警戒した。
    作者が何を書きたかったかはわからない。
    愛するとういことは、男女を越えて、性的な交わりも越えた先に存在することであると思った。
    人を愛することは、一人だけでできることと思う。
    その愛を相手と共有できた期間が少しでもあれば、残り人生、一人でも生きて行けるのではと思った。

    >C評価
    >米津玄師さんの、曲を用いたのはなかなか。
    lemonは、死を悲しみ前に進む曲で、あるため共感はできた。
    しかし、天使が女性であればこのことから、この物語がなぜ男同士の物語にしたのかが読めていない。

    >再提出 
    >〆切 5月24日
    >
    >
    >
    >2019年5月20日(月) 3:46
    >
    >読了。
    やくざの仕打ちにかなり落ち込んだ。
    全体的に良い話であった。
    イメージソングとして、米津玄師のレモンがあってると思った。
    絵がうまいと思った。
    エンジェル役が女性であれば、もっと感情移入をかなりできたかもしれない。
     
    >

  331. user より:

    評判に違わず名作。
    ええ、泣きましたとも!

    始まりは、キャラクター同士の軽い会話の応酬でさらっと読者を引き込みつつ、少しずついろんなものを混ぜていき、たくさんの感情が凝縮したラストまで一気に読ませてくれました。

    意外とありそうな設定のドラマで、ラストは当然ハッピーエンドかバッドエンドかの二択に関わらず、このラストに導いた作者はすごい。

    最後、彼の笑顔と台詞しか書かれていないにも関わらず、それを見ている主人公の表情と気持ちが想像できて胸熱。
    さらに涙。

    そして、作者の遊び心というべきサービスまで。

    自分一人だったら気が付かなかった素敵なオマケに、SNSが普及していて良かったと心から思いました。

  332. user より:

    「めっちゃ好き」のページがすごく好き。
    ああ~こんな言葉を他人から言われたらどんな気持ちになれるんだろう、と。

    天使くんの「人生は開き直りですよ」って言葉、その通りなのだけどそれが大抵の人には難しいんだよな。

  333. user より:

    語彙力が無いから上手く言葉に言い表せないんだけど、心に来るものがあった
    そりゃ皆良いって言う訳だわ………
  334. user より:

    読み切りだったお話が広がって、ヒューマン作品に昇華されてます。
    感動的。

    個人的にこの作品は、BL枠を超えていると思いました。

    ストーリー重視です。

    はらださん作品なので、シリアスを保ったままダークな方向に終わるかと思っていましたが、そんなことは無く。

    ネタバレ無しで読むのをおすすめ致します。

    個人的には、受けの子と同じクラスの男の子がBLしてるところも読んでみたいと思ってしまいました。

    はらださんは色んな角度からBLを描かれるので、毎回楽しませてもらってます。

  335. ryo_25さん より:

    最後泣きました。
    BL読まない人にも読んで欲しい。
    優しい物語でした。
    天使の口の悪さとかクスっとする所もあって本当に良かった。
  336. user より:

    天使の笑顔に泣かされました。
    いい大人が号泣します。
    そして、いろんな感情を洗い流してくれます。
    素晴らしい漫画を読みました。
    ドラマのような。
    天使のセリフに読者の自分も救われました。
    大切なこといっぱい。

    はらださんの他の作品も、初めて。

    BLだったこともわからず読みました。
    BLなどのジャンル分け
    他の方も書かれてますが、要らないですね。

  337. 切ないファンタジー

    はらだ先生の他の作品と異なる作品です。
    幅広い方に読んでほしいです。
    ファンタジーですが現実の辛さや孤独を感じさせられるます。
    ミステリー的要素もあり、最後は切ないですが良かったです。
  338. user より:

    はらだ至上、
    人に勧めやすい一冊が爆誕。

    過去の読切を既読だとギャップに驚く。

    こんなええ話にしてくるとは思わんやん。

    はらだで泣くってこれまでなかったけど、かなりぐっときてしまったな。

    やさしい世界。

  339. user より:

    感動して泣いてしまった。

    きれいで儚く切ない、プラトニックなBLでした。

    はらだ先生の過去作、「変愛」の中にも”止まり木”という同じ感じの漫画があったのを思い出し、そのリメイクなのかな?と思いました。

    そちらは単話だったけれど、今回は1冊にしっかりと描かれていて、とても良かったです。

    たまにはプラトニックなBLも良いなあ、としみじみ。

  340. user より:

    今作ははらだ作品お馴染みの暴力描写こそ少しありますが、全体としてエッジは抑え目、お話の構成や画力が高いレベルでまとまっており、今までのファンは勿論、一般的にも抵抗感が少なく且つ面白い本に仕上がってました。
    『よるとあさの歌』に出てきたクレイジーな友紀と今作の主人公である幸紀の兄弟関係にグッときます。
    絵的にも、天使の羽根の柔らかさまでが感じ取れてこちらも幸せな気持ちになりました。

    『変愛』に収録されている『止まり木』からお話を膨らませたと思われますが、エンディングが異なります。
    BL的な『止まり木』の終わり方も良かったですが、こちらのメリバ的な終焉も美しいですね。

  341. 久しぶりに号泣した

    まず絵が綺麗。
    テンポもよく読みやすい。
    くすっと笑えるような箇所がたくさんあり、読んでてすごく楽しかったです。
    最後は感動でガチ泣きしました。
  342. 丁寧に作られた芯のある作品

    エッチなシーンは無いです。
    これをBL作品と言っていいのかもわからない。
    たまたま、天使と幸紀が男だったから傍から呼称するとBLになってしまっただけで、これは2人の物語なんだって思わせてくれる、それぐらい人物描写が丁寧!
    あと、シーンの切り替えだったり、視点の誘導が上手くて、ラストなんかもう、映画です。

    ページをめくるのが楽しかったです。

  343. 文句なしにおすすめできる一冊!

    BL一歩手前くらいですが、2人の関係性にとても心が満たされました。
    話の構成がとても素晴らしいです。
    電子書籍特典で思わず涙が出ました。
  344. 最高峰

    レビューを見て購入を決めましたが、期待以上でした。

    特に、最後の描き下ろしやおまけ?などは素晴らしかったです。

  345. ワンルームエンジェル

    普段だったらまず読まない表紙だったんですが、読んでみて良かったです。
    非現実的と現実、シリアスとコメディが凄くいいバランスでした。
    二人がお互いを想い合う優しい気持ちがとても良かったです。
  346. 描き下ろしに救われ

    全体的にハッピーな作品が好きなのではらださんのヒリヒリするような作品は苦手でしたが、やたらと評価の高い作品だったので読んでみました。

    おもしろかったけど、やっぱりラストは寂しい
    描き下ろしになんとか救われました。

  347. 文句無し!!素晴らしい!!

    読み終わったあと心があったかくなって笑顔に慣れました?涙がじわりと滲みました。
    なんと美しいハッピーエンドでしょう。
    これはBLではありません。
    美しい人達のお話でした。
    はらだ先生こんな素晴らしいお話をありがとうございます。
    買って損なし??買いです??
  348. ーーちさん より:
    すごくすごく良かったです。

    友達に勧められて読んでみました。

    すごく良かったです。
    何度も読み返したいと思います。

  349. ヲPさん より:
    サイコ~~~~~~~!!!

    マジで良、、、涙止まらん、、、一巻だけなのにすごく綺麗にお話もまとまってて満足度が高いな~!
    最後のギミックでまた泣く。
    生々しいシーンは一切ないのでBL読まない人も読んで欲しい。
    なかなかレビューなど書かない私ですが衝動的におすすめしたい!
    と思ってレビュー投稿するくらいには超良かったです。
  350. user より:

    ドラマ放送するということで、購入してみました。

    はらだ先生はハピクソのイメージが強く、読む前ではあっち方向でやばいのかと思っていましたが、読んでみると想像とは全く異なり感動して涙出ました…
    確かに笑える要素などはありますが、ここまで落ち着いた作品だとは思いませんでした…とても最高です。

    話が深すぎてページ読み返したりしました。

    BL?恋愛の要素は薄いかなと思ったので、抵抗ある方でもおすすめです。

    1番驚いたのは、主人公が意外と夢見がちな性格だったことです。
    笑笑

  351. Gooooさん より:
    すごすぎる!

    泣いた!
    泣きました!

    はらだ先生、すごすぎる!

    本当に様々な作品をお描きになる。
    そして、そのすべてが高クオリティ。
    人の心にズンっと何かを落としていく感じ。

    この作品はBLという括りではなく、人にすすめたい。
    トゲトゲの心を優しくしてくれる素敵な作品です。

  352. さすが

    こちらの元となった短編がはらだ作品の中でもすごく好きだったので少し複雑な気持ちはありつつも面白かった。
    ストーリーを読む作品なのでBL的萌えとかないけどめっちゃよく出来ています。
  353. user より:

    泣いた…『止まり木』はあの短さでも凄く印象に残っていたけど、設定の妙技というだけでは収まらない。
    素晴らしい。
    なんで天使が学生服やねん…ってとこで引っ掛かって、引っ掛かるんだけどそれをあんまり考えずに読むと、なんつーか、心臓に繋がってる「琴線」と言う名の紐をぶるぶるー、って揺さぶられる感じとでも言えばいいのか…帯の「BL臨界点」は「正に!
    」ってなる。
    表紙が「黄色」で「昼間」、おまけカードが「青色」で「夜」ってと見せかけて実は逆なのかな、これ。
    黄色いのは「夜に部屋の電気を点けている」からで、青色で窓が明るいのは「昼間で部屋の中が暗くなる」なのか。

    エンディングの描写もこれ以外ないと言う…感動させよう、泣かせようと言う気負いが全く感じられないのは、この二人の関係性をなぞって描かれた作品だからだろう。

  354. オススメしたいBLナンバーワン 

    BLなのかそうでないのか微妙なラインだと思いますが、そんなことは関係なく人にオススメしたくなるお話でした。

    優しい気持ちがじんわり広がります。

    きっと明日、私の目は腫れてます。

  355. rhtmさん より:
    BLか…?

    表紙がオシャレで、とても人気があるので気になって購入。

    BLか…?という感じだったけど、都合の良い結末は用意されていないのが良かった。

    読んでよかったです。

  356. ないゆさん より:
    良かった

    すごく良かった。

    はらだ先生の作品の中でも一番優しい物語。

    えちなシーンも一切ありません。

    ただただ二人のかけあいが愛おしい。

  357. いい漫画

    電子書籍版のおまけページがいいですね。

    QRコードももちろん見ました。
    泣く。

    自分的にはこの漫画はBLではないと思いますが

    色んな人に読んでもらいたいと考えました。

    はじめてレビューを書きたいと思った作品でした。

  358. ゆゆ123さん より:
    目が腫れとる

    心がズタズタにされちゃいました。


    でも同時に温かみも感じました。
    とても言葉にできません、全人類にぜひ一度に読んでほしいくらいです。

    特に電子特典のセリフ入れネームが最高でした。
    きっとそれは救済措置的なものなんでしょうと私は思います。

  359. もけえさん より:
    悲しいけど優しいお話

    優しいけど悲しい。
    というよりは悲しいけど優しいという順番に感じるお話でした。
    BなL要素はほんわか程度で、後はメッセージをどう伝えているかというお話で、ゴリラな幸紀さんの優しさに触れるのが暖かかったです。
    はらだ先生らしからぬ癖の弱さなので、誰にでもオススメ出来る逸品でございました!

    天使くん(突然のクイズ。
    読んだ人は読み方を脳内変換してください。
    テンシではありません)ですが、幸紀さんをゴリラに例えるならその野生動物の頭とかに乗ってる小鳥みたいな感じの関係性で、ずっと和やかにお話が進んでいきますわけでも無いですが、その急降下具合のインパクトが凄いのも好きです。

    正直表情とかだけだと推測するしか無いですが、天使が感情を感じられることによってそれを言葉にしてくれるから、読者に幸紀さんが優しい人だと伝わったと思います。
    最後には素直に言葉に出し合いましたし、気持ちが分かっていても分かりやすくても、言葉にして伝えてくれる事で伝わることは格別にたくさんあるなと思わせてくれました。

    名前に意味があるの好きです。
    文字ってるのもすきです。

    しかしやはり私は腐女子なので2人の年齢を操作して天志くんを大人にさせちゃったり、そのままの年齢でそわそわ初々しい恋愛始めちゃってるところを勝手に妄想します。

    ありがとうございます!

  360. 満足感たっぷりの1冊

    BLでウルっときたのは初めてです。
    この漫画はBLに入るのかな?って感じですが。
    段々と分かってくる真実、深まる二人の関係性、終盤の切ない展開に読む手が止まらなくなり、最後の描き下ろしに救われます。
    読み応えたっぷりのページ数に加え、QRコードの粋な仕掛けが最高で、読後の余韻も長く浸れる為、1冊の満足感お得感が物凄いです!
  361. user より:

    痺れた。
    ヤベェ。
    トップレベルに好きだわこれ……。

    儚くって、寂しくって、心臓を貫くようにジンとした感覚が残る。

    心の準備なんかさせない。
    それはふらっと何かの弾みで、気が付いたらみたいに案外簡単に。

    最後の話の「であい」も最高だった。
    あー、アカン。
    こういう時の気持ちをぴったり説明してくれる形容詞を早く知りたい。
    でもとにかく最高だった。

    この胸に残る痛みこそが、愛していたんだと自覚させる。

  362. だぶちさん より:
    今だからこの話がいい

    閉塞感とか正義感とか隣りにある今だから、なおさら読めてよかった
  363. 80namiさん より:
    泣いた。

    もう、すごくよかったです。

    ファンタジーのような、ミステリーのような、、なんか悲しくて、でもかわいくて愛おしい、心暖まるお話。

    ネタバレなしで読んでほしい!

  364. 大袈裟でなく

    あまりに優しくて悲しいお話です。

    会話では笑わされます。
    天使が口が悪かったりするのを、強面の主人公がいなすぐらいです。

    ちょっとしたミステリーを解いていくうちに、どんどん謎が深まり引き込まれていきました。

    なのにそれでも会話は笑わせられます。

    知ってしまった真実も、不条理で理不尽な社会で、その中からふたりが少しでも光を見出そうととする度こちらの心が浄化されました。

    互いに幸せになると別れになるという悲しさに、主人公は救われないのかと、また孤独に突き落とされましたが、そこからまた歩き出すのにも泣けました。

    書き下ろしに救われます。

    絡みなど必要なくなる、もはやBLという枠に閉じ込めてはいけない、綺麗なお話です。

    QRコードがなかなかダウンロード中で開かずモヤモヤしてます(泣)

  365. NA__さん より:
    このレビューを見た方はぜひ読んでほしいです

    普段レビューを書くことはないのですが、BL読む方も読まない方も関係なく読んで欲しい作品です。

    友人にお勧めされて読んだ作品ですがもっと早く読むべきだった、多くの方に読んで欲しいと思いレビューを今書いています。

    恋愛ものを読みたい方にはテイストが違うので驚かれるかもしれませんが読んだことを後悔することはないと思います。

  366. ワンルームエンジェル

    悲しくて切なくてすごく優しいお話でした。

    BLというよりはそのいっぽ手前くらいの関係性です。

  367. user より:

    後味いいのか悪いのかわかんないな…いやいいな…でもな…と行ったり来たりしてるうち、これが切ないと言うものかと思うに至りました
  368. kjtdsさん より:
    近況にマッチ

    出会い、別れ、あったばかりだったので
    とても染み入りました。

    実写化できそうですよね。

    するならきちんとこのまましてほしいですが。

  369. user より:

    号泣しました。
    描き下ろしで完結ですね…
    是非とも巻末のQRコードも…
    そこでもう1回号泣します。

    BLでジャンル分けすることによって、この名作を避けられることがあったら勿体ないな~と思います。

    (内容がBLではない)
    1本映画を観終わったかのような感覚になりました。

    生きるのが下手な元チンピラと記憶喪失の天使のお話です。

  370. user より:

    この漫画、読むのたぶん3回目ぐらいなんだけど、
    1回目と2回目はそんなにささらなかったん。

    っていうのは、
    暴力団とか半グレとかがどうしても苦手で、最初にソレがくるからしんどかった・・・って記憶しかなかったんよね。

    で、今日もう1回読んでみて・・・泣けた~。

    なんでだろう?
    ドラマの実写バージョン(1話だけだけど)見て、最初の暴力シーンに慣れて、その後の展開を想像しやすくなったからかな?

    読みながら、あぁそうだった、そうだったって思いながら読んだけど
    ほぼ読む寸前まで思い出せないほど、
    私の中に残ってなかったのもびっくりだったわw

    この漫画についてはあんまり語りたくない。

    それは、いい意味で。

    私の言葉で語りたくない。
    読んで受け止めないと。

    1回目2回目読んだ時は最後は無理やりハッピーエンドにしてるだけで、
    全然ハッピーエンドじゃないやんって思っていたけど
    今回読んでみてコウキと天使が出会った意味はあったし、
    これはこれでハッピーエンドだったんだなって。

    それから最後の
    「#であい」
    でちょっとひっこみかけた涙が再度ぼとぼとぼと~~~。

    そして友達に教えてもらった最後のQRコードの謎。

    いやマジ、よかった・・・・。

    あとこれ、カテゴリーをBLにしたけど、BLなのか?全然違う普通の漫画じゃない?

  371. 切ないな

    凄く素敵な表紙で、評判も良くて、
    やっと購入した。

    想像していた内容とかなり違った。

    もう一回読まないと、
    線が繋がらない。

    切ないな。
    って
    そう思う作品でした。

  372. user より:

    読み終わった後、しばらく動けなかったです。
    なんか、思ってたのと全然違ったはらだ作品で、ごっそり魂が浄化されてしまった気分です…泣いた。

    センセの初コミックス『変愛』の中でも気に入ってた「止まり木」っていうお話があるんですが、それをセルフリメイクされていて、短編がとても分厚い長編になっていました。

    人生投げてる30代ワンルーム暮らし×記憶を失った自称天使。

    …「止まり木」では、HENTAIエロちっくな展開もありつつちゃんと愛が存在していたのでいいな~と思って読んでたのですが、こちらは長いお話の中で一切そういう場面が出てこないという、センセにしては異色の設定でした。

    …こういうのもすごくいいです!
    センセは濃厚HENTAIエロだけじゃない深い情感を描ける作家さんだと確信。

    全ての気持ちを持ってかれました。
    伏線の回収がとんでもなくすごい。
    どんどんわからなかった事が繋がっていって、最後は愛しくて切なくて泣かずにはいられないけれど、悲しいんだけど、なぜかとても読後感が良いというミラクルです。

    普通に描いたら暗くて悲惨で落ち込むような幸紀の生きざまを常にあたたかい目線で、時に脱力、時にくすっと笑わせてくれたりと、ほんとに読んでいて胸にじんとくるものがありました。

    理不尽なことばかりで幸紀も天使も不幸な人生としか言いようがないのだけれど、その中で本当に欲しかったものを二人とも手にすることができたんだな…と感動。

    優しさに包まれました。

    最後はやっぱりそうだよねと悲しくさせられるけど、描き下ろしに癒されまくりです。
    遠回しの表現だけど、そういうことですよね。

    QRコードの特典がさらに胸にグッときました。
    パスワードは読んでたら気がつきます。
    必見!

    カバー絵とカバー下の対比もこの話の大事なところを示してますよね。

    脇キャラもインパクトあって印象的な人々ばかりでした。
    特にあり沙はすごい~!
    天使のお父さんも忘れられないキャラです。
    やたもも、よるあさともつながってるのはリメイクしたからなのかな?
    ともかく、はらだセンセのすごさを改めて実感したお話です。

  373. ほっこり

    何回読んでも胸にぐっとくる作品です、、。
    天使くんと主人公の絡みが読み進めるほど尊くなります。
    1冊で綺麗に完結してます、恋愛じゃないと思います!
  374. 泣ける…

    レビューの中に「泣ける」、とあったのですが
    まさかね…という気持ちで読み進めたところ
    大号泣でした!

    ネタバレせずにまっさらな状態で読むことを
    おすすめします。

    とても良い作品でした。

  375. oeyさん より:
    はらだ史上、最も優しい物語。

    初めて購入したはらだ先生の作品です。
    泣きました、自分でもこんなに泣くのかってほど泣きました。
    これはBL枠だけに収まってほしくない。
    そのくらい素敵な作品です。
    今のこの世にあってる気がしました。
  376. 余韻がすごくて言葉が出ない…でもこの本の魅力を伝えたい

    はらだ先生の作品はかなり暴力の表現が強くて、絵がめちゃくちゃ上手いだけにかなり心にきてたので今作も読もうか迷ったのですが、結局最高の一言。

    ヤクザとか、殺しとか、自殺とか、見るだけで参ってしまう。
    でも、普通に生きる人ならすぐに目を背けてしまうような環境にいる人でもみんな一人一人に事情があって、生活があって、心がある。
    見た目がどんなにチャラくて、すぐに手を出してしまったり、堕落した生活を送っている人でも、こんなにも誠実な心を持っていて、人を思う心があるんだなあというのははらだ先生の作品で一貫して感じます。

    今作は特にそれが強いのかなあ…と。

    天使と不良(なのかな?)。
    真反対に思えるこの2人は誰よりも近い。

    BLという枠ではあるけど、社会に訴えかけるような力強いさがありますね…。
    この春、社会に一歩踏み出した自分にはめちゃくちゃ考えさせられる一冊です。
    普通に実写映画化してほしい…アニメじゃなくて、生身の人間と、実在するこの世界を映し出してほしい。

  377. にすいさん より:
    話がうまい

    BL…?なのか…?というところ。
    ザBLを求めてる人には向かないかもしれないです。
    最後に全部わかる感じが好きですね。
    そういうことか~!
    みたいな。
  378. user より:

    初めて読んだ時から、面白い設定で引き込まれる。
    天使がとても魅力的でかわいい!
    羽も素敵。

    空から着た天使は何故自分が天使になったか分からず、うだつの上がらない主人公と共に生活をしていきます。
    少しずつ暴かれる過去はとても衝撃的で、先も読めない展開が続く。

    ストーリー展開がありきたりでなくしっかりしている。

    少し小説を読んでいる様な気持ちになるような作品で、最後も心を掴まれます。

  379. 何度でも読む

    何度でも読んで欲しいし何度でも読むべき作品、と自分の中では思っています
    正直・・・1番最初はそこまでではなかったんです、、、
    でも、読む度にその想いは変化し、今では大事過ぎる大事な作品です
  380. user より:

    今さらなんだけど、買って置いておいたのを読んで泣かされてる。

    いかがわしいシーンも無いし、2人とその周囲の人たちとの心の描き方が中心なので、お勧め。

  381. user より:

    この話はBLという括りで見るにはもったいない。
    人生の辛さも人間関係の温かさも全部詰まっている。
    全年齢向け。
    最後の最後のページまで含んで作品として完結していて、本という媒体を超越しました。
  382. 感動した

    bl作品で泣いたのは初めてでした。
    読み始め、微妙な感じがしましたが最後には涙が止まりませんでした。
    生々しいシーンはありませんが感動のある作品です。
  383. いい読後感

    エロ有りが大好きな自分ですが、エロなしでも楽しめました。

    踏ん張ってる人にも零れてしまった人にも暖かい物語でした。

  384. user より:

    はらださんのいくつかの漫画を読んだことがありますが、この作品は、この作品こそ、はらださんの本音、のような核心のようなものを
    のぞけたような気がします。

    繊細であり、鋭いです。

  385. user より:

    自分に、人生に価値を見出せないアラサー男子と天使の物語。

    これはもうBLのカテゴリに入れて良いのか?と言うレベル。

    互いが互いを必要としあっていて、優しさを共有して満たされて、想いあっているけれど恋愛的なものでは無くどちらかと言うと家族愛的なあったかいものです。

    BLが少し苦手という人にもオススメ。

  386. 切ないファンタジー

    はらだ先生の他の作品と異なる作品です。
    幅広い方に読んでほしいです。
    ファンタジーですが現実の辛さや孤独を感じさせられるます。
    ミステリー的要素もあり、最後は切ないですが良かったです。
  387. user より:

    この漫画、読むのたぶん3回目ぐらいなんだけど、
    1回目と2回目はそんなにささらなかったん。

    っていうのは、
    暴力団とか半グレとかがどうしても苦手で、最初にソレがくるからしんどかった・・・って記憶しかなかったんよね。

    で、今日もう1回読んでみて・・・泣けた~。

    なんでだろう?
    ドラマの実写バージョン(1話だけだけど)見て、最初の暴力シーンに慣れて、その後の展開を想像しやすくなったからかな?

    読みながら、あぁそうだった、そうだったって思いながら読んだけど
    ほぼ読む寸前まで思い出せないほど、
    私の中に残ってなかったのもびっくりだったわw

    この漫画についてはあんまり語りたくない。

    それは、いい意味で。

    私の言葉で語りたくない。
    読んで受け止めないと。

    1回目2回目読んだ時は最後は無理やりハッピーエンドにしてるだけで、
    全然ハッピーエンドじゃないやんって思っていたけど
    今回読んでみてコウキと天使が出会った意味はあったし、
    これはこれでハッピーエンドだったんだなって。

    それから最後の
    「#であい」
    でちょっとひっこみかけた涙が再度ぼとぼとぼと~~~。

    そして友達に教えてもらった最後のQRコードの謎。

    いやマジ、よかった・・・・。

    あとこれ、カテゴリーをBLにしたけど、BLなのか?全然違う普通の漫画じゃない?