PR

嘘解きレトリック【おまけ画集付き特別版】

【おまけ画集は別冊花とゆめ2018年5月号ふろくと同じ内容です】 鹿乃子の能力の手がかりを探しに左右馬と行った奇術師の一座で、鹿乃子は忘れられないあの人と再会する…。
レトロモダン路地裏探偵活劇、これにて終幕!
連載完結を記念して作られた画集「思ひ出画帖」付き!
美麗カラーイラストの数々に加えて、作者自身による全エピソード解説、作中を彩った美食リストなど、ファンなら見逃せない記事も盛りだくさん!

レビューを見る

購入・お申し込みはこちら

コメント

  1. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    最後どんな風にまとめるのかな~と思ってたけど、
    何か特別なことが起こるでもなく,ババーン!
    と何かが決着するわけでもない…この、まったりとした感じが二人らしいのかなと。

    嘘って実はそんな単純なもんじゃないし、本当のこと話してても言葉の行き違いが生じることもある~って知っている二人だけに、まっすぐに本当の気持ち伝えるのって、すごい勇気要るし怖いことだと思うんだけど…
    それでもストレートに想いを伝え合える二人はすごいと思った。
    信頼関係を絵に描いたような二人だった*

  2. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    「嘘を聞くことができる少女の物語」終幕。

    鹿乃子くんは相変わらずかわいく、
    左右馬センセイは相変わらず困った人で、
    でもとても温かく優しい時間が流れています。

    左右馬と馨、ふたりのこれまでも描かれ、
    ああ、こうして「これまで」が「今」へ
    「今」が「これから」へと
    繋がっていくのだなぁと感じました。

    いい感じに「世界がしっかりまとまった」大団円でした。

    みんながいつまでも幸せでいますように(^^)。

  3. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    ”「信じるのか?
    僕が本当に問題を盗み見ていないと
    何の証拠もないのに」
    「何を言っている
    友人を信じるのに証拠などいらぬと言ったのは 貴様ではないか」”

    完結!
    終わってしまった……。

    色々な嘘と、それに向き合う人たちの話、とても良かった。

  4. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    抜群に素晴らしいシリーズだった。
    「嘘」という普遍的なキーワードを深くまで掘り下げ、練り込まれたシナリオと優しい風が吹くストーリー、そして何よりも魅力的なキャラクターたちをブレることなく描き続けたことに心から拍手を贈りたい。
    本当に心に残る作品になった。
    最後の二人の笑顔、最高だ。
    嬉しい。
    大好き。
    お疲れ様でした。
    /10巻は若干蛇足的というか、ピークを過ぎたあとに数話重ねる形だったのがちょこっと惜しい。
    そして重ね重ねですが、ミステリーとしてもツボを抑えたものになっていなたら、きっとブレイクをしていたと思う。
  5. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    良かった(T^T)
    みんなちゃんと幸せになった。

    左右馬と馨の出会いもわかったし
    鹿乃子ちゃんも
    自分の力を厭わないようになったし。

    かわいい恋物語の中にはさまれる
    謎解きも私好みでした。

    おもしろかったよ!

  6. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    抜群に素晴らしいシリーズだった。
    「嘘」という普遍的なキーワードを深くまで掘り下げ、練り込まれたシナリオと優しい風が吹くストーリー、そして何よりも魅力的なキャラクターたちをブレることなく描き続けたことに心から拍手を贈りたい。
    本当に心に残る作品になった。
    最後の二人の笑顔、最高だ。
    嬉しい。
    大好き。
    お疲れ様でした。
    /10巻は若干蛇足的というか、ピークを過ぎたあとに数話重ねる形だったのがちょこっと惜しい。
    そして重ね重ねですが、ミステリーとしてもツボを抑えたものになっていなたら、きっとブレイクをしていたと思う。
  7. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    良かった(T^T)
    みんなちゃんと幸せになった。

    左右馬と馨の出会いもわかったし
    鹿乃子ちゃんも
    自分の力を厭わないようになったし。

    かわいい恋物語の中にはさまれる
    謎解きも私好みでした。

    おもしろかったよ!

  8. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    最後どんな風にまとめるのかな~と思ってたけど、
    何か特別なことが起こるでもなく,ババーン!
    と何かが決着するわけでもない…この、まったりとした感じが二人らしいのかなと。

    嘘って実はそんな単純なもんじゃないし、本当のこと話してても言葉の行き違いが生じることもある~って知っている二人だけに、まっすぐに本当の気持ち伝えるのって、すごい勇気要るし怖いことだと思うんだけど…
    それでもストレートに想いを伝え合える二人はすごいと思った。
    信頼関係を絵に描いたような二人だった*

  9. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    「嘘を聞くことができる少女の物語」終幕。

    鹿乃子くんは相変わらずかわいく、
    左右馬センセイは相変わらず困った人で、
    でもとても温かく優しい時間が流れています。

    左右馬と馨、ふたりのこれまでも描かれ、
    ああ、こうして「これまで」が「今」へ
    「今」が「これから」へと
    繋がっていくのだなぁと感じました。

    いい感じに「世界がしっかりまとまった」大団円でした。

    みんながいつまでも幸せでいますように(^^)。

  10. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    ”「信じるのか?
    僕が本当に問題を盗み見ていないと
    何の証拠もないのに」
    「何を言っている
    友人を信じるのに証拠などいらぬと言ったのは 貴様ではないか」”

    完結!
    終わってしまった……。

    色々な嘘と、それに向き合う人たちの話、とても良かった。

  11. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    最後どんな風にまとめるのかな~と思ってたけど、
    何か特別なことが起こるでもなく,ババーン!
    と何かが決着するわけでもない…この、まったりとした感じが二人らしいのかなと。

    嘘って実はそんな単純なもんじゃないし、本当のこと話してても言葉の行き違いが生じることもある~って知っている二人だけに、まっすぐに本当の気持ち伝えるのって、すごい勇気要るし怖いことだと思うんだけど…
    それでもストレートに想いを伝え合える二人はすごいと思った。
    信頼関係を絵に描いたような二人だった*

  12. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    良かった(T^T)
    みんなちゃんと幸せになった。

    左右馬と馨の出会いもわかったし
    鹿乃子ちゃんも
    自分の力を厭わないようになったし。

    かわいい恋物語の中にはさまれる
    謎解きも私好みでした。

    おもしろかったよ!

  13. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    「嘘を聞くことができる少女の物語」終幕。

    鹿乃子くんは相変わらずかわいく、
    左右馬センセイは相変わらず困った人で、
    でもとても温かく優しい時間が流れています。

    左右馬と馨、ふたりのこれまでも描かれ、
    ああ、こうして「これまで」が「今」へ
    「今」が「これから」へと
    繋がっていくのだなぁと感じました。

    いい感じに「世界がしっかりまとまった」大団円でした。

    みんながいつまでも幸せでいますように(^^)。

  14. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    ”「信じるのか?
    僕が本当に問題を盗み見ていないと
    何の証拠もないのに」
    「何を言っている
    友人を信じるのに証拠などいらぬと言ったのは 貴様ではないか」”

    完結!
    終わってしまった……。

    色々な嘘と、それに向き合う人たちの話、とても良かった。

  15. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    抜群に素晴らしいシリーズだった。
    「嘘」という普遍的なキーワードを深くまで掘り下げ、練り込まれたシナリオと優しい風が吹くストーリー、そして何よりも魅力的なキャラクターたちをブレることなく描き続けたことに心から拍手を贈りたい。
    本当に心に残る作品になった。
    最後の二人の笑顔、最高だ。
    嬉しい。
    大好き。
    お疲れ様でした。
    /10巻は若干蛇足的というか、ピークを過ぎたあとに数話重ねる形だったのがちょこっと惜しい。
    そして重ね重ねですが、ミステリーとしてもツボを抑えたものになっていなたら、きっとブレイクをしていたと思う。
  16. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    「嘘を聞くことができる少女の物語」終幕。

    鹿乃子くんは相変わらずかわいく、
    左右馬センセイは相変わらず困った人で、
    でもとても温かく優しい時間が流れています。

    左右馬と馨、ふたりのこれまでも描かれ、
    ああ、こうして「これまで」が「今」へ
    「今」が「これから」へと
    繋がっていくのだなぁと感じました。

    いい感じに「世界がしっかりまとまった」大団円でした。

    みんながいつまでも幸せでいますように(^^)。

  17. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    最後どんな風にまとめるのかな~と思ってたけど、
    何か特別なことが起こるでもなく,ババーン!
    と何かが決着するわけでもない…この、まったりとした感じが二人らしいのかなと。

    嘘って実はそんな単純なもんじゃないし、本当のこと話してても言葉の行き違いが生じることもある~って知っている二人だけに、まっすぐに本当の気持ち伝えるのって、すごい勇気要るし怖いことだと思うんだけど…
    それでもストレートに想いを伝え合える二人はすごいと思った。
    信頼関係を絵に描いたような二人だった*

  18. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    抜群に素晴らしいシリーズだった。
    「嘘」という普遍的なキーワードを深くまで掘り下げ、練り込まれたシナリオと優しい風が吹くストーリー、そして何よりも魅力的なキャラクターたちをブレることなく描き続けたことに心から拍手を贈りたい。
    本当に心に残る作品になった。
    最後の二人の笑顔、最高だ。
    嬉しい。
    大好き。
    お疲れ様でした。
    /10巻は若干蛇足的というか、ピークを過ぎたあとに数話重ねる形だったのがちょこっと惜しい。
    そして重ね重ねですが、ミステリーとしてもツボを抑えたものになっていなたら、きっとブレイクをしていたと思う。
  19. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    良かった(T^T)
    みんなちゃんと幸せになった。

    左右馬と馨の出会いもわかったし
    鹿乃子ちゃんも
    自分の力を厭わないようになったし。

    かわいい恋物語の中にはさまれる
    謎解きも私好みでした。

    おもしろかったよ!

  20. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    ”「信じるのか?
    僕が本当に問題を盗み見ていないと
    何の証拠もないのに」
    「何を言っている
    友人を信じるのに証拠などいらぬと言ったのは 貴様ではないか」”

    完結!
    終わってしまった……。

    色々な嘘と、それに向き合う人たちの話、とても良かった。

  21. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    ”「信じるのか?
    僕が本当に問題を盗み見ていないと
    何の証拠もないのに」
    「何を言っている
    友人を信じるのに証拠などいらぬと言ったのは 貴様ではないか」”

    完結!
    終わってしまった……。

    色々な嘘と、それに向き合う人たちの話、とても良かった。

  22. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    抜群に素晴らしいシリーズだった。
    「嘘」という普遍的なキーワードを深くまで掘り下げ、練り込まれたシナリオと優しい風が吹くストーリー、そして何よりも魅力的なキャラクターたちをブレることなく描き続けたことに心から拍手を贈りたい。
    本当に心に残る作品になった。
    最後の二人の笑顔、最高だ。
    嬉しい。
    大好き。
    お疲れ様でした。
    /10巻は若干蛇足的というか、ピークを過ぎたあとに数話重ねる形だったのがちょこっと惜しい。
    そして重ね重ねですが、ミステリーとしてもツボを抑えたものになっていなたら、きっとブレイクをしていたと思う。
  23. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    良かった(T^T)
    みんなちゃんと幸せになった。

    左右馬と馨の出会いもわかったし
    鹿乃子ちゃんも
    自分の力を厭わないようになったし。

    かわいい恋物語の中にはさまれる
    謎解きも私好みでした。

    おもしろかったよ!

  24. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    最後どんな風にまとめるのかな~と思ってたけど、
    何か特別なことが起こるでもなく,ババーン!
    と何かが決着するわけでもない…この、まったりとした感じが二人らしいのかなと。

    嘘って実はそんな単純なもんじゃないし、本当のこと話してても言葉の行き違いが生じることもある~って知っている二人だけに、まっすぐに本当の気持ち伝えるのって、すごい勇気要るし怖いことだと思うんだけど…
    それでもストレートに想いを伝え合える二人はすごいと思った。
    信頼関係を絵に描いたような二人だった*

  25. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    ”「信じるのか?
    僕が本当に問題を盗み見ていないと
    何の証拠もないのに」
    「何を言っている
    友人を信じるのに証拠などいらぬと言ったのは 貴様ではないか」”

    完結!
    終わってしまった……。

    色々な嘘と、それに向き合う人たちの話、とても良かった。

  26. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    良かった(T^T)
    みんなちゃんと幸せになった。

    左右馬と馨の出会いもわかったし
    鹿乃子ちゃんも
    自分の力を厭わないようになったし。

    かわいい恋物語の中にはさまれる
    謎解きも私好みでした。

    おもしろかったよ!

  27. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    最後どんな風にまとめるのかな~と思ってたけど、
    何か特別なことが起こるでもなく,ババーン!
    と何かが決着するわけでもない…この、まったりとした感じが二人らしいのかなと。

    嘘って実はそんな単純なもんじゃないし、本当のこと話してても言葉の行き違いが生じることもある~って知っている二人だけに、まっすぐに本当の気持ち伝えるのって、すごい勇気要るし怖いことだと思うんだけど…
    それでもストレートに想いを伝え合える二人はすごいと思った。
    信頼関係を絵に描いたような二人だった*

  28. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    ”「信じるのか?
    僕が本当に問題を盗み見ていないと
    何の証拠もないのに」
    「何を言っている
    友人を信じるのに証拠などいらぬと言ったのは 貴様ではないか」”

    完結!
    終わってしまった……。

    色々な嘘と、それに向き合う人たちの話、とても良かった。

  29. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    良かった(T^T)
    みんなちゃんと幸せになった。

    左右馬と馨の出会いもわかったし
    鹿乃子ちゃんも
    自分の力を厭わないようになったし。

    かわいい恋物語の中にはさまれる
    謎解きも私好みでした。

    おもしろかったよ!

  30. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    良かった(T^T)
    みんなちゃんと幸せになった。

    左右馬と馨の出会いもわかったし
    鹿乃子ちゃんも
    自分の力を厭わないようになったし。

    かわいい恋物語の中にはさまれる
    謎解きも私好みでした。

    おもしろかったよ!

  31. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    抜群に素晴らしいシリーズだった。
    「嘘」という普遍的なキーワードを深くまで掘り下げ、練り込まれたシナリオと優しい風が吹くストーリー、そして何よりも魅力的なキャラクターたちをブレることなく描き続けたことに心から拍手を贈りたい。
    本当に心に残る作品になった。
    最後の二人の笑顔、最高だ。
    嬉しい。
    大好き。
    お疲れ様でした。
    /10巻は若干蛇足的というか、ピークを過ぎたあとに数話重ねる形だったのがちょこっと惜しい。
    そして重ね重ねですが、ミステリーとしてもツボを抑えたものになっていなたら、きっとブレイクをしていたと思う。
  32. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    ”「信じるのか?
    僕が本当に問題を盗み見ていないと
    何の証拠もないのに」
    「何を言っている
    友人を信じるのに証拠などいらぬと言ったのは 貴様ではないか」”

    完結!
    終わってしまった……。

    色々な嘘と、それに向き合う人たちの話、とても良かった。

  33. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    「嘘を聞くことができる少女の物語」終幕。

    鹿乃子くんは相変わらずかわいく、
    左右馬センセイは相変わらず困った人で、
    でもとても温かく優しい時間が流れています。

    左右馬と馨、ふたりのこれまでも描かれ、
    ああ、こうして「これまで」が「今」へ
    「今」が「これから」へと
    繋がっていくのだなぁと感じました。

    いい感じに「世界がしっかりまとまった」大団円でした。

    みんながいつまでも幸せでいますように(^^)。

  34. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    ”「信じるのか?
    僕が本当に問題を盗み見ていないと
    何の証拠もないのに」
    「何を言っている
    友人を信じるのに証拠などいらぬと言ったのは 貴様ではないか」”

    完結!
    終わってしまった……。

    色々な嘘と、それに向き合う人たちの話、とても良かった。

  35. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    最後どんな風にまとめるのかな~と思ってたけど、
    何か特別なことが起こるでもなく,ババーン!
    と何かが決着するわけでもない…この、まったりとした感じが二人らしいのかなと。

    嘘って実はそんな単純なもんじゃないし、本当のこと話してても言葉の行き違いが生じることもある~って知っている二人だけに、まっすぐに本当の気持ち伝えるのって、すごい勇気要るし怖いことだと思うんだけど…
    それでもストレートに想いを伝え合える二人はすごいと思った。
    信頼関係を絵に描いたような二人だった*

  36. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    ”「信じるのか?
    僕が本当に問題を盗み見ていないと
    何の証拠もないのに」
    「何を言っている
    友人を信じるのに証拠などいらぬと言ったのは 貴様ではないか」”

    完結!
    終わってしまった……。

    色々な嘘と、それに向き合う人たちの話、とても良かった。

  37. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    最後どんな風にまとめるのかな~と思ってたけど、
    何か特別なことが起こるでもなく,ババーン!
    と何かが決着するわけでもない…この、まったりとした感じが二人らしいのかなと。

    嘘って実はそんな単純なもんじゃないし、本当のこと話してても言葉の行き違いが生じることもある~って知っている二人だけに、まっすぐに本当の気持ち伝えるのって、すごい勇気要るし怖いことだと思うんだけど…
    それでもストレートに想いを伝え合える二人はすごいと思った。
    信頼関係を絵に描いたような二人だった*

  38. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    抜群に素晴らしいシリーズだった。
    「嘘」という普遍的なキーワードを深くまで掘り下げ、練り込まれたシナリオと優しい風が吹くストーリー、そして何よりも魅力的なキャラクターたちをブレることなく描き続けたことに心から拍手を贈りたい。
    本当に心に残る作品になった。
    最後の二人の笑顔、最高だ。
    嬉しい。
    大好き。
    お疲れ様でした。
    /10巻は若干蛇足的というか、ピークを過ぎたあとに数話重ねる形だったのがちょこっと惜しい。
    そして重ね重ねですが、ミステリーとしてもツボを抑えたものになっていなたら、きっとブレイクをしていたと思う。
  39. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    抜群に素晴らしいシリーズだった。
    「嘘」という普遍的なキーワードを深くまで掘り下げ、練り込まれたシナリオと優しい風が吹くストーリー、そして何よりも魅力的なキャラクターたちをブレることなく描き続けたことに心から拍手を贈りたい。
    本当に心に残る作品になった。
    最後の二人の笑顔、最高だ。
    嬉しい。
    大好き。
    お疲れ様でした。
    /10巻は若干蛇足的というか、ピークを過ぎたあとに数話重ねる形だったのがちょこっと惜しい。
    そして重ね重ねですが、ミステリーとしてもツボを抑えたものになっていなたら、きっとブレイクをしていたと思う。
  40. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    ”「信じるのか?
    僕が本当に問題を盗み見ていないと
    何の証拠もないのに」
    「何を言っている
    友人を信じるのに証拠などいらぬと言ったのは 貴様ではないか」”

    完結!
    終わってしまった……。

    色々な嘘と、それに向き合う人たちの話、とても良かった。

  41. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    「嘘を聞くことができる少女の物語」終幕。

    鹿乃子くんは相変わらずかわいく、
    左右馬センセイは相変わらず困った人で、
    でもとても温かく優しい時間が流れています。

    左右馬と馨、ふたりのこれまでも描かれ、
    ああ、こうして「これまで」が「今」へ
    「今」が「これから」へと
    繋がっていくのだなぁと感じました。

    いい感じに「世界がしっかりまとまった」大団円でした。

    みんながいつまでも幸せでいますように(^^)。

  42. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    「嘘を聞くことができる少女の物語」終幕。

    鹿乃子くんは相変わらずかわいく、
    左右馬センセイは相変わらず困った人で、
    でもとても温かく優しい時間が流れています。

    左右馬と馨、ふたりのこれまでも描かれ、
    ああ、こうして「これまで」が「今」へ
    「今」が「これから」へと
    繋がっていくのだなぁと感じました。

    いい感じに「世界がしっかりまとまった」大団円でした。

    みんながいつまでも幸せでいますように(^^)。

  43. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    ”「信じるのか?
    僕が本当に問題を盗み見ていないと
    何の証拠もないのに」
    「何を言っている
    友人を信じるのに証拠などいらぬと言ったのは 貴様ではないか」”

    完結!
    終わってしまった……。

    色々な嘘と、それに向き合う人たちの話、とても良かった。

  44. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    「嘘を聞くことができる少女の物語」終幕。

    鹿乃子くんは相変わらずかわいく、
    左右馬センセイは相変わらず困った人で、
    でもとても温かく優しい時間が流れています。

    左右馬と馨、ふたりのこれまでも描かれ、
    ああ、こうして「これまで」が「今」へ
    「今」が「これから」へと
    繋がっていくのだなぁと感じました。

    いい感じに「世界がしっかりまとまった」大団円でした。

    みんながいつまでも幸せでいますように(^^)。

  45. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    抜群に素晴らしいシリーズだった。
    「嘘」という普遍的なキーワードを深くまで掘り下げ、練り込まれたシナリオと優しい風が吹くストーリー、そして何よりも魅力的なキャラクターたちをブレることなく描き続けたことに心から拍手を贈りたい。
    本当に心に残る作品になった。
    最後の二人の笑顔、最高だ。
    嬉しい。
    大好き。
    お疲れ様でした。
    /10巻は若干蛇足的というか、ピークを過ぎたあとに数話重ねる形だったのがちょこっと惜しい。
    そして重ね重ねですが、ミステリーとしてもツボを抑えたものになっていなたら、きっとブレイクをしていたと思う。
  46. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    良かった(T^T)
    みんなちゃんと幸せになった。

    左右馬と馨の出会いもわかったし
    鹿乃子ちゃんも
    自分の力を厭わないようになったし。

    かわいい恋物語の中にはさまれる
    謎解きも私好みでした。

    おもしろかったよ!

  47. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    最後どんな風にまとめるのかな~と思ってたけど、
    何か特別なことが起こるでもなく,ババーン!
    と何かが決着するわけでもない…この、まったりとした感じが二人らしいのかなと。

    嘘って実はそんな単純なもんじゃないし、本当のこと話してても言葉の行き違いが生じることもある~って知っている二人だけに、まっすぐに本当の気持ち伝えるのって、すごい勇気要るし怖いことだと思うんだけど…
    それでもストレートに想いを伝え合える二人はすごいと思った。
    信頼関係を絵に描いたような二人だった*

  48. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    抜群に素晴らしいシリーズだった。
    「嘘」という普遍的なキーワードを深くまで掘り下げ、練り込まれたシナリオと優しい風が吹くストーリー、そして何よりも魅力的なキャラクターたちをブレることなく描き続けたことに心から拍手を贈りたい。
    本当に心に残る作品になった。
    最後の二人の笑顔、最高だ。
    嬉しい。
    大好き。
    お疲れ様でした。
    /10巻は若干蛇足的というか、ピークを過ぎたあとに数話重ねる形だったのがちょこっと惜しい。
    そして重ね重ねですが、ミステリーとしてもツボを抑えたものになっていなたら、きっとブレイクをしていたと思う。
  49. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    最後どんな風にまとめるのかな~と思ってたけど、
    何か特別なことが起こるでもなく,ババーン!
    と何かが決着するわけでもない…この、まったりとした感じが二人らしいのかなと。

    嘘って実はそんな単純なもんじゃないし、本当のこと話してても言葉の行き違いが生じることもある~って知っている二人だけに、まっすぐに本当の気持ち伝えるのって、すごい勇気要るし怖いことだと思うんだけど…
    それでもストレートに想いを伝え合える二人はすごいと思った。
    信頼関係を絵に描いたような二人だった*

  50. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    「嘘を聞くことができる少女の物語」終幕。

    鹿乃子くんは相変わらずかわいく、
    左右馬センセイは相変わらず困った人で、
    でもとても温かく優しい時間が流れています。

    左右馬と馨、ふたりのこれまでも描かれ、
    ああ、こうして「これまで」が「今」へ
    「今」が「これから」へと
    繋がっていくのだなぁと感じました。

    いい感じに「世界がしっかりまとまった」大団円でした。

    みんながいつまでも幸せでいますように(^^)。

  51. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    良かった(T^T)
    みんなちゃんと幸せになった。

    左右馬と馨の出会いもわかったし
    鹿乃子ちゃんも
    自分の力を厭わないようになったし。

    かわいい恋物語の中にはさまれる
    謎解きも私好みでした。

    おもしろかったよ!

  52. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    ”「信じるのか?
    僕が本当に問題を盗み見ていないと
    何の証拠もないのに」
    「何を言っている
    友人を信じるのに証拠などいらぬと言ったのは 貴様ではないか」”

    完結!
    終わってしまった……。

    色々な嘘と、それに向き合う人たちの話、とても良かった。

  53. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    「嘘を聞くことができる少女の物語」終幕。

    鹿乃子くんは相変わらずかわいく、
    左右馬センセイは相変わらず困った人で、
    でもとても温かく優しい時間が流れています。

    左右馬と馨、ふたりのこれまでも描かれ、
    ああ、こうして「これまで」が「今」へ
    「今」が「これから」へと
    繋がっていくのだなぁと感じました。

    いい感じに「世界がしっかりまとまった」大団円でした。

    みんながいつまでも幸せでいますように(^^)。

  54. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    「嘘を聞くことができる少女の物語」終幕。

    鹿乃子くんは相変わらずかわいく、
    左右馬センセイは相変わらず困った人で、
    でもとても温かく優しい時間が流れています。

    左右馬と馨、ふたりのこれまでも描かれ、
    ああ、こうして「これまで」が「今」へ
    「今」が「これから」へと
    繋がっていくのだなぁと感じました。

    いい感じに「世界がしっかりまとまった」大団円でした。

    みんながいつまでも幸せでいますように(^^)。

  55. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    「嘘を聞くことができる少女の物語」終幕。

    鹿乃子くんは相変わらずかわいく、
    左右馬センセイは相変わらず困った人で、
    でもとても温かく優しい時間が流れています。

    左右馬と馨、ふたりのこれまでも描かれ、
    ああ、こうして「これまで」が「今」へ
    「今」が「これから」へと
    繋がっていくのだなぁと感じました。

    いい感じに「世界がしっかりまとまった」大団円でした。

    みんながいつまでも幸せでいますように(^^)。

  56. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    良かった(T^T)
    みんなちゃんと幸せになった。

    左右馬と馨の出会いもわかったし
    鹿乃子ちゃんも
    自分の力を厭わないようになったし。

    かわいい恋物語の中にはさまれる
    謎解きも私好みでした。

    おもしろかったよ!

  57. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    「嘘を聞くことができる少女の物語」終幕。

    鹿乃子くんは相変わらずかわいく、
    左右馬センセイは相変わらず困った人で、
    でもとても温かく優しい時間が流れています。

    左右馬と馨、ふたりのこれまでも描かれ、
    ああ、こうして「これまで」が「今」へ
    「今」が「これから」へと
    繋がっていくのだなぁと感じました。

    いい感じに「世界がしっかりまとまった」大団円でした。

    みんながいつまでも幸せでいますように(^^)。

  58. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    抜群に素晴らしいシリーズだった。
    「嘘」という普遍的なキーワードを深くまで掘り下げ、練り込まれたシナリオと優しい風が吹くストーリー、そして何よりも魅力的なキャラクターたちをブレることなく描き続けたことに心から拍手を贈りたい。
    本当に心に残る作品になった。
    最後の二人の笑顔、最高だ。
    嬉しい。
    大好き。
    お疲れ様でした。
    /10巻は若干蛇足的というか、ピークを過ぎたあとに数話重ねる形だったのがちょこっと惜しい。
    そして重ね重ねですが、ミステリーとしてもツボを抑えたものになっていなたら、きっとブレイクをしていたと思う。
  59. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    「嘘を聞くことができる少女の物語」終幕。

    鹿乃子くんは相変わらずかわいく、
    左右馬センセイは相変わらず困った人で、
    でもとても温かく優しい時間が流れています。

    左右馬と馨、ふたりのこれまでも描かれ、
    ああ、こうして「これまで」が「今」へ
    「今」が「これから」へと
    繋がっていくのだなぁと感じました。

    いい感じに「世界がしっかりまとまった」大団円でした。

    みんながいつまでも幸せでいますように(^^)。

  60. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    最後どんな風にまとめるのかな~と思ってたけど、
    何か特別なことが起こるでもなく,ババーン!
    と何かが決着するわけでもない…この、まったりとした感じが二人らしいのかなと。

    嘘って実はそんな単純なもんじゃないし、本当のこと話してても言葉の行き違いが生じることもある~って知っている二人だけに、まっすぐに本当の気持ち伝えるのって、すごい勇気要るし怖いことだと思うんだけど…
    それでもストレートに想いを伝え合える二人はすごいと思った。
    信頼関係を絵に描いたような二人だった*

  61. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    「嘘を聞くことができる少女の物語」終幕。

    鹿乃子くんは相変わらずかわいく、
    左右馬センセイは相変わらず困った人で、
    でもとても温かく優しい時間が流れています。

    左右馬と馨、ふたりのこれまでも描かれ、
    ああ、こうして「これまで」が「今」へ
    「今」が「これから」へと
    繋がっていくのだなぁと感じました。

    いい感じに「世界がしっかりまとまった」大団円でした。

    みんながいつまでも幸せでいますように(^^)。

  62. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    最後どんな風にまとめるのかな~と思ってたけど、
    何か特別なことが起こるでもなく,ババーン!
    と何かが決着するわけでもない…この、まったりとした感じが二人らしいのかなと。

    嘘って実はそんな単純なもんじゃないし、本当のこと話してても言葉の行き違いが生じることもある~って知っている二人だけに、まっすぐに本当の気持ち伝えるのって、すごい勇気要るし怖いことだと思うんだけど…
    それでもストレートに想いを伝え合える二人はすごいと思った。
    信頼関係を絵に描いたような二人だった*

  63. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    ”「信じるのか?
    僕が本当に問題を盗み見ていないと
    何の証拠もないのに」
    「何を言っている
    友人を信じるのに証拠などいらぬと言ったのは 貴様ではないか」”

    完結!
    終わってしまった……。

    色々な嘘と、それに向き合う人たちの話、とても良かった。

  64. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    ”「信じるのか?
    僕が本当に問題を盗み見ていないと
    何の証拠もないのに」
    「何を言っている
    友人を信じるのに証拠などいらぬと言ったのは 貴様ではないか」”

    完結!
    終わってしまった……。

    色々な嘘と、それに向き合う人たちの話、とても良かった。

  65. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    良かった(T^T)
    みんなちゃんと幸せになった。

    左右馬と馨の出会いもわかったし
    鹿乃子ちゃんも
    自分の力を厭わないようになったし。

    かわいい恋物語の中にはさまれる
    謎解きも私好みでした。

    おもしろかったよ!

  66. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    良かった(T^T)
    みんなちゃんと幸せになった。

    左右馬と馨の出会いもわかったし
    鹿乃子ちゃんも
    自分の力を厭わないようになったし。

    かわいい恋物語の中にはさまれる
    謎解きも私好みでした。

    おもしろかったよ!

  67. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    ”「信じるのか?
    僕が本当に問題を盗み見ていないと
    何の証拠もないのに」
    「何を言っている
    友人を信じるのに証拠などいらぬと言ったのは 貴様ではないか」”

    完結!
    終わってしまった……。

    色々な嘘と、それに向き合う人たちの話、とても良かった。

  68. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    最後どんな風にまとめるのかな~と思ってたけど、
    何か特別なことが起こるでもなく,ババーン!
    と何かが決着するわけでもない…この、まったりとした感じが二人らしいのかなと。

    嘘って実はそんな単純なもんじゃないし、本当のこと話してても言葉の行き違いが生じることもある~って知っている二人だけに、まっすぐに本当の気持ち伝えるのって、すごい勇気要るし怖いことだと思うんだけど…
    それでもストレートに想いを伝え合える二人はすごいと思った。
    信頼関係を絵に描いたような二人だった*

  69. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    良かった(T^T)
    みんなちゃんと幸せになった。

    左右馬と馨の出会いもわかったし
    鹿乃子ちゃんも
    自分の力を厭わないようになったし。

    かわいい恋物語の中にはさまれる
    謎解きも私好みでした。

    おもしろかったよ!

  70. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    抜群に素晴らしいシリーズだった。
    「嘘」という普遍的なキーワードを深くまで掘り下げ、練り込まれたシナリオと優しい風が吹くストーリー、そして何よりも魅力的なキャラクターたちをブレることなく描き続けたことに心から拍手を贈りたい。
    本当に心に残る作品になった。
    最後の二人の笑顔、最高だ。
    嬉しい。
    大好き。
    お疲れ様でした。
    /10巻は若干蛇足的というか、ピークを過ぎたあとに数話重ねる形だったのがちょこっと惜しい。
    そして重ね重ねですが、ミステリーとしてもツボを抑えたものになっていなたら、きっとブレイクをしていたと思う。
  71. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    抜群に素晴らしいシリーズだった。
    「嘘」という普遍的なキーワードを深くまで掘り下げ、練り込まれたシナリオと優しい風が吹くストーリー、そして何よりも魅力的なキャラクターたちをブレることなく描き続けたことに心から拍手を贈りたい。
    本当に心に残る作品になった。
    最後の二人の笑顔、最高だ。
    嬉しい。
    大好き。
    お疲れ様でした。
    /10巻は若干蛇足的というか、ピークを過ぎたあとに数話重ねる形だったのがちょこっと惜しい。
    そして重ね重ねですが、ミステリーとしてもツボを抑えたものになっていなたら、きっとブレイクをしていたと思う。
  72. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    「嘘を聞くことができる少女の物語」終幕。

    鹿乃子くんは相変わらずかわいく、
    左右馬センセイは相変わらず困った人で、
    でもとても温かく優しい時間が流れています。

    左右馬と馨、ふたりのこれまでも描かれ、
    ああ、こうして「これまで」が「今」へ
    「今」が「これから」へと
    繋がっていくのだなぁと感じました。

    いい感じに「世界がしっかりまとまった」大団円でした。

    みんながいつまでも幸せでいますように(^^)。

  73. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    良かった(T^T)
    みんなちゃんと幸せになった。

    左右馬と馨の出会いもわかったし
    鹿乃子ちゃんも
    自分の力を厭わないようになったし。

    かわいい恋物語の中にはさまれる
    謎解きも私好みでした。

    おもしろかったよ!

  74. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    「嘘を聞くことができる少女の物語」終幕。

    鹿乃子くんは相変わらずかわいく、
    左右馬センセイは相変わらず困った人で、
    でもとても温かく優しい時間が流れています。

    左右馬と馨、ふたりのこれまでも描かれ、
    ああ、こうして「これまで」が「今」へ
    「今」が「これから」へと
    繋がっていくのだなぁと感じました。

    いい感じに「世界がしっかりまとまった」大団円でした。

    みんながいつまでも幸せでいますように(^^)。

  75. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    抜群に素晴らしいシリーズだった。
    「嘘」という普遍的なキーワードを深くまで掘り下げ、練り込まれたシナリオと優しい風が吹くストーリー、そして何よりも魅力的なキャラクターたちをブレることなく描き続けたことに心から拍手を贈りたい。
    本当に心に残る作品になった。
    最後の二人の笑顔、最高だ。
    嬉しい。
    大好き。
    お疲れ様でした。
    /10巻は若干蛇足的というか、ピークを過ぎたあとに数話重ねる形だったのがちょこっと惜しい。
    そして重ね重ねですが、ミステリーとしてもツボを抑えたものになっていなたら、きっとブレイクをしていたと思う。
  76. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    「嘘を聞くことができる少女の物語」終幕。

    鹿乃子くんは相変わらずかわいく、
    左右馬センセイは相変わらず困った人で、
    でもとても温かく優しい時間が流れています。

    左右馬と馨、ふたりのこれまでも描かれ、
    ああ、こうして「これまで」が「今」へ
    「今」が「これから」へと
    繋がっていくのだなぁと感じました。

    いい感じに「世界がしっかりまとまった」大団円でした。

    みんながいつまでも幸せでいますように(^^)。

  77. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    「嘘を聞くことができる少女の物語」終幕。

    鹿乃子くんは相変わらずかわいく、
    左右馬センセイは相変わらず困った人で、
    でもとても温かく優しい時間が流れています。

    左右馬と馨、ふたりのこれまでも描かれ、
    ああ、こうして「これまで」が「今」へ
    「今」が「これから」へと
    繋がっていくのだなぁと感じました。

    いい感じに「世界がしっかりまとまった」大団円でした。

    みんながいつまでも幸せでいますように(^^)。

  78. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    ”「信じるのか?
    僕が本当に問題を盗み見ていないと
    何の証拠もないのに」
    「何を言っている
    友人を信じるのに証拠などいらぬと言ったのは 貴様ではないか」”

    完結!
    終わってしまった……。

    色々な嘘と、それに向き合う人たちの話、とても良かった。

  79. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    抜群に素晴らしいシリーズだった。
    「嘘」という普遍的なキーワードを深くまで掘り下げ、練り込まれたシナリオと優しい風が吹くストーリー、そして何よりも魅力的なキャラクターたちをブレることなく描き続けたことに心から拍手を贈りたい。
    本当に心に残る作品になった。
    最後の二人の笑顔、最高だ。
    嬉しい。
    大好き。
    お疲れ様でした。
    /10巻は若干蛇足的というか、ピークを過ぎたあとに数話重ねる形だったのがちょこっと惜しい。
    そして重ね重ねですが、ミステリーとしてもツボを抑えたものになっていなたら、きっとブレイクをしていたと思う。
  80. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    抜群に素晴らしいシリーズだった。
    「嘘」という普遍的なキーワードを深くまで掘り下げ、練り込まれたシナリオと優しい風が吹くストーリー、そして何よりも魅力的なキャラクターたちをブレることなく描き続けたことに心から拍手を贈りたい。
    本当に心に残る作品になった。
    最後の二人の笑顔、最高だ。
    嬉しい。
    大好き。
    お疲れ様でした。
    /10巻は若干蛇足的というか、ピークを過ぎたあとに数話重ねる形だったのがちょこっと惜しい。
    そして重ね重ねですが、ミステリーとしてもツボを抑えたものになっていなたら、きっとブレイクをしていたと思う。
  81. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    最後どんな風にまとめるのかな~と思ってたけど、
    何か特別なことが起こるでもなく,ババーン!
    と何かが決着するわけでもない…この、まったりとした感じが二人らしいのかなと。

    嘘って実はそんな単純なもんじゃないし、本当のこと話してても言葉の行き違いが生じることもある~って知っている二人だけに、まっすぐに本当の気持ち伝えるのって、すごい勇気要るし怖いことだと思うんだけど…
    それでもストレートに想いを伝え合える二人はすごいと思った。
    信頼関係を絵に描いたような二人だった*

  82. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    抜群に素晴らしいシリーズだった。
    「嘘」という普遍的なキーワードを深くまで掘り下げ、練り込まれたシナリオと優しい風が吹くストーリー、そして何よりも魅力的なキャラクターたちをブレることなく描き続けたことに心から拍手を贈りたい。
    本当に心に残る作品になった。
    最後の二人の笑顔、最高だ。
    嬉しい。
    大好き。
    お疲れ様でした。
    /10巻は若干蛇足的というか、ピークを過ぎたあとに数話重ねる形だったのがちょこっと惜しい。
    そして重ね重ねですが、ミステリーとしてもツボを抑えたものになっていなたら、きっとブレイクをしていたと思う。
  83. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    最後どんな風にまとめるのかな~と思ってたけど、
    何か特別なことが起こるでもなく,ババーン!
    と何かが決着するわけでもない…この、まったりとした感じが二人らしいのかなと。

    嘘って実はそんな単純なもんじゃないし、本当のこと話してても言葉の行き違いが生じることもある~って知っている二人だけに、まっすぐに本当の気持ち伝えるのって、すごい勇気要るし怖いことだと思うんだけど…
    それでもストレートに想いを伝え合える二人はすごいと思った。
    信頼関係を絵に描いたような二人だった*

  84. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    「嘘を聞くことができる少女の物語」終幕。

    鹿乃子くんは相変わらずかわいく、
    左右馬センセイは相変わらず困った人で、
    でもとても温かく優しい時間が流れています。

    左右馬と馨、ふたりのこれまでも描かれ、
    ああ、こうして「これまで」が「今」へ
    「今」が「これから」へと
    繋がっていくのだなぁと感じました。

    いい感じに「世界がしっかりまとまった」大団円でした。

    みんながいつまでも幸せでいますように(^^)。

  85. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    抜群に素晴らしいシリーズだった。
    「嘘」という普遍的なキーワードを深くまで掘り下げ、練り込まれたシナリオと優しい風が吹くストーリー、そして何よりも魅力的なキャラクターたちをブレることなく描き続けたことに心から拍手を贈りたい。
    本当に心に残る作品になった。
    最後の二人の笑顔、最高だ。
    嬉しい。
    大好き。
    お疲れ様でした。
    /10巻は若干蛇足的というか、ピークを過ぎたあとに数話重ねる形だったのがちょこっと惜しい。
    そして重ね重ねですが、ミステリーとしてもツボを抑えたものになっていなたら、きっとブレイクをしていたと思う。
  86. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    「嘘を聞くことができる少女の物語」終幕。

    鹿乃子くんは相変わらずかわいく、
    左右馬センセイは相変わらず困った人で、
    でもとても温かく優しい時間が流れています。

    左右馬と馨、ふたりのこれまでも描かれ、
    ああ、こうして「これまで」が「今」へ
    「今」が「これから」へと
    繋がっていくのだなぁと感じました。

    いい感じに「世界がしっかりまとまった」大団円でした。

    みんながいつまでも幸せでいますように(^^)。

  87. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    良かった(T^T)
    みんなちゃんと幸せになった。

    左右馬と馨の出会いもわかったし
    鹿乃子ちゃんも
    自分の力を厭わないようになったし。

    かわいい恋物語の中にはさまれる
    謎解きも私好みでした。

    おもしろかったよ!

  88. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    最後どんな風にまとめるのかな~と思ってたけど、
    何か特別なことが起こるでもなく,ババーン!
    と何かが決着するわけでもない…この、まったりとした感じが二人らしいのかなと。

    嘘って実はそんな単純なもんじゃないし、本当のこと話してても言葉の行き違いが生じることもある~って知っている二人だけに、まっすぐに本当の気持ち伝えるのって、すごい勇気要るし怖いことだと思うんだけど…
    それでもストレートに想いを伝え合える二人はすごいと思った。
    信頼関係を絵に描いたような二人だった*

  89. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    「嘘を聞くことができる少女の物語」終幕。

    鹿乃子くんは相変わらずかわいく、
    左右馬センセイは相変わらず困った人で、
    でもとても温かく優しい時間が流れています。

    左右馬と馨、ふたりのこれまでも描かれ、
    ああ、こうして「これまで」が「今」へ
    「今」が「これから」へと
    繋がっていくのだなぁと感じました。

    いい感じに「世界がしっかりまとまった」大団円でした。

    みんながいつまでも幸せでいますように(^^)。

  90. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    ”「信じるのか?
    僕が本当に問題を盗み見ていないと
    何の証拠もないのに」
    「何を言っている
    友人を信じるのに証拠などいらぬと言ったのは 貴様ではないか」”

    完結!
    終わってしまった……。

    色々な嘘と、それに向き合う人たちの話、とても良かった。

  91. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    ”「信じるのか?
    僕が本当に問題を盗み見ていないと
    何の証拠もないのに」
    「何を言っている
    友人を信じるのに証拠などいらぬと言ったのは 貴様ではないか」”

    完結!
    終わってしまった……。

    色々な嘘と、それに向き合う人たちの話、とても良かった。

  92. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    最後どんな風にまとめるのかな~と思ってたけど、
    何か特別なことが起こるでもなく,ババーン!
    と何かが決着するわけでもない…この、まったりとした感じが二人らしいのかなと。

    嘘って実はそんな単純なもんじゃないし、本当のこと話してても言葉の行き違いが生じることもある~って知っている二人だけに、まっすぐに本当の気持ち伝えるのって、すごい勇気要るし怖いことだと思うんだけど…
    それでもストレートに想いを伝え合える二人はすごいと思った。
    信頼関係を絵に描いたような二人だった*

  93. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    抜群に素晴らしいシリーズだった。
    「嘘」という普遍的なキーワードを深くまで掘り下げ、練り込まれたシナリオと優しい風が吹くストーリー、そして何よりも魅力的なキャラクターたちをブレることなく描き続けたことに心から拍手を贈りたい。
    本当に心に残る作品になった。
    最後の二人の笑顔、最高だ。
    嬉しい。
    大好き。
    お疲れ様でした。
    /10巻は若干蛇足的というか、ピークを過ぎたあとに数話重ねる形だったのがちょこっと惜しい。
    そして重ね重ねですが、ミステリーとしてもツボを抑えたものになっていなたら、きっとブレイクをしていたと思う。
  94. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    最後どんな風にまとめるのかな~と思ってたけど、
    何か特別なことが起こるでもなく,ババーン!
    と何かが決着するわけでもない…この、まったりとした感じが二人らしいのかなと。

    嘘って実はそんな単純なもんじゃないし、本当のこと話してても言葉の行き違いが生じることもある~って知っている二人だけに、まっすぐに本当の気持ち伝えるのって、すごい勇気要るし怖いことだと思うんだけど…
    それでもストレートに想いを伝え合える二人はすごいと思った。
    信頼関係を絵に描いたような二人だった*

  95. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    「嘘を聞くことができる少女の物語」終幕。

    鹿乃子くんは相変わらずかわいく、
    左右馬センセイは相変わらず困った人で、
    でもとても温かく優しい時間が流れています。

    左右馬と馨、ふたりのこれまでも描かれ、
    ああ、こうして「これまで」が「今」へ
    「今」が「これから」へと
    繋がっていくのだなぁと感じました。

    いい感じに「世界がしっかりまとまった」大団円でした。

    みんながいつまでも幸せでいますように(^^)。

  96. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    抜群に素晴らしいシリーズだった。
    「嘘」という普遍的なキーワードを深くまで掘り下げ、練り込まれたシナリオと優しい風が吹くストーリー、そして何よりも魅力的なキャラクターたちをブレることなく描き続けたことに心から拍手を贈りたい。
    本当に心に残る作品になった。
    最後の二人の笑顔、最高だ。
    嬉しい。
    大好き。
    お疲れ様でした。
    /10巻は若干蛇足的というか、ピークを過ぎたあとに数話重ねる形だったのがちょこっと惜しい。
    そして重ね重ねですが、ミステリーとしてもツボを抑えたものになっていなたら、きっとブレイクをしていたと思う。
  97. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    最後どんな風にまとめるのかな~と思ってたけど、
    何か特別なことが起こるでもなく,ババーン!
    と何かが決着するわけでもない…この、まったりとした感じが二人らしいのかなと。

    嘘って実はそんな単純なもんじゃないし、本当のこと話してても言葉の行き違いが生じることもある~って知っている二人だけに、まっすぐに本当の気持ち伝えるのって、すごい勇気要るし怖いことだと思うんだけど…
    それでもストレートに想いを伝え合える二人はすごいと思った。
    信頼関係を絵に描いたような二人だった*

  98. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    最後どんな風にまとめるのかな~と思ってたけど、
    何か特別なことが起こるでもなく,ババーン!
    と何かが決着するわけでもない…この、まったりとした感じが二人らしいのかなと。

    嘘って実はそんな単純なもんじゃないし、本当のこと話してても言葉の行き違いが生じることもある~って知っている二人だけに、まっすぐに本当の気持ち伝えるのって、すごい勇気要るし怖いことだと思うんだけど…
    それでもストレートに想いを伝え合える二人はすごいと思った。
    信頼関係を絵に描いたような二人だった*

  99. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    ”「信じるのか?
    僕が本当に問題を盗み見ていないと
    何の証拠もないのに」
    「何を言っている
    友人を信じるのに証拠などいらぬと言ったのは 貴様ではないか」”

    完結!
    終わってしまった……。

    色々な嘘と、それに向き合う人たちの話、とても良かった。

  100. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    良かった(T^T)
    みんなちゃんと幸せになった。

    左右馬と馨の出会いもわかったし
    鹿乃子ちゃんも
    自分の力を厭わないようになったし。

    かわいい恋物語の中にはさまれる
    謎解きも私好みでした。

    おもしろかったよ!

  101. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    最後どんな風にまとめるのかな~と思ってたけど、
    何か特別なことが起こるでもなく,ババーン!
    と何かが決着するわけでもない…この、まったりとした感じが二人らしいのかなと。

    嘘って実はそんな単純なもんじゃないし、本当のこと話してても言葉の行き違いが生じることもある~って知っている二人だけに、まっすぐに本当の気持ち伝えるのって、すごい勇気要るし怖いことだと思うんだけど…
    それでもストレートに想いを伝え合える二人はすごいと思った。
    信頼関係を絵に描いたような二人だった*

  102. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    「嘘を聞くことができる少女の物語」終幕。

    鹿乃子くんは相変わらずかわいく、
    左右馬センセイは相変わらず困った人で、
    でもとても温かく優しい時間が流れています。

    左右馬と馨、ふたりのこれまでも描かれ、
    ああ、こうして「これまで」が「今」へ
    「今」が「これから」へと
    繋がっていくのだなぁと感じました。

    いい感じに「世界がしっかりまとまった」大団円でした。

    みんながいつまでも幸せでいますように(^^)。

  103. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    「嘘を聞くことができる少女の物語」終幕。

    鹿乃子くんは相変わらずかわいく、
    左右馬センセイは相変わらず困った人で、
    でもとても温かく優しい時間が流れています。

    左右馬と馨、ふたりのこれまでも描かれ、
    ああ、こうして「これまで」が「今」へ
    「今」が「これから」へと
    繋がっていくのだなぁと感じました。

    いい感じに「世界がしっかりまとまった」大団円でした。

    みんながいつまでも幸せでいますように(^^)。

  104. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    抜群に素晴らしいシリーズだった。
    「嘘」という普遍的なキーワードを深くまで掘り下げ、練り込まれたシナリオと優しい風が吹くストーリー、そして何よりも魅力的なキャラクターたちをブレることなく描き続けたことに心から拍手を贈りたい。
    本当に心に残る作品になった。
    最後の二人の笑顔、最高だ。
    嬉しい。
    大好き。
    お疲れ様でした。
    /10巻は若干蛇足的というか、ピークを過ぎたあとに数話重ねる形だったのがちょこっと惜しい。
    そして重ね重ねですが、ミステリーとしてもツボを抑えたものになっていなたら、きっとブレイクをしていたと思う。
  105. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    良かった(T^T)
    みんなちゃんと幸せになった。

    左右馬と馨の出会いもわかったし
    鹿乃子ちゃんも
    自分の力を厭わないようになったし。

    かわいい恋物語の中にはさまれる
    謎解きも私好みでした。

    おもしろかったよ!

  106. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    最後どんな風にまとめるのかな~と思ってたけど、
    何か特別なことが起こるでもなく,ババーン!
    と何かが決着するわけでもない…この、まったりとした感じが二人らしいのかなと。

    嘘って実はそんな単純なもんじゃないし、本当のこと話してても言葉の行き違いが生じることもある~って知っている二人だけに、まっすぐに本当の気持ち伝えるのって、すごい勇気要るし怖いことだと思うんだけど…
    それでもストレートに想いを伝え合える二人はすごいと思った。
    信頼関係を絵に描いたような二人だった*

  107. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    最後どんな風にまとめるのかな~と思ってたけど、
    何か特別なことが起こるでもなく,ババーン!
    と何かが決着するわけでもない…この、まったりとした感じが二人らしいのかなと。

    嘘って実はそんな単純なもんじゃないし、本当のこと話してても言葉の行き違いが生じることもある~って知っている二人だけに、まっすぐに本当の気持ち伝えるのって、すごい勇気要るし怖いことだと思うんだけど…
    それでもストレートに想いを伝え合える二人はすごいと思った。
    信頼関係を絵に描いたような二人だった*

  108. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    良かった(T^T)
    みんなちゃんと幸せになった。

    左右馬と馨の出会いもわかったし
    鹿乃子ちゃんも
    自分の力を厭わないようになったし。

    かわいい恋物語の中にはさまれる
    謎解きも私好みでした。

    おもしろかったよ!

  109. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    抜群に素晴らしいシリーズだった。
    「嘘」という普遍的なキーワードを深くまで掘り下げ、練り込まれたシナリオと優しい風が吹くストーリー、そして何よりも魅力的なキャラクターたちをブレることなく描き続けたことに心から拍手を贈りたい。
    本当に心に残る作品になった。
    最後の二人の笑顔、最高だ。
    嬉しい。
    大好き。
    お疲れ様でした。
    /10巻は若干蛇足的というか、ピークを過ぎたあとに数話重ねる形だったのがちょこっと惜しい。
    そして重ね重ねですが、ミステリーとしてもツボを抑えたものになっていなたら、きっとブレイクをしていたと思う。
  110. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    ”「信じるのか?
    僕が本当に問題を盗み見ていないと
    何の証拠もないのに」
    「何を言っている
    友人を信じるのに証拠などいらぬと言ったのは 貴様ではないか」”

    完結!
    終わってしまった……。

    色々な嘘と、それに向き合う人たちの話、とても良かった。

  111. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    ”「信じるのか?
    僕が本当に問題を盗み見ていないと
    何の証拠もないのに」
    「何を言っている
    友人を信じるのに証拠などいらぬと言ったのは 貴様ではないか」”

    完結!
    終わってしまった……。

    色々な嘘と、それに向き合う人たちの話、とても良かった。

  112. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    抜群に素晴らしいシリーズだった。
    「嘘」という普遍的なキーワードを深くまで掘り下げ、練り込まれたシナリオと優しい風が吹くストーリー、そして何よりも魅力的なキャラクターたちをブレることなく描き続けたことに心から拍手を贈りたい。
    本当に心に残る作品になった。
    最後の二人の笑顔、最高だ。
    嬉しい。
    大好き。
    お疲れ様でした。
    /10巻は若干蛇足的というか、ピークを過ぎたあとに数話重ねる形だったのがちょこっと惜しい。
    そして重ね重ねですが、ミステリーとしてもツボを抑えたものになっていなたら、きっとブレイクをしていたと思う。
  113. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    抜群に素晴らしいシリーズだった。
    「嘘」という普遍的なキーワードを深くまで掘り下げ、練り込まれたシナリオと優しい風が吹くストーリー、そして何よりも魅力的なキャラクターたちをブレることなく描き続けたことに心から拍手を贈りたい。
    本当に心に残る作品になった。
    最後の二人の笑顔、最高だ。
    嬉しい。
    大好き。
    お疲れ様でした。
    /10巻は若干蛇足的というか、ピークを過ぎたあとに数話重ねる形だったのがちょこっと惜しい。
    そして重ね重ねですが、ミステリーとしてもツボを抑えたものになっていなたら、きっとブレイクをしていたと思う。
  114. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    良かった(T^T)
    みんなちゃんと幸せになった。

    左右馬と馨の出会いもわかったし
    鹿乃子ちゃんも
    自分の力を厭わないようになったし。

    かわいい恋物語の中にはさまれる
    謎解きも私好みでした。

    おもしろかったよ!

  115. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    良かった(T^T)
    みんなちゃんと幸せになった。

    左右馬と馨の出会いもわかったし
    鹿乃子ちゃんも
    自分の力を厭わないようになったし。

    かわいい恋物語の中にはさまれる
    謎解きも私好みでした。

    おもしろかったよ!

  116. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    良かった(T^T)
    みんなちゃんと幸せになった。

    左右馬と馨の出会いもわかったし
    鹿乃子ちゃんも
    自分の力を厭わないようになったし。

    かわいい恋物語の中にはさまれる
    謎解きも私好みでした。

    おもしろかったよ!

  117. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    良かった(T^T)
    みんなちゃんと幸せになった。

    左右馬と馨の出会いもわかったし
    鹿乃子ちゃんも
    自分の力を厭わないようになったし。

    かわいい恋物語の中にはさまれる
    謎解きも私好みでした。

    おもしろかったよ!

  118. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    最後どんな風にまとめるのかな~と思ってたけど、
    何か特別なことが起こるでもなく,ババーン!
    と何かが決着するわけでもない…この、まったりとした感じが二人らしいのかなと。

    嘘って実はそんな単純なもんじゃないし、本当のこと話してても言葉の行き違いが生じることもある~って知っている二人だけに、まっすぐに本当の気持ち伝えるのって、すごい勇気要るし怖いことだと思うんだけど…
    それでもストレートに想いを伝え合える二人はすごいと思った。
    信頼関係を絵に描いたような二人だった*

  119. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    良かった(T^T)
    みんなちゃんと幸せになった。

    左右馬と馨の出会いもわかったし
    鹿乃子ちゃんも
    自分の力を厭わないようになったし。

    かわいい恋物語の中にはさまれる
    謎解きも私好みでした。

    おもしろかったよ!

  120. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    最後どんな風にまとめるのかな~と思ってたけど、
    何か特別なことが起こるでもなく,ババーン!
    と何かが決着するわけでもない…この、まったりとした感じが二人らしいのかなと。

    嘘って実はそんな単純なもんじゃないし、本当のこと話してても言葉の行き違いが生じることもある~って知っている二人だけに、まっすぐに本当の気持ち伝えるのって、すごい勇気要るし怖いことだと思うんだけど…
    それでもストレートに想いを伝え合える二人はすごいと思った。
    信頼関係を絵に描いたような二人だった*

  121. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    ”「信じるのか?
    僕が本当に問題を盗み見ていないと
    何の証拠もないのに」
    「何を言っている
    友人を信じるのに証拠などいらぬと言ったのは 貴様ではないか」”

    完結!
    終わってしまった……。

    色々な嘘と、それに向き合う人たちの話、とても良かった。

  122. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    抜群に素晴らしいシリーズだった。
    「嘘」という普遍的なキーワードを深くまで掘り下げ、練り込まれたシナリオと優しい風が吹くストーリー、そして何よりも魅力的なキャラクターたちをブレることなく描き続けたことに心から拍手を贈りたい。
    本当に心に残る作品になった。
    最後の二人の笑顔、最高だ。
    嬉しい。
    大好き。
    お疲れ様でした。
    /10巻は若干蛇足的というか、ピークを過ぎたあとに数話重ねる形だったのがちょこっと惜しい。
    そして重ね重ねですが、ミステリーとしてもツボを抑えたものになっていなたら、きっとブレイクをしていたと思う。
  123. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    抜群に素晴らしいシリーズだった。
    「嘘」という普遍的なキーワードを深くまで掘り下げ、練り込まれたシナリオと優しい風が吹くストーリー、そして何よりも魅力的なキャラクターたちをブレることなく描き続けたことに心から拍手を贈りたい。
    本当に心に残る作品になった。
    最後の二人の笑顔、最高だ。
    嬉しい。
    大好き。
    お疲れ様でした。
    /10巻は若干蛇足的というか、ピークを過ぎたあとに数話重ねる形だったのがちょこっと惜しい。
    そして重ね重ねですが、ミステリーとしてもツボを抑えたものになっていなたら、きっとブレイクをしていたと思う。
  124. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    最後どんな風にまとめるのかな~と思ってたけど、
    何か特別なことが起こるでもなく,ババーン!
    と何かが決着するわけでもない…この、まったりとした感じが二人らしいのかなと。

    嘘って実はそんな単純なもんじゃないし、本当のこと話してても言葉の行き違いが生じることもある~って知っている二人だけに、まっすぐに本当の気持ち伝えるのって、すごい勇気要るし怖いことだと思うんだけど…
    それでもストレートに想いを伝え合える二人はすごいと思った。
    信頼関係を絵に描いたような二人だった*

  125. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    良かった(T^T)
    みんなちゃんと幸せになった。

    左右馬と馨の出会いもわかったし
    鹿乃子ちゃんも
    自分の力を厭わないようになったし。

    かわいい恋物語の中にはさまれる
    謎解きも私好みでした。

    おもしろかったよ!

  126. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    最後どんな風にまとめるのかな~と思ってたけど、
    何か特別なことが起こるでもなく,ババーン!
    と何かが決着するわけでもない…この、まったりとした感じが二人らしいのかなと。

    嘘って実はそんな単純なもんじゃないし、本当のこと話してても言葉の行き違いが生じることもある~って知っている二人だけに、まっすぐに本当の気持ち伝えるのって、すごい勇気要るし怖いことだと思うんだけど…
    それでもストレートに想いを伝え合える二人はすごいと思った。
    信頼関係を絵に描いたような二人だった*

  127. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    ”「信じるのか?
    僕が本当に問題を盗み見ていないと
    何の証拠もないのに」
    「何を言っている
    友人を信じるのに証拠などいらぬと言ったのは 貴様ではないか」”

    完結!
    終わってしまった……。

    色々な嘘と、それに向き合う人たちの話、とても良かった。

  128. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    抜群に素晴らしいシリーズだった。
    「嘘」という普遍的なキーワードを深くまで掘り下げ、練り込まれたシナリオと優しい風が吹くストーリー、そして何よりも魅力的なキャラクターたちをブレることなく描き続けたことに心から拍手を贈りたい。
    本当に心に残る作品になった。
    最後の二人の笑顔、最高だ。
    嬉しい。
    大好き。
    お疲れ様でした。
    /10巻は若干蛇足的というか、ピークを過ぎたあとに数話重ねる形だったのがちょこっと惜しい。
    そして重ね重ねですが、ミステリーとしてもツボを抑えたものになっていなたら、きっとブレイクをしていたと思う。
  129. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    ”「信じるのか?
    僕が本当に問題を盗み見ていないと
    何の証拠もないのに」
    「何を言っている
    友人を信じるのに証拠などいらぬと言ったのは 貴様ではないか」”

    完結!
    終わってしまった……。

    色々な嘘と、それに向き合う人たちの話、とても良かった。

  130. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    抜群に素晴らしいシリーズだった。
    「嘘」という普遍的なキーワードを深くまで掘り下げ、練り込まれたシナリオと優しい風が吹くストーリー、そして何よりも魅力的なキャラクターたちをブレることなく描き続けたことに心から拍手を贈りたい。
    本当に心に残る作品になった。
    最後の二人の笑顔、最高だ。
    嬉しい。
    大好き。
    お疲れ様でした。
    /10巻は若干蛇足的というか、ピークを過ぎたあとに数話重ねる形だったのがちょこっと惜しい。
    そして重ね重ねですが、ミステリーとしてもツボを抑えたものになっていなたら、きっとブレイクをしていたと思う。
  131. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    「嘘を聞くことができる少女の物語」終幕。

    鹿乃子くんは相変わらずかわいく、
    左右馬センセイは相変わらず困った人で、
    でもとても温かく優しい時間が流れています。

    左右馬と馨、ふたりのこれまでも描かれ、
    ああ、こうして「これまで」が「今」へ
    「今」が「これから」へと
    繋がっていくのだなぁと感じました。

    いい感じに「世界がしっかりまとまった」大団円でした。

    みんながいつまでも幸せでいますように(^^)。

  132. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    最後どんな風にまとめるのかな~と思ってたけど、
    何か特別なことが起こるでもなく,ババーン!
    と何かが決着するわけでもない…この、まったりとした感じが二人らしいのかなと。

    嘘って実はそんな単純なもんじゃないし、本当のこと話してても言葉の行き違いが生じることもある~って知っている二人だけに、まっすぐに本当の気持ち伝えるのって、すごい勇気要るし怖いことだと思うんだけど…
    それでもストレートに想いを伝え合える二人はすごいと思った。
    信頼関係を絵に描いたような二人だった*

  133. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    最後どんな風にまとめるのかな~と思ってたけど、
    何か特別なことが起こるでもなく,ババーン!
    と何かが決着するわけでもない…この、まったりとした感じが二人らしいのかなと。

    嘘って実はそんな単純なもんじゃないし、本当のこと話してても言葉の行き違いが生じることもある~って知っている二人だけに、まっすぐに本当の気持ち伝えるのって、すごい勇気要るし怖いことだと思うんだけど…
    それでもストレートに想いを伝え合える二人はすごいと思った。
    信頼関係を絵に描いたような二人だった*

  134. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    「嘘を聞くことができる少女の物語」終幕。

    鹿乃子くんは相変わらずかわいく、
    左右馬センセイは相変わらず困った人で、
    でもとても温かく優しい時間が流れています。

    左右馬と馨、ふたりのこれまでも描かれ、
    ああ、こうして「これまで」が「今」へ
    「今」が「これから」へと
    繋がっていくのだなぁと感じました。

    いい感じに「世界がしっかりまとまった」大団円でした。

    みんながいつまでも幸せでいますように(^^)。

  135. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    ”「信じるのか?
    僕が本当に問題を盗み見ていないと
    何の証拠もないのに」
    「何を言っている
    友人を信じるのに証拠などいらぬと言ったのは 貴様ではないか」”

    完結!
    終わってしまった……。

    色々な嘘と、それに向き合う人たちの話、とても良かった。

  136. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    「嘘を聞くことができる少女の物語」終幕。

    鹿乃子くんは相変わらずかわいく、
    左右馬センセイは相変わらず困った人で、
    でもとても温かく優しい時間が流れています。

    左右馬と馨、ふたりのこれまでも描かれ、
    ああ、こうして「これまで」が「今」へ
    「今」が「これから」へと
    繋がっていくのだなぁと感じました。

    いい感じに「世界がしっかりまとまった」大団円でした。

    みんながいつまでも幸せでいますように(^^)。

  137. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    ”「信じるのか?
    僕が本当に問題を盗み見ていないと
    何の証拠もないのに」
    「何を言っている
    友人を信じるのに証拠などいらぬと言ったのは 貴様ではないか」”

    完結!
    終わってしまった……。

    色々な嘘と、それに向き合う人たちの話、とても良かった。

  138. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    「嘘を聞くことができる少女の物語」終幕。

    鹿乃子くんは相変わらずかわいく、
    左右馬センセイは相変わらず困った人で、
    でもとても温かく優しい時間が流れています。

    左右馬と馨、ふたりのこれまでも描かれ、
    ああ、こうして「これまで」が「今」へ
    「今」が「これから」へと
    繋がっていくのだなぁと感じました。

    いい感じに「世界がしっかりまとまった」大団円でした。

    みんながいつまでも幸せでいますように(^^)。

  139. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    ”「信じるのか?
    僕が本当に問題を盗み見ていないと
    何の証拠もないのに」
    「何を言っている
    友人を信じるのに証拠などいらぬと言ったのは 貴様ではないか」”

    完結!
    終わってしまった……。

    色々な嘘と、それに向き合う人たちの話、とても良かった。

  140. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    最後どんな風にまとめるのかな~と思ってたけど、
    何か特別なことが起こるでもなく,ババーン!
    と何かが決着するわけでもない…この、まったりとした感じが二人らしいのかなと。

    嘘って実はそんな単純なもんじゃないし、本当のこと話してても言葉の行き違いが生じることもある~って知っている二人だけに、まっすぐに本当の気持ち伝えるのって、すごい勇気要るし怖いことだと思うんだけど…
    それでもストレートに想いを伝え合える二人はすごいと思った。
    信頼関係を絵に描いたような二人だった*

  141. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    ”「信じるのか?
    僕が本当に問題を盗み見ていないと
    何の証拠もないのに」
    「何を言っている
    友人を信じるのに証拠などいらぬと言ったのは 貴様ではないか」”

    完結!
    終わってしまった……。

    色々な嘘と、それに向き合う人たちの話、とても良かった。

  142. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    最後どんな風にまとめるのかな~と思ってたけど、
    何か特別なことが起こるでもなく,ババーン!
    と何かが決着するわけでもない…この、まったりとした感じが二人らしいのかなと。

    嘘って実はそんな単純なもんじゃないし、本当のこと話してても言葉の行き違いが生じることもある~って知っている二人だけに、まっすぐに本当の気持ち伝えるのって、すごい勇気要るし怖いことだと思うんだけど…
    それでもストレートに想いを伝え合える二人はすごいと思った。
    信頼関係を絵に描いたような二人だった*

  143. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    抜群に素晴らしいシリーズだった。
    「嘘」という普遍的なキーワードを深くまで掘り下げ、練り込まれたシナリオと優しい風が吹くストーリー、そして何よりも魅力的なキャラクターたちをブレることなく描き続けたことに心から拍手を贈りたい。
    本当に心に残る作品になった。
    最後の二人の笑顔、最高だ。
    嬉しい。
    大好き。
    お疲れ様でした。
    /10巻は若干蛇足的というか、ピークを過ぎたあとに数話重ねる形だったのがちょこっと惜しい。
    そして重ね重ねですが、ミステリーとしてもツボを抑えたものになっていなたら、きっとブレイクをしていたと思う。
  144. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    抜群に素晴らしいシリーズだった。
    「嘘」という普遍的なキーワードを深くまで掘り下げ、練り込まれたシナリオと優しい風が吹くストーリー、そして何よりも魅力的なキャラクターたちをブレることなく描き続けたことに心から拍手を贈りたい。
    本当に心に残る作品になった。
    最後の二人の笑顔、最高だ。
    嬉しい。
    大好き。
    お疲れ様でした。
    /10巻は若干蛇足的というか、ピークを過ぎたあとに数話重ねる形だったのがちょこっと惜しい。
    そして重ね重ねですが、ミステリーとしてもツボを抑えたものになっていなたら、きっとブレイクをしていたと思う。
  145. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    「嘘を聞くことができる少女の物語」終幕。

    鹿乃子くんは相変わらずかわいく、
    左右馬センセイは相変わらず困った人で、
    でもとても温かく優しい時間が流れています。

    左右馬と馨、ふたりのこれまでも描かれ、
    ああ、こうして「これまで」が「今」へ
    「今」が「これから」へと
    繋がっていくのだなぁと感じました。

    いい感じに「世界がしっかりまとまった」大団円でした。

    みんながいつまでも幸せでいますように(^^)。

  146. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    ”「信じるのか?
    僕が本当に問題を盗み見ていないと
    何の証拠もないのに」
    「何を言っている
    友人を信じるのに証拠などいらぬと言ったのは 貴様ではないか」”

    完結!
    終わってしまった……。

    色々な嘘と、それに向き合う人たちの話、とても良かった。

  147. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    最後どんな風にまとめるのかな~と思ってたけど、
    何か特別なことが起こるでもなく,ババーン!
    と何かが決着するわけでもない…この、まったりとした感じが二人らしいのかなと。

    嘘って実はそんな単純なもんじゃないし、本当のこと話してても言葉の行き違いが生じることもある~って知っている二人だけに、まっすぐに本当の気持ち伝えるのって、すごい勇気要るし怖いことだと思うんだけど…
    それでもストレートに想いを伝え合える二人はすごいと思った。
    信頼関係を絵に描いたような二人だった*

  148. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    ”「信じるのか?
    僕が本当に問題を盗み見ていないと
    何の証拠もないのに」
    「何を言っている
    友人を信じるのに証拠などいらぬと言ったのは 貴様ではないか」”

    完結!
    終わってしまった……。

    色々な嘘と、それに向き合う人たちの話、とても良かった。

  149. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    良かった(T^T)
    みんなちゃんと幸せになった。

    左右馬と馨の出会いもわかったし
    鹿乃子ちゃんも
    自分の力を厭わないようになったし。

    かわいい恋物語の中にはさまれる
    謎解きも私好みでした。

    おもしろかったよ!

  150. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    良かった(T^T)
    みんなちゃんと幸せになった。

    左右馬と馨の出会いもわかったし
    鹿乃子ちゃんも
    自分の力を厭わないようになったし。

    かわいい恋物語の中にはさまれる
    謎解きも私好みでした。

    おもしろかったよ!

  151. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    良かった(T^T)
    みんなちゃんと幸せになった。

    左右馬と馨の出会いもわかったし
    鹿乃子ちゃんも
    自分の力を厭わないようになったし。

    かわいい恋物語の中にはさまれる
    謎解きも私好みでした。

    おもしろかったよ!

  152. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    抜群に素晴らしいシリーズだった。
    「嘘」という普遍的なキーワードを深くまで掘り下げ、練り込まれたシナリオと優しい風が吹くストーリー、そして何よりも魅力的なキャラクターたちをブレることなく描き続けたことに心から拍手を贈りたい。
    本当に心に残る作品になった。
    最後の二人の笑顔、最高だ。
    嬉しい。
    大好き。
    お疲れ様でした。
    /10巻は若干蛇足的というか、ピークを過ぎたあとに数話重ねる形だったのがちょこっと惜しい。
    そして重ね重ねですが、ミステリーとしてもツボを抑えたものになっていなたら、きっとブレイクをしていたと思う。
  153. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    ”「信じるのか?
    僕が本当に問題を盗み見ていないと
    何の証拠もないのに」
    「何を言っている
    友人を信じるのに証拠などいらぬと言ったのは 貴様ではないか」”

    完結!
    終わってしまった……。

    色々な嘘と、それに向き合う人たちの話、とても良かった。

  154. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    良かった(T^T)
    みんなちゃんと幸せになった。

    左右馬と馨の出会いもわかったし
    鹿乃子ちゃんも
    自分の力を厭わないようになったし。

    かわいい恋物語の中にはさまれる
    謎解きも私好みでした。

    おもしろかったよ!

  155. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    ”「信じるのか?
    僕が本当に問題を盗み見ていないと
    何の証拠もないのに」
    「何を言っている
    友人を信じるのに証拠などいらぬと言ったのは 貴様ではないか」”

    完結!
    終わってしまった……。

    色々な嘘と、それに向き合う人たちの話、とても良かった。

  156. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    「嘘を聞くことができる少女の物語」終幕。

    鹿乃子くんは相変わらずかわいく、
    左右馬センセイは相変わらず困った人で、
    でもとても温かく優しい時間が流れています。

    左右馬と馨、ふたりのこれまでも描かれ、
    ああ、こうして「これまで」が「今」へ
    「今」が「これから」へと
    繋がっていくのだなぁと感じました。

    いい感じに「世界がしっかりまとまった」大団円でした。

    みんながいつまでも幸せでいますように(^^)。

  157. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    ”「信じるのか?
    僕が本当に問題を盗み見ていないと
    何の証拠もないのに」
    「何を言っている
    友人を信じるのに証拠などいらぬと言ったのは 貴様ではないか」”

    完結!
    終わってしまった……。

    色々な嘘と、それに向き合う人たちの話、とても良かった。

  158. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    最後どんな風にまとめるのかな~と思ってたけど、
    何か特別なことが起こるでもなく,ババーン!
    と何かが決着するわけでもない…この、まったりとした感じが二人らしいのかなと。

    嘘って実はそんな単純なもんじゃないし、本当のこと話してても言葉の行き違いが生じることもある~って知っている二人だけに、まっすぐに本当の気持ち伝えるのって、すごい勇気要るし怖いことだと思うんだけど…
    それでもストレートに想いを伝え合える二人はすごいと思った。
    信頼関係を絵に描いたような二人だった*

  159. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    ”「信じるのか?
    僕が本当に問題を盗み見ていないと
    何の証拠もないのに」
    「何を言っている
    友人を信じるのに証拠などいらぬと言ったのは 貴様ではないか」”

    完結!
    終わってしまった……。

    色々な嘘と、それに向き合う人たちの話、とても良かった。

  160. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    ”「信じるのか?
    僕が本当に問題を盗み見ていないと
    何の証拠もないのに」
    「何を言っている
    友人を信じるのに証拠などいらぬと言ったのは 貴様ではないか」”

    完結!
    終わってしまった……。

    色々な嘘と、それに向き合う人たちの話、とても良かった。

  161. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    良かった(T^T)
    みんなちゃんと幸せになった。

    左右馬と馨の出会いもわかったし
    鹿乃子ちゃんも
    自分の力を厭わないようになったし。

    かわいい恋物語の中にはさまれる
    謎解きも私好みでした。

    おもしろかったよ!

  162. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    最後どんな風にまとめるのかな~と思ってたけど、
    何か特別なことが起こるでもなく,ババーン!
    と何かが決着するわけでもない…この、まったりとした感じが二人らしいのかなと。

    嘘って実はそんな単純なもんじゃないし、本当のこと話してても言葉の行き違いが生じることもある~って知っている二人だけに、まっすぐに本当の気持ち伝えるのって、すごい勇気要るし怖いことだと思うんだけど…
    それでもストレートに想いを伝え合える二人はすごいと思った。
    信頼関係を絵に描いたような二人だった*

  163. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    「嘘を聞くことができる少女の物語」終幕。

    鹿乃子くんは相変わらずかわいく、
    左右馬センセイは相変わらず困った人で、
    でもとても温かく優しい時間が流れています。

    左右馬と馨、ふたりのこれまでも描かれ、
    ああ、こうして「これまで」が「今」へ
    「今」が「これから」へと
    繋がっていくのだなぁと感じました。

    いい感じに「世界がしっかりまとまった」大団円でした。

    みんながいつまでも幸せでいますように(^^)。

  164. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    良かった(T^T)
    みんなちゃんと幸せになった。

    左右馬と馨の出会いもわかったし
    鹿乃子ちゃんも
    自分の力を厭わないようになったし。

    かわいい恋物語の中にはさまれる
    謎解きも私好みでした。

    おもしろかったよ!

  165. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    「嘘を聞くことができる少女の物語」終幕。

    鹿乃子くんは相変わらずかわいく、
    左右馬センセイは相変わらず困った人で、
    でもとても温かく優しい時間が流れています。

    左右馬と馨、ふたりのこれまでも描かれ、
    ああ、こうして「これまで」が「今」へ
    「今」が「これから」へと
    繋がっていくのだなぁと感じました。

    いい感じに「世界がしっかりまとまった」大団円でした。

    みんながいつまでも幸せでいますように(^^)。

  166. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    抜群に素晴らしいシリーズだった。
    「嘘」という普遍的なキーワードを深くまで掘り下げ、練り込まれたシナリオと優しい風が吹くストーリー、そして何よりも魅力的なキャラクターたちをブレることなく描き続けたことに心から拍手を贈りたい。
    本当に心に残る作品になった。
    最後の二人の笑顔、最高だ。
    嬉しい。
    大好き。
    お疲れ様でした。
    /10巻は若干蛇足的というか、ピークを過ぎたあとに数話重ねる形だったのがちょこっと惜しい。
    そして重ね重ねですが、ミステリーとしてもツボを抑えたものになっていなたら、きっとブレイクをしていたと思う。
  167. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    良かった(T^T)
    みんなちゃんと幸せになった。

    左右馬と馨の出会いもわかったし
    鹿乃子ちゃんも
    自分の力を厭わないようになったし。

    かわいい恋物語の中にはさまれる
    謎解きも私好みでした。

    おもしろかったよ!

  168. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    良かった(T^T)
    みんなちゃんと幸せになった。

    左右馬と馨の出会いもわかったし
    鹿乃子ちゃんも
    自分の力を厭わないようになったし。

    かわいい恋物語の中にはさまれる
    謎解きも私好みでした。

    おもしろかったよ!

  169. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    抜群に素晴らしいシリーズだった。
    「嘘」という普遍的なキーワードを深くまで掘り下げ、練り込まれたシナリオと優しい風が吹くストーリー、そして何よりも魅力的なキャラクターたちをブレることなく描き続けたことに心から拍手を贈りたい。
    本当に心に残る作品になった。
    最後の二人の笑顔、最高だ。
    嬉しい。
    大好き。
    お疲れ様でした。
    /10巻は若干蛇足的というか、ピークを過ぎたあとに数話重ねる形だったのがちょこっと惜しい。
    そして重ね重ねですが、ミステリーとしてもツボを抑えたものになっていなたら、きっとブレイクをしていたと思う。
  170. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    良かった(T^T)
    みんなちゃんと幸せになった。

    左右馬と馨の出会いもわかったし
    鹿乃子ちゃんも
    自分の力を厭わないようになったし。

    かわいい恋物語の中にはさまれる
    謎解きも私好みでした。

    おもしろかったよ!

  171. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    抜群に素晴らしいシリーズだった。
    「嘘」という普遍的なキーワードを深くまで掘り下げ、練り込まれたシナリオと優しい風が吹くストーリー、そして何よりも魅力的なキャラクターたちをブレることなく描き続けたことに心から拍手を贈りたい。
    本当に心に残る作品になった。
    最後の二人の笑顔、最高だ。
    嬉しい。
    大好き。
    お疲れ様でした。
    /10巻は若干蛇足的というか、ピークを過ぎたあとに数話重ねる形だったのがちょこっと惜しい。
    そして重ね重ねですが、ミステリーとしてもツボを抑えたものになっていなたら、きっとブレイクをしていたと思う。
  172. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    「嘘を聞くことができる少女の物語」終幕。

    鹿乃子くんは相変わらずかわいく、
    左右馬センセイは相変わらず困った人で、
    でもとても温かく優しい時間が流れています。

    左右馬と馨、ふたりのこれまでも描かれ、
    ああ、こうして「これまで」が「今」へ
    「今」が「これから」へと
    繋がっていくのだなぁと感じました。

    いい感じに「世界がしっかりまとまった」大団円でした。

    みんながいつまでも幸せでいますように(^^)。

  173. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    良かった(T^T)
    みんなちゃんと幸せになった。

    左右馬と馨の出会いもわかったし
    鹿乃子ちゃんも
    自分の力を厭わないようになったし。

    かわいい恋物語の中にはさまれる
    謎解きも私好みでした。

    おもしろかったよ!

  174. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    「嘘を聞くことができる少女の物語」終幕。

    鹿乃子くんは相変わらずかわいく、
    左右馬センセイは相変わらず困った人で、
    でもとても温かく優しい時間が流れています。

    左右馬と馨、ふたりのこれまでも描かれ、
    ああ、こうして「これまで」が「今」へ
    「今」が「これから」へと
    繋がっていくのだなぁと感じました。

    いい感じに「世界がしっかりまとまった」大団円でした。

    みんながいつまでも幸せでいますように(^^)。

  175. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    抜群に素晴らしいシリーズだった。
    「嘘」という普遍的なキーワードを深くまで掘り下げ、練り込まれたシナリオと優しい風が吹くストーリー、そして何よりも魅力的なキャラクターたちをブレることなく描き続けたことに心から拍手を贈りたい。
    本当に心に残る作品になった。
    最後の二人の笑顔、最高だ。
    嬉しい。
    大好き。
    お疲れ様でした。
    /10巻は若干蛇足的というか、ピークを過ぎたあとに数話重ねる形だったのがちょこっと惜しい。
    そして重ね重ねですが、ミステリーとしてもツボを抑えたものになっていなたら、きっとブレイクをしていたと思う。
  176. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    良かった(T^T)
    みんなちゃんと幸せになった。

    左右馬と馨の出会いもわかったし
    鹿乃子ちゃんも
    自分の力を厭わないようになったし。

    かわいい恋物語の中にはさまれる
    謎解きも私好みでした。

    おもしろかったよ!

  177. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    最後どんな風にまとめるのかな~と思ってたけど、
    何か特別なことが起こるでもなく,ババーン!
    と何かが決着するわけでもない…この、まったりとした感じが二人らしいのかなと。

    嘘って実はそんな単純なもんじゃないし、本当のこと話してても言葉の行き違いが生じることもある~って知っている二人だけに、まっすぐに本当の気持ち伝えるのって、すごい勇気要るし怖いことだと思うんだけど…
    それでもストレートに想いを伝え合える二人はすごいと思った。
    信頼関係を絵に描いたような二人だった*

  178. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    良かった(T^T)
    みんなちゃんと幸せになった。

    左右馬と馨の出会いもわかったし
    鹿乃子ちゃんも
    自分の力を厭わないようになったし。

    かわいい恋物語の中にはさまれる
    謎解きも私好みでした。

    おもしろかったよ!

  179. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    「嘘を聞くことができる少女の物語」終幕。

    鹿乃子くんは相変わらずかわいく、
    左右馬センセイは相変わらず困った人で、
    でもとても温かく優しい時間が流れています。

    左右馬と馨、ふたりのこれまでも描かれ、
    ああ、こうして「これまで」が「今」へ
    「今」が「これから」へと
    繋がっていくのだなぁと感じました。

    いい感じに「世界がしっかりまとまった」大団円でした。

    みんながいつまでも幸せでいますように(^^)。

  180. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    抜群に素晴らしいシリーズだった。
    「嘘」という普遍的なキーワードを深くまで掘り下げ、練り込まれたシナリオと優しい風が吹くストーリー、そして何よりも魅力的なキャラクターたちをブレることなく描き続けたことに心から拍手を贈りたい。
    本当に心に残る作品になった。
    最後の二人の笑顔、最高だ。
    嬉しい。
    大好き。
    お疲れ様でした。
    /10巻は若干蛇足的というか、ピークを過ぎたあとに数話重ねる形だったのがちょこっと惜しい。
    そして重ね重ねですが、ミステリーとしてもツボを抑えたものになっていなたら、きっとブレイクをしていたと思う。
  181. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    抜群に素晴らしいシリーズだった。
    「嘘」という普遍的なキーワードを深くまで掘り下げ、練り込まれたシナリオと優しい風が吹くストーリー、そして何よりも魅力的なキャラクターたちをブレることなく描き続けたことに心から拍手を贈りたい。
    本当に心に残る作品になった。
    最後の二人の笑顔、最高だ。
    嬉しい。
    大好き。
    お疲れ様でした。
    /10巻は若干蛇足的というか、ピークを過ぎたあとに数話重ねる形だったのがちょこっと惜しい。
    そして重ね重ねですが、ミステリーとしてもツボを抑えたものになっていなたら、きっとブレイクをしていたと思う。
  182. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    良かった(T^T)
    みんなちゃんと幸せになった。

    左右馬と馨の出会いもわかったし
    鹿乃子ちゃんも
    自分の力を厭わないようになったし。

    かわいい恋物語の中にはさまれる
    謎解きも私好みでした。

    おもしろかったよ!

  183. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    「嘘を聞くことができる少女の物語」終幕。

    鹿乃子くんは相変わらずかわいく、
    左右馬センセイは相変わらず困った人で、
    でもとても温かく優しい時間が流れています。

    左右馬と馨、ふたりのこれまでも描かれ、
    ああ、こうして「これまで」が「今」へ
    「今」が「これから」へと
    繋がっていくのだなぁと感じました。

    いい感じに「世界がしっかりまとまった」大団円でした。

    みんながいつまでも幸せでいますように(^^)。

  184. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    ”「信じるのか?
    僕が本当に問題を盗み見ていないと
    何の証拠もないのに」
    「何を言っている
    友人を信じるのに証拠などいらぬと言ったのは 貴様ではないか」”

    完結!
    終わってしまった……。

    色々な嘘と、それに向き合う人たちの話、とても良かった。

  185. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    「嘘を聞くことができる少女の物語」終幕。

    鹿乃子くんは相変わらずかわいく、
    左右馬センセイは相変わらず困った人で、
    でもとても温かく優しい時間が流れています。

    左右馬と馨、ふたりのこれまでも描かれ、
    ああ、こうして「これまで」が「今」へ
    「今」が「これから」へと
    繋がっていくのだなぁと感じました。

    いい感じに「世界がしっかりまとまった」大団円でした。

    みんながいつまでも幸せでいますように(^^)。

  186. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    最後どんな風にまとめるのかな~と思ってたけど、
    何か特別なことが起こるでもなく,ババーン!
    と何かが決着するわけでもない…この、まったりとした感じが二人らしいのかなと。

    嘘って実はそんな単純なもんじゃないし、本当のこと話してても言葉の行き違いが生じることもある~って知っている二人だけに、まっすぐに本当の気持ち伝えるのって、すごい勇気要るし怖いことだと思うんだけど…
    それでもストレートに想いを伝え合える二人はすごいと思った。
    信頼関係を絵に描いたような二人だった*

  187. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    抜群に素晴らしいシリーズだった。
    「嘘」という普遍的なキーワードを深くまで掘り下げ、練り込まれたシナリオと優しい風が吹くストーリー、そして何よりも魅力的なキャラクターたちをブレることなく描き続けたことに心から拍手を贈りたい。
    本当に心に残る作品になった。
    最後の二人の笑顔、最高だ。
    嬉しい。
    大好き。
    お疲れ様でした。
    /10巻は若干蛇足的というか、ピークを過ぎたあとに数話重ねる形だったのがちょこっと惜しい。
    そして重ね重ねですが、ミステリーとしてもツボを抑えたものになっていなたら、きっとブレイクをしていたと思う。
  188. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    ”「信じるのか?
    僕が本当に問題を盗み見ていないと
    何の証拠もないのに」
    「何を言っている
    友人を信じるのに証拠などいらぬと言ったのは 貴様ではないか」”

    完結!
    終わってしまった……。

    色々な嘘と、それに向き合う人たちの話、とても良かった。

  189. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    良かった(T^T)
    みんなちゃんと幸せになった。

    左右馬と馨の出会いもわかったし
    鹿乃子ちゃんも
    自分の力を厭わないようになったし。

    かわいい恋物語の中にはさまれる
    謎解きも私好みでした。

    おもしろかったよ!

  190. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    「嘘を聞くことができる少女の物語」終幕。

    鹿乃子くんは相変わらずかわいく、
    左右馬センセイは相変わらず困った人で、
    でもとても温かく優しい時間が流れています。

    左右馬と馨、ふたりのこれまでも描かれ、
    ああ、こうして「これまで」が「今」へ
    「今」が「これから」へと
    繋がっていくのだなぁと感じました。

    いい感じに「世界がしっかりまとまった」大団円でした。

    みんながいつまでも幸せでいますように(^^)。

  191. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    「嘘を聞くことができる少女の物語」終幕。

    鹿乃子くんは相変わらずかわいく、
    左右馬センセイは相変わらず困った人で、
    でもとても温かく優しい時間が流れています。

    左右馬と馨、ふたりのこれまでも描かれ、
    ああ、こうして「これまで」が「今」へ
    「今」が「これから」へと
    繋がっていくのだなぁと感じました。

    いい感じに「世界がしっかりまとまった」大団円でした。

    みんながいつまでも幸せでいますように(^^)。

  192. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    ”「信じるのか?
    僕が本当に問題を盗み見ていないと
    何の証拠もないのに」
    「何を言っている
    友人を信じるのに証拠などいらぬと言ったのは 貴様ではないか」”

    完結!
    終わってしまった……。

    色々な嘘と、それに向き合う人たちの話、とても良かった。

  193. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    良かった(T^T)
    みんなちゃんと幸せになった。

    左右馬と馨の出会いもわかったし
    鹿乃子ちゃんも
    自分の力を厭わないようになったし。

    かわいい恋物語の中にはさまれる
    謎解きも私好みでした。

    おもしろかったよ!

  194. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    良かった(T^T)
    みんなちゃんと幸せになった。

    左右馬と馨の出会いもわかったし
    鹿乃子ちゃんも
    自分の力を厭わないようになったし。

    かわいい恋物語の中にはさまれる
    謎解きも私好みでした。

    おもしろかったよ!

  195. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    良かった(T^T)
    みんなちゃんと幸せになった。

    左右馬と馨の出会いもわかったし
    鹿乃子ちゃんも
    自分の力を厭わないようになったし。

    かわいい恋物語の中にはさまれる
    謎解きも私好みでした。

    おもしろかったよ!

  196. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    抜群に素晴らしいシリーズだった。
    「嘘」という普遍的なキーワードを深くまで掘り下げ、練り込まれたシナリオと優しい風が吹くストーリー、そして何よりも魅力的なキャラクターたちをブレることなく描き続けたことに心から拍手を贈りたい。
    本当に心に残る作品になった。
    最後の二人の笑顔、最高だ。
    嬉しい。
    大好き。
    お疲れ様でした。
    /10巻は若干蛇足的というか、ピークを過ぎたあとに数話重ねる形だったのがちょこっと惜しい。
    そして重ね重ねですが、ミステリーとしてもツボを抑えたものになっていなたら、きっとブレイクをしていたと思う。
  197. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    良かった(T^T)
    みんなちゃんと幸せになった。

    左右馬と馨の出会いもわかったし
    鹿乃子ちゃんも
    自分の力を厭わないようになったし。

    かわいい恋物語の中にはさまれる
    謎解きも私好みでした。

    おもしろかったよ!

  198. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    抜群に素晴らしいシリーズだった。
    「嘘」という普遍的なキーワードを深くまで掘り下げ、練り込まれたシナリオと優しい風が吹くストーリー、そして何よりも魅力的なキャラクターたちをブレることなく描き続けたことに心から拍手を贈りたい。
    本当に心に残る作品になった。
    最後の二人の笑顔、最高だ。
    嬉しい。
    大好き。
    お疲れ様でした。
    /10巻は若干蛇足的というか、ピークを過ぎたあとに数話重ねる形だったのがちょこっと惜しい。
    そして重ね重ねですが、ミステリーとしてもツボを抑えたものになっていなたら、きっとブレイクをしていたと思う。
  199. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    「嘘を聞くことができる少女の物語」終幕。

    鹿乃子くんは相変わらずかわいく、
    左右馬センセイは相変わらず困った人で、
    でもとても温かく優しい時間が流れています。

    左右馬と馨、ふたりのこれまでも描かれ、
    ああ、こうして「これまで」が「今」へ
    「今」が「これから」へと
    繋がっていくのだなぁと感じました。

    いい感じに「世界がしっかりまとまった」大団円でした。

    みんながいつまでも幸せでいますように(^^)。

  200. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    抜群に素晴らしいシリーズだった。
    「嘘」という普遍的なキーワードを深くまで掘り下げ、練り込まれたシナリオと優しい風が吹くストーリー、そして何よりも魅力的なキャラクターたちをブレることなく描き続けたことに心から拍手を贈りたい。
    本当に心に残る作品になった。
    最後の二人の笑顔、最高だ。
    嬉しい。
    大好き。
    お疲れ様でした。
    /10巻は若干蛇足的というか、ピークを過ぎたあとに数話重ねる形だったのがちょこっと惜しい。
    そして重ね重ねですが、ミステリーとしてもツボを抑えたものになっていなたら、きっとブレイクをしていたと思う。
  201. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    「嘘を聞くことができる少女の物語」終幕。

    鹿乃子くんは相変わらずかわいく、
    左右馬センセイは相変わらず困った人で、
    でもとても温かく優しい時間が流れています。

    左右馬と馨、ふたりのこれまでも描かれ、
    ああ、こうして「これまで」が「今」へ
    「今」が「これから」へと
    繋がっていくのだなぁと感じました。

    いい感じに「世界がしっかりまとまった」大団円でした。

    みんながいつまでも幸せでいますように(^^)。

  202. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    最後どんな風にまとめるのかな~と思ってたけど、
    何か特別なことが起こるでもなく,ババーン!
    と何かが決着するわけでもない…この、まったりとした感じが二人らしいのかなと。

    嘘って実はそんな単純なもんじゃないし、本当のこと話してても言葉の行き違いが生じることもある~って知っている二人だけに、まっすぐに本当の気持ち伝えるのって、すごい勇気要るし怖いことだと思うんだけど…
    それでもストレートに想いを伝え合える二人はすごいと思った。
    信頼関係を絵に描いたような二人だった*

  203. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    抜群に素晴らしいシリーズだった。
    「嘘」という普遍的なキーワードを深くまで掘り下げ、練り込まれたシナリオと優しい風が吹くストーリー、そして何よりも魅力的なキャラクターたちをブレることなく描き続けたことに心から拍手を贈りたい。
    本当に心に残る作品になった。
    最後の二人の笑顔、最高だ。
    嬉しい。
    大好き。
    お疲れ様でした。
    /10巻は若干蛇足的というか、ピークを過ぎたあとに数話重ねる形だったのがちょこっと惜しい。
    そして重ね重ねですが、ミステリーとしてもツボを抑えたものになっていなたら、きっとブレイクをしていたと思う。
  204. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    良かった(T^T)
    みんなちゃんと幸せになった。

    左右馬と馨の出会いもわかったし
    鹿乃子ちゃんも
    自分の力を厭わないようになったし。

    かわいい恋物語の中にはさまれる
    謎解きも私好みでした。

    おもしろかったよ!

  205. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    ”「信じるのか?
    僕が本当に問題を盗み見ていないと
    何の証拠もないのに」
    「何を言っている
    友人を信じるのに証拠などいらぬと言ったのは 貴様ではないか」”

    完結!
    終わってしまった……。

    色々な嘘と、それに向き合う人たちの話、とても良かった。

  206. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    ”「信じるのか?
    僕が本当に問題を盗み見ていないと
    何の証拠もないのに」
    「何を言っている
    友人を信じるのに証拠などいらぬと言ったのは 貴様ではないか」”

    完結!
    終わってしまった……。

    色々な嘘と、それに向き合う人たちの話、とても良かった。

  207. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    ”「信じるのか?
    僕が本当に問題を盗み見ていないと
    何の証拠もないのに」
    「何を言っている
    友人を信じるのに証拠などいらぬと言ったのは 貴様ではないか」”

    完結!
    終わってしまった……。

    色々な嘘と、それに向き合う人たちの話、とても良かった。

  208. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    抜群に素晴らしいシリーズだった。
    「嘘」という普遍的なキーワードを深くまで掘り下げ、練り込まれたシナリオと優しい風が吹くストーリー、そして何よりも魅力的なキャラクターたちをブレることなく描き続けたことに心から拍手を贈りたい。
    本当に心に残る作品になった。
    最後の二人の笑顔、最高だ。
    嬉しい。
    大好き。
    お疲れ様でした。
    /10巻は若干蛇足的というか、ピークを過ぎたあとに数話重ねる形だったのがちょこっと惜しい。
    そして重ね重ねですが、ミステリーとしてもツボを抑えたものになっていなたら、きっとブレイクをしていたと思う。
  209. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    「嘘を聞くことができる少女の物語」終幕。

    鹿乃子くんは相変わらずかわいく、
    左右馬センセイは相変わらず困った人で、
    でもとても温かく優しい時間が流れています。

    左右馬と馨、ふたりのこれまでも描かれ、
    ああ、こうして「これまで」が「今」へ
    「今」が「これから」へと
    繋がっていくのだなぁと感じました。

    いい感じに「世界がしっかりまとまった」大団円でした。

    みんながいつまでも幸せでいますように(^^)。

  210. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    良かった(T^T)
    みんなちゃんと幸せになった。

    左右馬と馨の出会いもわかったし
    鹿乃子ちゃんも
    自分の力を厭わないようになったし。

    かわいい恋物語の中にはさまれる
    謎解きも私好みでした。

    おもしろかったよ!

  211. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    ”「信じるのか?
    僕が本当に問題を盗み見ていないと
    何の証拠もないのに」
    「何を言っている
    友人を信じるのに証拠などいらぬと言ったのは 貴様ではないか」”

    完結!
    終わってしまった……。

    色々な嘘と、それに向き合う人たちの話、とても良かった。

  212. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    ”「信じるのか?
    僕が本当に問題を盗み見ていないと
    何の証拠もないのに」
    「何を言っている
    友人を信じるのに証拠などいらぬと言ったのは 貴様ではないか」”

    完結!
    終わってしまった……。

    色々な嘘と、それに向き合う人たちの話、とても良かった。

  213. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    抜群に素晴らしいシリーズだった。
    「嘘」という普遍的なキーワードを深くまで掘り下げ、練り込まれたシナリオと優しい風が吹くストーリー、そして何よりも魅力的なキャラクターたちをブレることなく描き続けたことに心から拍手を贈りたい。
    本当に心に残る作品になった。
    最後の二人の笑顔、最高だ。
    嬉しい。
    大好き。
    お疲れ様でした。
    /10巻は若干蛇足的というか、ピークを過ぎたあとに数話重ねる形だったのがちょこっと惜しい。
    そして重ね重ねですが、ミステリーとしてもツボを抑えたものになっていなたら、きっとブレイクをしていたと思う。
  214. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    「嘘を聞くことができる少女の物語」終幕。

    鹿乃子くんは相変わらずかわいく、
    左右馬センセイは相変わらず困った人で、
    でもとても温かく優しい時間が流れています。

    左右馬と馨、ふたりのこれまでも描かれ、
    ああ、こうして「これまで」が「今」へ
    「今」が「これから」へと
    繋がっていくのだなぁと感じました。

    いい感じに「世界がしっかりまとまった」大団円でした。

    みんながいつまでも幸せでいますように(^^)。

  215. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    抜群に素晴らしいシリーズだった。
    「嘘」という普遍的なキーワードを深くまで掘り下げ、練り込まれたシナリオと優しい風が吹くストーリー、そして何よりも魅力的なキャラクターたちをブレることなく描き続けたことに心から拍手を贈りたい。
    本当に心に残る作品になった。
    最後の二人の笑顔、最高だ。
    嬉しい。
    大好き。
    お疲れ様でした。
    /10巻は若干蛇足的というか、ピークを過ぎたあとに数話重ねる形だったのがちょこっと惜しい。
    そして重ね重ねですが、ミステリーとしてもツボを抑えたものになっていなたら、きっとブレイクをしていたと思う。
  216. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    最後どんな風にまとめるのかな~と思ってたけど、
    何か特別なことが起こるでもなく,ババーン!
    と何かが決着するわけでもない…この、まったりとした感じが二人らしいのかなと。

    嘘って実はそんな単純なもんじゃないし、本当のこと話してても言葉の行き違いが生じることもある~って知っている二人だけに、まっすぐに本当の気持ち伝えるのって、すごい勇気要るし怖いことだと思うんだけど…
    それでもストレートに想いを伝え合える二人はすごいと思った。
    信頼関係を絵に描いたような二人だった*

  217. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    ”「信じるのか?
    僕が本当に問題を盗み見ていないと
    何の証拠もないのに」
    「何を言っている
    友人を信じるのに証拠などいらぬと言ったのは 貴様ではないか」”

    完結!
    終わってしまった……。

    色々な嘘と、それに向き合う人たちの話、とても良かった。

  218. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    最後どんな風にまとめるのかな~と思ってたけど、
    何か特別なことが起こるでもなく,ババーン!
    と何かが決着するわけでもない…この、まったりとした感じが二人らしいのかなと。

    嘘って実はそんな単純なもんじゃないし、本当のこと話してても言葉の行き違いが生じることもある~って知っている二人だけに、まっすぐに本当の気持ち伝えるのって、すごい勇気要るし怖いことだと思うんだけど…
    それでもストレートに想いを伝え合える二人はすごいと思った。
    信頼関係を絵に描いたような二人だった*

  219. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    「嘘を聞くことができる少女の物語」終幕。

    鹿乃子くんは相変わらずかわいく、
    左右馬センセイは相変わらず困った人で、
    でもとても温かく優しい時間が流れています。

    左右馬と馨、ふたりのこれまでも描かれ、
    ああ、こうして「これまで」が「今」へ
    「今」が「これから」へと
    繋がっていくのだなぁと感じました。

    いい感じに「世界がしっかりまとまった」大団円でした。

    みんながいつまでも幸せでいますように(^^)。

  220. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    「嘘を聞くことができる少女の物語」終幕。

    鹿乃子くんは相変わらずかわいく、
    左右馬センセイは相変わらず困った人で、
    でもとても温かく優しい時間が流れています。

    左右馬と馨、ふたりのこれまでも描かれ、
    ああ、こうして「これまで」が「今」へ
    「今」が「これから」へと
    繋がっていくのだなぁと感じました。

    いい感じに「世界がしっかりまとまった」大団円でした。

    みんながいつまでも幸せでいますように(^^)。

  221. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    最後どんな風にまとめるのかな~と思ってたけど、
    何か特別なことが起こるでもなく,ババーン!
    と何かが決着するわけでもない…この、まったりとした感じが二人らしいのかなと。

    嘘って実はそんな単純なもんじゃないし、本当のこと話してても言葉の行き違いが生じることもある~って知っている二人だけに、まっすぐに本当の気持ち伝えるのって、すごい勇気要るし怖いことだと思うんだけど…
    それでもストレートに想いを伝え合える二人はすごいと思った。
    信頼関係を絵に描いたような二人だった*

  222. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    良かった(T^T)
    みんなちゃんと幸せになった。

    左右馬と馨の出会いもわかったし
    鹿乃子ちゃんも
    自分の力を厭わないようになったし。

    かわいい恋物語の中にはさまれる
    謎解きも私好みでした。

    おもしろかったよ!

  223. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    ”「信じるのか?
    僕が本当に問題を盗み見ていないと
    何の証拠もないのに」
    「何を言っている
    友人を信じるのに証拠などいらぬと言ったのは 貴様ではないか」”

    完結!
    終わってしまった……。

    色々な嘘と、それに向き合う人たちの話、とても良かった。

  224. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    抜群に素晴らしいシリーズだった。
    「嘘」という普遍的なキーワードを深くまで掘り下げ、練り込まれたシナリオと優しい風が吹くストーリー、そして何よりも魅力的なキャラクターたちをブレることなく描き続けたことに心から拍手を贈りたい。
    本当に心に残る作品になった。
    最後の二人の笑顔、最高だ。
    嬉しい。
    大好き。
    お疲れ様でした。
    /10巻は若干蛇足的というか、ピークを過ぎたあとに数話重ねる形だったのがちょこっと惜しい。
    そして重ね重ねですが、ミステリーとしてもツボを抑えたものになっていなたら、きっとブレイクをしていたと思う。
  225. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    抜群に素晴らしいシリーズだった。
    「嘘」という普遍的なキーワードを深くまで掘り下げ、練り込まれたシナリオと優しい風が吹くストーリー、そして何よりも魅力的なキャラクターたちをブレることなく描き続けたことに心から拍手を贈りたい。
    本当に心に残る作品になった。
    最後の二人の笑顔、最高だ。
    嬉しい。
    大好き。
    お疲れ様でした。
    /10巻は若干蛇足的というか、ピークを過ぎたあとに数話重ねる形だったのがちょこっと惜しい。
    そして重ね重ねですが、ミステリーとしてもツボを抑えたものになっていなたら、きっとブレイクをしていたと思う。
  226. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    ”「信じるのか?
    僕が本当に問題を盗み見ていないと
    何の証拠もないのに」
    「何を言っている
    友人を信じるのに証拠などいらぬと言ったのは 貴様ではないか」”

    完結!
    終わってしまった……。

    色々な嘘と、それに向き合う人たちの話、とても良かった。

  227. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    最後どんな風にまとめるのかな~と思ってたけど、
    何か特別なことが起こるでもなく,ババーン!
    と何かが決着するわけでもない…この、まったりとした感じが二人らしいのかなと。

    嘘って実はそんな単純なもんじゃないし、本当のこと話してても言葉の行き違いが生じることもある~って知っている二人だけに、まっすぐに本当の気持ち伝えるのって、すごい勇気要るし怖いことだと思うんだけど…
    それでもストレートに想いを伝え合える二人はすごいと思った。
    信頼関係を絵に描いたような二人だった*

  228. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    最後どんな風にまとめるのかな~と思ってたけど、
    何か特別なことが起こるでもなく,ババーン!
    と何かが決着するわけでもない…この、まったりとした感じが二人らしいのかなと。

    嘘って実はそんな単純なもんじゃないし、本当のこと話してても言葉の行き違いが生じることもある~って知っている二人だけに、まっすぐに本当の気持ち伝えるのって、すごい勇気要るし怖いことだと思うんだけど…
    それでもストレートに想いを伝え合える二人はすごいと思った。
    信頼関係を絵に描いたような二人だった*

  229. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    抜群に素晴らしいシリーズだった。
    「嘘」という普遍的なキーワードを深くまで掘り下げ、練り込まれたシナリオと優しい風が吹くストーリー、そして何よりも魅力的なキャラクターたちをブレることなく描き続けたことに心から拍手を贈りたい。
    本当に心に残る作品になった。
    最後の二人の笑顔、最高だ。
    嬉しい。
    大好き。
    お疲れ様でした。
    /10巻は若干蛇足的というか、ピークを過ぎたあとに数話重ねる形だったのがちょこっと惜しい。
    そして重ね重ねですが、ミステリーとしてもツボを抑えたものになっていなたら、きっとブレイクをしていたと思う。
  230. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    ”「信じるのか?
    僕が本当に問題を盗み見ていないと
    何の証拠もないのに」
    「何を言っている
    友人を信じるのに証拠などいらぬと言ったのは 貴様ではないか」”

    完結!
    終わってしまった……。

    色々な嘘と、それに向き合う人たちの話、とても良かった。

  231. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    良かった(T^T)
    みんなちゃんと幸せになった。

    左右馬と馨の出会いもわかったし
    鹿乃子ちゃんも
    自分の力を厭わないようになったし。

    かわいい恋物語の中にはさまれる
    謎解きも私好みでした。

    おもしろかったよ!

  232. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    最後どんな風にまとめるのかな~と思ってたけど、
    何か特別なことが起こるでもなく,ババーン!
    と何かが決着するわけでもない…この、まったりとした感じが二人らしいのかなと。

    嘘って実はそんな単純なもんじゃないし、本当のこと話してても言葉の行き違いが生じることもある~って知っている二人だけに、まっすぐに本当の気持ち伝えるのって、すごい勇気要るし怖いことだと思うんだけど…
    それでもストレートに想いを伝え合える二人はすごいと思った。
    信頼関係を絵に描いたような二人だった*

  233. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    最後どんな風にまとめるのかな~と思ってたけど、
    何か特別なことが起こるでもなく,ババーン!
    と何かが決着するわけでもない…この、まったりとした感じが二人らしいのかなと。

    嘘って実はそんな単純なもんじゃないし、本当のこと話してても言葉の行き違いが生じることもある~って知っている二人だけに、まっすぐに本当の気持ち伝えるのって、すごい勇気要るし怖いことだと思うんだけど…
    それでもストレートに想いを伝え合える二人はすごいと思った。
    信頼関係を絵に描いたような二人だった*

  234. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    良かった(T^T)
    みんなちゃんと幸せになった。

    左右馬と馨の出会いもわかったし
    鹿乃子ちゃんも
    自分の力を厭わないようになったし。

    かわいい恋物語の中にはさまれる
    謎解きも私好みでした。

    おもしろかったよ!

  235. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    最後どんな風にまとめるのかな~と思ってたけど、
    何か特別なことが起こるでもなく,ババーン!
    と何かが決着するわけでもない…この、まったりとした感じが二人らしいのかなと。

    嘘って実はそんな単純なもんじゃないし、本当のこと話してても言葉の行き違いが生じることもある~って知っている二人だけに、まっすぐに本当の気持ち伝えるのって、すごい勇気要るし怖いことだと思うんだけど…
    それでもストレートに想いを伝え合える二人はすごいと思った。
    信頼関係を絵に描いたような二人だった*

  236. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    ”「信じるのか?
    僕が本当に問題を盗み見ていないと
    何の証拠もないのに」
    「何を言っている
    友人を信じるのに証拠などいらぬと言ったのは 貴様ではないか」”

    完結!
    終わってしまった……。

    色々な嘘と、それに向き合う人たちの話、とても良かった。

  237. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    「嘘を聞くことができる少女の物語」終幕。

    鹿乃子くんは相変わらずかわいく、
    左右馬センセイは相変わらず困った人で、
    でもとても温かく優しい時間が流れています。

    左右馬と馨、ふたりのこれまでも描かれ、
    ああ、こうして「これまで」が「今」へ
    「今」が「これから」へと
    繋がっていくのだなぁと感じました。

    いい感じに「世界がしっかりまとまった」大団円でした。

    みんながいつまでも幸せでいますように(^^)。

  238. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    抜群に素晴らしいシリーズだった。
    「嘘」という普遍的なキーワードを深くまで掘り下げ、練り込まれたシナリオと優しい風が吹くストーリー、そして何よりも魅力的なキャラクターたちをブレることなく描き続けたことに心から拍手を贈りたい。
    本当に心に残る作品になった。
    最後の二人の笑顔、最高だ。
    嬉しい。
    大好き。
    お疲れ様でした。
    /10巻は若干蛇足的というか、ピークを過ぎたあとに数話重ねる形だったのがちょこっと惜しい。
    そして重ね重ねですが、ミステリーとしてもツボを抑えたものになっていなたら、きっとブレイクをしていたと思う。
  239. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    「嘘を聞くことができる少女の物語」終幕。

    鹿乃子くんは相変わらずかわいく、
    左右馬センセイは相変わらず困った人で、
    でもとても温かく優しい時間が流れています。

    左右馬と馨、ふたりのこれまでも描かれ、
    ああ、こうして「これまで」が「今」へ
    「今」が「これから」へと
    繋がっていくのだなぁと感じました。

    いい感じに「世界がしっかりまとまった」大団円でした。

    みんながいつまでも幸せでいますように(^^)。

  240. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    抜群に素晴らしいシリーズだった。
    「嘘」という普遍的なキーワードを深くまで掘り下げ、練り込まれたシナリオと優しい風が吹くストーリー、そして何よりも魅力的なキャラクターたちをブレることなく描き続けたことに心から拍手を贈りたい。
    本当に心に残る作品になった。
    最後の二人の笑顔、最高だ。
    嬉しい。
    大好き。
    お疲れ様でした。
    /10巻は若干蛇足的というか、ピークを過ぎたあとに数話重ねる形だったのがちょこっと惜しい。
    そして重ね重ねですが、ミステリーとしてもツボを抑えたものになっていなたら、きっとブレイクをしていたと思う。
  241. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    最後どんな風にまとめるのかな~と思ってたけど、
    何か特別なことが起こるでもなく,ババーン!
    と何かが決着するわけでもない…この、まったりとした感じが二人らしいのかなと。

    嘘って実はそんな単純なもんじゃないし、本当のこと話してても言葉の行き違いが生じることもある~って知っている二人だけに、まっすぐに本当の気持ち伝えるのって、すごい勇気要るし怖いことだと思うんだけど…
    それでもストレートに想いを伝え合える二人はすごいと思った。
    信頼関係を絵に描いたような二人だった*

  242. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    良かった(T^T)
    みんなちゃんと幸せになった。

    左右馬と馨の出会いもわかったし
    鹿乃子ちゃんも
    自分の力を厭わないようになったし。

    かわいい恋物語の中にはさまれる
    謎解きも私好みでした。

    おもしろかったよ!

  243. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    良かった(T^T)
    みんなちゃんと幸せになった。

    左右馬と馨の出会いもわかったし
    鹿乃子ちゃんも
    自分の力を厭わないようになったし。

    かわいい恋物語の中にはさまれる
    謎解きも私好みでした。

    おもしろかったよ!

  244. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    ”「信じるのか?
    僕が本当に問題を盗み見ていないと
    何の証拠もないのに」
    「何を言っている
    友人を信じるのに証拠などいらぬと言ったのは 貴様ではないか」”

    完結!
    終わってしまった……。

    色々な嘘と、それに向き合う人たちの話、とても良かった。

  245. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    抜群に素晴らしいシリーズだった。
    「嘘」という普遍的なキーワードを深くまで掘り下げ、練り込まれたシナリオと優しい風が吹くストーリー、そして何よりも魅力的なキャラクターたちをブレることなく描き続けたことに心から拍手を贈りたい。
    本当に心に残る作品になった。
    最後の二人の笑顔、最高だ。
    嬉しい。
    大好き。
    お疲れ様でした。
    /10巻は若干蛇足的というか、ピークを過ぎたあとに数話重ねる形だったのがちょこっと惜しい。
    そして重ね重ねですが、ミステリーとしてもツボを抑えたものになっていなたら、きっとブレイクをしていたと思う。
  246. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    最後どんな風にまとめるのかな~と思ってたけど、
    何か特別なことが起こるでもなく,ババーン!
    と何かが決着するわけでもない…この、まったりとした感じが二人らしいのかなと。

    嘘って実はそんな単純なもんじゃないし、本当のこと話してても言葉の行き違いが生じることもある~って知っている二人だけに、まっすぐに本当の気持ち伝えるのって、すごい勇気要るし怖いことだと思うんだけど…
    それでもストレートに想いを伝え合える二人はすごいと思った。
    信頼関係を絵に描いたような二人だった*

  247. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    良かった(T^T)
    みんなちゃんと幸せになった。

    左右馬と馨の出会いもわかったし
    鹿乃子ちゃんも
    自分の力を厭わないようになったし。

    かわいい恋物語の中にはさまれる
    謎解きも私好みでした。

    おもしろかったよ!

  248. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    ”「信じるのか?
    僕が本当に問題を盗み見ていないと
    何の証拠もないのに」
    「何を言っている
    友人を信じるのに証拠などいらぬと言ったのは 貴様ではないか」”

    完結!
    終わってしまった……。

    色々な嘘と、それに向き合う人たちの話、とても良かった。

  249. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    抜群に素晴らしいシリーズだった。
    「嘘」という普遍的なキーワードを深くまで掘り下げ、練り込まれたシナリオと優しい風が吹くストーリー、そして何よりも魅力的なキャラクターたちをブレることなく描き続けたことに心から拍手を贈りたい。
    本当に心に残る作品になった。
    最後の二人の笑顔、最高だ。
    嬉しい。
    大好き。
    お疲れ様でした。
    /10巻は若干蛇足的というか、ピークを過ぎたあとに数話重ねる形だったのがちょこっと惜しい。
    そして重ね重ねですが、ミステリーとしてもツボを抑えたものになっていなたら、きっとブレイクをしていたと思う。
  250. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    最後どんな風にまとめるのかな~と思ってたけど、
    何か特別なことが起こるでもなく,ババーン!
    と何かが決着するわけでもない…この、まったりとした感じが二人らしいのかなと。

    嘘って実はそんな単純なもんじゃないし、本当のこと話してても言葉の行き違いが生じることもある~って知っている二人だけに、まっすぐに本当の気持ち伝えるのって、すごい勇気要るし怖いことだと思うんだけど…
    それでもストレートに想いを伝え合える二人はすごいと思った。
    信頼関係を絵に描いたような二人だった*

  251. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    最後どんな風にまとめるのかな~と思ってたけど、
    何か特別なことが起こるでもなく,ババーン!
    と何かが決着するわけでもない…この、まったりとした感じが二人らしいのかなと。

    嘘って実はそんな単純なもんじゃないし、本当のこと話してても言葉の行き違いが生じることもある~って知っている二人だけに、まっすぐに本当の気持ち伝えるのって、すごい勇気要るし怖いことだと思うんだけど…
    それでもストレートに想いを伝え合える二人はすごいと思った。
    信頼関係を絵に描いたような二人だった*

  252. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    ”「信じるのか?
    僕が本当に問題を盗み見ていないと
    何の証拠もないのに」
    「何を言っている
    友人を信じるのに証拠などいらぬと言ったのは 貴様ではないか」”

    完結!
    終わってしまった……。

    色々な嘘と、それに向き合う人たちの話、とても良かった。

  253. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    「嘘を聞くことができる少女の物語」終幕。

    鹿乃子くんは相変わらずかわいく、
    左右馬センセイは相変わらず困った人で、
    でもとても温かく優しい時間が流れています。

    左右馬と馨、ふたりのこれまでも描かれ、
    ああ、こうして「これまで」が「今」へ
    「今」が「これから」へと
    繋がっていくのだなぁと感じました。

    いい感じに「世界がしっかりまとまった」大団円でした。

    みんながいつまでも幸せでいますように(^^)。

  254. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    ”「信じるのか?
    僕が本当に問題を盗み見ていないと
    何の証拠もないのに」
    「何を言っている
    友人を信じるのに証拠などいらぬと言ったのは 貴様ではないか」”

    完結!
    終わってしまった……。

    色々な嘘と、それに向き合う人たちの話、とても良かった。

  255. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    良かった(T^T)
    みんなちゃんと幸せになった。

    左右馬と馨の出会いもわかったし
    鹿乃子ちゃんも
    自分の力を厭わないようになったし。

    かわいい恋物語の中にはさまれる
    謎解きも私好みでした。

    おもしろかったよ!

  256. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    最後どんな風にまとめるのかな~と思ってたけど、
    何か特別なことが起こるでもなく,ババーン!
    と何かが決着するわけでもない…この、まったりとした感じが二人らしいのかなと。

    嘘って実はそんな単純なもんじゃないし、本当のこと話してても言葉の行き違いが生じることもある~って知っている二人だけに、まっすぐに本当の気持ち伝えるのって、すごい勇気要るし怖いことだと思うんだけど…
    それでもストレートに想いを伝え合える二人はすごいと思った。
    信頼関係を絵に描いたような二人だった*

  257. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    ”「信じるのか?
    僕が本当に問題を盗み見ていないと
    何の証拠もないのに」
    「何を言っている
    友人を信じるのに証拠などいらぬと言ったのは 貴様ではないか」”

    完結!
    終わってしまった……。

    色々な嘘と、それに向き合う人たちの話、とても良かった。

  258. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    「嘘を聞くことができる少女の物語」終幕。

    鹿乃子くんは相変わらずかわいく、
    左右馬センセイは相変わらず困った人で、
    でもとても温かく優しい時間が流れています。

    左右馬と馨、ふたりのこれまでも描かれ、
    ああ、こうして「これまで」が「今」へ
    「今」が「これから」へと
    繋がっていくのだなぁと感じました。

    いい感じに「世界がしっかりまとまった」大団円でした。

    みんながいつまでも幸せでいますように(^^)。

  259. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    最後どんな風にまとめるのかな~と思ってたけど、
    何か特別なことが起こるでもなく,ババーン!
    と何かが決着するわけでもない…この、まったりとした感じが二人らしいのかなと。

    嘘って実はそんな単純なもんじゃないし、本当のこと話してても言葉の行き違いが生じることもある~って知っている二人だけに、まっすぐに本当の気持ち伝えるのって、すごい勇気要るし怖いことだと思うんだけど…
    それでもストレートに想いを伝え合える二人はすごいと思った。
    信頼関係を絵に描いたような二人だった*

  260. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    「嘘を聞くことができる少女の物語」終幕。

    鹿乃子くんは相変わらずかわいく、
    左右馬センセイは相変わらず困った人で、
    でもとても温かく優しい時間が流れています。

    左右馬と馨、ふたりのこれまでも描かれ、
    ああ、こうして「これまで」が「今」へ
    「今」が「これから」へと
    繋がっていくのだなぁと感じました。

    いい感じに「世界がしっかりまとまった」大団円でした。

    みんながいつまでも幸せでいますように(^^)。

  261. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    良かった(T^T)
    みんなちゃんと幸せになった。

    左右馬と馨の出会いもわかったし
    鹿乃子ちゃんも
    自分の力を厭わないようになったし。

    かわいい恋物語の中にはさまれる
    謎解きも私好みでした。

    おもしろかったよ!

  262. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    良かった(T^T)
    みんなちゃんと幸せになった。

    左右馬と馨の出会いもわかったし
    鹿乃子ちゃんも
    自分の力を厭わないようになったし。

    かわいい恋物語の中にはさまれる
    謎解きも私好みでした。

    おもしろかったよ!

  263. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    良かった(T^T)
    みんなちゃんと幸せになった。

    左右馬と馨の出会いもわかったし
    鹿乃子ちゃんも
    自分の力を厭わないようになったし。

    かわいい恋物語の中にはさまれる
    謎解きも私好みでした。

    おもしろかったよ!

  264. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    良かった(T^T)
    みんなちゃんと幸せになった。

    左右馬と馨の出会いもわかったし
    鹿乃子ちゃんも
    自分の力を厭わないようになったし。

    かわいい恋物語の中にはさまれる
    謎解きも私好みでした。

    おもしろかったよ!

  265. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    最後どんな風にまとめるのかな~と思ってたけど、
    何か特別なことが起こるでもなく,ババーン!
    と何かが決着するわけでもない…この、まったりとした感じが二人らしいのかなと。

    嘘って実はそんな単純なもんじゃないし、本当のこと話してても言葉の行き違いが生じることもある~って知っている二人だけに、まっすぐに本当の気持ち伝えるのって、すごい勇気要るし怖いことだと思うんだけど…
    それでもストレートに想いを伝え合える二人はすごいと思った。
    信頼関係を絵に描いたような二人だった*

  266. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    抜群に素晴らしいシリーズだった。
    「嘘」という普遍的なキーワードを深くまで掘り下げ、練り込まれたシナリオと優しい風が吹くストーリー、そして何よりも魅力的なキャラクターたちをブレることなく描き続けたことに心から拍手を贈りたい。
    本当に心に残る作品になった。
    最後の二人の笑顔、最高だ。
    嬉しい。
    大好き。
    お疲れ様でした。
    /10巻は若干蛇足的というか、ピークを過ぎたあとに数話重ねる形だったのがちょこっと惜しい。
    そして重ね重ねですが、ミステリーとしてもツボを抑えたものになっていなたら、きっとブレイクをしていたと思う。
  267. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    良かった(T^T)
    みんなちゃんと幸せになった。

    左右馬と馨の出会いもわかったし
    鹿乃子ちゃんも
    自分の力を厭わないようになったし。

    かわいい恋物語の中にはさまれる
    謎解きも私好みでした。

    おもしろかったよ!

  268. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    最後どんな風にまとめるのかな~と思ってたけど、
    何か特別なことが起こるでもなく,ババーン!
    と何かが決着するわけでもない…この、まったりとした感じが二人らしいのかなと。

    嘘って実はそんな単純なもんじゃないし、本当のこと話してても言葉の行き違いが生じることもある~って知っている二人だけに、まっすぐに本当の気持ち伝えるのって、すごい勇気要るし怖いことだと思うんだけど…
    それでもストレートに想いを伝え合える二人はすごいと思った。
    信頼関係を絵に描いたような二人だった*

  269. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    「嘘を聞くことができる少女の物語」終幕。

    鹿乃子くんは相変わらずかわいく、
    左右馬センセイは相変わらず困った人で、
    でもとても温かく優しい時間が流れています。

    左右馬と馨、ふたりのこれまでも描かれ、
    ああ、こうして「これまで」が「今」へ
    「今」が「これから」へと
    繋がっていくのだなぁと感じました。

    いい感じに「世界がしっかりまとまった」大団円でした。

    みんながいつまでも幸せでいますように(^^)。

  270. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    最後どんな風にまとめるのかな~と思ってたけど、
    何か特別なことが起こるでもなく,ババーン!
    と何かが決着するわけでもない…この、まったりとした感じが二人らしいのかなと。

    嘘って実はそんな単純なもんじゃないし、本当のこと話してても言葉の行き違いが生じることもある~って知っている二人だけに、まっすぐに本当の気持ち伝えるのって、すごい勇気要るし怖いことだと思うんだけど…
    それでもストレートに想いを伝え合える二人はすごいと思った。
    信頼関係を絵に描いたような二人だった*

  271. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    抜群に素晴らしいシリーズだった。
    「嘘」という普遍的なキーワードを深くまで掘り下げ、練り込まれたシナリオと優しい風が吹くストーリー、そして何よりも魅力的なキャラクターたちをブレることなく描き続けたことに心から拍手を贈りたい。
    本当に心に残る作品になった。
    最後の二人の笑顔、最高だ。
    嬉しい。
    大好き。
    お疲れ様でした。
    /10巻は若干蛇足的というか、ピークを過ぎたあとに数話重ねる形だったのがちょこっと惜しい。
    そして重ね重ねですが、ミステリーとしてもツボを抑えたものになっていなたら、きっとブレイクをしていたと思う。
  272. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    抜群に素晴らしいシリーズだった。
    「嘘」という普遍的なキーワードを深くまで掘り下げ、練り込まれたシナリオと優しい風が吹くストーリー、そして何よりも魅力的なキャラクターたちをブレることなく描き続けたことに心から拍手を贈りたい。
    本当に心に残る作品になった。
    最後の二人の笑顔、最高だ。
    嬉しい。
    大好き。
    お疲れ様でした。
    /10巻は若干蛇足的というか、ピークを過ぎたあとに数話重ねる形だったのがちょこっと惜しい。
    そして重ね重ねですが、ミステリーとしてもツボを抑えたものになっていなたら、きっとブレイクをしていたと思う。
  273. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    ”「信じるのか?
    僕が本当に問題を盗み見ていないと
    何の証拠もないのに」
    「何を言っている
    友人を信じるのに証拠などいらぬと言ったのは 貴様ではないか」”

    完結!
    終わってしまった……。

    色々な嘘と、それに向き合う人たちの話、とても良かった。

  274. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    良かった(T^T)
    みんなちゃんと幸せになった。

    左右馬と馨の出会いもわかったし
    鹿乃子ちゃんも
    自分の力を厭わないようになったし。

    かわいい恋物語の中にはさまれる
    謎解きも私好みでした。

    おもしろかったよ!

  275. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    良かった(T^T)
    みんなちゃんと幸せになった。

    左右馬と馨の出会いもわかったし
    鹿乃子ちゃんも
    自分の力を厭わないようになったし。

    かわいい恋物語の中にはさまれる
    謎解きも私好みでした。

    おもしろかったよ!

  276. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    ”「信じるのか?
    僕が本当に問題を盗み見ていないと
    何の証拠もないのに」
    「何を言っている
    友人を信じるのに証拠などいらぬと言ったのは 貴様ではないか」”

    完結!
    終わってしまった……。

    色々な嘘と、それに向き合う人たちの話、とても良かった。

  277. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    「嘘を聞くことができる少女の物語」終幕。

    鹿乃子くんは相変わらずかわいく、
    左右馬センセイは相変わらず困った人で、
    でもとても温かく優しい時間が流れています。

    左右馬と馨、ふたりのこれまでも描かれ、
    ああ、こうして「これまで」が「今」へ
    「今」が「これから」へと
    繋がっていくのだなぁと感じました。

    いい感じに「世界がしっかりまとまった」大団円でした。

    みんながいつまでも幸せでいますように(^^)。

  278. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    最後どんな風にまとめるのかな~と思ってたけど、
    何か特別なことが起こるでもなく,ババーン!
    と何かが決着するわけでもない…この、まったりとした感じが二人らしいのかなと。

    嘘って実はそんな単純なもんじゃないし、本当のこと話してても言葉の行き違いが生じることもある~って知っている二人だけに、まっすぐに本当の気持ち伝えるのって、すごい勇気要るし怖いことだと思うんだけど…
    それでもストレートに想いを伝え合える二人はすごいと思った。
    信頼関係を絵に描いたような二人だった*

  279. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    最後どんな風にまとめるのかな~と思ってたけど、
    何か特別なことが起こるでもなく,ババーン!
    と何かが決着するわけでもない…この、まったりとした感じが二人らしいのかなと。

    嘘って実はそんな単純なもんじゃないし、本当のこと話してても言葉の行き違いが生じることもある~って知っている二人だけに、まっすぐに本当の気持ち伝えるのって、すごい勇気要るし怖いことだと思うんだけど…
    それでもストレートに想いを伝え合える二人はすごいと思った。
    信頼関係を絵に描いたような二人だった*

  280. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    抜群に素晴らしいシリーズだった。
    「嘘」という普遍的なキーワードを深くまで掘り下げ、練り込まれたシナリオと優しい風が吹くストーリー、そして何よりも魅力的なキャラクターたちをブレることなく描き続けたことに心から拍手を贈りたい。
    本当に心に残る作品になった。
    最後の二人の笑顔、最高だ。
    嬉しい。
    大好き。
    お疲れ様でした。
    /10巻は若干蛇足的というか、ピークを過ぎたあとに数話重ねる形だったのがちょこっと惜しい。
    そして重ね重ねですが、ミステリーとしてもツボを抑えたものになっていなたら、きっとブレイクをしていたと思う。
  281. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    「嘘を聞くことができる少女の物語」終幕。

    鹿乃子くんは相変わらずかわいく、
    左右馬センセイは相変わらず困った人で、
    でもとても温かく優しい時間が流れています。

    左右馬と馨、ふたりのこれまでも描かれ、
    ああ、こうして「これまで」が「今」へ
    「今」が「これから」へと
    繋がっていくのだなぁと感じました。

    いい感じに「世界がしっかりまとまった」大団円でした。

    みんながいつまでも幸せでいますように(^^)。

  282. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    良かった(T^T)
    みんなちゃんと幸せになった。

    左右馬と馨の出会いもわかったし
    鹿乃子ちゃんも
    自分の力を厭わないようになったし。

    かわいい恋物語の中にはさまれる
    謎解きも私好みでした。

    おもしろかったよ!

  283. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    最後どんな風にまとめるのかな~と思ってたけど、
    何か特別なことが起こるでもなく,ババーン!
    と何かが決着するわけでもない…この、まったりとした感じが二人らしいのかなと。

    嘘って実はそんな単純なもんじゃないし、本当のこと話してても言葉の行き違いが生じることもある~って知っている二人だけに、まっすぐに本当の気持ち伝えるのって、すごい勇気要るし怖いことだと思うんだけど…
    それでもストレートに想いを伝え合える二人はすごいと思った。
    信頼関係を絵に描いたような二人だった*

  284. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    「嘘を聞くことができる少女の物語」終幕。

    鹿乃子くんは相変わらずかわいく、
    左右馬センセイは相変わらず困った人で、
    でもとても温かく優しい時間が流れています。

    左右馬と馨、ふたりのこれまでも描かれ、
    ああ、こうして「これまで」が「今」へ
    「今」が「これから」へと
    繋がっていくのだなぁと感じました。

    いい感じに「世界がしっかりまとまった」大団円でした。

    みんながいつまでも幸せでいますように(^^)。

  285. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    良かった(T^T)
    みんなちゃんと幸せになった。

    左右馬と馨の出会いもわかったし
    鹿乃子ちゃんも
    自分の力を厭わないようになったし。

    かわいい恋物語の中にはさまれる
    謎解きも私好みでした。

    おもしろかったよ!

  286. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    最後どんな風にまとめるのかな~と思ってたけど、
    何か特別なことが起こるでもなく,ババーン!
    と何かが決着するわけでもない…この、まったりとした感じが二人らしいのかなと。

    嘘って実はそんな単純なもんじゃないし、本当のこと話してても言葉の行き違いが生じることもある~って知っている二人だけに、まっすぐに本当の気持ち伝えるのって、すごい勇気要るし怖いことだと思うんだけど…
    それでもストレートに想いを伝え合える二人はすごいと思った。
    信頼関係を絵に描いたような二人だった*

  287. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    ”「信じるのか?
    僕が本当に問題を盗み見ていないと
    何の証拠もないのに」
    「何を言っている
    友人を信じるのに証拠などいらぬと言ったのは 貴様ではないか」”

    完結!
    終わってしまった……。

    色々な嘘と、それに向き合う人たちの話、とても良かった。

  288. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    「嘘を聞くことができる少女の物語」終幕。

    鹿乃子くんは相変わらずかわいく、
    左右馬センセイは相変わらず困った人で、
    でもとても温かく優しい時間が流れています。

    左右馬と馨、ふたりのこれまでも描かれ、
    ああ、こうして「これまで」が「今」へ
    「今」が「これから」へと
    繋がっていくのだなぁと感じました。

    いい感じに「世界がしっかりまとまった」大団円でした。

    みんながいつまでも幸せでいますように(^^)。

  289. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    最後どんな風にまとめるのかな~と思ってたけど、
    何か特別なことが起こるでもなく,ババーン!
    と何かが決着するわけでもない…この、まったりとした感じが二人らしいのかなと。

    嘘って実はそんな単純なもんじゃないし、本当のこと話してても言葉の行き違いが生じることもある~って知っている二人だけに、まっすぐに本当の気持ち伝えるのって、すごい勇気要るし怖いことだと思うんだけど…
    それでもストレートに想いを伝え合える二人はすごいと思った。
    信頼関係を絵に描いたような二人だった*

  290. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    最後どんな風にまとめるのかな~と思ってたけど、
    何か特別なことが起こるでもなく,ババーン!
    と何かが決着するわけでもない…この、まったりとした感じが二人らしいのかなと。

    嘘って実はそんな単純なもんじゃないし、本当のこと話してても言葉の行き違いが生じることもある~って知っている二人だけに、まっすぐに本当の気持ち伝えるのって、すごい勇気要るし怖いことだと思うんだけど…
    それでもストレートに想いを伝え合える二人はすごいと思った。
    信頼関係を絵に描いたような二人だった*

  291. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    最後どんな風にまとめるのかな~と思ってたけど、
    何か特別なことが起こるでもなく,ババーン!
    と何かが決着するわけでもない…この、まったりとした感じが二人らしいのかなと。

    嘘って実はそんな単純なもんじゃないし、本当のこと話してても言葉の行き違いが生じることもある~って知っている二人だけに、まっすぐに本当の気持ち伝えるのって、すごい勇気要るし怖いことだと思うんだけど…
    それでもストレートに想いを伝え合える二人はすごいと思った。
    信頼関係を絵に描いたような二人だった*

  292. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    ”「信じるのか?
    僕が本当に問題を盗み見ていないと
    何の証拠もないのに」
    「何を言っている
    友人を信じるのに証拠などいらぬと言ったのは 貴様ではないか」”

    完結!
    終わってしまった……。

    色々な嘘と、それに向き合う人たちの話、とても良かった。

  293. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    ”「信じるのか?
    僕が本当に問題を盗み見ていないと
    何の証拠もないのに」
    「何を言っている
    友人を信じるのに証拠などいらぬと言ったのは 貴様ではないか」”

    完結!
    終わってしまった……。

    色々な嘘と、それに向き合う人たちの話、とても良かった。

  294. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    抜群に素晴らしいシリーズだった。
    「嘘」という普遍的なキーワードを深くまで掘り下げ、練り込まれたシナリオと優しい風が吹くストーリー、そして何よりも魅力的なキャラクターたちをブレることなく描き続けたことに心から拍手を贈りたい。
    本当に心に残る作品になった。
    最後の二人の笑顔、最高だ。
    嬉しい。
    大好き。
    お疲れ様でした。
    /10巻は若干蛇足的というか、ピークを過ぎたあとに数話重ねる形だったのがちょこっと惜しい。
    そして重ね重ねですが、ミステリーとしてもツボを抑えたものになっていなたら、きっとブレイクをしていたと思う。
  295. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    最後どんな風にまとめるのかな~と思ってたけど、
    何か特別なことが起こるでもなく,ババーン!
    と何かが決着するわけでもない…この、まったりとした感じが二人らしいのかなと。

    嘘って実はそんな単純なもんじゃないし、本当のこと話してても言葉の行き違いが生じることもある~って知っている二人だけに、まっすぐに本当の気持ち伝えるのって、すごい勇気要るし怖いことだと思うんだけど…
    それでもストレートに想いを伝え合える二人はすごいと思った。
    信頼関係を絵に描いたような二人だった*

  296. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    「嘘を聞くことができる少女の物語」終幕。

    鹿乃子くんは相変わらずかわいく、
    左右馬センセイは相変わらず困った人で、
    でもとても温かく優しい時間が流れています。

    左右馬と馨、ふたりのこれまでも描かれ、
    ああ、こうして「これまで」が「今」へ
    「今」が「これから」へと
    繋がっていくのだなぁと感じました。

    いい感じに「世界がしっかりまとまった」大団円でした。

    みんながいつまでも幸せでいますように(^^)。

  297. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    最後どんな風にまとめるのかな~と思ってたけど、
    何か特別なことが起こるでもなく,ババーン!
    と何かが決着するわけでもない…この、まったりとした感じが二人らしいのかなと。

    嘘って実はそんな単純なもんじゃないし、本当のこと話してても言葉の行き違いが生じることもある~って知っている二人だけに、まっすぐに本当の気持ち伝えるのって、すごい勇気要るし怖いことだと思うんだけど…
    それでもストレートに想いを伝え合える二人はすごいと思った。
    信頼関係を絵に描いたような二人だった*

  298. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    ”「信じるのか?
    僕が本当に問題を盗み見ていないと
    何の証拠もないのに」
    「何を言っている
    友人を信じるのに証拠などいらぬと言ったのは 貴様ではないか」”

    完結!
    終わってしまった……。

    色々な嘘と、それに向き合う人たちの話、とても良かった。

  299. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    抜群に素晴らしいシリーズだった。
    「嘘」という普遍的なキーワードを深くまで掘り下げ、練り込まれたシナリオと優しい風が吹くストーリー、そして何よりも魅力的なキャラクターたちをブレることなく描き続けたことに心から拍手を贈りたい。
    本当に心に残る作品になった。
    最後の二人の笑顔、最高だ。
    嬉しい。
    大好き。
    お疲れ様でした。
    /10巻は若干蛇足的というか、ピークを過ぎたあとに数話重ねる形だったのがちょこっと惜しい。
    そして重ね重ねですが、ミステリーとしてもツボを抑えたものになっていなたら、きっとブレイクをしていたと思う。
  300. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    ”「信じるのか?
    僕が本当に問題を盗み見ていないと
    何の証拠もないのに」
    「何を言っている
    友人を信じるのに証拠などいらぬと言ったのは 貴様ではないか」”

    完結!
    終わってしまった……。

    色々な嘘と、それに向き合う人たちの話、とても良かった。

  301. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    良かった(T^T)
    みんなちゃんと幸せになった。

    左右馬と馨の出会いもわかったし
    鹿乃子ちゃんも
    自分の力を厭わないようになったし。

    かわいい恋物語の中にはさまれる
    謎解きも私好みでした。

    おもしろかったよ!

  302. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    ”「信じるのか?
    僕が本当に問題を盗み見ていないと
    何の証拠もないのに」
    「何を言っている
    友人を信じるのに証拠などいらぬと言ったのは 貴様ではないか」”

    完結!
    終わってしまった……。

    色々な嘘と、それに向き合う人たちの話、とても良かった。

  303. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    ”「信じるのか?
    僕が本当に問題を盗み見ていないと
    何の証拠もないのに」
    「何を言っている
    友人を信じるのに証拠などいらぬと言ったのは 貴様ではないか」”

    完結!
    終わってしまった……。

    色々な嘘と、それに向き合う人たちの話、とても良かった。

  304. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    最後どんな風にまとめるのかな~と思ってたけど、
    何か特別なことが起こるでもなく,ババーン!
    と何かが決着するわけでもない…この、まったりとした感じが二人らしいのかなと。

    嘘って実はそんな単純なもんじゃないし、本当のこと話してても言葉の行き違いが生じることもある~って知っている二人だけに、まっすぐに本当の気持ち伝えるのって、すごい勇気要るし怖いことだと思うんだけど…
    それでもストレートに想いを伝え合える二人はすごいと思った。
    信頼関係を絵に描いたような二人だった*

  305. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    抜群に素晴らしいシリーズだった。
    「嘘」という普遍的なキーワードを深くまで掘り下げ、練り込まれたシナリオと優しい風が吹くストーリー、そして何よりも魅力的なキャラクターたちをブレることなく描き続けたことに心から拍手を贈りたい。
    本当に心に残る作品になった。
    最後の二人の笑顔、最高だ。
    嬉しい。
    大好き。
    お疲れ様でした。
    /10巻は若干蛇足的というか、ピークを過ぎたあとに数話重ねる形だったのがちょこっと惜しい。
    そして重ね重ねですが、ミステリーとしてもツボを抑えたものになっていなたら、きっとブレイクをしていたと思う。
  306. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    ”「信じるのか?
    僕が本当に問題を盗み見ていないと
    何の証拠もないのに」
    「何を言っている
    友人を信じるのに証拠などいらぬと言ったのは 貴様ではないか」”

    完結!
    終わってしまった……。

    色々な嘘と、それに向き合う人たちの話、とても良かった。

  307. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    良かった(T^T)
    みんなちゃんと幸せになった。

    左右馬と馨の出会いもわかったし
    鹿乃子ちゃんも
    自分の力を厭わないようになったし。

    かわいい恋物語の中にはさまれる
    謎解きも私好みでした。

    おもしろかったよ!

  308. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    「嘘を聞くことができる少女の物語」終幕。

    鹿乃子くんは相変わらずかわいく、
    左右馬センセイは相変わらず困った人で、
    でもとても温かく優しい時間が流れています。

    左右馬と馨、ふたりのこれまでも描かれ、
    ああ、こうして「これまで」が「今」へ
    「今」が「これから」へと
    繋がっていくのだなぁと感じました。

    いい感じに「世界がしっかりまとまった」大団円でした。

    みんながいつまでも幸せでいますように(^^)。

  309. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    ”「信じるのか?
    僕が本当に問題を盗み見ていないと
    何の証拠もないのに」
    「何を言っている
    友人を信じるのに証拠などいらぬと言ったのは 貴様ではないか」”

    完結!
    終わってしまった……。

    色々な嘘と、それに向き合う人たちの話、とても良かった。

  310. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    最後どんな風にまとめるのかな~と思ってたけど、
    何か特別なことが起こるでもなく,ババーン!
    と何かが決着するわけでもない…この、まったりとした感じが二人らしいのかなと。

    嘘って実はそんな単純なもんじゃないし、本当のこと話してても言葉の行き違いが生じることもある~って知っている二人だけに、まっすぐに本当の気持ち伝えるのって、すごい勇気要るし怖いことだと思うんだけど…
    それでもストレートに想いを伝え合える二人はすごいと思った。
    信頼関係を絵に描いたような二人だった*

  311. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    良かった(T^T)
    みんなちゃんと幸せになった。

    左右馬と馨の出会いもわかったし
    鹿乃子ちゃんも
    自分の力を厭わないようになったし。

    かわいい恋物語の中にはさまれる
    謎解きも私好みでした。

    おもしろかったよ!

  312. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    良かった(T^T)
    みんなちゃんと幸せになった。

    左右馬と馨の出会いもわかったし
    鹿乃子ちゃんも
    自分の力を厭わないようになったし。

    かわいい恋物語の中にはさまれる
    謎解きも私好みでした。

    おもしろかったよ!

  313. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    抜群に素晴らしいシリーズだった。
    「嘘」という普遍的なキーワードを深くまで掘り下げ、練り込まれたシナリオと優しい風が吹くストーリー、そして何よりも魅力的なキャラクターたちをブレることなく描き続けたことに心から拍手を贈りたい。
    本当に心に残る作品になった。
    最後の二人の笑顔、最高だ。
    嬉しい。
    大好き。
    お疲れ様でした。
    /10巻は若干蛇足的というか、ピークを過ぎたあとに数話重ねる形だったのがちょこっと惜しい。
    そして重ね重ねですが、ミステリーとしてもツボを抑えたものになっていなたら、きっとブレイクをしていたと思う。
  314. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    抜群に素晴らしいシリーズだった。
    「嘘」という普遍的なキーワードを深くまで掘り下げ、練り込まれたシナリオと優しい風が吹くストーリー、そして何よりも魅力的なキャラクターたちをブレることなく描き続けたことに心から拍手を贈りたい。
    本当に心に残る作品になった。
    最後の二人の笑顔、最高だ。
    嬉しい。
    大好き。
    お疲れ様でした。
    /10巻は若干蛇足的というか、ピークを過ぎたあとに数話重ねる形だったのがちょこっと惜しい。
    そして重ね重ねですが、ミステリーとしてもツボを抑えたものになっていなたら、きっとブレイクをしていたと思う。
  315. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    「嘘を聞くことができる少女の物語」終幕。

    鹿乃子くんは相変わらずかわいく、
    左右馬センセイは相変わらず困った人で、
    でもとても温かく優しい時間が流れています。

    左右馬と馨、ふたりのこれまでも描かれ、
    ああ、こうして「これまで」が「今」へ
    「今」が「これから」へと
    繋がっていくのだなぁと感じました。

    いい感じに「世界がしっかりまとまった」大団円でした。

    みんながいつまでも幸せでいますように(^^)。

  316. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    ”「信じるのか?
    僕が本当に問題を盗み見ていないと
    何の証拠もないのに」
    「何を言っている
    友人を信じるのに証拠などいらぬと言ったのは 貴様ではないか」”

    完結!
    終わってしまった……。

    色々な嘘と、それに向き合う人たちの話、とても良かった。

  317. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    最後どんな風にまとめるのかな~と思ってたけど、
    何か特別なことが起こるでもなく,ババーン!
    と何かが決着するわけでもない…この、まったりとした感じが二人らしいのかなと。

    嘘って実はそんな単純なもんじゃないし、本当のこと話してても言葉の行き違いが生じることもある~って知っている二人だけに、まっすぐに本当の気持ち伝えるのって、すごい勇気要るし怖いことだと思うんだけど…
    それでもストレートに想いを伝え合える二人はすごいと思った。
    信頼関係を絵に描いたような二人だった*

  318. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    ”「信じるのか?
    僕が本当に問題を盗み見ていないと
    何の証拠もないのに」
    「何を言っている
    友人を信じるのに証拠などいらぬと言ったのは 貴様ではないか」”

    完結!
    終わってしまった……。

    色々な嘘と、それに向き合う人たちの話、とても良かった。

  319. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    「嘘を聞くことができる少女の物語」終幕。

    鹿乃子くんは相変わらずかわいく、
    左右馬センセイは相変わらず困った人で、
    でもとても温かく優しい時間が流れています。

    左右馬と馨、ふたりのこれまでも描かれ、
    ああ、こうして「これまで」が「今」へ
    「今」が「これから」へと
    繋がっていくのだなぁと感じました。

    いい感じに「世界がしっかりまとまった」大団円でした。

    みんながいつまでも幸せでいますように(^^)。

  320. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    「嘘を聞くことができる少女の物語」終幕。

    鹿乃子くんは相変わらずかわいく、
    左右馬センセイは相変わらず困った人で、
    でもとても温かく優しい時間が流れています。

    左右馬と馨、ふたりのこれまでも描かれ、
    ああ、こうして「これまで」が「今」へ
    「今」が「これから」へと
    繋がっていくのだなぁと感じました。

    いい感じに「世界がしっかりまとまった」大団円でした。

    みんながいつまでも幸せでいますように(^^)。

  321. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    ”「信じるのか?
    僕が本当に問題を盗み見ていないと
    何の証拠もないのに」
    「何を言っている
    友人を信じるのに証拠などいらぬと言ったのは 貴様ではないか」”

    完結!
    終わってしまった……。

    色々な嘘と、それに向き合う人たちの話、とても良かった。

  322. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    「嘘を聞くことができる少女の物語」終幕。

    鹿乃子くんは相変わらずかわいく、
    左右馬センセイは相変わらず困った人で、
    でもとても温かく優しい時間が流れています。

    左右馬と馨、ふたりのこれまでも描かれ、
    ああ、こうして「これまで」が「今」へ
    「今」が「これから」へと
    繋がっていくのだなぁと感じました。

    いい感じに「世界がしっかりまとまった」大団円でした。

    みんながいつまでも幸せでいますように(^^)。

  323. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    ”「信じるのか?
    僕が本当に問題を盗み見ていないと
    何の証拠もないのに」
    「何を言っている
    友人を信じるのに証拠などいらぬと言ったのは 貴様ではないか」”

    完結!
    終わってしまった……。

    色々な嘘と、それに向き合う人たちの話、とても良かった。

  324. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    最後どんな風にまとめるのかな~と思ってたけど、
    何か特別なことが起こるでもなく,ババーン!
    と何かが決着するわけでもない…この、まったりとした感じが二人らしいのかなと。

    嘘って実はそんな単純なもんじゃないし、本当のこと話してても言葉の行き違いが生じることもある~って知っている二人だけに、まっすぐに本当の気持ち伝えるのって、すごい勇気要るし怖いことだと思うんだけど…
    それでもストレートに想いを伝え合える二人はすごいと思った。
    信頼関係を絵に描いたような二人だった*

  325. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    ”「信じるのか?
    僕が本当に問題を盗み見ていないと
    何の証拠もないのに」
    「何を言っている
    友人を信じるのに証拠などいらぬと言ったのは 貴様ではないか」”

    完結!
    終わってしまった……。

    色々な嘘と、それに向き合う人たちの話、とても良かった。

  326. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    「嘘を聞くことができる少女の物語」終幕。

    鹿乃子くんは相変わらずかわいく、
    左右馬センセイは相変わらず困った人で、
    でもとても温かく優しい時間が流れています。

    左右馬と馨、ふたりのこれまでも描かれ、
    ああ、こうして「これまで」が「今」へ
    「今」が「これから」へと
    繋がっていくのだなぁと感じました。

    いい感じに「世界がしっかりまとまった」大団円でした。

    みんながいつまでも幸せでいますように(^^)。

  327. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    「嘘を聞くことができる少女の物語」終幕。

    鹿乃子くんは相変わらずかわいく、
    左右馬センセイは相変わらず困った人で、
    でもとても温かく優しい時間が流れています。

    左右馬と馨、ふたりのこれまでも描かれ、
    ああ、こうして「これまで」が「今」へ
    「今」が「これから」へと
    繋がっていくのだなぁと感じました。

    いい感じに「世界がしっかりまとまった」大団円でした。

    みんながいつまでも幸せでいますように(^^)。

  328. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    最後どんな風にまとめるのかな~と思ってたけど、
    何か特別なことが起こるでもなく,ババーン!
    と何かが決着するわけでもない…この、まったりとした感じが二人らしいのかなと。

    嘘って実はそんな単純なもんじゃないし、本当のこと話してても言葉の行き違いが生じることもある~って知っている二人だけに、まっすぐに本当の気持ち伝えるのって、すごい勇気要るし怖いことだと思うんだけど…
    それでもストレートに想いを伝え合える二人はすごいと思った。
    信頼関係を絵に描いたような二人だった*

  329. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    ”「信じるのか?
    僕が本当に問題を盗み見ていないと
    何の証拠もないのに」
    「何を言っている
    友人を信じるのに証拠などいらぬと言ったのは 貴様ではないか」”

    完結!
    終わってしまった……。

    色々な嘘と、それに向き合う人たちの話、とても良かった。

  330. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    最後どんな風にまとめるのかな~と思ってたけど、
    何か特別なことが起こるでもなく,ババーン!
    と何かが決着するわけでもない…この、まったりとした感じが二人らしいのかなと。

    嘘って実はそんな単純なもんじゃないし、本当のこと話してても言葉の行き違いが生じることもある~って知っている二人だけに、まっすぐに本当の気持ち伝えるのって、すごい勇気要るし怖いことだと思うんだけど…
    それでもストレートに想いを伝え合える二人はすごいと思った。
    信頼関係を絵に描いたような二人だった*

  331. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    抜群に素晴らしいシリーズだった。
    「嘘」という普遍的なキーワードを深くまで掘り下げ、練り込まれたシナリオと優しい風が吹くストーリー、そして何よりも魅力的なキャラクターたちをブレることなく描き続けたことに心から拍手を贈りたい。
    本当に心に残る作品になった。
    最後の二人の笑顔、最高だ。
    嬉しい。
    大好き。
    お疲れ様でした。
    /10巻は若干蛇足的というか、ピークを過ぎたあとに数話重ねる形だったのがちょこっと惜しい。
    そして重ね重ねですが、ミステリーとしてもツボを抑えたものになっていなたら、きっとブレイクをしていたと思う。
  332. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    抜群に素晴らしいシリーズだった。
    「嘘」という普遍的なキーワードを深くまで掘り下げ、練り込まれたシナリオと優しい風が吹くストーリー、そして何よりも魅力的なキャラクターたちをブレることなく描き続けたことに心から拍手を贈りたい。
    本当に心に残る作品になった。
    最後の二人の笑顔、最高だ。
    嬉しい。
    大好き。
    お疲れ様でした。
    /10巻は若干蛇足的というか、ピークを過ぎたあとに数話重ねる形だったのがちょこっと惜しい。
    そして重ね重ねですが、ミステリーとしてもツボを抑えたものになっていなたら、きっとブレイクをしていたと思う。
  333. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    ”「信じるのか?
    僕が本当に問題を盗み見ていないと
    何の証拠もないのに」
    「何を言っている
    友人を信じるのに証拠などいらぬと言ったのは 貴様ではないか」”

    完結!
    終わってしまった……。

    色々な嘘と、それに向き合う人たちの話、とても良かった。

  334. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    良かった(T^T)
    みんなちゃんと幸せになった。

    左右馬と馨の出会いもわかったし
    鹿乃子ちゃんも
    自分の力を厭わないようになったし。

    かわいい恋物語の中にはさまれる
    謎解きも私好みでした。

    おもしろかったよ!

  335. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    最後どんな風にまとめるのかな~と思ってたけど、
    何か特別なことが起こるでもなく,ババーン!
    と何かが決着するわけでもない…この、まったりとした感じが二人らしいのかなと。

    嘘って実はそんな単純なもんじゃないし、本当のこと話してても言葉の行き違いが生じることもある~って知っている二人だけに、まっすぐに本当の気持ち伝えるのって、すごい勇気要るし怖いことだと思うんだけど…
    それでもストレートに想いを伝え合える二人はすごいと思った。
    信頼関係を絵に描いたような二人だった*

  336. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    良かった(T^T)
    みんなちゃんと幸せになった。

    左右馬と馨の出会いもわかったし
    鹿乃子ちゃんも
    自分の力を厭わないようになったし。

    かわいい恋物語の中にはさまれる
    謎解きも私好みでした。

    おもしろかったよ!

  337. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    最後どんな風にまとめるのかな~と思ってたけど、
    何か特別なことが起こるでもなく,ババーン!
    と何かが決着するわけでもない…この、まったりとした感じが二人らしいのかなと。

    嘘って実はそんな単純なもんじゃないし、本当のこと話してても言葉の行き違いが生じることもある~って知っている二人だけに、まっすぐに本当の気持ち伝えるのって、すごい勇気要るし怖いことだと思うんだけど…
    それでもストレートに想いを伝え合える二人はすごいと思った。
    信頼関係を絵に描いたような二人だった*

  338. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    最後どんな風にまとめるのかな~と思ってたけど、
    何か特別なことが起こるでもなく,ババーン!
    と何かが決着するわけでもない…この、まったりとした感じが二人らしいのかなと。

    嘘って実はそんな単純なもんじゃないし、本当のこと話してても言葉の行き違いが生じることもある~って知っている二人だけに、まっすぐに本当の気持ち伝えるのって、すごい勇気要るし怖いことだと思うんだけど…
    それでもストレートに想いを伝え合える二人はすごいと思った。
    信頼関係を絵に描いたような二人だった*

  339. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    抜群に素晴らしいシリーズだった。
    「嘘」という普遍的なキーワードを深くまで掘り下げ、練り込まれたシナリオと優しい風が吹くストーリー、そして何よりも魅力的なキャラクターたちをブレることなく描き続けたことに心から拍手を贈りたい。
    本当に心に残る作品になった。
    最後の二人の笑顔、最高だ。
    嬉しい。
    大好き。
    お疲れ様でした。
    /10巻は若干蛇足的というか、ピークを過ぎたあとに数話重ねる形だったのがちょこっと惜しい。
    そして重ね重ねですが、ミステリーとしてもツボを抑えたものになっていなたら、きっとブレイクをしていたと思う。
  340. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    最後どんな風にまとめるのかな~と思ってたけど、
    何か特別なことが起こるでもなく,ババーン!
    と何かが決着するわけでもない…この、まったりとした感じが二人らしいのかなと。

    嘘って実はそんな単純なもんじゃないし、本当のこと話してても言葉の行き違いが生じることもある~って知っている二人だけに、まっすぐに本当の気持ち伝えるのって、すごい勇気要るし怖いことだと思うんだけど…
    それでもストレートに想いを伝え合える二人はすごいと思った。
    信頼関係を絵に描いたような二人だった*

  341. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    「嘘を聞くことができる少女の物語」終幕。

    鹿乃子くんは相変わらずかわいく、
    左右馬センセイは相変わらず困った人で、
    でもとても温かく優しい時間が流れています。

    左右馬と馨、ふたりのこれまでも描かれ、
    ああ、こうして「これまで」が「今」へ
    「今」が「これから」へと
    繋がっていくのだなぁと感じました。

    いい感じに「世界がしっかりまとまった」大団円でした。

    みんながいつまでも幸せでいますように(^^)。

  342. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    抜群に素晴らしいシリーズだった。
    「嘘」という普遍的なキーワードを深くまで掘り下げ、練り込まれたシナリオと優しい風が吹くストーリー、そして何よりも魅力的なキャラクターたちをブレることなく描き続けたことに心から拍手を贈りたい。
    本当に心に残る作品になった。
    最後の二人の笑顔、最高だ。
    嬉しい。
    大好き。
    お疲れ様でした。
    /10巻は若干蛇足的というか、ピークを過ぎたあとに数話重ねる形だったのがちょこっと惜しい。
    そして重ね重ねですが、ミステリーとしてもツボを抑えたものになっていなたら、きっとブレイクをしていたと思う。
  343. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    抜群に素晴らしいシリーズだった。
    「嘘」という普遍的なキーワードを深くまで掘り下げ、練り込まれたシナリオと優しい風が吹くストーリー、そして何よりも魅力的なキャラクターたちをブレることなく描き続けたことに心から拍手を贈りたい。
    本当に心に残る作品になった。
    最後の二人の笑顔、最高だ。
    嬉しい。
    大好き。
    お疲れ様でした。
    /10巻は若干蛇足的というか、ピークを過ぎたあとに数話重ねる形だったのがちょこっと惜しい。
    そして重ね重ねですが、ミステリーとしてもツボを抑えたものになっていなたら、きっとブレイクをしていたと思う。
  344. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    抜群に素晴らしいシリーズだった。
    「嘘」という普遍的なキーワードを深くまで掘り下げ、練り込まれたシナリオと優しい風が吹くストーリー、そして何よりも魅力的なキャラクターたちをブレることなく描き続けたことに心から拍手を贈りたい。
    本当に心に残る作品になった。
    最後の二人の笑顔、最高だ。
    嬉しい。
    大好き。
    お疲れ様でした。
    /10巻は若干蛇足的というか、ピークを過ぎたあとに数話重ねる形だったのがちょこっと惜しい。
    そして重ね重ねですが、ミステリーとしてもツボを抑えたものになっていなたら、きっとブレイクをしていたと思う。
  345. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    最後どんな風にまとめるのかな~と思ってたけど、
    何か特別なことが起こるでもなく,ババーン!
    と何かが決着するわけでもない…この、まったりとした感じが二人らしいのかなと。

    嘘って実はそんな単純なもんじゃないし、本当のこと話してても言葉の行き違いが生じることもある~って知っている二人だけに、まっすぐに本当の気持ち伝えるのって、すごい勇気要るし怖いことだと思うんだけど…
    それでもストレートに想いを伝え合える二人はすごいと思った。
    信頼関係を絵に描いたような二人だった*

  346. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    最後どんな風にまとめるのかな~と思ってたけど、
    何か特別なことが起こるでもなく,ババーン!
    と何かが決着するわけでもない…この、まったりとした感じが二人らしいのかなと。

    嘘って実はそんな単純なもんじゃないし、本当のこと話してても言葉の行き違いが生じることもある~って知っている二人だけに、まっすぐに本当の気持ち伝えるのって、すごい勇気要るし怖いことだと思うんだけど…
    それでもストレートに想いを伝え合える二人はすごいと思った。
    信頼関係を絵に描いたような二人だった*

  347. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    「嘘を聞くことができる少女の物語」終幕。

    鹿乃子くんは相変わらずかわいく、
    左右馬センセイは相変わらず困った人で、
    でもとても温かく優しい時間が流れています。

    左右馬と馨、ふたりのこれまでも描かれ、
    ああ、こうして「これまで」が「今」へ
    「今」が「これから」へと
    繋がっていくのだなぁと感じました。

    いい感じに「世界がしっかりまとまった」大団円でした。

    みんながいつまでも幸せでいますように(^^)。

  348. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    抜群に素晴らしいシリーズだった。
    「嘘」という普遍的なキーワードを深くまで掘り下げ、練り込まれたシナリオと優しい風が吹くストーリー、そして何よりも魅力的なキャラクターたちをブレることなく描き続けたことに心から拍手を贈りたい。
    本当に心に残る作品になった。
    最後の二人の笑顔、最高だ。
    嬉しい。
    大好き。
    お疲れ様でした。
    /10巻は若干蛇足的というか、ピークを過ぎたあとに数話重ねる形だったのがちょこっと惜しい。
    そして重ね重ねですが、ミステリーとしてもツボを抑えたものになっていなたら、きっとブレイクをしていたと思う。
  349. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    良かった(T^T)
    みんなちゃんと幸せになった。

    左右馬と馨の出会いもわかったし
    鹿乃子ちゃんも
    自分の力を厭わないようになったし。

    かわいい恋物語の中にはさまれる
    謎解きも私好みでした。

    おもしろかったよ!

  350. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    「嘘を聞くことができる少女の物語」終幕。

    鹿乃子くんは相変わらずかわいく、
    左右馬センセイは相変わらず困った人で、
    でもとても温かく優しい時間が流れています。

    左右馬と馨、ふたりのこれまでも描かれ、
    ああ、こうして「これまで」が「今」へ
    「今」が「これから」へと
    繋がっていくのだなぁと感じました。

    いい感じに「世界がしっかりまとまった」大団円でした。

    みんながいつまでも幸せでいますように(^^)。

  351. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    「嘘を聞くことができる少女の物語」終幕。

    鹿乃子くんは相変わらずかわいく、
    左右馬センセイは相変わらず困った人で、
    でもとても温かく優しい時間が流れています。

    左右馬と馨、ふたりのこれまでも描かれ、
    ああ、こうして「これまで」が「今」へ
    「今」が「これから」へと
    繋がっていくのだなぁと感じました。

    いい感じに「世界がしっかりまとまった」大団円でした。

    みんながいつまでも幸せでいますように(^^)。

  352. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    抜群に素晴らしいシリーズだった。
    「嘘」という普遍的なキーワードを深くまで掘り下げ、練り込まれたシナリオと優しい風が吹くストーリー、そして何よりも魅力的なキャラクターたちをブレることなく描き続けたことに心から拍手を贈りたい。
    本当に心に残る作品になった。
    最後の二人の笑顔、最高だ。
    嬉しい。
    大好き。
    お疲れ様でした。
    /10巻は若干蛇足的というか、ピークを過ぎたあとに数話重ねる形だったのがちょこっと惜しい。
    そして重ね重ねですが、ミステリーとしてもツボを抑えたものになっていなたら、きっとブレイクをしていたと思う。
  353. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    ”「信じるのか?
    僕が本当に問題を盗み見ていないと
    何の証拠もないのに」
    「何を言っている
    友人を信じるのに証拠などいらぬと言ったのは 貴様ではないか」”

    完結!
    終わってしまった……。

    色々な嘘と、それに向き合う人たちの話、とても良かった。

  354. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    良かった(T^T)
    みんなちゃんと幸せになった。

    左右馬と馨の出会いもわかったし
    鹿乃子ちゃんも
    自分の力を厭わないようになったし。

    かわいい恋物語の中にはさまれる
    謎解きも私好みでした。

    おもしろかったよ!

  355. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    「嘘を聞くことができる少女の物語」終幕。

    鹿乃子くんは相変わらずかわいく、
    左右馬センセイは相変わらず困った人で、
    でもとても温かく優しい時間が流れています。

    左右馬と馨、ふたりのこれまでも描かれ、
    ああ、こうして「これまで」が「今」へ
    「今」が「これから」へと
    繋がっていくのだなぁと感じました。

    いい感じに「世界がしっかりまとまった」大団円でした。

    みんながいつまでも幸せでいますように(^^)。

  356. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    「嘘を聞くことができる少女の物語」終幕。

    鹿乃子くんは相変わらずかわいく、
    左右馬センセイは相変わらず困った人で、
    でもとても温かく優しい時間が流れています。

    左右馬と馨、ふたりのこれまでも描かれ、
    ああ、こうして「これまで」が「今」へ
    「今」が「これから」へと
    繋がっていくのだなぁと感じました。

    いい感じに「世界がしっかりまとまった」大団円でした。

    みんながいつまでも幸せでいますように(^^)。

  357. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    ”「信じるのか?
    僕が本当に問題を盗み見ていないと
    何の証拠もないのに」
    「何を言っている
    友人を信じるのに証拠などいらぬと言ったのは 貴様ではないか」”

    完結!
    終わってしまった……。

    色々な嘘と、それに向き合う人たちの話、とても良かった。

  358. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    良かった(T^T)
    みんなちゃんと幸せになった。

    左右馬と馨の出会いもわかったし
    鹿乃子ちゃんも
    自分の力を厭わないようになったし。

    かわいい恋物語の中にはさまれる
    謎解きも私好みでした。

    おもしろかったよ!

  359. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    良かった(T^T)
    みんなちゃんと幸せになった。

    左右馬と馨の出会いもわかったし
    鹿乃子ちゃんも
    自分の力を厭わないようになったし。

    かわいい恋物語の中にはさまれる
    謎解きも私好みでした。

    おもしろかったよ!

  360. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    抜群に素晴らしいシリーズだった。
    「嘘」という普遍的なキーワードを深くまで掘り下げ、練り込まれたシナリオと優しい風が吹くストーリー、そして何よりも魅力的なキャラクターたちをブレることなく描き続けたことに心から拍手を贈りたい。
    本当に心に残る作品になった。
    最後の二人の笑顔、最高だ。
    嬉しい。
    大好き。
    お疲れ様でした。
    /10巻は若干蛇足的というか、ピークを過ぎたあとに数話重ねる形だったのがちょこっと惜しい。
    そして重ね重ねですが、ミステリーとしてもツボを抑えたものになっていなたら、きっとブレイクをしていたと思う。
  361. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    良かった(T^T)
    みんなちゃんと幸せになった。

    左右馬と馨の出会いもわかったし
    鹿乃子ちゃんも
    自分の力を厭わないようになったし。

    かわいい恋物語の中にはさまれる
    謎解きも私好みでした。

    おもしろかったよ!

  362. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    ”「信じるのか?
    僕が本当に問題を盗み見ていないと
    何の証拠もないのに」
    「何を言っている
    友人を信じるのに証拠などいらぬと言ったのは 貴様ではないか」”

    完結!
    終わってしまった……。

    色々な嘘と、それに向き合う人たちの話、とても良かった。

  363. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    ”「信じるのか?
    僕が本当に問題を盗み見ていないと
    何の証拠もないのに」
    「何を言っている
    友人を信じるのに証拠などいらぬと言ったのは 貴様ではないか」”

    完結!
    終わってしまった……。

    色々な嘘と、それに向き合う人たちの話、とても良かった。

  364. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    「嘘を聞くことができる少女の物語」終幕。

    鹿乃子くんは相変わらずかわいく、
    左右馬センセイは相変わらず困った人で、
    でもとても温かく優しい時間が流れています。

    左右馬と馨、ふたりのこれまでも描かれ、
    ああ、こうして「これまで」が「今」へ
    「今」が「これから」へと
    繋がっていくのだなぁと感じました。

    いい感じに「世界がしっかりまとまった」大団円でした。

    みんながいつまでも幸せでいますように(^^)。

  365. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    最後どんな風にまとめるのかな~と思ってたけど、
    何か特別なことが起こるでもなく,ババーン!
    と何かが決着するわけでもない…この、まったりとした感じが二人らしいのかなと。

    嘘って実はそんな単純なもんじゃないし、本当のこと話してても言葉の行き違いが生じることもある~って知っている二人だけに、まっすぐに本当の気持ち伝えるのって、すごい勇気要るし怖いことだと思うんだけど…
    それでもストレートに想いを伝え合える二人はすごいと思った。
    信頼関係を絵に描いたような二人だった*

  366. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    「嘘を聞くことができる少女の物語」終幕。

    鹿乃子くんは相変わらずかわいく、
    左右馬センセイは相変わらず困った人で、
    でもとても温かく優しい時間が流れています。

    左右馬と馨、ふたりのこれまでも描かれ、
    ああ、こうして「これまで」が「今」へ
    「今」が「これから」へと
    繋がっていくのだなぁと感じました。

    いい感じに「世界がしっかりまとまった」大団円でした。

    みんながいつまでも幸せでいますように(^^)。

  367. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    抜群に素晴らしいシリーズだった。
    「嘘」という普遍的なキーワードを深くまで掘り下げ、練り込まれたシナリオと優しい風が吹くストーリー、そして何よりも魅力的なキャラクターたちをブレることなく描き続けたことに心から拍手を贈りたい。
    本当に心に残る作品になった。
    最後の二人の笑顔、最高だ。
    嬉しい。
    大好き。
    お疲れ様でした。
    /10巻は若干蛇足的というか、ピークを過ぎたあとに数話重ねる形だったのがちょこっと惜しい。
    そして重ね重ねですが、ミステリーとしてもツボを抑えたものになっていなたら、きっとブレイクをしていたと思う。
  368. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    抜群に素晴らしいシリーズだった。
    「嘘」という普遍的なキーワードを深くまで掘り下げ、練り込まれたシナリオと優しい風が吹くストーリー、そして何よりも魅力的なキャラクターたちをブレることなく描き続けたことに心から拍手を贈りたい。
    本当に心に残る作品になった。
    最後の二人の笑顔、最高だ。
    嬉しい。
    大好き。
    お疲れ様でした。
    /10巻は若干蛇足的というか、ピークを過ぎたあとに数話重ねる形だったのがちょこっと惜しい。
    そして重ね重ねですが、ミステリーとしてもツボを抑えたものになっていなたら、きっとブレイクをしていたと思う。
  369. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    良かった(T^T)
    みんなちゃんと幸せになった。

    左右馬と馨の出会いもわかったし
    鹿乃子ちゃんも
    自分の力を厭わないようになったし。

    かわいい恋物語の中にはさまれる
    謎解きも私好みでした。

    おもしろかったよ!

  370. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    ”「信じるのか?
    僕が本当に問題を盗み見ていないと
    何の証拠もないのに」
    「何を言っている
    友人を信じるのに証拠などいらぬと言ったのは 貴様ではないか」”

    完結!
    終わってしまった……。

    色々な嘘と、それに向き合う人たちの話、とても良かった。

  371. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    ”「信じるのか?
    僕が本当に問題を盗み見ていないと
    何の証拠もないのに」
    「何を言っている
    友人を信じるのに証拠などいらぬと言ったのは 貴様ではないか」”

    完結!
    終わってしまった……。

    色々な嘘と、それに向き合う人たちの話、とても良かった。

  372. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)

    抜群に素晴らしいシリーズだった。
    「嘘」という普遍的なキーワードを深くまで掘り下げ、練り込まれたシナリオと優しい風が吹くストーリー、そして何よりも魅力的なキャラクターたちをブレることなく描き続けたことに心から拍手を贈りたい。
    本当に心に残る作品になった。
    最後の二人の笑顔、最高だ。
    嬉しい。
    大好き。
    お疲れ様でした。
    /10巻は若干蛇足的というか、ピークを過ぎたあとに数話重ねる形だったのがちょこっと惜しい。
    そして重ね重ねですが、ミステリーとしてもツボを抑えたものになっていなたら、きっとブレイクをしていたと思う。
  373. user より:
    嘘解きレトリック 10 (花とゆめCOMICS)