PR

やたもも

生き別れていた母親が指輪を返せと突然現れた。
幼い頃プレゼントした安物の指輪は、結局一度もつけてもらえず、プライドが傷ついた末にその存在を忘れ去っていた。
指輪の行方をめぐり、思い出される母との忌々しい記憶。
やりきれない気持で無意識に足が向くのは八田ちゃんの家。
不器用なモモをすべて包み込んでくれる八田ちゃんはしんみりムードなんて吹っ飛ばす安定の朝までずっぷりな性欲バカで…!
母との関係、指輪の行方は如何に――?モモの過去のパトロン・須田も登場してはらだ節炸裂のやたもも、大団円!

「やたもも」「よるとあさの歌」のキャラ達が贅沢コラボ!
な「やたももはしやすめ」同時収録。
★単行本カバー下イラスト収録★◆限定の特典は、ペーパー特約店様のみで手に入る描き下ろしペーパーです。
(※2・3巻共通のペーパーとなっております。

レビューを見る

購入・お申し込みはこちら

コメント

  1. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    ?まず1巻→2巻→3巻の表紙の移り変わりに八田ちゃんとモモの幸せの過程を感じて、胸がじーんとなった。

    男女の恋愛ものや百合作品と比べて、BLの場合多くの作品に性描写がある印象で。
    …言ってもそこまで数読んだわけじゃないので怒られそうですが。

    現実でもある程度の年齢いってる恋仲同士なら遅かれ早かれほぼするわけだし、男性の方が性欲あるしで、当たり前っちゃ当たり前なのかな。
    ?ただまあ、それまであんなに初々しかった二人でもやっぱり性行為はがっつり!
    だったり、そもそも過程とかすっ飛ばしてとりあえずヤろうぜ!
    みたいなのも、それが良いとか悪いとかではなく事実として、多い印象はあって。

    この『やたもも』も性描写はかなり多め&激しめなんだけれど、そのことにちゃんと意味がある。
    というか性描写あってこその物語。
    それがよかった。

    積み重ねて積み重ねてからのやっと伝えることができた、身体中から溢れるようなモモの八田ちゃんへの「好き」…!
    泣きました。

    飼い主とヒモみたいなところから始まった二人。
    世間一般でいう「純愛」の在り方とは違うのかもしれないけど、なんか、すごく、愛だなーと思った。

    われ鍋にとじ蓋。
    だらしがなかったり凶暴なとこもあったり、完璧じゃなくっても、完璧じゃないひとりとひとりが出会って、互いに補い合い支え合い、恋し合い愛し合い、ひとつの確かな愛のかたちになる。

    人間そうすぐに変われるわけではないし、育った環境もその中で培った信念も物事の捉え方も何もかもが違う誰かと一緒にいるとままならないことばかり。
    それでも好きで大切に想う相手だから、一緒にいたいと思うから、衝突と愛を重ねながらちょっとずつちょっとずつ歩み寄っていく。
    そういう風にやっていく。
    それが共に生きていくということなんだな、と。

    モモと八田ちゃんだけじゃなく、モモと須田、モモと母親、須田と奥さん……其々の生き方があって関係性があって、時にはうまくいかず歪んだり壊れてしまうこともある。
    けれど壊れたその跡に新たに生まれるものもある。
    築いていけるものがある。

    今この瞬間からその先へ、これからも続いていく彼らの人生にその人なりの幸せがきっとある。
    そう信じることができる、素晴らしいエンディングでした。

  2. ずっと…!

    ずっとこの2人(+くりちゃんも笑)は心の中で生きている!

    ももには八田ちゃん、八田ちゃんにはもも
    これがニコイチ!
    これがBL!

    大満足!

  3. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    母親との確執で相当ヘビーな展開になるかと思ったら、八田の際限なしのHとか、栗ちゃんの作品の書籍化とかで、案外楽しい展開だった気が。

    唯一ドキドキしたのが、八田が指輪取り戻しに須田家に乗り込むところ!
    …でも、不思議ちゃんの奥と子供に毒気を抜かれた後の、アホらしい八田と須田の言い合いがなんだか面白すぎて…!

    こういうシリアスと笑いと狂気が紙一重な描き方が、ほんとにたまらないんですよね~
    痛いけど痛すぎない、クズなんだけどクズじゃないっていう、さじ加減が絶妙。

    ももは八田にこれからもずっとエロエロに愛されて幸せになって欲しいです!

    カバー下のちぎロマの表紙に大爆笑~!
    カッコよすぎる。

  4. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    2巻ではかなり暗い方向にいったけれど、3巻は母親との和解(?)も含めて、いい落とし所になったんじゃないかな。
    お隣さんも最後までいい子で愛おしくなった。
    オマケマンガがとても多くて、お得感がある。
  5. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    母親との確執で相当ヘビーな展開になるかと思ったら、八田の際限なしのHとか、栗ちゃんの作品の書籍化とかで、案外楽しい展開だった気が。

    唯一ドキドキしたのが、八田が指輪取り戻しに須田家に乗り込むところ!
    …でも、不思議ちゃんの奥と子供に毒気を抜かれた後の、アホらしい八田と須田の言い合いがなんだか面白すぎて…!

    こういうシリアスと笑いと狂気が紙一重な描き方が、ほんとにたまらないんですよね~
    痛いけど痛すぎない、クズなんだけどクズじゃないっていう、さじ加減が絶妙。

    ももは八田にこれからもずっとエロエロに愛されて幸せになって欲しいです!

    カバー下のちぎロマの表紙に大爆笑~!
    カッコよすぎる。

  6. ずっと…!

    ずっとこの2人(+くりちゃんも笑)は心の中で生きている!

    ももには八田ちゃん、八田ちゃんにはもも
    これがニコイチ!
    これがBL!

    大満足!

  7. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    2巻ではかなり暗い方向にいったけれど、3巻は母親との和解(?)も含めて、いい落とし所になったんじゃないかな。
    お隣さんも最後までいい子で愛おしくなった。
    オマケマンガがとても多くて、お得感がある。
  8. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    ?まず1巻→2巻→3巻の表紙の移り変わりに八田ちゃんとモモの幸せの過程を感じて、胸がじーんとなった。

    男女の恋愛ものや百合作品と比べて、BLの場合多くの作品に性描写がある印象で。
    …言ってもそこまで数読んだわけじゃないので怒られそうですが。

    現実でもある程度の年齢いってる恋仲同士なら遅かれ早かれほぼするわけだし、男性の方が性欲あるしで、当たり前っちゃ当たり前なのかな。
    ?ただまあ、それまであんなに初々しかった二人でもやっぱり性行為はがっつり!
    だったり、そもそも過程とかすっ飛ばしてとりあえずヤろうぜ!
    みたいなのも、それが良いとか悪いとかではなく事実として、多い印象はあって。

    この『やたもも』も性描写はかなり多め&激しめなんだけれど、そのことにちゃんと意味がある。
    というか性描写あってこその物語。
    それがよかった。

    積み重ねて積み重ねてからのやっと伝えることができた、身体中から溢れるようなモモの八田ちゃんへの「好き」…!
    泣きました。

    飼い主とヒモみたいなところから始まった二人。
    世間一般でいう「純愛」の在り方とは違うのかもしれないけど、なんか、すごく、愛だなーと思った。

    われ鍋にとじ蓋。
    だらしがなかったり凶暴なとこもあったり、完璧じゃなくっても、完璧じゃないひとりとひとりが出会って、互いに補い合い支え合い、恋し合い愛し合い、ひとつの確かな愛のかたちになる。

    人間そうすぐに変われるわけではないし、育った環境もその中で培った信念も物事の捉え方も何もかもが違う誰かと一緒にいるとままならないことばかり。
    それでも好きで大切に想う相手だから、一緒にいたいと思うから、衝突と愛を重ねながらちょっとずつちょっとずつ歩み寄っていく。
    そういう風にやっていく。
    それが共に生きていくということなんだな、と。

    モモと八田ちゃんだけじゃなく、モモと須田、モモと母親、須田と奥さん……其々の生き方があって関係性があって、時にはうまくいかず歪んだり壊れてしまうこともある。
    けれど壊れたその跡に新たに生まれるものもある。
    築いていけるものがある。

    今この瞬間からその先へ、これからも続いていく彼らの人生にその人なりの幸せがきっとある。
    そう信じることができる、素晴らしいエンディングでした。

  9. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    2巻ではかなり暗い方向にいったけれど、3巻は母親との和解(?)も含めて、いい落とし所になったんじゃないかな。
    お隣さんも最後までいい子で愛おしくなった。
    オマケマンガがとても多くて、お得感がある。
  10. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    ?まず1巻→2巻→3巻の表紙の移り変わりに八田ちゃんとモモの幸せの過程を感じて、胸がじーんとなった。

    男女の恋愛ものや百合作品と比べて、BLの場合多くの作品に性描写がある印象で。
    …言ってもそこまで数読んだわけじゃないので怒られそうですが。

    現実でもある程度の年齢いってる恋仲同士なら遅かれ早かれほぼするわけだし、男性の方が性欲あるしで、当たり前っちゃ当たり前なのかな。
    ?ただまあ、それまであんなに初々しかった二人でもやっぱり性行為はがっつり!
    だったり、そもそも過程とかすっ飛ばしてとりあえずヤろうぜ!
    みたいなのも、それが良いとか悪いとかではなく事実として、多い印象はあって。

    この『やたもも』も性描写はかなり多め&激しめなんだけれど、そのことにちゃんと意味がある。
    というか性描写あってこその物語。
    それがよかった。

    積み重ねて積み重ねてからのやっと伝えることができた、身体中から溢れるようなモモの八田ちゃんへの「好き」…!
    泣きました。

    飼い主とヒモみたいなところから始まった二人。
    世間一般でいう「純愛」の在り方とは違うのかもしれないけど、なんか、すごく、愛だなーと思った。

    われ鍋にとじ蓋。
    だらしがなかったり凶暴なとこもあったり、完璧じゃなくっても、完璧じゃないひとりとひとりが出会って、互いに補い合い支え合い、恋し合い愛し合い、ひとつの確かな愛のかたちになる。

    人間そうすぐに変われるわけではないし、育った環境もその中で培った信念も物事の捉え方も何もかもが違う誰かと一緒にいるとままならないことばかり。
    それでも好きで大切に想う相手だから、一緒にいたいと思うから、衝突と愛を重ねながらちょっとずつちょっとずつ歩み寄っていく。
    そういう風にやっていく。
    それが共に生きていくということなんだな、と。

    モモと八田ちゃんだけじゃなく、モモと須田、モモと母親、須田と奥さん……其々の生き方があって関係性があって、時にはうまくいかず歪んだり壊れてしまうこともある。
    けれど壊れたその跡に新たに生まれるものもある。
    築いていけるものがある。

    今この瞬間からその先へ、これからも続いていく彼らの人生にその人なりの幸せがきっとある。
    そう信じることができる、素晴らしいエンディングでした。

  11. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    母親との確執で相当ヘビーな展開になるかと思ったら、八田の際限なしのHとか、栗ちゃんの作品の書籍化とかで、案外楽しい展開だった気が。

    唯一ドキドキしたのが、八田が指輪取り戻しに須田家に乗り込むところ!
    …でも、不思議ちゃんの奥と子供に毒気を抜かれた後の、アホらしい八田と須田の言い合いがなんだか面白すぎて…!

    こういうシリアスと笑いと狂気が紙一重な描き方が、ほんとにたまらないんですよね~
    痛いけど痛すぎない、クズなんだけどクズじゃないっていう、さじ加減が絶妙。

    ももは八田にこれからもずっとエロエロに愛されて幸せになって欲しいです!

    カバー下のちぎロマの表紙に大爆笑~!
    カッコよすぎる。

  12. ずっと…!

    ずっとこの2人(+くりちゃんも笑)は心の中で生きている!

    ももには八田ちゃん、八田ちゃんにはもも
    これがニコイチ!
    これがBL!

    大満足!

  13. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    ?まず1巻→2巻→3巻の表紙の移り変わりに八田ちゃんとモモの幸せの過程を感じて、胸がじーんとなった。

    男女の恋愛ものや百合作品と比べて、BLの場合多くの作品に性描写がある印象で。
    …言ってもそこまで数読んだわけじゃないので怒られそうですが。

    現実でもある程度の年齢いってる恋仲同士なら遅かれ早かれほぼするわけだし、男性の方が性欲あるしで、当たり前っちゃ当たり前なのかな。
    ?ただまあ、それまであんなに初々しかった二人でもやっぱり性行為はがっつり!
    だったり、そもそも過程とかすっ飛ばしてとりあえずヤろうぜ!
    みたいなのも、それが良いとか悪いとかではなく事実として、多い印象はあって。

    この『やたもも』も性描写はかなり多め&激しめなんだけれど、そのことにちゃんと意味がある。
    というか性描写あってこその物語。
    それがよかった。

    積み重ねて積み重ねてからのやっと伝えることができた、身体中から溢れるようなモモの八田ちゃんへの「好き」…!
    泣きました。

    飼い主とヒモみたいなところから始まった二人。
    世間一般でいう「純愛」の在り方とは違うのかもしれないけど、なんか、すごく、愛だなーと思った。

    われ鍋にとじ蓋。
    だらしがなかったり凶暴なとこもあったり、完璧じゃなくっても、完璧じゃないひとりとひとりが出会って、互いに補い合い支え合い、恋し合い愛し合い、ひとつの確かな愛のかたちになる。

    人間そうすぐに変われるわけではないし、育った環境もその中で培った信念も物事の捉え方も何もかもが違う誰かと一緒にいるとままならないことばかり。
    それでも好きで大切に想う相手だから、一緒にいたいと思うから、衝突と愛を重ねながらちょっとずつちょっとずつ歩み寄っていく。
    そういう風にやっていく。
    それが共に生きていくということなんだな、と。

    モモと八田ちゃんだけじゃなく、モモと須田、モモと母親、須田と奥さん……其々の生き方があって関係性があって、時にはうまくいかず歪んだり壊れてしまうこともある。
    けれど壊れたその跡に新たに生まれるものもある。
    築いていけるものがある。

    今この瞬間からその先へ、これからも続いていく彼らの人生にその人なりの幸せがきっとある。
    そう信じることができる、素晴らしいエンディングでした。

  14. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    2巻ではかなり暗い方向にいったけれど、3巻は母親との和解(?)も含めて、いい落とし所になったんじゃないかな。
    お隣さんも最後までいい子で愛おしくなった。
    オマケマンガがとても多くて、お得感がある。
  15. ずっと…!

    ずっとこの2人(+くりちゃんも笑)は心の中で生きている!

    ももには八田ちゃん、八田ちゃんにはもも
    これがニコイチ!
    これがBL!

    大満足!

  16. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    母親との確執で相当ヘビーな展開になるかと思ったら、八田の際限なしのHとか、栗ちゃんの作品の書籍化とかで、案外楽しい展開だった気が。

    唯一ドキドキしたのが、八田が指輪取り戻しに須田家に乗り込むところ!
    …でも、不思議ちゃんの奥と子供に毒気を抜かれた後の、アホらしい八田と須田の言い合いがなんだか面白すぎて…!

    こういうシリアスと笑いと狂気が紙一重な描き方が、ほんとにたまらないんですよね~
    痛いけど痛すぎない、クズなんだけどクズじゃないっていう、さじ加減が絶妙。

    ももは八田にこれからもずっとエロエロに愛されて幸せになって欲しいです!

    カバー下のちぎロマの表紙に大爆笑~!
    カッコよすぎる。

  17. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    2巻ではかなり暗い方向にいったけれど、3巻は母親との和解(?)も含めて、いい落とし所になったんじゃないかな。
    お隣さんも最後までいい子で愛おしくなった。
    オマケマンガがとても多くて、お得感がある。
  18. ずっと…!

    ずっとこの2人(+くりちゃんも笑)は心の中で生きている!

    ももには八田ちゃん、八田ちゃんにはもも
    これがニコイチ!
    これがBL!

    大満足!

  19. ずっと…!

    ずっとこの2人(+くりちゃんも笑)は心の中で生きている!

    ももには八田ちゃん、八田ちゃんにはもも
    これがニコイチ!
    これがBL!

    大満足!

  20. ずっと…!

    ずっとこの2人(+くりちゃんも笑)は心の中で生きている!

    ももには八田ちゃん、八田ちゃんにはもも
    これがニコイチ!
    これがBL!

    大満足!

  21. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    2巻ではかなり暗い方向にいったけれど、3巻は母親との和解(?)も含めて、いい落とし所になったんじゃないかな。
    お隣さんも最後までいい子で愛おしくなった。
    オマケマンガがとても多くて、お得感がある。
  22. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    ?まず1巻→2巻→3巻の表紙の移り変わりに八田ちゃんとモモの幸せの過程を感じて、胸がじーんとなった。

    男女の恋愛ものや百合作品と比べて、BLの場合多くの作品に性描写がある印象で。
    …言ってもそこまで数読んだわけじゃないので怒られそうですが。

    現実でもある程度の年齢いってる恋仲同士なら遅かれ早かれほぼするわけだし、男性の方が性欲あるしで、当たり前っちゃ当たり前なのかな。
    ?ただまあ、それまであんなに初々しかった二人でもやっぱり性行為はがっつり!
    だったり、そもそも過程とかすっ飛ばしてとりあえずヤろうぜ!
    みたいなのも、それが良いとか悪いとかではなく事実として、多い印象はあって。

    この『やたもも』も性描写はかなり多め&激しめなんだけれど、そのことにちゃんと意味がある。
    というか性描写あってこその物語。
    それがよかった。

    積み重ねて積み重ねてからのやっと伝えることができた、身体中から溢れるようなモモの八田ちゃんへの「好き」…!
    泣きました。

    飼い主とヒモみたいなところから始まった二人。
    世間一般でいう「純愛」の在り方とは違うのかもしれないけど、なんか、すごく、愛だなーと思った。

    われ鍋にとじ蓋。
    だらしがなかったり凶暴なとこもあったり、完璧じゃなくっても、完璧じゃないひとりとひとりが出会って、互いに補い合い支え合い、恋し合い愛し合い、ひとつの確かな愛のかたちになる。

    人間そうすぐに変われるわけではないし、育った環境もその中で培った信念も物事の捉え方も何もかもが違う誰かと一緒にいるとままならないことばかり。
    それでも好きで大切に想う相手だから、一緒にいたいと思うから、衝突と愛を重ねながらちょっとずつちょっとずつ歩み寄っていく。
    そういう風にやっていく。
    それが共に生きていくということなんだな、と。

    モモと八田ちゃんだけじゃなく、モモと須田、モモと母親、須田と奥さん……其々の生き方があって関係性があって、時にはうまくいかず歪んだり壊れてしまうこともある。
    けれど壊れたその跡に新たに生まれるものもある。
    築いていけるものがある。

    今この瞬間からその先へ、これからも続いていく彼らの人生にその人なりの幸せがきっとある。
    そう信じることができる、素晴らしいエンディングでした。

  23. ずっと…!

    ずっとこの2人(+くりちゃんも笑)は心の中で生きている!

    ももには八田ちゃん、八田ちゃんにはもも
    これがニコイチ!
    これがBL!

    大満足!

  24. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    2巻ではかなり暗い方向にいったけれど、3巻は母親との和解(?)も含めて、いい落とし所になったんじゃないかな。
    お隣さんも最後までいい子で愛おしくなった。
    オマケマンガがとても多くて、お得感がある。
  25. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    母親との確執で相当ヘビーな展開になるかと思ったら、八田の際限なしのHとか、栗ちゃんの作品の書籍化とかで、案外楽しい展開だった気が。

    唯一ドキドキしたのが、八田が指輪取り戻しに須田家に乗り込むところ!
    …でも、不思議ちゃんの奥と子供に毒気を抜かれた後の、アホらしい八田と須田の言い合いがなんだか面白すぎて…!

    こういうシリアスと笑いと狂気が紙一重な描き方が、ほんとにたまらないんですよね~
    痛いけど痛すぎない、クズなんだけどクズじゃないっていう、さじ加減が絶妙。

    ももは八田にこれからもずっとエロエロに愛されて幸せになって欲しいです!

    カバー下のちぎロマの表紙に大爆笑~!
    カッコよすぎる。

  26. ずっと…!

    ずっとこの2人(+くりちゃんも笑)は心の中で生きている!

    ももには八田ちゃん、八田ちゃんにはもも
    これがニコイチ!
    これがBL!

    大満足!

  27. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    母親との確執で相当ヘビーな展開になるかと思ったら、八田の際限なしのHとか、栗ちゃんの作品の書籍化とかで、案外楽しい展開だった気が。

    唯一ドキドキしたのが、八田が指輪取り戻しに須田家に乗り込むところ!
    …でも、不思議ちゃんの奥と子供に毒気を抜かれた後の、アホらしい八田と須田の言い合いがなんだか面白すぎて…!

    こういうシリアスと笑いと狂気が紙一重な描き方が、ほんとにたまらないんですよね~
    痛いけど痛すぎない、クズなんだけどクズじゃないっていう、さじ加減が絶妙。

    ももは八田にこれからもずっとエロエロに愛されて幸せになって欲しいです!

    カバー下のちぎロマの表紙に大爆笑~!
    カッコよすぎる。

  28. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    ?まず1巻→2巻→3巻の表紙の移り変わりに八田ちゃんとモモの幸せの過程を感じて、胸がじーんとなった。

    男女の恋愛ものや百合作品と比べて、BLの場合多くの作品に性描写がある印象で。
    …言ってもそこまで数読んだわけじゃないので怒られそうですが。

    現実でもある程度の年齢いってる恋仲同士なら遅かれ早かれほぼするわけだし、男性の方が性欲あるしで、当たり前っちゃ当たり前なのかな。
    ?ただまあ、それまであんなに初々しかった二人でもやっぱり性行為はがっつり!
    だったり、そもそも過程とかすっ飛ばしてとりあえずヤろうぜ!
    みたいなのも、それが良いとか悪いとかではなく事実として、多い印象はあって。

    この『やたもも』も性描写はかなり多め&激しめなんだけれど、そのことにちゃんと意味がある。
    というか性描写あってこその物語。
    それがよかった。

    積み重ねて積み重ねてからのやっと伝えることができた、身体中から溢れるようなモモの八田ちゃんへの「好き」…!
    泣きました。

    飼い主とヒモみたいなところから始まった二人。
    世間一般でいう「純愛」の在り方とは違うのかもしれないけど、なんか、すごく、愛だなーと思った。

    われ鍋にとじ蓋。
    だらしがなかったり凶暴なとこもあったり、完璧じゃなくっても、完璧じゃないひとりとひとりが出会って、互いに補い合い支え合い、恋し合い愛し合い、ひとつの確かな愛のかたちになる。

    人間そうすぐに変われるわけではないし、育った環境もその中で培った信念も物事の捉え方も何もかもが違う誰かと一緒にいるとままならないことばかり。
    それでも好きで大切に想う相手だから、一緒にいたいと思うから、衝突と愛を重ねながらちょっとずつちょっとずつ歩み寄っていく。
    そういう風にやっていく。
    それが共に生きていくということなんだな、と。

    モモと八田ちゃんだけじゃなく、モモと須田、モモと母親、須田と奥さん……其々の生き方があって関係性があって、時にはうまくいかず歪んだり壊れてしまうこともある。
    けれど壊れたその跡に新たに生まれるものもある。
    築いていけるものがある。

    今この瞬間からその先へ、これからも続いていく彼らの人生にその人なりの幸せがきっとある。
    そう信じることができる、素晴らしいエンディングでした。

  29. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    母親との確執で相当ヘビーな展開になるかと思ったら、八田の際限なしのHとか、栗ちゃんの作品の書籍化とかで、案外楽しい展開だった気が。

    唯一ドキドキしたのが、八田が指輪取り戻しに須田家に乗り込むところ!
    …でも、不思議ちゃんの奥と子供に毒気を抜かれた後の、アホらしい八田と須田の言い合いがなんだか面白すぎて…!

    こういうシリアスと笑いと狂気が紙一重な描き方が、ほんとにたまらないんですよね~
    痛いけど痛すぎない、クズなんだけどクズじゃないっていう、さじ加減が絶妙。

    ももは八田にこれからもずっとエロエロに愛されて幸せになって欲しいです!

    カバー下のちぎロマの表紙に大爆笑~!
    カッコよすぎる。

  30. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    母親との確執で相当ヘビーな展開になるかと思ったら、八田の際限なしのHとか、栗ちゃんの作品の書籍化とかで、案外楽しい展開だった気が。

    唯一ドキドキしたのが、八田が指輪取り戻しに須田家に乗り込むところ!
    …でも、不思議ちゃんの奥と子供に毒気を抜かれた後の、アホらしい八田と須田の言い合いがなんだか面白すぎて…!

    こういうシリアスと笑いと狂気が紙一重な描き方が、ほんとにたまらないんですよね~
    痛いけど痛すぎない、クズなんだけどクズじゃないっていう、さじ加減が絶妙。

    ももは八田にこれからもずっとエロエロに愛されて幸せになって欲しいです!

    カバー下のちぎロマの表紙に大爆笑~!
    カッコよすぎる。

  31. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    母親との確執で相当ヘビーな展開になるかと思ったら、八田の際限なしのHとか、栗ちゃんの作品の書籍化とかで、案外楽しい展開だった気が。

    唯一ドキドキしたのが、八田が指輪取り戻しに須田家に乗り込むところ!
    …でも、不思議ちゃんの奥と子供に毒気を抜かれた後の、アホらしい八田と須田の言い合いがなんだか面白すぎて…!

    こういうシリアスと笑いと狂気が紙一重な描き方が、ほんとにたまらないんですよね~
    痛いけど痛すぎない、クズなんだけどクズじゃないっていう、さじ加減が絶妙。

    ももは八田にこれからもずっとエロエロに愛されて幸せになって欲しいです!

    カバー下のちぎロマの表紙に大爆笑~!
    カッコよすぎる。

  32. ずっと…!

    ずっとこの2人(+くりちゃんも笑)は心の中で生きている!

    ももには八田ちゃん、八田ちゃんにはもも
    これがニコイチ!
    これがBL!

    大満足!

  33. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    ?まず1巻→2巻→3巻の表紙の移り変わりに八田ちゃんとモモの幸せの過程を感じて、胸がじーんとなった。

    男女の恋愛ものや百合作品と比べて、BLの場合多くの作品に性描写がある印象で。
    …言ってもそこまで数読んだわけじゃないので怒られそうですが。

    現実でもある程度の年齢いってる恋仲同士なら遅かれ早かれほぼするわけだし、男性の方が性欲あるしで、当たり前っちゃ当たり前なのかな。
    ?ただまあ、それまであんなに初々しかった二人でもやっぱり性行為はがっつり!
    だったり、そもそも過程とかすっ飛ばしてとりあえずヤろうぜ!
    みたいなのも、それが良いとか悪いとかではなく事実として、多い印象はあって。

    この『やたもも』も性描写はかなり多め&激しめなんだけれど、そのことにちゃんと意味がある。
    というか性描写あってこその物語。
    それがよかった。

    積み重ねて積み重ねてからのやっと伝えることができた、身体中から溢れるようなモモの八田ちゃんへの「好き」…!
    泣きました。

    飼い主とヒモみたいなところから始まった二人。
    世間一般でいう「純愛」の在り方とは違うのかもしれないけど、なんか、すごく、愛だなーと思った。

    われ鍋にとじ蓋。
    だらしがなかったり凶暴なとこもあったり、完璧じゃなくっても、完璧じゃないひとりとひとりが出会って、互いに補い合い支え合い、恋し合い愛し合い、ひとつの確かな愛のかたちになる。

    人間そうすぐに変われるわけではないし、育った環境もその中で培った信念も物事の捉え方も何もかもが違う誰かと一緒にいるとままならないことばかり。
    それでも好きで大切に想う相手だから、一緒にいたいと思うから、衝突と愛を重ねながらちょっとずつちょっとずつ歩み寄っていく。
    そういう風にやっていく。
    それが共に生きていくということなんだな、と。

    モモと八田ちゃんだけじゃなく、モモと須田、モモと母親、須田と奥さん……其々の生き方があって関係性があって、時にはうまくいかず歪んだり壊れてしまうこともある。
    けれど壊れたその跡に新たに生まれるものもある。
    築いていけるものがある。

    今この瞬間からその先へ、これからも続いていく彼らの人生にその人なりの幸せがきっとある。
    そう信じることができる、素晴らしいエンディングでした。

  34. ずっと…!

    ずっとこの2人(+くりちゃんも笑)は心の中で生きている!

    ももには八田ちゃん、八田ちゃんにはもも
    これがニコイチ!
    これがBL!

    大満足!

  35. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    2巻ではかなり暗い方向にいったけれど、3巻は母親との和解(?)も含めて、いい落とし所になったんじゃないかな。
    お隣さんも最後までいい子で愛おしくなった。
    オマケマンガがとても多くて、お得感がある。
  36. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    ?まず1巻→2巻→3巻の表紙の移り変わりに八田ちゃんとモモの幸せの過程を感じて、胸がじーんとなった。

    男女の恋愛ものや百合作品と比べて、BLの場合多くの作品に性描写がある印象で。
    …言ってもそこまで数読んだわけじゃないので怒られそうですが。

    現実でもある程度の年齢いってる恋仲同士なら遅かれ早かれほぼするわけだし、男性の方が性欲あるしで、当たり前っちゃ当たり前なのかな。
    ?ただまあ、それまであんなに初々しかった二人でもやっぱり性行為はがっつり!
    だったり、そもそも過程とかすっ飛ばしてとりあえずヤろうぜ!
    みたいなのも、それが良いとか悪いとかではなく事実として、多い印象はあって。

    この『やたもも』も性描写はかなり多め&激しめなんだけれど、そのことにちゃんと意味がある。
    というか性描写あってこその物語。
    それがよかった。

    積み重ねて積み重ねてからのやっと伝えることができた、身体中から溢れるようなモモの八田ちゃんへの「好き」…!
    泣きました。

    飼い主とヒモみたいなところから始まった二人。
    世間一般でいう「純愛」の在り方とは違うのかもしれないけど、なんか、すごく、愛だなーと思った。

    われ鍋にとじ蓋。
    だらしがなかったり凶暴なとこもあったり、完璧じゃなくっても、完璧じゃないひとりとひとりが出会って、互いに補い合い支え合い、恋し合い愛し合い、ひとつの確かな愛のかたちになる。

    人間そうすぐに変われるわけではないし、育った環境もその中で培った信念も物事の捉え方も何もかもが違う誰かと一緒にいるとままならないことばかり。
    それでも好きで大切に想う相手だから、一緒にいたいと思うから、衝突と愛を重ねながらちょっとずつちょっとずつ歩み寄っていく。
    そういう風にやっていく。
    それが共に生きていくということなんだな、と。

    モモと八田ちゃんだけじゃなく、モモと須田、モモと母親、須田と奥さん……其々の生き方があって関係性があって、時にはうまくいかず歪んだり壊れてしまうこともある。
    けれど壊れたその跡に新たに生まれるものもある。
    築いていけるものがある。

    今この瞬間からその先へ、これからも続いていく彼らの人生にその人なりの幸せがきっとある。
    そう信じることができる、素晴らしいエンディングでした。

  37. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    2巻ではかなり暗い方向にいったけれど、3巻は母親との和解(?)も含めて、いい落とし所になったんじゃないかな。
    お隣さんも最後までいい子で愛おしくなった。
    オマケマンガがとても多くて、お得感がある。
  38. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    母親との確執で相当ヘビーな展開になるかと思ったら、八田の際限なしのHとか、栗ちゃんの作品の書籍化とかで、案外楽しい展開だった気が。

    唯一ドキドキしたのが、八田が指輪取り戻しに須田家に乗り込むところ!
    …でも、不思議ちゃんの奥と子供に毒気を抜かれた後の、アホらしい八田と須田の言い合いがなんだか面白すぎて…!

    こういうシリアスと笑いと狂気が紙一重な描き方が、ほんとにたまらないんですよね~
    痛いけど痛すぎない、クズなんだけどクズじゃないっていう、さじ加減が絶妙。

    ももは八田にこれからもずっとエロエロに愛されて幸せになって欲しいです!

    カバー下のちぎロマの表紙に大爆笑~!
    カッコよすぎる。

  39. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    2巻ではかなり暗い方向にいったけれど、3巻は母親との和解(?)も含めて、いい落とし所になったんじゃないかな。
    お隣さんも最後までいい子で愛おしくなった。
    オマケマンガがとても多くて、お得感がある。
  40. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    母親との確執で相当ヘビーな展開になるかと思ったら、八田の際限なしのHとか、栗ちゃんの作品の書籍化とかで、案外楽しい展開だった気が。

    唯一ドキドキしたのが、八田が指輪取り戻しに須田家に乗り込むところ!
    …でも、不思議ちゃんの奥と子供に毒気を抜かれた後の、アホらしい八田と須田の言い合いがなんだか面白すぎて…!

    こういうシリアスと笑いと狂気が紙一重な描き方が、ほんとにたまらないんですよね~
    痛いけど痛すぎない、クズなんだけどクズじゃないっていう、さじ加減が絶妙。

    ももは八田にこれからもずっとエロエロに愛されて幸せになって欲しいです!

    カバー下のちぎロマの表紙に大爆笑~!
    カッコよすぎる。

  41. ずっと…!

    ずっとこの2人(+くりちゃんも笑)は心の中で生きている!

    ももには八田ちゃん、八田ちゃんにはもも
    これがニコイチ!
    これがBL!

    大満足!

  42. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    母親との確執で相当ヘビーな展開になるかと思ったら、八田の際限なしのHとか、栗ちゃんの作品の書籍化とかで、案外楽しい展開だった気が。

    唯一ドキドキしたのが、八田が指輪取り戻しに須田家に乗り込むところ!
    …でも、不思議ちゃんの奥と子供に毒気を抜かれた後の、アホらしい八田と須田の言い合いがなんだか面白すぎて…!

    こういうシリアスと笑いと狂気が紙一重な描き方が、ほんとにたまらないんですよね~
    痛いけど痛すぎない、クズなんだけどクズじゃないっていう、さじ加減が絶妙。

    ももは八田にこれからもずっとエロエロに愛されて幸せになって欲しいです!

    カバー下のちぎロマの表紙に大爆笑~!
    カッコよすぎる。

  43. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    母親との確執で相当ヘビーな展開になるかと思ったら、八田の際限なしのHとか、栗ちゃんの作品の書籍化とかで、案外楽しい展開だった気が。

    唯一ドキドキしたのが、八田が指輪取り戻しに須田家に乗り込むところ!
    …でも、不思議ちゃんの奥と子供に毒気を抜かれた後の、アホらしい八田と須田の言い合いがなんだか面白すぎて…!

    こういうシリアスと笑いと狂気が紙一重な描き方が、ほんとにたまらないんですよね~
    痛いけど痛すぎない、クズなんだけどクズじゃないっていう、さじ加減が絶妙。

    ももは八田にこれからもずっとエロエロに愛されて幸せになって欲しいです!

    カバー下のちぎロマの表紙に大爆笑~!
    カッコよすぎる。

  44. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    2巻ではかなり暗い方向にいったけれど、3巻は母親との和解(?)も含めて、いい落とし所になったんじゃないかな。
    お隣さんも最後までいい子で愛おしくなった。
    オマケマンガがとても多くて、お得感がある。
  45. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    ?まず1巻→2巻→3巻の表紙の移り変わりに八田ちゃんとモモの幸せの過程を感じて、胸がじーんとなった。

    男女の恋愛ものや百合作品と比べて、BLの場合多くの作品に性描写がある印象で。
    …言ってもそこまで数読んだわけじゃないので怒られそうですが。

    現実でもある程度の年齢いってる恋仲同士なら遅かれ早かれほぼするわけだし、男性の方が性欲あるしで、当たり前っちゃ当たり前なのかな。
    ?ただまあ、それまであんなに初々しかった二人でもやっぱり性行為はがっつり!
    だったり、そもそも過程とかすっ飛ばしてとりあえずヤろうぜ!
    みたいなのも、それが良いとか悪いとかではなく事実として、多い印象はあって。

    この『やたもも』も性描写はかなり多め&激しめなんだけれど、そのことにちゃんと意味がある。
    というか性描写あってこその物語。
    それがよかった。

    積み重ねて積み重ねてからのやっと伝えることができた、身体中から溢れるようなモモの八田ちゃんへの「好き」…!
    泣きました。

    飼い主とヒモみたいなところから始まった二人。
    世間一般でいう「純愛」の在り方とは違うのかもしれないけど、なんか、すごく、愛だなーと思った。

    われ鍋にとじ蓋。
    だらしがなかったり凶暴なとこもあったり、完璧じゃなくっても、完璧じゃないひとりとひとりが出会って、互いに補い合い支え合い、恋し合い愛し合い、ひとつの確かな愛のかたちになる。

    人間そうすぐに変われるわけではないし、育った環境もその中で培った信念も物事の捉え方も何もかもが違う誰かと一緒にいるとままならないことばかり。
    それでも好きで大切に想う相手だから、一緒にいたいと思うから、衝突と愛を重ねながらちょっとずつちょっとずつ歩み寄っていく。
    そういう風にやっていく。
    それが共に生きていくということなんだな、と。

    モモと八田ちゃんだけじゃなく、モモと須田、モモと母親、須田と奥さん……其々の生き方があって関係性があって、時にはうまくいかず歪んだり壊れてしまうこともある。
    けれど壊れたその跡に新たに生まれるものもある。
    築いていけるものがある。

    今この瞬間からその先へ、これからも続いていく彼らの人生にその人なりの幸せがきっとある。
    そう信じることができる、素晴らしいエンディングでした。

  46. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    ?まず1巻→2巻→3巻の表紙の移り変わりに八田ちゃんとモモの幸せの過程を感じて、胸がじーんとなった。

    男女の恋愛ものや百合作品と比べて、BLの場合多くの作品に性描写がある印象で。
    …言ってもそこまで数読んだわけじゃないので怒られそうですが。

    現実でもある程度の年齢いってる恋仲同士なら遅かれ早かれほぼするわけだし、男性の方が性欲あるしで、当たり前っちゃ当たり前なのかな。
    ?ただまあ、それまであんなに初々しかった二人でもやっぱり性行為はがっつり!
    だったり、そもそも過程とかすっ飛ばしてとりあえずヤろうぜ!
    みたいなのも、それが良いとか悪いとかではなく事実として、多い印象はあって。

    この『やたもも』も性描写はかなり多め&激しめなんだけれど、そのことにちゃんと意味がある。
    というか性描写あってこその物語。
    それがよかった。

    積み重ねて積み重ねてからのやっと伝えることができた、身体中から溢れるようなモモの八田ちゃんへの「好き」…!
    泣きました。

    飼い主とヒモみたいなところから始まった二人。
    世間一般でいう「純愛」の在り方とは違うのかもしれないけど、なんか、すごく、愛だなーと思った。

    われ鍋にとじ蓋。
    だらしがなかったり凶暴なとこもあったり、完璧じゃなくっても、完璧じゃないひとりとひとりが出会って、互いに補い合い支え合い、恋し合い愛し合い、ひとつの確かな愛のかたちになる。

    人間そうすぐに変われるわけではないし、育った環境もその中で培った信念も物事の捉え方も何もかもが違う誰かと一緒にいるとままならないことばかり。
    それでも好きで大切に想う相手だから、一緒にいたいと思うから、衝突と愛を重ねながらちょっとずつちょっとずつ歩み寄っていく。
    そういう風にやっていく。
    それが共に生きていくということなんだな、と。

    モモと八田ちゃんだけじゃなく、モモと須田、モモと母親、須田と奥さん……其々の生き方があって関係性があって、時にはうまくいかず歪んだり壊れてしまうこともある。
    けれど壊れたその跡に新たに生まれるものもある。
    築いていけるものがある。

    今この瞬間からその先へ、これからも続いていく彼らの人生にその人なりの幸せがきっとある。
    そう信じることができる、素晴らしいエンディングでした。

  47. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    母親との確執で相当ヘビーな展開になるかと思ったら、八田の際限なしのHとか、栗ちゃんの作品の書籍化とかで、案外楽しい展開だった気が。

    唯一ドキドキしたのが、八田が指輪取り戻しに須田家に乗り込むところ!
    …でも、不思議ちゃんの奥と子供に毒気を抜かれた後の、アホらしい八田と須田の言い合いがなんだか面白すぎて…!

    こういうシリアスと笑いと狂気が紙一重な描き方が、ほんとにたまらないんですよね~
    痛いけど痛すぎない、クズなんだけどクズじゃないっていう、さじ加減が絶妙。

    ももは八田にこれからもずっとエロエロに愛されて幸せになって欲しいです!

    カバー下のちぎロマの表紙に大爆笑~!
    カッコよすぎる。

  48. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    2巻ではかなり暗い方向にいったけれど、3巻は母親との和解(?)も含めて、いい落とし所になったんじゃないかな。
    お隣さんも最後までいい子で愛おしくなった。
    オマケマンガがとても多くて、お得感がある。
  49. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    母親との確執で相当ヘビーな展開になるかと思ったら、八田の際限なしのHとか、栗ちゃんの作品の書籍化とかで、案外楽しい展開だった気が。

    唯一ドキドキしたのが、八田が指輪取り戻しに須田家に乗り込むところ!
    …でも、不思議ちゃんの奥と子供に毒気を抜かれた後の、アホらしい八田と須田の言い合いがなんだか面白すぎて…!

    こういうシリアスと笑いと狂気が紙一重な描き方が、ほんとにたまらないんですよね~
    痛いけど痛すぎない、クズなんだけどクズじゃないっていう、さじ加減が絶妙。

    ももは八田にこれからもずっとエロエロに愛されて幸せになって欲しいです!

    カバー下のちぎロマの表紙に大爆笑~!
    カッコよすぎる。

  50. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    ?まず1巻→2巻→3巻の表紙の移り変わりに八田ちゃんとモモの幸せの過程を感じて、胸がじーんとなった。

    男女の恋愛ものや百合作品と比べて、BLの場合多くの作品に性描写がある印象で。
    …言ってもそこまで数読んだわけじゃないので怒られそうですが。

    現実でもある程度の年齢いってる恋仲同士なら遅かれ早かれほぼするわけだし、男性の方が性欲あるしで、当たり前っちゃ当たり前なのかな。
    ?ただまあ、それまであんなに初々しかった二人でもやっぱり性行為はがっつり!
    だったり、そもそも過程とかすっ飛ばしてとりあえずヤろうぜ!
    みたいなのも、それが良いとか悪いとかではなく事実として、多い印象はあって。

    この『やたもも』も性描写はかなり多め&激しめなんだけれど、そのことにちゃんと意味がある。
    というか性描写あってこその物語。
    それがよかった。

    積み重ねて積み重ねてからのやっと伝えることができた、身体中から溢れるようなモモの八田ちゃんへの「好き」…!
    泣きました。

    飼い主とヒモみたいなところから始まった二人。
    世間一般でいう「純愛」の在り方とは違うのかもしれないけど、なんか、すごく、愛だなーと思った。

    われ鍋にとじ蓋。
    だらしがなかったり凶暴なとこもあったり、完璧じゃなくっても、完璧じゃないひとりとひとりが出会って、互いに補い合い支え合い、恋し合い愛し合い、ひとつの確かな愛のかたちになる。

    人間そうすぐに変われるわけではないし、育った環境もその中で培った信念も物事の捉え方も何もかもが違う誰かと一緒にいるとままならないことばかり。
    それでも好きで大切に想う相手だから、一緒にいたいと思うから、衝突と愛を重ねながらちょっとずつちょっとずつ歩み寄っていく。
    そういう風にやっていく。
    それが共に生きていくということなんだな、と。

    モモと八田ちゃんだけじゃなく、モモと須田、モモと母親、須田と奥さん……其々の生き方があって関係性があって、時にはうまくいかず歪んだり壊れてしまうこともある。
    けれど壊れたその跡に新たに生まれるものもある。
    築いていけるものがある。

    今この瞬間からその先へ、これからも続いていく彼らの人生にその人なりの幸せがきっとある。
    そう信じることができる、素晴らしいエンディングでした。

  51. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    2巻ではかなり暗い方向にいったけれど、3巻は母親との和解(?)も含めて、いい落とし所になったんじゃないかな。
    お隣さんも最後までいい子で愛おしくなった。
    オマケマンガがとても多くて、お得感がある。
  52. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    2巻ではかなり暗い方向にいったけれど、3巻は母親との和解(?)も含めて、いい落とし所になったんじゃないかな。
    お隣さんも最後までいい子で愛おしくなった。
    オマケマンガがとても多くて、お得感がある。
  53. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    ?まず1巻→2巻→3巻の表紙の移り変わりに八田ちゃんとモモの幸せの過程を感じて、胸がじーんとなった。

    男女の恋愛ものや百合作品と比べて、BLの場合多くの作品に性描写がある印象で。
    …言ってもそこまで数読んだわけじゃないので怒られそうですが。

    現実でもある程度の年齢いってる恋仲同士なら遅かれ早かれほぼするわけだし、男性の方が性欲あるしで、当たり前っちゃ当たり前なのかな。
    ?ただまあ、それまであんなに初々しかった二人でもやっぱり性行為はがっつり!
    だったり、そもそも過程とかすっ飛ばしてとりあえずヤろうぜ!
    みたいなのも、それが良いとか悪いとかではなく事実として、多い印象はあって。

    この『やたもも』も性描写はかなり多め&激しめなんだけれど、そのことにちゃんと意味がある。
    というか性描写あってこその物語。
    それがよかった。

    積み重ねて積み重ねてからのやっと伝えることができた、身体中から溢れるようなモモの八田ちゃんへの「好き」…!
    泣きました。

    飼い主とヒモみたいなところから始まった二人。
    世間一般でいう「純愛」の在り方とは違うのかもしれないけど、なんか、すごく、愛だなーと思った。

    われ鍋にとじ蓋。
    だらしがなかったり凶暴なとこもあったり、完璧じゃなくっても、完璧じゃないひとりとひとりが出会って、互いに補い合い支え合い、恋し合い愛し合い、ひとつの確かな愛のかたちになる。

    人間そうすぐに変われるわけではないし、育った環境もその中で培った信念も物事の捉え方も何もかもが違う誰かと一緒にいるとままならないことばかり。
    それでも好きで大切に想う相手だから、一緒にいたいと思うから、衝突と愛を重ねながらちょっとずつちょっとずつ歩み寄っていく。
    そういう風にやっていく。
    それが共に生きていくということなんだな、と。

    モモと八田ちゃんだけじゃなく、モモと須田、モモと母親、須田と奥さん……其々の生き方があって関係性があって、時にはうまくいかず歪んだり壊れてしまうこともある。
    けれど壊れたその跡に新たに生まれるものもある。
    築いていけるものがある。

    今この瞬間からその先へ、これからも続いていく彼らの人生にその人なりの幸せがきっとある。
    そう信じることができる、素晴らしいエンディングでした。

  54. ずっと…!

    ずっとこの2人(+くりちゃんも笑)は心の中で生きている!

    ももには八田ちゃん、八田ちゃんにはもも
    これがニコイチ!
    これがBL!

    大満足!

  55. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    ?まず1巻→2巻→3巻の表紙の移り変わりに八田ちゃんとモモの幸せの過程を感じて、胸がじーんとなった。

    男女の恋愛ものや百合作品と比べて、BLの場合多くの作品に性描写がある印象で。
    …言ってもそこまで数読んだわけじゃないので怒られそうですが。

    現実でもある程度の年齢いってる恋仲同士なら遅かれ早かれほぼするわけだし、男性の方が性欲あるしで、当たり前っちゃ当たり前なのかな。
    ?ただまあ、それまであんなに初々しかった二人でもやっぱり性行為はがっつり!
    だったり、そもそも過程とかすっ飛ばしてとりあえずヤろうぜ!
    みたいなのも、それが良いとか悪いとかではなく事実として、多い印象はあって。

    この『やたもも』も性描写はかなり多め&激しめなんだけれど、そのことにちゃんと意味がある。
    というか性描写あってこその物語。
    それがよかった。

    積み重ねて積み重ねてからのやっと伝えることができた、身体中から溢れるようなモモの八田ちゃんへの「好き」…!
    泣きました。

    飼い主とヒモみたいなところから始まった二人。
    世間一般でいう「純愛」の在り方とは違うのかもしれないけど、なんか、すごく、愛だなーと思った。

    われ鍋にとじ蓋。
    だらしがなかったり凶暴なとこもあったり、完璧じゃなくっても、完璧じゃないひとりとひとりが出会って、互いに補い合い支え合い、恋し合い愛し合い、ひとつの確かな愛のかたちになる。

    人間そうすぐに変われるわけではないし、育った環境もその中で培った信念も物事の捉え方も何もかもが違う誰かと一緒にいるとままならないことばかり。
    それでも好きで大切に想う相手だから、一緒にいたいと思うから、衝突と愛を重ねながらちょっとずつちょっとずつ歩み寄っていく。
    そういう風にやっていく。
    それが共に生きていくということなんだな、と。

    モモと八田ちゃんだけじゃなく、モモと須田、モモと母親、須田と奥さん……其々の生き方があって関係性があって、時にはうまくいかず歪んだり壊れてしまうこともある。
    けれど壊れたその跡に新たに生まれるものもある。
    築いていけるものがある。

    今この瞬間からその先へ、これからも続いていく彼らの人生にその人なりの幸せがきっとある。
    そう信じることができる、素晴らしいエンディングでした。

  56. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    母親との確執で相当ヘビーな展開になるかと思ったら、八田の際限なしのHとか、栗ちゃんの作品の書籍化とかで、案外楽しい展開だった気が。

    唯一ドキドキしたのが、八田が指輪取り戻しに須田家に乗り込むところ!
    …でも、不思議ちゃんの奥と子供に毒気を抜かれた後の、アホらしい八田と須田の言い合いがなんだか面白すぎて…!

    こういうシリアスと笑いと狂気が紙一重な描き方が、ほんとにたまらないんですよね~
    痛いけど痛すぎない、クズなんだけどクズじゃないっていう、さじ加減が絶妙。

    ももは八田にこれからもずっとエロエロに愛されて幸せになって欲しいです!

    カバー下のちぎロマの表紙に大爆笑~!
    カッコよすぎる。

  57. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    母親との確執で相当ヘビーな展開になるかと思ったら、八田の際限なしのHとか、栗ちゃんの作品の書籍化とかで、案外楽しい展開だった気が。

    唯一ドキドキしたのが、八田が指輪取り戻しに須田家に乗り込むところ!
    …でも、不思議ちゃんの奥と子供に毒気を抜かれた後の、アホらしい八田と須田の言い合いがなんだか面白すぎて…!

    こういうシリアスと笑いと狂気が紙一重な描き方が、ほんとにたまらないんですよね~
    痛いけど痛すぎない、クズなんだけどクズじゃないっていう、さじ加減が絶妙。

    ももは八田にこれからもずっとエロエロに愛されて幸せになって欲しいです!

    カバー下のちぎロマの表紙に大爆笑~!
    カッコよすぎる。

  58. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    2巻ではかなり暗い方向にいったけれど、3巻は母親との和解(?)も含めて、いい落とし所になったんじゃないかな。
    お隣さんも最後までいい子で愛おしくなった。
    オマケマンガがとても多くて、お得感がある。
  59. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    2巻ではかなり暗い方向にいったけれど、3巻は母親との和解(?)も含めて、いい落とし所になったんじゃないかな。
    お隣さんも最後までいい子で愛おしくなった。
    オマケマンガがとても多くて、お得感がある。
  60. ずっと…!

    ずっとこの2人(+くりちゃんも笑)は心の中で生きている!

    ももには八田ちゃん、八田ちゃんにはもも
    これがニコイチ!
    これがBL!

    大満足!

  61. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    母親との確執で相当ヘビーな展開になるかと思ったら、八田の際限なしのHとか、栗ちゃんの作品の書籍化とかで、案外楽しい展開だった気が。

    唯一ドキドキしたのが、八田が指輪取り戻しに須田家に乗り込むところ!
    …でも、不思議ちゃんの奥と子供に毒気を抜かれた後の、アホらしい八田と須田の言い合いがなんだか面白すぎて…!

    こういうシリアスと笑いと狂気が紙一重な描き方が、ほんとにたまらないんですよね~
    痛いけど痛すぎない、クズなんだけどクズじゃないっていう、さじ加減が絶妙。

    ももは八田にこれからもずっとエロエロに愛されて幸せになって欲しいです!

    カバー下のちぎロマの表紙に大爆笑~!
    カッコよすぎる。

  62. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    2巻ではかなり暗い方向にいったけれど、3巻は母親との和解(?)も含めて、いい落とし所になったんじゃないかな。
    お隣さんも最後までいい子で愛おしくなった。
    オマケマンガがとても多くて、お得感がある。
  63. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    2巻ではかなり暗い方向にいったけれど、3巻は母親との和解(?)も含めて、いい落とし所になったんじゃないかな。
    お隣さんも最後までいい子で愛おしくなった。
    オマケマンガがとても多くて、お得感がある。
  64. ずっと…!

    ずっとこの2人(+くりちゃんも笑)は心の中で生きている!

    ももには八田ちゃん、八田ちゃんにはもも
    これがニコイチ!
    これがBL!

    大満足!

  65. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    ?まず1巻→2巻→3巻の表紙の移り変わりに八田ちゃんとモモの幸せの過程を感じて、胸がじーんとなった。

    男女の恋愛ものや百合作品と比べて、BLの場合多くの作品に性描写がある印象で。
    …言ってもそこまで数読んだわけじゃないので怒られそうですが。

    現実でもある程度の年齢いってる恋仲同士なら遅かれ早かれほぼするわけだし、男性の方が性欲あるしで、当たり前っちゃ当たり前なのかな。
    ?ただまあ、それまであんなに初々しかった二人でもやっぱり性行為はがっつり!
    だったり、そもそも過程とかすっ飛ばしてとりあえずヤろうぜ!
    みたいなのも、それが良いとか悪いとかではなく事実として、多い印象はあって。

    この『やたもも』も性描写はかなり多め&激しめなんだけれど、そのことにちゃんと意味がある。
    というか性描写あってこその物語。
    それがよかった。

    積み重ねて積み重ねてからのやっと伝えることができた、身体中から溢れるようなモモの八田ちゃんへの「好き」…!
    泣きました。

    飼い主とヒモみたいなところから始まった二人。
    世間一般でいう「純愛」の在り方とは違うのかもしれないけど、なんか、すごく、愛だなーと思った。

    われ鍋にとじ蓋。
    だらしがなかったり凶暴なとこもあったり、完璧じゃなくっても、完璧じゃないひとりとひとりが出会って、互いに補い合い支え合い、恋し合い愛し合い、ひとつの確かな愛のかたちになる。

    人間そうすぐに変われるわけではないし、育った環境もその中で培った信念も物事の捉え方も何もかもが違う誰かと一緒にいるとままならないことばかり。
    それでも好きで大切に想う相手だから、一緒にいたいと思うから、衝突と愛を重ねながらちょっとずつちょっとずつ歩み寄っていく。
    そういう風にやっていく。
    それが共に生きていくということなんだな、と。

    モモと八田ちゃんだけじゃなく、モモと須田、モモと母親、須田と奥さん……其々の生き方があって関係性があって、時にはうまくいかず歪んだり壊れてしまうこともある。
    けれど壊れたその跡に新たに生まれるものもある。
    築いていけるものがある。

    今この瞬間からその先へ、これからも続いていく彼らの人生にその人なりの幸せがきっとある。
    そう信じることができる、素晴らしいエンディングでした。

  66. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    ?まず1巻→2巻→3巻の表紙の移り変わりに八田ちゃんとモモの幸せの過程を感じて、胸がじーんとなった。

    男女の恋愛ものや百合作品と比べて、BLの場合多くの作品に性描写がある印象で。
    …言ってもそこまで数読んだわけじゃないので怒られそうですが。

    現実でもある程度の年齢いってる恋仲同士なら遅かれ早かれほぼするわけだし、男性の方が性欲あるしで、当たり前っちゃ当たり前なのかな。
    ?ただまあ、それまであんなに初々しかった二人でもやっぱり性行為はがっつり!
    だったり、そもそも過程とかすっ飛ばしてとりあえずヤろうぜ!
    みたいなのも、それが良いとか悪いとかではなく事実として、多い印象はあって。

    この『やたもも』も性描写はかなり多め&激しめなんだけれど、そのことにちゃんと意味がある。
    というか性描写あってこその物語。
    それがよかった。

    積み重ねて積み重ねてからのやっと伝えることができた、身体中から溢れるようなモモの八田ちゃんへの「好き」…!
    泣きました。

    飼い主とヒモみたいなところから始まった二人。
    世間一般でいう「純愛」の在り方とは違うのかもしれないけど、なんか、すごく、愛だなーと思った。

    われ鍋にとじ蓋。
    だらしがなかったり凶暴なとこもあったり、完璧じゃなくっても、完璧じゃないひとりとひとりが出会って、互いに補い合い支え合い、恋し合い愛し合い、ひとつの確かな愛のかたちになる。

    人間そうすぐに変われるわけではないし、育った環境もその中で培った信念も物事の捉え方も何もかもが違う誰かと一緒にいるとままならないことばかり。
    それでも好きで大切に想う相手だから、一緒にいたいと思うから、衝突と愛を重ねながらちょっとずつちょっとずつ歩み寄っていく。
    そういう風にやっていく。
    それが共に生きていくということなんだな、と。

    モモと八田ちゃんだけじゃなく、モモと須田、モモと母親、須田と奥さん……其々の生き方があって関係性があって、時にはうまくいかず歪んだり壊れてしまうこともある。
    けれど壊れたその跡に新たに生まれるものもある。
    築いていけるものがある。

    今この瞬間からその先へ、これからも続いていく彼らの人生にその人なりの幸せがきっとある。
    そう信じることができる、素晴らしいエンディングでした。

  67. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    2巻ではかなり暗い方向にいったけれど、3巻は母親との和解(?)も含めて、いい落とし所になったんじゃないかな。
    お隣さんも最後までいい子で愛おしくなった。
    オマケマンガがとても多くて、お得感がある。
  68. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    ?まず1巻→2巻→3巻の表紙の移り変わりに八田ちゃんとモモの幸せの過程を感じて、胸がじーんとなった。

    男女の恋愛ものや百合作品と比べて、BLの場合多くの作品に性描写がある印象で。
    …言ってもそこまで数読んだわけじゃないので怒られそうですが。

    現実でもある程度の年齢いってる恋仲同士なら遅かれ早かれほぼするわけだし、男性の方が性欲あるしで、当たり前っちゃ当たり前なのかな。
    ?ただまあ、それまであんなに初々しかった二人でもやっぱり性行為はがっつり!
    だったり、そもそも過程とかすっ飛ばしてとりあえずヤろうぜ!
    みたいなのも、それが良いとか悪いとかではなく事実として、多い印象はあって。

    この『やたもも』も性描写はかなり多め&激しめなんだけれど、そのことにちゃんと意味がある。
    というか性描写あってこその物語。
    それがよかった。

    積み重ねて積み重ねてからのやっと伝えることができた、身体中から溢れるようなモモの八田ちゃんへの「好き」…!
    泣きました。

    飼い主とヒモみたいなところから始まった二人。
    世間一般でいう「純愛」の在り方とは違うのかもしれないけど、なんか、すごく、愛だなーと思った。

    われ鍋にとじ蓋。
    だらしがなかったり凶暴なとこもあったり、完璧じゃなくっても、完璧じゃないひとりとひとりが出会って、互いに補い合い支え合い、恋し合い愛し合い、ひとつの確かな愛のかたちになる。

    人間そうすぐに変われるわけではないし、育った環境もその中で培った信念も物事の捉え方も何もかもが違う誰かと一緒にいるとままならないことばかり。
    それでも好きで大切に想う相手だから、一緒にいたいと思うから、衝突と愛を重ねながらちょっとずつちょっとずつ歩み寄っていく。
    そういう風にやっていく。
    それが共に生きていくということなんだな、と。

    モモと八田ちゃんだけじゃなく、モモと須田、モモと母親、須田と奥さん……其々の生き方があって関係性があって、時にはうまくいかず歪んだり壊れてしまうこともある。
    けれど壊れたその跡に新たに生まれるものもある。
    築いていけるものがある。

    今この瞬間からその先へ、これからも続いていく彼らの人生にその人なりの幸せがきっとある。
    そう信じることができる、素晴らしいエンディングでした。

  69. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    2巻ではかなり暗い方向にいったけれど、3巻は母親との和解(?)も含めて、いい落とし所になったんじゃないかな。
    お隣さんも最後までいい子で愛おしくなった。
    オマケマンガがとても多くて、お得感がある。
  70. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    母親との確執で相当ヘビーな展開になるかと思ったら、八田の際限なしのHとか、栗ちゃんの作品の書籍化とかで、案外楽しい展開だった気が。

    唯一ドキドキしたのが、八田が指輪取り戻しに須田家に乗り込むところ!
    …でも、不思議ちゃんの奥と子供に毒気を抜かれた後の、アホらしい八田と須田の言い合いがなんだか面白すぎて…!

    こういうシリアスと笑いと狂気が紙一重な描き方が、ほんとにたまらないんですよね~
    痛いけど痛すぎない、クズなんだけどクズじゃないっていう、さじ加減が絶妙。

    ももは八田にこれからもずっとエロエロに愛されて幸せになって欲しいです!

    カバー下のちぎロマの表紙に大爆笑~!
    カッコよすぎる。

  71. ずっと…!

    ずっとこの2人(+くりちゃんも笑)は心の中で生きている!

    ももには八田ちゃん、八田ちゃんにはもも
    これがニコイチ!
    これがBL!

    大満足!

  72. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    母親との確執で相当ヘビーな展開になるかと思ったら、八田の際限なしのHとか、栗ちゃんの作品の書籍化とかで、案外楽しい展開だった気が。

    唯一ドキドキしたのが、八田が指輪取り戻しに須田家に乗り込むところ!
    …でも、不思議ちゃんの奥と子供に毒気を抜かれた後の、アホらしい八田と須田の言い合いがなんだか面白すぎて…!

    こういうシリアスと笑いと狂気が紙一重な描き方が、ほんとにたまらないんですよね~
    痛いけど痛すぎない、クズなんだけどクズじゃないっていう、さじ加減が絶妙。

    ももは八田にこれからもずっとエロエロに愛されて幸せになって欲しいです!

    カバー下のちぎロマの表紙に大爆笑~!
    カッコよすぎる。

  73. ずっと…!

    ずっとこの2人(+くりちゃんも笑)は心の中で生きている!

    ももには八田ちゃん、八田ちゃんにはもも
    これがニコイチ!
    これがBL!

    大満足!

  74. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    ?まず1巻→2巻→3巻の表紙の移り変わりに八田ちゃんとモモの幸せの過程を感じて、胸がじーんとなった。

    男女の恋愛ものや百合作品と比べて、BLの場合多くの作品に性描写がある印象で。
    …言ってもそこまで数読んだわけじゃないので怒られそうですが。

    現実でもある程度の年齢いってる恋仲同士なら遅かれ早かれほぼするわけだし、男性の方が性欲あるしで、当たり前っちゃ当たり前なのかな。
    ?ただまあ、それまであんなに初々しかった二人でもやっぱり性行為はがっつり!
    だったり、そもそも過程とかすっ飛ばしてとりあえずヤろうぜ!
    みたいなのも、それが良いとか悪いとかではなく事実として、多い印象はあって。

    この『やたもも』も性描写はかなり多め&激しめなんだけれど、そのことにちゃんと意味がある。
    というか性描写あってこその物語。
    それがよかった。

    積み重ねて積み重ねてからのやっと伝えることができた、身体中から溢れるようなモモの八田ちゃんへの「好き」…!
    泣きました。

    飼い主とヒモみたいなところから始まった二人。
    世間一般でいう「純愛」の在り方とは違うのかもしれないけど、なんか、すごく、愛だなーと思った。

    われ鍋にとじ蓋。
    だらしがなかったり凶暴なとこもあったり、完璧じゃなくっても、完璧じゃないひとりとひとりが出会って、互いに補い合い支え合い、恋し合い愛し合い、ひとつの確かな愛のかたちになる。

    人間そうすぐに変われるわけではないし、育った環境もその中で培った信念も物事の捉え方も何もかもが違う誰かと一緒にいるとままならないことばかり。
    それでも好きで大切に想う相手だから、一緒にいたいと思うから、衝突と愛を重ねながらちょっとずつちょっとずつ歩み寄っていく。
    そういう風にやっていく。
    それが共に生きていくということなんだな、と。

    モモと八田ちゃんだけじゃなく、モモと須田、モモと母親、須田と奥さん……其々の生き方があって関係性があって、時にはうまくいかず歪んだり壊れてしまうこともある。
    けれど壊れたその跡に新たに生まれるものもある。
    築いていけるものがある。

    今この瞬間からその先へ、これからも続いていく彼らの人生にその人なりの幸せがきっとある。
    そう信じることができる、素晴らしいエンディングでした。

  75. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    2巻ではかなり暗い方向にいったけれど、3巻は母親との和解(?)も含めて、いい落とし所になったんじゃないかな。
    お隣さんも最後までいい子で愛おしくなった。
    オマケマンガがとても多くて、お得感がある。
  76. ずっと…!

    ずっとこの2人(+くりちゃんも笑)は心の中で生きている!

    ももには八田ちゃん、八田ちゃんにはもも
    これがニコイチ!
    これがBL!

    大満足!

  77. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    ?まず1巻→2巻→3巻の表紙の移り変わりに八田ちゃんとモモの幸せの過程を感じて、胸がじーんとなった。

    男女の恋愛ものや百合作品と比べて、BLの場合多くの作品に性描写がある印象で。
    …言ってもそこまで数読んだわけじゃないので怒られそうですが。

    現実でもある程度の年齢いってる恋仲同士なら遅かれ早かれほぼするわけだし、男性の方が性欲あるしで、当たり前っちゃ当たり前なのかな。
    ?ただまあ、それまであんなに初々しかった二人でもやっぱり性行為はがっつり!
    だったり、そもそも過程とかすっ飛ばしてとりあえずヤろうぜ!
    みたいなのも、それが良いとか悪いとかではなく事実として、多い印象はあって。

    この『やたもも』も性描写はかなり多め&激しめなんだけれど、そのことにちゃんと意味がある。
    というか性描写あってこその物語。
    それがよかった。

    積み重ねて積み重ねてからのやっと伝えることができた、身体中から溢れるようなモモの八田ちゃんへの「好き」…!
    泣きました。

    飼い主とヒモみたいなところから始まった二人。
    世間一般でいう「純愛」の在り方とは違うのかもしれないけど、なんか、すごく、愛だなーと思った。

    われ鍋にとじ蓋。
    だらしがなかったり凶暴なとこもあったり、完璧じゃなくっても、完璧じゃないひとりとひとりが出会って、互いに補い合い支え合い、恋し合い愛し合い、ひとつの確かな愛のかたちになる。

    人間そうすぐに変われるわけではないし、育った環境もその中で培った信念も物事の捉え方も何もかもが違う誰かと一緒にいるとままならないことばかり。
    それでも好きで大切に想う相手だから、一緒にいたいと思うから、衝突と愛を重ねながらちょっとずつちょっとずつ歩み寄っていく。
    そういう風にやっていく。
    それが共に生きていくということなんだな、と。

    モモと八田ちゃんだけじゃなく、モモと須田、モモと母親、須田と奥さん……其々の生き方があって関係性があって、時にはうまくいかず歪んだり壊れてしまうこともある。
    けれど壊れたその跡に新たに生まれるものもある。
    築いていけるものがある。

    今この瞬間からその先へ、これからも続いていく彼らの人生にその人なりの幸せがきっとある。
    そう信じることができる、素晴らしいエンディングでした。

  78. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    母親との確執で相当ヘビーな展開になるかと思ったら、八田の際限なしのHとか、栗ちゃんの作品の書籍化とかで、案外楽しい展開だった気が。

    唯一ドキドキしたのが、八田が指輪取り戻しに須田家に乗り込むところ!
    …でも、不思議ちゃんの奥と子供に毒気を抜かれた後の、アホらしい八田と須田の言い合いがなんだか面白すぎて…!

    こういうシリアスと笑いと狂気が紙一重な描き方が、ほんとにたまらないんですよね~
    痛いけど痛すぎない、クズなんだけどクズじゃないっていう、さじ加減が絶妙。

    ももは八田にこれからもずっとエロエロに愛されて幸せになって欲しいです!

    カバー下のちぎロマの表紙に大爆笑~!
    カッコよすぎる。

  79. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    母親との確執で相当ヘビーな展開になるかと思ったら、八田の際限なしのHとか、栗ちゃんの作品の書籍化とかで、案外楽しい展開だった気が。

    唯一ドキドキしたのが、八田が指輪取り戻しに須田家に乗り込むところ!
    …でも、不思議ちゃんの奥と子供に毒気を抜かれた後の、アホらしい八田と須田の言い合いがなんだか面白すぎて…!

    こういうシリアスと笑いと狂気が紙一重な描き方が、ほんとにたまらないんですよね~
    痛いけど痛すぎない、クズなんだけどクズじゃないっていう、さじ加減が絶妙。

    ももは八田にこれからもずっとエロエロに愛されて幸せになって欲しいです!

    カバー下のちぎロマの表紙に大爆笑~!
    カッコよすぎる。

  80. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    母親との確執で相当ヘビーな展開になるかと思ったら、八田の際限なしのHとか、栗ちゃんの作品の書籍化とかで、案外楽しい展開だった気が。

    唯一ドキドキしたのが、八田が指輪取り戻しに須田家に乗り込むところ!
    …でも、不思議ちゃんの奥と子供に毒気を抜かれた後の、アホらしい八田と須田の言い合いがなんだか面白すぎて…!

    こういうシリアスと笑いと狂気が紙一重な描き方が、ほんとにたまらないんですよね~
    痛いけど痛すぎない、クズなんだけどクズじゃないっていう、さじ加減が絶妙。

    ももは八田にこれからもずっとエロエロに愛されて幸せになって欲しいです!

    カバー下のちぎロマの表紙に大爆笑~!
    カッコよすぎる。

  81. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    母親との確執で相当ヘビーな展開になるかと思ったら、八田の際限なしのHとか、栗ちゃんの作品の書籍化とかで、案外楽しい展開だった気が。

    唯一ドキドキしたのが、八田が指輪取り戻しに須田家に乗り込むところ!
    …でも、不思議ちゃんの奥と子供に毒気を抜かれた後の、アホらしい八田と須田の言い合いがなんだか面白すぎて…!

    こういうシリアスと笑いと狂気が紙一重な描き方が、ほんとにたまらないんですよね~
    痛いけど痛すぎない、クズなんだけどクズじゃないっていう、さじ加減が絶妙。

    ももは八田にこれからもずっとエロエロに愛されて幸せになって欲しいです!

    カバー下のちぎロマの表紙に大爆笑~!
    カッコよすぎる。

  82. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    ?まず1巻→2巻→3巻の表紙の移り変わりに八田ちゃんとモモの幸せの過程を感じて、胸がじーんとなった。

    男女の恋愛ものや百合作品と比べて、BLの場合多くの作品に性描写がある印象で。
    …言ってもそこまで数読んだわけじゃないので怒られそうですが。

    現実でもある程度の年齢いってる恋仲同士なら遅かれ早かれほぼするわけだし、男性の方が性欲あるしで、当たり前っちゃ当たり前なのかな。
    ?ただまあ、それまであんなに初々しかった二人でもやっぱり性行為はがっつり!
    だったり、そもそも過程とかすっ飛ばしてとりあえずヤろうぜ!
    みたいなのも、それが良いとか悪いとかではなく事実として、多い印象はあって。

    この『やたもも』も性描写はかなり多め&激しめなんだけれど、そのことにちゃんと意味がある。
    というか性描写あってこその物語。
    それがよかった。

    積み重ねて積み重ねてからのやっと伝えることができた、身体中から溢れるようなモモの八田ちゃんへの「好き」…!
    泣きました。

    飼い主とヒモみたいなところから始まった二人。
    世間一般でいう「純愛」の在り方とは違うのかもしれないけど、なんか、すごく、愛だなーと思った。

    われ鍋にとじ蓋。
    だらしがなかったり凶暴なとこもあったり、完璧じゃなくっても、完璧じゃないひとりとひとりが出会って、互いに補い合い支え合い、恋し合い愛し合い、ひとつの確かな愛のかたちになる。

    人間そうすぐに変われるわけではないし、育った環境もその中で培った信念も物事の捉え方も何もかもが違う誰かと一緒にいるとままならないことばかり。
    それでも好きで大切に想う相手だから、一緒にいたいと思うから、衝突と愛を重ねながらちょっとずつちょっとずつ歩み寄っていく。
    そういう風にやっていく。
    それが共に生きていくということなんだな、と。

    モモと八田ちゃんだけじゃなく、モモと須田、モモと母親、須田と奥さん……其々の生き方があって関係性があって、時にはうまくいかず歪んだり壊れてしまうこともある。
    けれど壊れたその跡に新たに生まれるものもある。
    築いていけるものがある。

    今この瞬間からその先へ、これからも続いていく彼らの人生にその人なりの幸せがきっとある。
    そう信じることができる、素晴らしいエンディングでした。

  83. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    母親との確執で相当ヘビーな展開になるかと思ったら、八田の際限なしのHとか、栗ちゃんの作品の書籍化とかで、案外楽しい展開だった気が。

    唯一ドキドキしたのが、八田が指輪取り戻しに須田家に乗り込むところ!
    …でも、不思議ちゃんの奥と子供に毒気を抜かれた後の、アホらしい八田と須田の言い合いがなんだか面白すぎて…!

    こういうシリアスと笑いと狂気が紙一重な描き方が、ほんとにたまらないんですよね~
    痛いけど痛すぎない、クズなんだけどクズじゃないっていう、さじ加減が絶妙。

    ももは八田にこれからもずっとエロエロに愛されて幸せになって欲しいです!

    カバー下のちぎロマの表紙に大爆笑~!
    カッコよすぎる。

  84. ずっと…!

    ずっとこの2人(+くりちゃんも笑)は心の中で生きている!

    ももには八田ちゃん、八田ちゃんにはもも
    これがニコイチ!
    これがBL!

    大満足!

  85. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    2巻ではかなり暗い方向にいったけれど、3巻は母親との和解(?)も含めて、いい落とし所になったんじゃないかな。
    お隣さんも最後までいい子で愛おしくなった。
    オマケマンガがとても多くて、お得感がある。
  86. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    ?まず1巻→2巻→3巻の表紙の移り変わりに八田ちゃんとモモの幸せの過程を感じて、胸がじーんとなった。

    男女の恋愛ものや百合作品と比べて、BLの場合多くの作品に性描写がある印象で。
    …言ってもそこまで数読んだわけじゃないので怒られそうですが。

    現実でもある程度の年齢いってる恋仲同士なら遅かれ早かれほぼするわけだし、男性の方が性欲あるしで、当たり前っちゃ当たり前なのかな。
    ?ただまあ、それまであんなに初々しかった二人でもやっぱり性行為はがっつり!
    だったり、そもそも過程とかすっ飛ばしてとりあえずヤろうぜ!
    みたいなのも、それが良いとか悪いとかではなく事実として、多い印象はあって。

    この『やたもも』も性描写はかなり多め&激しめなんだけれど、そのことにちゃんと意味がある。
    というか性描写あってこその物語。
    それがよかった。

    積み重ねて積み重ねてからのやっと伝えることができた、身体中から溢れるようなモモの八田ちゃんへの「好き」…!
    泣きました。

    飼い主とヒモみたいなところから始まった二人。
    世間一般でいう「純愛」の在り方とは違うのかもしれないけど、なんか、すごく、愛だなーと思った。

    われ鍋にとじ蓋。
    だらしがなかったり凶暴なとこもあったり、完璧じゃなくっても、完璧じゃないひとりとひとりが出会って、互いに補い合い支え合い、恋し合い愛し合い、ひとつの確かな愛のかたちになる。

    人間そうすぐに変われるわけではないし、育った環境もその中で培った信念も物事の捉え方も何もかもが違う誰かと一緒にいるとままならないことばかり。
    それでも好きで大切に想う相手だから、一緒にいたいと思うから、衝突と愛を重ねながらちょっとずつちょっとずつ歩み寄っていく。
    そういう風にやっていく。
    それが共に生きていくということなんだな、と。

    モモと八田ちゃんだけじゃなく、モモと須田、モモと母親、須田と奥さん……其々の生き方があって関係性があって、時にはうまくいかず歪んだり壊れてしまうこともある。
    けれど壊れたその跡に新たに生まれるものもある。
    築いていけるものがある。

    今この瞬間からその先へ、これからも続いていく彼らの人生にその人なりの幸せがきっとある。
    そう信じることができる、素晴らしいエンディングでした。

  87. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    母親との確執で相当ヘビーな展開になるかと思ったら、八田の際限なしのHとか、栗ちゃんの作品の書籍化とかで、案外楽しい展開だった気が。

    唯一ドキドキしたのが、八田が指輪取り戻しに須田家に乗り込むところ!
    …でも、不思議ちゃんの奥と子供に毒気を抜かれた後の、アホらしい八田と須田の言い合いがなんだか面白すぎて…!

    こういうシリアスと笑いと狂気が紙一重な描き方が、ほんとにたまらないんですよね~
    痛いけど痛すぎない、クズなんだけどクズじゃないっていう、さじ加減が絶妙。

    ももは八田にこれからもずっとエロエロに愛されて幸せになって欲しいです!

    カバー下のちぎロマの表紙に大爆笑~!
    カッコよすぎる。

  88. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    ?まず1巻→2巻→3巻の表紙の移り変わりに八田ちゃんとモモの幸せの過程を感じて、胸がじーんとなった。

    男女の恋愛ものや百合作品と比べて、BLの場合多くの作品に性描写がある印象で。
    …言ってもそこまで数読んだわけじゃないので怒られそうですが。

    現実でもある程度の年齢いってる恋仲同士なら遅かれ早かれほぼするわけだし、男性の方が性欲あるしで、当たり前っちゃ当たり前なのかな。
    ?ただまあ、それまであんなに初々しかった二人でもやっぱり性行為はがっつり!
    だったり、そもそも過程とかすっ飛ばしてとりあえずヤろうぜ!
    みたいなのも、それが良いとか悪いとかではなく事実として、多い印象はあって。

    この『やたもも』も性描写はかなり多め&激しめなんだけれど、そのことにちゃんと意味がある。
    というか性描写あってこその物語。
    それがよかった。

    積み重ねて積み重ねてからのやっと伝えることができた、身体中から溢れるようなモモの八田ちゃんへの「好き」…!
    泣きました。

    飼い主とヒモみたいなところから始まった二人。
    世間一般でいう「純愛」の在り方とは違うのかもしれないけど、なんか、すごく、愛だなーと思った。

    われ鍋にとじ蓋。
    だらしがなかったり凶暴なとこもあったり、完璧じゃなくっても、完璧じゃないひとりとひとりが出会って、互いに補い合い支え合い、恋し合い愛し合い、ひとつの確かな愛のかたちになる。

    人間そうすぐに変われるわけではないし、育った環境もその中で培った信念も物事の捉え方も何もかもが違う誰かと一緒にいるとままならないことばかり。
    それでも好きで大切に想う相手だから、一緒にいたいと思うから、衝突と愛を重ねながらちょっとずつちょっとずつ歩み寄っていく。
    そういう風にやっていく。
    それが共に生きていくということなんだな、と。

    モモと八田ちゃんだけじゃなく、モモと須田、モモと母親、須田と奥さん……其々の生き方があって関係性があって、時にはうまくいかず歪んだり壊れてしまうこともある。
    けれど壊れたその跡に新たに生まれるものもある。
    築いていけるものがある。

    今この瞬間からその先へ、これからも続いていく彼らの人生にその人なりの幸せがきっとある。
    そう信じることができる、素晴らしいエンディングでした。

  89. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    ?まず1巻→2巻→3巻の表紙の移り変わりに八田ちゃんとモモの幸せの過程を感じて、胸がじーんとなった。

    男女の恋愛ものや百合作品と比べて、BLの場合多くの作品に性描写がある印象で。
    …言ってもそこまで数読んだわけじゃないので怒られそうですが。

    現実でもある程度の年齢いってる恋仲同士なら遅かれ早かれほぼするわけだし、男性の方が性欲あるしで、当たり前っちゃ当たり前なのかな。
    ?ただまあ、それまであんなに初々しかった二人でもやっぱり性行為はがっつり!
    だったり、そもそも過程とかすっ飛ばしてとりあえずヤろうぜ!
    みたいなのも、それが良いとか悪いとかではなく事実として、多い印象はあって。

    この『やたもも』も性描写はかなり多め&激しめなんだけれど、そのことにちゃんと意味がある。
    というか性描写あってこその物語。
    それがよかった。

    積み重ねて積み重ねてからのやっと伝えることができた、身体中から溢れるようなモモの八田ちゃんへの「好き」…!
    泣きました。

    飼い主とヒモみたいなところから始まった二人。
    世間一般でいう「純愛」の在り方とは違うのかもしれないけど、なんか、すごく、愛だなーと思った。

    われ鍋にとじ蓋。
    だらしがなかったり凶暴なとこもあったり、完璧じゃなくっても、完璧じゃないひとりとひとりが出会って、互いに補い合い支え合い、恋し合い愛し合い、ひとつの確かな愛のかたちになる。

    人間そうすぐに変われるわけではないし、育った環境もその中で培った信念も物事の捉え方も何もかもが違う誰かと一緒にいるとままならないことばかり。
    それでも好きで大切に想う相手だから、一緒にいたいと思うから、衝突と愛を重ねながらちょっとずつちょっとずつ歩み寄っていく。
    そういう風にやっていく。
    それが共に生きていくということなんだな、と。

    モモと八田ちゃんだけじゃなく、モモと須田、モモと母親、須田と奥さん……其々の生き方があって関係性があって、時にはうまくいかず歪んだり壊れてしまうこともある。
    けれど壊れたその跡に新たに生まれるものもある。
    築いていけるものがある。

    今この瞬間からその先へ、これからも続いていく彼らの人生にその人なりの幸せがきっとある。
    そう信じることができる、素晴らしいエンディングでした。

  90. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    母親との確執で相当ヘビーな展開になるかと思ったら、八田の際限なしのHとか、栗ちゃんの作品の書籍化とかで、案外楽しい展開だった気が。

    唯一ドキドキしたのが、八田が指輪取り戻しに須田家に乗り込むところ!
    …でも、不思議ちゃんの奥と子供に毒気を抜かれた後の、アホらしい八田と須田の言い合いがなんだか面白すぎて…!

    こういうシリアスと笑いと狂気が紙一重な描き方が、ほんとにたまらないんですよね~
    痛いけど痛すぎない、クズなんだけどクズじゃないっていう、さじ加減が絶妙。

    ももは八田にこれからもずっとエロエロに愛されて幸せになって欲しいです!

    カバー下のちぎロマの表紙に大爆笑~!
    カッコよすぎる。

  91. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    母親との確執で相当ヘビーな展開になるかと思ったら、八田の際限なしのHとか、栗ちゃんの作品の書籍化とかで、案外楽しい展開だった気が。

    唯一ドキドキしたのが、八田が指輪取り戻しに須田家に乗り込むところ!
    …でも、不思議ちゃんの奥と子供に毒気を抜かれた後の、アホらしい八田と須田の言い合いがなんだか面白すぎて…!

    こういうシリアスと笑いと狂気が紙一重な描き方が、ほんとにたまらないんですよね~
    痛いけど痛すぎない、クズなんだけどクズじゃないっていう、さじ加減が絶妙。

    ももは八田にこれからもずっとエロエロに愛されて幸せになって欲しいです!

    カバー下のちぎロマの表紙に大爆笑~!
    カッコよすぎる。

  92. ずっと…!

    ずっとこの2人(+くりちゃんも笑)は心の中で生きている!

    ももには八田ちゃん、八田ちゃんにはもも
    これがニコイチ!
    これがBL!

    大満足!

  93. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    2巻ではかなり暗い方向にいったけれど、3巻は母親との和解(?)も含めて、いい落とし所になったんじゃないかな。
    お隣さんも最後までいい子で愛おしくなった。
    オマケマンガがとても多くて、お得感がある。
  94. ずっと…!

    ずっとこの2人(+くりちゃんも笑)は心の中で生きている!

    ももには八田ちゃん、八田ちゃんにはもも
    これがニコイチ!
    これがBL!

    大満足!

  95. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    2巻ではかなり暗い方向にいったけれど、3巻は母親との和解(?)も含めて、いい落とし所になったんじゃないかな。
    お隣さんも最後までいい子で愛おしくなった。
    オマケマンガがとても多くて、お得感がある。
  96. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    ?まず1巻→2巻→3巻の表紙の移り変わりに八田ちゃんとモモの幸せの過程を感じて、胸がじーんとなった。

    男女の恋愛ものや百合作品と比べて、BLの場合多くの作品に性描写がある印象で。
    …言ってもそこまで数読んだわけじゃないので怒られそうですが。

    現実でもある程度の年齢いってる恋仲同士なら遅かれ早かれほぼするわけだし、男性の方が性欲あるしで、当たり前っちゃ当たり前なのかな。
    ?ただまあ、それまであんなに初々しかった二人でもやっぱり性行為はがっつり!
    だったり、そもそも過程とかすっ飛ばしてとりあえずヤろうぜ!
    みたいなのも、それが良いとか悪いとかではなく事実として、多い印象はあって。

    この『やたもも』も性描写はかなり多め&激しめなんだけれど、そのことにちゃんと意味がある。
    というか性描写あってこその物語。
    それがよかった。

    積み重ねて積み重ねてからのやっと伝えることができた、身体中から溢れるようなモモの八田ちゃんへの「好き」…!
    泣きました。

    飼い主とヒモみたいなところから始まった二人。
    世間一般でいう「純愛」の在り方とは違うのかもしれないけど、なんか、すごく、愛だなーと思った。

    われ鍋にとじ蓋。
    だらしがなかったり凶暴なとこもあったり、完璧じゃなくっても、完璧じゃないひとりとひとりが出会って、互いに補い合い支え合い、恋し合い愛し合い、ひとつの確かな愛のかたちになる。

    人間そうすぐに変われるわけではないし、育った環境もその中で培った信念も物事の捉え方も何もかもが違う誰かと一緒にいるとままならないことばかり。
    それでも好きで大切に想う相手だから、一緒にいたいと思うから、衝突と愛を重ねながらちょっとずつちょっとずつ歩み寄っていく。
    そういう風にやっていく。
    それが共に生きていくということなんだな、と。

    モモと八田ちゃんだけじゃなく、モモと須田、モモと母親、須田と奥さん……其々の生き方があって関係性があって、時にはうまくいかず歪んだり壊れてしまうこともある。
    けれど壊れたその跡に新たに生まれるものもある。
    築いていけるものがある。

    今この瞬間からその先へ、これからも続いていく彼らの人生にその人なりの幸せがきっとある。
    そう信じることができる、素晴らしいエンディングでした。

  97. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    2巻ではかなり暗い方向にいったけれど、3巻は母親との和解(?)も含めて、いい落とし所になったんじゃないかな。
    お隣さんも最後までいい子で愛おしくなった。
    オマケマンガがとても多くて、お得感がある。
  98. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    母親との確執で相当ヘビーな展開になるかと思ったら、八田の際限なしのHとか、栗ちゃんの作品の書籍化とかで、案外楽しい展開だった気が。

    唯一ドキドキしたのが、八田が指輪取り戻しに須田家に乗り込むところ!
    …でも、不思議ちゃんの奥と子供に毒気を抜かれた後の、アホらしい八田と須田の言い合いがなんだか面白すぎて…!

    こういうシリアスと笑いと狂気が紙一重な描き方が、ほんとにたまらないんですよね~
    痛いけど痛すぎない、クズなんだけどクズじゃないっていう、さじ加減が絶妙。

    ももは八田にこれからもずっとエロエロに愛されて幸せになって欲しいです!

    カバー下のちぎロマの表紙に大爆笑~!
    カッコよすぎる。

  99. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    ?まず1巻→2巻→3巻の表紙の移り変わりに八田ちゃんとモモの幸せの過程を感じて、胸がじーんとなった。

    男女の恋愛ものや百合作品と比べて、BLの場合多くの作品に性描写がある印象で。
    …言ってもそこまで数読んだわけじゃないので怒られそうですが。

    現実でもある程度の年齢いってる恋仲同士なら遅かれ早かれほぼするわけだし、男性の方が性欲あるしで、当たり前っちゃ当たり前なのかな。
    ?ただまあ、それまであんなに初々しかった二人でもやっぱり性行為はがっつり!
    だったり、そもそも過程とかすっ飛ばしてとりあえずヤろうぜ!
    みたいなのも、それが良いとか悪いとかではなく事実として、多い印象はあって。

    この『やたもも』も性描写はかなり多め&激しめなんだけれど、そのことにちゃんと意味がある。
    というか性描写あってこその物語。
    それがよかった。

    積み重ねて積み重ねてからのやっと伝えることができた、身体中から溢れるようなモモの八田ちゃんへの「好き」…!
    泣きました。

    飼い主とヒモみたいなところから始まった二人。
    世間一般でいう「純愛」の在り方とは違うのかもしれないけど、なんか、すごく、愛だなーと思った。

    われ鍋にとじ蓋。
    だらしがなかったり凶暴なとこもあったり、完璧じゃなくっても、完璧じゃないひとりとひとりが出会って、互いに補い合い支え合い、恋し合い愛し合い、ひとつの確かな愛のかたちになる。

    人間そうすぐに変われるわけではないし、育った環境もその中で培った信念も物事の捉え方も何もかもが違う誰かと一緒にいるとままならないことばかり。
    それでも好きで大切に想う相手だから、一緒にいたいと思うから、衝突と愛を重ねながらちょっとずつちょっとずつ歩み寄っていく。
    そういう風にやっていく。
    それが共に生きていくということなんだな、と。

    モモと八田ちゃんだけじゃなく、モモと須田、モモと母親、須田と奥さん……其々の生き方があって関係性があって、時にはうまくいかず歪んだり壊れてしまうこともある。
    けれど壊れたその跡に新たに生まれるものもある。
    築いていけるものがある。

    今この瞬間からその先へ、これからも続いていく彼らの人生にその人なりの幸せがきっとある。
    そう信じることができる、素晴らしいエンディングでした。

  100. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    ?まず1巻→2巻→3巻の表紙の移り変わりに八田ちゃんとモモの幸せの過程を感じて、胸がじーんとなった。

    男女の恋愛ものや百合作品と比べて、BLの場合多くの作品に性描写がある印象で。
    …言ってもそこまで数読んだわけじゃないので怒られそうですが。

    現実でもある程度の年齢いってる恋仲同士なら遅かれ早かれほぼするわけだし、男性の方が性欲あるしで、当たり前っちゃ当たり前なのかな。
    ?ただまあ、それまであんなに初々しかった二人でもやっぱり性行為はがっつり!
    だったり、そもそも過程とかすっ飛ばしてとりあえずヤろうぜ!
    みたいなのも、それが良いとか悪いとかではなく事実として、多い印象はあって。

    この『やたもも』も性描写はかなり多め&激しめなんだけれど、そのことにちゃんと意味がある。
    というか性描写あってこその物語。
    それがよかった。

    積み重ねて積み重ねてからのやっと伝えることができた、身体中から溢れるようなモモの八田ちゃんへの「好き」…!
    泣きました。

    飼い主とヒモみたいなところから始まった二人。
    世間一般でいう「純愛」の在り方とは違うのかもしれないけど、なんか、すごく、愛だなーと思った。

    われ鍋にとじ蓋。
    だらしがなかったり凶暴なとこもあったり、完璧じゃなくっても、完璧じゃないひとりとひとりが出会って、互いに補い合い支え合い、恋し合い愛し合い、ひとつの確かな愛のかたちになる。

    人間そうすぐに変われるわけではないし、育った環境もその中で培った信念も物事の捉え方も何もかもが違う誰かと一緒にいるとままならないことばかり。
    それでも好きで大切に想う相手だから、一緒にいたいと思うから、衝突と愛を重ねながらちょっとずつちょっとずつ歩み寄っていく。
    そういう風にやっていく。
    それが共に生きていくということなんだな、と。

    モモと八田ちゃんだけじゃなく、モモと須田、モモと母親、須田と奥さん……其々の生き方があって関係性があって、時にはうまくいかず歪んだり壊れてしまうこともある。
    けれど壊れたその跡に新たに生まれるものもある。
    築いていけるものがある。

    今この瞬間からその先へ、これからも続いていく彼らの人生にその人なりの幸せがきっとある。
    そう信じることができる、素晴らしいエンディングでした。

  101. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    2巻ではかなり暗い方向にいったけれど、3巻は母親との和解(?)も含めて、いい落とし所になったんじゃないかな。
    お隣さんも最後までいい子で愛おしくなった。
    オマケマンガがとても多くて、お得感がある。
  102. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    2巻ではかなり暗い方向にいったけれど、3巻は母親との和解(?)も含めて、いい落とし所になったんじゃないかな。
    お隣さんも最後までいい子で愛おしくなった。
    オマケマンガがとても多くて、お得感がある。
  103. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    母親との確執で相当ヘビーな展開になるかと思ったら、八田の際限なしのHとか、栗ちゃんの作品の書籍化とかで、案外楽しい展開だった気が。

    唯一ドキドキしたのが、八田が指輪取り戻しに須田家に乗り込むところ!
    …でも、不思議ちゃんの奥と子供に毒気を抜かれた後の、アホらしい八田と須田の言い合いがなんだか面白すぎて…!

    こういうシリアスと笑いと狂気が紙一重な描き方が、ほんとにたまらないんですよね~
    痛いけど痛すぎない、クズなんだけどクズじゃないっていう、さじ加減が絶妙。

    ももは八田にこれからもずっとエロエロに愛されて幸せになって欲しいです!

    カバー下のちぎロマの表紙に大爆笑~!
    カッコよすぎる。

  104. ずっと…!

    ずっとこの2人(+くりちゃんも笑)は心の中で生きている!

    ももには八田ちゃん、八田ちゃんにはもも
    これがニコイチ!
    これがBL!

    大満足!

  105. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    ?まず1巻→2巻→3巻の表紙の移り変わりに八田ちゃんとモモの幸せの過程を感じて、胸がじーんとなった。

    男女の恋愛ものや百合作品と比べて、BLの場合多くの作品に性描写がある印象で。
    …言ってもそこまで数読んだわけじゃないので怒られそうですが。

    現実でもある程度の年齢いってる恋仲同士なら遅かれ早かれほぼするわけだし、男性の方が性欲あるしで、当たり前っちゃ当たり前なのかな。
    ?ただまあ、それまであんなに初々しかった二人でもやっぱり性行為はがっつり!
    だったり、そもそも過程とかすっ飛ばしてとりあえずヤろうぜ!
    みたいなのも、それが良いとか悪いとかではなく事実として、多い印象はあって。

    この『やたもも』も性描写はかなり多め&激しめなんだけれど、そのことにちゃんと意味がある。
    というか性描写あってこその物語。
    それがよかった。

    積み重ねて積み重ねてからのやっと伝えることができた、身体中から溢れるようなモモの八田ちゃんへの「好き」…!
    泣きました。

    飼い主とヒモみたいなところから始まった二人。
    世間一般でいう「純愛」の在り方とは違うのかもしれないけど、なんか、すごく、愛だなーと思った。

    われ鍋にとじ蓋。
    だらしがなかったり凶暴なとこもあったり、完璧じゃなくっても、完璧じゃないひとりとひとりが出会って、互いに補い合い支え合い、恋し合い愛し合い、ひとつの確かな愛のかたちになる。

    人間そうすぐに変われるわけではないし、育った環境もその中で培った信念も物事の捉え方も何もかもが違う誰かと一緒にいるとままならないことばかり。
    それでも好きで大切に想う相手だから、一緒にいたいと思うから、衝突と愛を重ねながらちょっとずつちょっとずつ歩み寄っていく。
    そういう風にやっていく。
    それが共に生きていくということなんだな、と。

    モモと八田ちゃんだけじゃなく、モモと須田、モモと母親、須田と奥さん……其々の生き方があって関係性があって、時にはうまくいかず歪んだり壊れてしまうこともある。
    けれど壊れたその跡に新たに生まれるものもある。
    築いていけるものがある。

    今この瞬間からその先へ、これからも続いていく彼らの人生にその人なりの幸せがきっとある。
    そう信じることができる、素晴らしいエンディングでした。

  106. ずっと…!

    ずっとこの2人(+くりちゃんも笑)は心の中で生きている!

    ももには八田ちゃん、八田ちゃんにはもも
    これがニコイチ!
    これがBL!

    大満足!

  107. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    2巻ではかなり暗い方向にいったけれど、3巻は母親との和解(?)も含めて、いい落とし所になったんじゃないかな。
    お隣さんも最後までいい子で愛おしくなった。
    オマケマンガがとても多くて、お得感がある。
  108. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    母親との確執で相当ヘビーな展開になるかと思ったら、八田の際限なしのHとか、栗ちゃんの作品の書籍化とかで、案外楽しい展開だった気が。

    唯一ドキドキしたのが、八田が指輪取り戻しに須田家に乗り込むところ!
    …でも、不思議ちゃんの奥と子供に毒気を抜かれた後の、アホらしい八田と須田の言い合いがなんだか面白すぎて…!

    こういうシリアスと笑いと狂気が紙一重な描き方が、ほんとにたまらないんですよね~
    痛いけど痛すぎない、クズなんだけどクズじゃないっていう、さじ加減が絶妙。

    ももは八田にこれからもずっとエロエロに愛されて幸せになって欲しいです!

    カバー下のちぎロマの表紙に大爆笑~!
    カッコよすぎる。

  109. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    2巻ではかなり暗い方向にいったけれど、3巻は母親との和解(?)も含めて、いい落とし所になったんじゃないかな。
    お隣さんも最後までいい子で愛おしくなった。
    オマケマンガがとても多くて、お得感がある。
  110. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    母親との確執で相当ヘビーな展開になるかと思ったら、八田の際限なしのHとか、栗ちゃんの作品の書籍化とかで、案外楽しい展開だった気が。

    唯一ドキドキしたのが、八田が指輪取り戻しに須田家に乗り込むところ!
    …でも、不思議ちゃんの奥と子供に毒気を抜かれた後の、アホらしい八田と須田の言い合いがなんだか面白すぎて…!

    こういうシリアスと笑いと狂気が紙一重な描き方が、ほんとにたまらないんですよね~
    痛いけど痛すぎない、クズなんだけどクズじゃないっていう、さじ加減が絶妙。

    ももは八田にこれからもずっとエロエロに愛されて幸せになって欲しいです!

    カバー下のちぎロマの表紙に大爆笑~!
    カッコよすぎる。

  111. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    2巻ではかなり暗い方向にいったけれど、3巻は母親との和解(?)も含めて、いい落とし所になったんじゃないかな。
    お隣さんも最後までいい子で愛おしくなった。
    オマケマンガがとても多くて、お得感がある。
  112. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    2巻ではかなり暗い方向にいったけれど、3巻は母親との和解(?)も含めて、いい落とし所になったんじゃないかな。
    お隣さんも最後までいい子で愛おしくなった。
    オマケマンガがとても多くて、お得感がある。
  113. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    2巻ではかなり暗い方向にいったけれど、3巻は母親との和解(?)も含めて、いい落とし所になったんじゃないかな。
    お隣さんも最後までいい子で愛おしくなった。
    オマケマンガがとても多くて、お得感がある。
  114. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    2巻ではかなり暗い方向にいったけれど、3巻は母親との和解(?)も含めて、いい落とし所になったんじゃないかな。
    お隣さんも最後までいい子で愛おしくなった。
    オマケマンガがとても多くて、お得感がある。
  115. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    ?まず1巻→2巻→3巻の表紙の移り変わりに八田ちゃんとモモの幸せの過程を感じて、胸がじーんとなった。

    男女の恋愛ものや百合作品と比べて、BLの場合多くの作品に性描写がある印象で。
    …言ってもそこまで数読んだわけじゃないので怒られそうですが。

    現実でもある程度の年齢いってる恋仲同士なら遅かれ早かれほぼするわけだし、男性の方が性欲あるしで、当たり前っちゃ当たり前なのかな。
    ?ただまあ、それまであんなに初々しかった二人でもやっぱり性行為はがっつり!
    だったり、そもそも過程とかすっ飛ばしてとりあえずヤろうぜ!
    みたいなのも、それが良いとか悪いとかではなく事実として、多い印象はあって。

    この『やたもも』も性描写はかなり多め&激しめなんだけれど、そのことにちゃんと意味がある。
    というか性描写あってこその物語。
    それがよかった。

    積み重ねて積み重ねてからのやっと伝えることができた、身体中から溢れるようなモモの八田ちゃんへの「好き」…!
    泣きました。

    飼い主とヒモみたいなところから始まった二人。
    世間一般でいう「純愛」の在り方とは違うのかもしれないけど、なんか、すごく、愛だなーと思った。

    われ鍋にとじ蓋。
    だらしがなかったり凶暴なとこもあったり、完璧じゃなくっても、完璧じゃないひとりとひとりが出会って、互いに補い合い支え合い、恋し合い愛し合い、ひとつの確かな愛のかたちになる。

    人間そうすぐに変われるわけではないし、育った環境もその中で培った信念も物事の捉え方も何もかもが違う誰かと一緒にいるとままならないことばかり。
    それでも好きで大切に想う相手だから、一緒にいたいと思うから、衝突と愛を重ねながらちょっとずつちょっとずつ歩み寄っていく。
    そういう風にやっていく。
    それが共に生きていくということなんだな、と。

    モモと八田ちゃんだけじゃなく、モモと須田、モモと母親、須田と奥さん……其々の生き方があって関係性があって、時にはうまくいかず歪んだり壊れてしまうこともある。
    けれど壊れたその跡に新たに生まれるものもある。
    築いていけるものがある。

    今この瞬間からその先へ、これからも続いていく彼らの人生にその人なりの幸せがきっとある。
    そう信じることができる、素晴らしいエンディングでした。

  116. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    2巻ではかなり暗い方向にいったけれど、3巻は母親との和解(?)も含めて、いい落とし所になったんじゃないかな。
    お隣さんも最後までいい子で愛おしくなった。
    オマケマンガがとても多くて、お得感がある。
  117. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    ?まず1巻→2巻→3巻の表紙の移り変わりに八田ちゃんとモモの幸せの過程を感じて、胸がじーんとなった。

    男女の恋愛ものや百合作品と比べて、BLの場合多くの作品に性描写がある印象で。
    …言ってもそこまで数読んだわけじゃないので怒られそうですが。

    現実でもある程度の年齢いってる恋仲同士なら遅かれ早かれほぼするわけだし、男性の方が性欲あるしで、当たり前っちゃ当たり前なのかな。
    ?ただまあ、それまであんなに初々しかった二人でもやっぱり性行為はがっつり!
    だったり、そもそも過程とかすっ飛ばしてとりあえずヤろうぜ!
    みたいなのも、それが良いとか悪いとかではなく事実として、多い印象はあって。

    この『やたもも』も性描写はかなり多め&激しめなんだけれど、そのことにちゃんと意味がある。
    というか性描写あってこその物語。
    それがよかった。

    積み重ねて積み重ねてからのやっと伝えることができた、身体中から溢れるようなモモの八田ちゃんへの「好き」…!
    泣きました。

    飼い主とヒモみたいなところから始まった二人。
    世間一般でいう「純愛」の在り方とは違うのかもしれないけど、なんか、すごく、愛だなーと思った。

    われ鍋にとじ蓋。
    だらしがなかったり凶暴なとこもあったり、完璧じゃなくっても、完璧じゃないひとりとひとりが出会って、互いに補い合い支え合い、恋し合い愛し合い、ひとつの確かな愛のかたちになる。

    人間そうすぐに変われるわけではないし、育った環境もその中で培った信念も物事の捉え方も何もかもが違う誰かと一緒にいるとままならないことばかり。
    それでも好きで大切に想う相手だから、一緒にいたいと思うから、衝突と愛を重ねながらちょっとずつちょっとずつ歩み寄っていく。
    そういう風にやっていく。
    それが共に生きていくということなんだな、と。

    モモと八田ちゃんだけじゃなく、モモと須田、モモと母親、須田と奥さん……其々の生き方があって関係性があって、時にはうまくいかず歪んだり壊れてしまうこともある。
    けれど壊れたその跡に新たに生まれるものもある。
    築いていけるものがある。

    今この瞬間からその先へ、これからも続いていく彼らの人生にその人なりの幸せがきっとある。
    そう信じることができる、素晴らしいエンディングでした。

  118. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    2巻ではかなり暗い方向にいったけれど、3巻は母親との和解(?)も含めて、いい落とし所になったんじゃないかな。
    お隣さんも最後までいい子で愛おしくなった。
    オマケマンガがとても多くて、お得感がある。
  119. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    2巻ではかなり暗い方向にいったけれど、3巻は母親との和解(?)も含めて、いい落とし所になったんじゃないかな。
    お隣さんも最後までいい子で愛おしくなった。
    オマケマンガがとても多くて、お得感がある。
  120. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    ?まず1巻→2巻→3巻の表紙の移り変わりに八田ちゃんとモモの幸せの過程を感じて、胸がじーんとなった。

    男女の恋愛ものや百合作品と比べて、BLの場合多くの作品に性描写がある印象で。
    …言ってもそこまで数読んだわけじゃないので怒られそうですが。

    現実でもある程度の年齢いってる恋仲同士なら遅かれ早かれほぼするわけだし、男性の方が性欲あるしで、当たり前っちゃ当たり前なのかな。
    ?ただまあ、それまであんなに初々しかった二人でもやっぱり性行為はがっつり!
    だったり、そもそも過程とかすっ飛ばしてとりあえずヤろうぜ!
    みたいなのも、それが良いとか悪いとかではなく事実として、多い印象はあって。

    この『やたもも』も性描写はかなり多め&激しめなんだけれど、そのことにちゃんと意味がある。
    というか性描写あってこその物語。
    それがよかった。

    積み重ねて積み重ねてからのやっと伝えることができた、身体中から溢れるようなモモの八田ちゃんへの「好き」…!
    泣きました。

    飼い主とヒモみたいなところから始まった二人。
    世間一般でいう「純愛」の在り方とは違うのかもしれないけど、なんか、すごく、愛だなーと思った。

    われ鍋にとじ蓋。
    だらしがなかったり凶暴なとこもあったり、完璧じゃなくっても、完璧じゃないひとりとひとりが出会って、互いに補い合い支え合い、恋し合い愛し合い、ひとつの確かな愛のかたちになる。

    人間そうすぐに変われるわけではないし、育った環境もその中で培った信念も物事の捉え方も何もかもが違う誰かと一緒にいるとままならないことばかり。
    それでも好きで大切に想う相手だから、一緒にいたいと思うから、衝突と愛を重ねながらちょっとずつちょっとずつ歩み寄っていく。
    そういう風にやっていく。
    それが共に生きていくということなんだな、と。

    モモと八田ちゃんだけじゃなく、モモと須田、モモと母親、須田と奥さん……其々の生き方があって関係性があって、時にはうまくいかず歪んだり壊れてしまうこともある。
    けれど壊れたその跡に新たに生まれるものもある。
    築いていけるものがある。

    今この瞬間からその先へ、これからも続いていく彼らの人生にその人なりの幸せがきっとある。
    そう信じることができる、素晴らしいエンディングでした。

  121. ずっと…!

    ずっとこの2人(+くりちゃんも笑)は心の中で生きている!

    ももには八田ちゃん、八田ちゃんにはもも
    これがニコイチ!
    これがBL!

    大満足!

  122. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    母親との確執で相当ヘビーな展開になるかと思ったら、八田の際限なしのHとか、栗ちゃんの作品の書籍化とかで、案外楽しい展開だった気が。

    唯一ドキドキしたのが、八田が指輪取り戻しに須田家に乗り込むところ!
    …でも、不思議ちゃんの奥と子供に毒気を抜かれた後の、アホらしい八田と須田の言い合いがなんだか面白すぎて…!

    こういうシリアスと笑いと狂気が紙一重な描き方が、ほんとにたまらないんですよね~
    痛いけど痛すぎない、クズなんだけどクズじゃないっていう、さじ加減が絶妙。

    ももは八田にこれからもずっとエロエロに愛されて幸せになって欲しいです!

    カバー下のちぎロマの表紙に大爆笑~!
    カッコよすぎる。

  123. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    母親との確執で相当ヘビーな展開になるかと思ったら、八田の際限なしのHとか、栗ちゃんの作品の書籍化とかで、案外楽しい展開だった気が。

    唯一ドキドキしたのが、八田が指輪取り戻しに須田家に乗り込むところ!
    …でも、不思議ちゃんの奥と子供に毒気を抜かれた後の、アホらしい八田と須田の言い合いがなんだか面白すぎて…!

    こういうシリアスと笑いと狂気が紙一重な描き方が、ほんとにたまらないんですよね~
    痛いけど痛すぎない、クズなんだけどクズじゃないっていう、さじ加減が絶妙。

    ももは八田にこれからもずっとエロエロに愛されて幸せになって欲しいです!

    カバー下のちぎロマの表紙に大爆笑~!
    カッコよすぎる。

  124. ずっと…!

    ずっとこの2人(+くりちゃんも笑)は心の中で生きている!

    ももには八田ちゃん、八田ちゃんにはもも
    これがニコイチ!
    これがBL!

    大満足!

  125. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    ?まず1巻→2巻→3巻の表紙の移り変わりに八田ちゃんとモモの幸せの過程を感じて、胸がじーんとなった。

    男女の恋愛ものや百合作品と比べて、BLの場合多くの作品に性描写がある印象で。
    …言ってもそこまで数読んだわけじゃないので怒られそうですが。

    現実でもある程度の年齢いってる恋仲同士なら遅かれ早かれほぼするわけだし、男性の方が性欲あるしで、当たり前っちゃ当たり前なのかな。
    ?ただまあ、それまであんなに初々しかった二人でもやっぱり性行為はがっつり!
    だったり、そもそも過程とかすっ飛ばしてとりあえずヤろうぜ!
    みたいなのも、それが良いとか悪いとかではなく事実として、多い印象はあって。

    この『やたもも』も性描写はかなり多め&激しめなんだけれど、そのことにちゃんと意味がある。
    というか性描写あってこその物語。
    それがよかった。

    積み重ねて積み重ねてからのやっと伝えることができた、身体中から溢れるようなモモの八田ちゃんへの「好き」…!
    泣きました。

    飼い主とヒモみたいなところから始まった二人。
    世間一般でいう「純愛」の在り方とは違うのかもしれないけど、なんか、すごく、愛だなーと思った。

    われ鍋にとじ蓋。
    だらしがなかったり凶暴なとこもあったり、完璧じゃなくっても、完璧じゃないひとりとひとりが出会って、互いに補い合い支え合い、恋し合い愛し合い、ひとつの確かな愛のかたちになる。

    人間そうすぐに変われるわけではないし、育った環境もその中で培った信念も物事の捉え方も何もかもが違う誰かと一緒にいるとままならないことばかり。
    それでも好きで大切に想う相手だから、一緒にいたいと思うから、衝突と愛を重ねながらちょっとずつちょっとずつ歩み寄っていく。
    そういう風にやっていく。
    それが共に生きていくということなんだな、と。

    モモと八田ちゃんだけじゃなく、モモと須田、モモと母親、須田と奥さん……其々の生き方があって関係性があって、時にはうまくいかず歪んだり壊れてしまうこともある。
    けれど壊れたその跡に新たに生まれるものもある。
    築いていけるものがある。

    今この瞬間からその先へ、これからも続いていく彼らの人生にその人なりの幸せがきっとある。
    そう信じることができる、素晴らしいエンディングでした。

  126. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    母親との確執で相当ヘビーな展開になるかと思ったら、八田の際限なしのHとか、栗ちゃんの作品の書籍化とかで、案外楽しい展開だった気が。

    唯一ドキドキしたのが、八田が指輪取り戻しに須田家に乗り込むところ!
    …でも、不思議ちゃんの奥と子供に毒気を抜かれた後の、アホらしい八田と須田の言い合いがなんだか面白すぎて…!

    こういうシリアスと笑いと狂気が紙一重な描き方が、ほんとにたまらないんですよね~
    痛いけど痛すぎない、クズなんだけどクズじゃないっていう、さじ加減が絶妙。

    ももは八田にこれからもずっとエロエロに愛されて幸せになって欲しいです!

    カバー下のちぎロマの表紙に大爆笑~!
    カッコよすぎる。

  127. ずっと…!

    ずっとこの2人(+くりちゃんも笑)は心の中で生きている!

    ももには八田ちゃん、八田ちゃんにはもも
    これがニコイチ!
    これがBL!

    大満足!

  128. ずっと…!

    ずっとこの2人(+くりちゃんも笑)は心の中で生きている!

    ももには八田ちゃん、八田ちゃんにはもも
    これがニコイチ!
    これがBL!

    大満足!

  129. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    ?まず1巻→2巻→3巻の表紙の移り変わりに八田ちゃんとモモの幸せの過程を感じて、胸がじーんとなった。

    男女の恋愛ものや百合作品と比べて、BLの場合多くの作品に性描写がある印象で。
    …言ってもそこまで数読んだわけじゃないので怒られそうですが。

    現実でもある程度の年齢いってる恋仲同士なら遅かれ早かれほぼするわけだし、男性の方が性欲あるしで、当たり前っちゃ当たり前なのかな。
    ?ただまあ、それまであんなに初々しかった二人でもやっぱり性行為はがっつり!
    だったり、そもそも過程とかすっ飛ばしてとりあえずヤろうぜ!
    みたいなのも、それが良いとか悪いとかではなく事実として、多い印象はあって。

    この『やたもも』も性描写はかなり多め&激しめなんだけれど、そのことにちゃんと意味がある。
    というか性描写あってこその物語。
    それがよかった。

    積み重ねて積み重ねてからのやっと伝えることができた、身体中から溢れるようなモモの八田ちゃんへの「好き」…!
    泣きました。

    飼い主とヒモみたいなところから始まった二人。
    世間一般でいう「純愛」の在り方とは違うのかもしれないけど、なんか、すごく、愛だなーと思った。

    われ鍋にとじ蓋。
    だらしがなかったり凶暴なとこもあったり、完璧じゃなくっても、完璧じゃないひとりとひとりが出会って、互いに補い合い支え合い、恋し合い愛し合い、ひとつの確かな愛のかたちになる。

    人間そうすぐに変われるわけではないし、育った環境もその中で培った信念も物事の捉え方も何もかもが違う誰かと一緒にいるとままならないことばかり。
    それでも好きで大切に想う相手だから、一緒にいたいと思うから、衝突と愛を重ねながらちょっとずつちょっとずつ歩み寄っていく。
    そういう風にやっていく。
    それが共に生きていくということなんだな、と。

    モモと八田ちゃんだけじゃなく、モモと須田、モモと母親、須田と奥さん……其々の生き方があって関係性があって、時にはうまくいかず歪んだり壊れてしまうこともある。
    けれど壊れたその跡に新たに生まれるものもある。
    築いていけるものがある。

    今この瞬間からその先へ、これからも続いていく彼らの人生にその人なりの幸せがきっとある。
    そう信じることができる、素晴らしいエンディングでした。

  130. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    母親との確執で相当ヘビーな展開になるかと思ったら、八田の際限なしのHとか、栗ちゃんの作品の書籍化とかで、案外楽しい展開だった気が。

    唯一ドキドキしたのが、八田が指輪取り戻しに須田家に乗り込むところ!
    …でも、不思議ちゃんの奥と子供に毒気を抜かれた後の、アホらしい八田と須田の言い合いがなんだか面白すぎて…!

    こういうシリアスと笑いと狂気が紙一重な描き方が、ほんとにたまらないんですよね~
    痛いけど痛すぎない、クズなんだけどクズじゃないっていう、さじ加減が絶妙。

    ももは八田にこれからもずっとエロエロに愛されて幸せになって欲しいです!

    カバー下のちぎロマの表紙に大爆笑~!
    カッコよすぎる。

  131. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    母親との確執で相当ヘビーな展開になるかと思ったら、八田の際限なしのHとか、栗ちゃんの作品の書籍化とかで、案外楽しい展開だった気が。

    唯一ドキドキしたのが、八田が指輪取り戻しに須田家に乗り込むところ!
    …でも、不思議ちゃんの奥と子供に毒気を抜かれた後の、アホらしい八田と須田の言い合いがなんだか面白すぎて…!

    こういうシリアスと笑いと狂気が紙一重な描き方が、ほんとにたまらないんですよね~
    痛いけど痛すぎない、クズなんだけどクズじゃないっていう、さじ加減が絶妙。

    ももは八田にこれからもずっとエロエロに愛されて幸せになって欲しいです!

    カバー下のちぎロマの表紙に大爆笑~!
    カッコよすぎる。

  132. ずっと…!

    ずっとこの2人(+くりちゃんも笑)は心の中で生きている!

    ももには八田ちゃん、八田ちゃんにはもも
    これがニコイチ!
    これがBL!

    大満足!

  133. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    ?まず1巻→2巻→3巻の表紙の移り変わりに八田ちゃんとモモの幸せの過程を感じて、胸がじーんとなった。

    男女の恋愛ものや百合作品と比べて、BLの場合多くの作品に性描写がある印象で。
    …言ってもそこまで数読んだわけじゃないので怒られそうですが。

    現実でもある程度の年齢いってる恋仲同士なら遅かれ早かれほぼするわけだし、男性の方が性欲あるしで、当たり前っちゃ当たり前なのかな。
    ?ただまあ、それまであんなに初々しかった二人でもやっぱり性行為はがっつり!
    だったり、そもそも過程とかすっ飛ばしてとりあえずヤろうぜ!
    みたいなのも、それが良いとか悪いとかではなく事実として、多い印象はあって。

    この『やたもも』も性描写はかなり多め&激しめなんだけれど、そのことにちゃんと意味がある。
    というか性描写あってこその物語。
    それがよかった。

    積み重ねて積み重ねてからのやっと伝えることができた、身体中から溢れるようなモモの八田ちゃんへの「好き」…!
    泣きました。

    飼い主とヒモみたいなところから始まった二人。
    世間一般でいう「純愛」の在り方とは違うのかもしれないけど、なんか、すごく、愛だなーと思った。

    われ鍋にとじ蓋。
    だらしがなかったり凶暴なとこもあったり、完璧じゃなくっても、完璧じゃないひとりとひとりが出会って、互いに補い合い支え合い、恋し合い愛し合い、ひとつの確かな愛のかたちになる。

    人間そうすぐに変われるわけではないし、育った環境もその中で培った信念も物事の捉え方も何もかもが違う誰かと一緒にいるとままならないことばかり。
    それでも好きで大切に想う相手だから、一緒にいたいと思うから、衝突と愛を重ねながらちょっとずつちょっとずつ歩み寄っていく。
    そういう風にやっていく。
    それが共に生きていくということなんだな、と。

    モモと八田ちゃんだけじゃなく、モモと須田、モモと母親、須田と奥さん……其々の生き方があって関係性があって、時にはうまくいかず歪んだり壊れてしまうこともある。
    けれど壊れたその跡に新たに生まれるものもある。
    築いていけるものがある。

    今この瞬間からその先へ、これからも続いていく彼らの人生にその人なりの幸せがきっとある。
    そう信じることができる、素晴らしいエンディングでした。

  134. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    2巻ではかなり暗い方向にいったけれど、3巻は母親との和解(?)も含めて、いい落とし所になったんじゃないかな。
    お隣さんも最後までいい子で愛おしくなった。
    オマケマンガがとても多くて、お得感がある。
  135. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    ?まず1巻→2巻→3巻の表紙の移り変わりに八田ちゃんとモモの幸せの過程を感じて、胸がじーんとなった。

    男女の恋愛ものや百合作品と比べて、BLの場合多くの作品に性描写がある印象で。
    …言ってもそこまで数読んだわけじゃないので怒られそうですが。

    現実でもある程度の年齢いってる恋仲同士なら遅かれ早かれほぼするわけだし、男性の方が性欲あるしで、当たり前っちゃ当たり前なのかな。
    ?ただまあ、それまであんなに初々しかった二人でもやっぱり性行為はがっつり!
    だったり、そもそも過程とかすっ飛ばしてとりあえずヤろうぜ!
    みたいなのも、それが良いとか悪いとかではなく事実として、多い印象はあって。

    この『やたもも』も性描写はかなり多め&激しめなんだけれど、そのことにちゃんと意味がある。
    というか性描写あってこその物語。
    それがよかった。

    積み重ねて積み重ねてからのやっと伝えることができた、身体中から溢れるようなモモの八田ちゃんへの「好き」…!
    泣きました。

    飼い主とヒモみたいなところから始まった二人。
    世間一般でいう「純愛」の在り方とは違うのかもしれないけど、なんか、すごく、愛だなーと思った。

    われ鍋にとじ蓋。
    だらしがなかったり凶暴なとこもあったり、完璧じゃなくっても、完璧じゃないひとりとひとりが出会って、互いに補い合い支え合い、恋し合い愛し合い、ひとつの確かな愛のかたちになる。

    人間そうすぐに変われるわけではないし、育った環境もその中で培った信念も物事の捉え方も何もかもが違う誰かと一緒にいるとままならないことばかり。
    それでも好きで大切に想う相手だから、一緒にいたいと思うから、衝突と愛を重ねながらちょっとずつちょっとずつ歩み寄っていく。
    そういう風にやっていく。
    それが共に生きていくということなんだな、と。

    モモと八田ちゃんだけじゃなく、モモと須田、モモと母親、須田と奥さん……其々の生き方があって関係性があって、時にはうまくいかず歪んだり壊れてしまうこともある。
    けれど壊れたその跡に新たに生まれるものもある。
    築いていけるものがある。

    今この瞬間からその先へ、これからも続いていく彼らの人生にその人なりの幸せがきっとある。
    そう信じることができる、素晴らしいエンディングでした。

  136. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    母親との確執で相当ヘビーな展開になるかと思ったら、八田の際限なしのHとか、栗ちゃんの作品の書籍化とかで、案外楽しい展開だった気が。

    唯一ドキドキしたのが、八田が指輪取り戻しに須田家に乗り込むところ!
    …でも、不思議ちゃんの奥と子供に毒気を抜かれた後の、アホらしい八田と須田の言い合いがなんだか面白すぎて…!

    こういうシリアスと笑いと狂気が紙一重な描き方が、ほんとにたまらないんですよね~
    痛いけど痛すぎない、クズなんだけどクズじゃないっていう、さじ加減が絶妙。

    ももは八田にこれからもずっとエロエロに愛されて幸せになって欲しいです!

    カバー下のちぎロマの表紙に大爆笑~!
    カッコよすぎる。

  137. ずっと…!

    ずっとこの2人(+くりちゃんも笑)は心の中で生きている!

    ももには八田ちゃん、八田ちゃんにはもも
    これがニコイチ!
    これがBL!

    大満足!

  138. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    2巻ではかなり暗い方向にいったけれど、3巻は母親との和解(?)も含めて、いい落とし所になったんじゃないかな。
    お隣さんも最後までいい子で愛おしくなった。
    オマケマンガがとても多くて、お得感がある。
  139. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    母親との確執で相当ヘビーな展開になるかと思ったら、八田の際限なしのHとか、栗ちゃんの作品の書籍化とかで、案外楽しい展開だった気が。

    唯一ドキドキしたのが、八田が指輪取り戻しに須田家に乗り込むところ!
    …でも、不思議ちゃんの奥と子供に毒気を抜かれた後の、アホらしい八田と須田の言い合いがなんだか面白すぎて…!

    こういうシリアスと笑いと狂気が紙一重な描き方が、ほんとにたまらないんですよね~
    痛いけど痛すぎない、クズなんだけどクズじゃないっていう、さじ加減が絶妙。

    ももは八田にこれからもずっとエロエロに愛されて幸せになって欲しいです!

    カバー下のちぎロマの表紙に大爆笑~!
    カッコよすぎる。

  140. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    ?まず1巻→2巻→3巻の表紙の移り変わりに八田ちゃんとモモの幸せの過程を感じて、胸がじーんとなった。

    男女の恋愛ものや百合作品と比べて、BLの場合多くの作品に性描写がある印象で。
    …言ってもそこまで数読んだわけじゃないので怒られそうですが。

    現実でもある程度の年齢いってる恋仲同士なら遅かれ早かれほぼするわけだし、男性の方が性欲あるしで、当たり前っちゃ当たり前なのかな。
    ?ただまあ、それまであんなに初々しかった二人でもやっぱり性行為はがっつり!
    だったり、そもそも過程とかすっ飛ばしてとりあえずヤろうぜ!
    みたいなのも、それが良いとか悪いとかではなく事実として、多い印象はあって。

    この『やたもも』も性描写はかなり多め&激しめなんだけれど、そのことにちゃんと意味がある。
    というか性描写あってこその物語。
    それがよかった。

    積み重ねて積み重ねてからのやっと伝えることができた、身体中から溢れるようなモモの八田ちゃんへの「好き」…!
    泣きました。

    飼い主とヒモみたいなところから始まった二人。
    世間一般でいう「純愛」の在り方とは違うのかもしれないけど、なんか、すごく、愛だなーと思った。

    われ鍋にとじ蓋。
    だらしがなかったり凶暴なとこもあったり、完璧じゃなくっても、完璧じゃないひとりとひとりが出会って、互いに補い合い支え合い、恋し合い愛し合い、ひとつの確かな愛のかたちになる。

    人間そうすぐに変われるわけではないし、育った環境もその中で培った信念も物事の捉え方も何もかもが違う誰かと一緒にいるとままならないことばかり。
    それでも好きで大切に想う相手だから、一緒にいたいと思うから、衝突と愛を重ねながらちょっとずつちょっとずつ歩み寄っていく。
    そういう風にやっていく。
    それが共に生きていくということなんだな、と。

    モモと八田ちゃんだけじゃなく、モモと須田、モモと母親、須田と奥さん……其々の生き方があって関係性があって、時にはうまくいかず歪んだり壊れてしまうこともある。
    けれど壊れたその跡に新たに生まれるものもある。
    築いていけるものがある。

    今この瞬間からその先へ、これからも続いていく彼らの人生にその人なりの幸せがきっとある。
    そう信じることができる、素晴らしいエンディングでした。

  141. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    ?まず1巻→2巻→3巻の表紙の移り変わりに八田ちゃんとモモの幸せの過程を感じて、胸がじーんとなった。

    男女の恋愛ものや百合作品と比べて、BLの場合多くの作品に性描写がある印象で。
    …言ってもそこまで数読んだわけじゃないので怒られそうですが。

    現実でもある程度の年齢いってる恋仲同士なら遅かれ早かれほぼするわけだし、男性の方が性欲あるしで、当たり前っちゃ当たり前なのかな。
    ?ただまあ、それまであんなに初々しかった二人でもやっぱり性行為はがっつり!
    だったり、そもそも過程とかすっ飛ばしてとりあえずヤろうぜ!
    みたいなのも、それが良いとか悪いとかではなく事実として、多い印象はあって。

    この『やたもも』も性描写はかなり多め&激しめなんだけれど、そのことにちゃんと意味がある。
    というか性描写あってこその物語。
    それがよかった。

    積み重ねて積み重ねてからのやっと伝えることができた、身体中から溢れるようなモモの八田ちゃんへの「好き」…!
    泣きました。

    飼い主とヒモみたいなところから始まった二人。
    世間一般でいう「純愛」の在り方とは違うのかもしれないけど、なんか、すごく、愛だなーと思った。

    われ鍋にとじ蓋。
    だらしがなかったり凶暴なとこもあったり、完璧じゃなくっても、完璧じゃないひとりとひとりが出会って、互いに補い合い支え合い、恋し合い愛し合い、ひとつの確かな愛のかたちになる。

    人間そうすぐに変われるわけではないし、育った環境もその中で培った信念も物事の捉え方も何もかもが違う誰かと一緒にいるとままならないことばかり。
    それでも好きで大切に想う相手だから、一緒にいたいと思うから、衝突と愛を重ねながらちょっとずつちょっとずつ歩み寄っていく。
    そういう風にやっていく。
    それが共に生きていくということなんだな、と。

    モモと八田ちゃんだけじゃなく、モモと須田、モモと母親、須田と奥さん……其々の生き方があって関係性があって、時にはうまくいかず歪んだり壊れてしまうこともある。
    けれど壊れたその跡に新たに生まれるものもある。
    築いていけるものがある。

    今この瞬間からその先へ、これからも続いていく彼らの人生にその人なりの幸せがきっとある。
    そう信じることができる、素晴らしいエンディングでした。

  142. ずっと…!

    ずっとこの2人(+くりちゃんも笑)は心の中で生きている!

    ももには八田ちゃん、八田ちゃんにはもも
    これがニコイチ!
    これがBL!

    大満足!

  143. ずっと…!

    ずっとこの2人(+くりちゃんも笑)は心の中で生きている!

    ももには八田ちゃん、八田ちゃんにはもも
    これがニコイチ!
    これがBL!

    大満足!

  144. ずっと…!

    ずっとこの2人(+くりちゃんも笑)は心の中で生きている!

    ももには八田ちゃん、八田ちゃんにはもも
    これがニコイチ!
    これがBL!

    大満足!

  145. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    2巻ではかなり暗い方向にいったけれど、3巻は母親との和解(?)も含めて、いい落とし所になったんじゃないかな。
    お隣さんも最後までいい子で愛おしくなった。
    オマケマンガがとても多くて、お得感がある。
  146. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    ?まず1巻→2巻→3巻の表紙の移り変わりに八田ちゃんとモモの幸せの過程を感じて、胸がじーんとなった。

    男女の恋愛ものや百合作品と比べて、BLの場合多くの作品に性描写がある印象で。
    …言ってもそこまで数読んだわけじゃないので怒られそうですが。

    現実でもある程度の年齢いってる恋仲同士なら遅かれ早かれほぼするわけだし、男性の方が性欲あるしで、当たり前っちゃ当たり前なのかな。
    ?ただまあ、それまであんなに初々しかった二人でもやっぱり性行為はがっつり!
    だったり、そもそも過程とかすっ飛ばしてとりあえずヤろうぜ!
    みたいなのも、それが良いとか悪いとかではなく事実として、多い印象はあって。

    この『やたもも』も性描写はかなり多め&激しめなんだけれど、そのことにちゃんと意味がある。
    というか性描写あってこその物語。
    それがよかった。

    積み重ねて積み重ねてからのやっと伝えることができた、身体中から溢れるようなモモの八田ちゃんへの「好き」…!
    泣きました。

    飼い主とヒモみたいなところから始まった二人。
    世間一般でいう「純愛」の在り方とは違うのかもしれないけど、なんか、すごく、愛だなーと思った。

    われ鍋にとじ蓋。
    だらしがなかったり凶暴なとこもあったり、完璧じゃなくっても、完璧じゃないひとりとひとりが出会って、互いに補い合い支え合い、恋し合い愛し合い、ひとつの確かな愛のかたちになる。

    人間そうすぐに変われるわけではないし、育った環境もその中で培った信念も物事の捉え方も何もかもが違う誰かと一緒にいるとままならないことばかり。
    それでも好きで大切に想う相手だから、一緒にいたいと思うから、衝突と愛を重ねながらちょっとずつちょっとずつ歩み寄っていく。
    そういう風にやっていく。
    それが共に生きていくということなんだな、と。

    モモと八田ちゃんだけじゃなく、モモと須田、モモと母親、須田と奥さん……其々の生き方があって関係性があって、時にはうまくいかず歪んだり壊れてしまうこともある。
    けれど壊れたその跡に新たに生まれるものもある。
    築いていけるものがある。

    今この瞬間からその先へ、これからも続いていく彼らの人生にその人なりの幸せがきっとある。
    そう信じることができる、素晴らしいエンディングでした。

  147. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    母親との確執で相当ヘビーな展開になるかと思ったら、八田の際限なしのHとか、栗ちゃんの作品の書籍化とかで、案外楽しい展開だった気が。

    唯一ドキドキしたのが、八田が指輪取り戻しに須田家に乗り込むところ!
    …でも、不思議ちゃんの奥と子供に毒気を抜かれた後の、アホらしい八田と須田の言い合いがなんだか面白すぎて…!

    こういうシリアスと笑いと狂気が紙一重な描き方が、ほんとにたまらないんですよね~
    痛いけど痛すぎない、クズなんだけどクズじゃないっていう、さじ加減が絶妙。

    ももは八田にこれからもずっとエロエロに愛されて幸せになって欲しいです!

    カバー下のちぎロマの表紙に大爆笑~!
    カッコよすぎる。

  148. ずっと…!

    ずっとこの2人(+くりちゃんも笑)は心の中で生きている!

    ももには八田ちゃん、八田ちゃんにはもも
    これがニコイチ!
    これがBL!

    大満足!

  149. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    母親との確執で相当ヘビーな展開になるかと思ったら、八田の際限なしのHとか、栗ちゃんの作品の書籍化とかで、案外楽しい展開だった気が。

    唯一ドキドキしたのが、八田が指輪取り戻しに須田家に乗り込むところ!
    …でも、不思議ちゃんの奥と子供に毒気を抜かれた後の、アホらしい八田と須田の言い合いがなんだか面白すぎて…!

    こういうシリアスと笑いと狂気が紙一重な描き方が、ほんとにたまらないんですよね~
    痛いけど痛すぎない、クズなんだけどクズじゃないっていう、さじ加減が絶妙。

    ももは八田にこれからもずっとエロエロに愛されて幸せになって欲しいです!

    カバー下のちぎロマの表紙に大爆笑~!
    カッコよすぎる。

  150. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    母親との確執で相当ヘビーな展開になるかと思ったら、八田の際限なしのHとか、栗ちゃんの作品の書籍化とかで、案外楽しい展開だった気が。

    唯一ドキドキしたのが、八田が指輪取り戻しに須田家に乗り込むところ!
    …でも、不思議ちゃんの奥と子供に毒気を抜かれた後の、アホらしい八田と須田の言い合いがなんだか面白すぎて…!

    こういうシリアスと笑いと狂気が紙一重な描き方が、ほんとにたまらないんですよね~
    痛いけど痛すぎない、クズなんだけどクズじゃないっていう、さじ加減が絶妙。

    ももは八田にこれからもずっとエロエロに愛されて幸せになって欲しいです!

    カバー下のちぎロマの表紙に大爆笑~!
    カッコよすぎる。

  151. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    2巻ではかなり暗い方向にいったけれど、3巻は母親との和解(?)も含めて、いい落とし所になったんじゃないかな。
    お隣さんも最後までいい子で愛おしくなった。
    オマケマンガがとても多くて、お得感がある。
  152. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    2巻ではかなり暗い方向にいったけれど、3巻は母親との和解(?)も含めて、いい落とし所になったんじゃないかな。
    お隣さんも最後までいい子で愛おしくなった。
    オマケマンガがとても多くて、お得感がある。
  153. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    2巻ではかなり暗い方向にいったけれど、3巻は母親との和解(?)も含めて、いい落とし所になったんじゃないかな。
    お隣さんも最後までいい子で愛おしくなった。
    オマケマンガがとても多くて、お得感がある。
  154. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    ?まず1巻→2巻→3巻の表紙の移り変わりに八田ちゃんとモモの幸せの過程を感じて、胸がじーんとなった。

    男女の恋愛ものや百合作品と比べて、BLの場合多くの作品に性描写がある印象で。
    …言ってもそこまで数読んだわけじゃないので怒られそうですが。

    現実でもある程度の年齢いってる恋仲同士なら遅かれ早かれほぼするわけだし、男性の方が性欲あるしで、当たり前っちゃ当たり前なのかな。
    ?ただまあ、それまであんなに初々しかった二人でもやっぱり性行為はがっつり!
    だったり、そもそも過程とかすっ飛ばしてとりあえずヤろうぜ!
    みたいなのも、それが良いとか悪いとかではなく事実として、多い印象はあって。

    この『やたもも』も性描写はかなり多め&激しめなんだけれど、そのことにちゃんと意味がある。
    というか性描写あってこその物語。
    それがよかった。

    積み重ねて積み重ねてからのやっと伝えることができた、身体中から溢れるようなモモの八田ちゃんへの「好き」…!
    泣きました。

    飼い主とヒモみたいなところから始まった二人。
    世間一般でいう「純愛」の在り方とは違うのかもしれないけど、なんか、すごく、愛だなーと思った。

    われ鍋にとじ蓋。
    だらしがなかったり凶暴なとこもあったり、完璧じゃなくっても、完璧じゃないひとりとひとりが出会って、互いに補い合い支え合い、恋し合い愛し合い、ひとつの確かな愛のかたちになる。

    人間そうすぐに変われるわけではないし、育った環境もその中で培った信念も物事の捉え方も何もかもが違う誰かと一緒にいるとままならないことばかり。
    それでも好きで大切に想う相手だから、一緒にいたいと思うから、衝突と愛を重ねながらちょっとずつちょっとずつ歩み寄っていく。
    そういう風にやっていく。
    それが共に生きていくということなんだな、と。

    モモと八田ちゃんだけじゃなく、モモと須田、モモと母親、須田と奥さん……其々の生き方があって関係性があって、時にはうまくいかず歪んだり壊れてしまうこともある。
    けれど壊れたその跡に新たに生まれるものもある。
    築いていけるものがある。

    今この瞬間からその先へ、これからも続いていく彼らの人生にその人なりの幸せがきっとある。
    そう信じることができる、素晴らしいエンディングでした。

  155. ずっと…!

    ずっとこの2人(+くりちゃんも笑)は心の中で生きている!

    ももには八田ちゃん、八田ちゃんにはもも
    これがニコイチ!
    これがBL!

    大満足!

  156. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    ?まず1巻→2巻→3巻の表紙の移り変わりに八田ちゃんとモモの幸せの過程を感じて、胸がじーんとなった。

    男女の恋愛ものや百合作品と比べて、BLの場合多くの作品に性描写がある印象で。
    …言ってもそこまで数読んだわけじゃないので怒られそうですが。

    現実でもある程度の年齢いってる恋仲同士なら遅かれ早かれほぼするわけだし、男性の方が性欲あるしで、当たり前っちゃ当たり前なのかな。
    ?ただまあ、それまであんなに初々しかった二人でもやっぱり性行為はがっつり!
    だったり、そもそも過程とかすっ飛ばしてとりあえずヤろうぜ!
    みたいなのも、それが良いとか悪いとかではなく事実として、多い印象はあって。

    この『やたもも』も性描写はかなり多め&激しめなんだけれど、そのことにちゃんと意味がある。
    というか性描写あってこその物語。
    それがよかった。

    積み重ねて積み重ねてからのやっと伝えることができた、身体中から溢れるようなモモの八田ちゃんへの「好き」…!
    泣きました。

    飼い主とヒモみたいなところから始まった二人。
    世間一般でいう「純愛」の在り方とは違うのかもしれないけど、なんか、すごく、愛だなーと思った。

    われ鍋にとじ蓋。
    だらしがなかったり凶暴なとこもあったり、完璧じゃなくっても、完璧じゃないひとりとひとりが出会って、互いに補い合い支え合い、恋し合い愛し合い、ひとつの確かな愛のかたちになる。

    人間そうすぐに変われるわけではないし、育った環境もその中で培った信念も物事の捉え方も何もかもが違う誰かと一緒にいるとままならないことばかり。
    それでも好きで大切に想う相手だから、一緒にいたいと思うから、衝突と愛を重ねながらちょっとずつちょっとずつ歩み寄っていく。
    そういう風にやっていく。
    それが共に生きていくということなんだな、と。

    モモと八田ちゃんだけじゃなく、モモと須田、モモと母親、須田と奥さん……其々の生き方があって関係性があって、時にはうまくいかず歪んだり壊れてしまうこともある。
    けれど壊れたその跡に新たに生まれるものもある。
    築いていけるものがある。

    今この瞬間からその先へ、これからも続いていく彼らの人生にその人なりの幸せがきっとある。
    そう信じることができる、素晴らしいエンディングでした。

  157. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    2巻ではかなり暗い方向にいったけれど、3巻は母親との和解(?)も含めて、いい落とし所になったんじゃないかな。
    お隣さんも最後までいい子で愛おしくなった。
    オマケマンガがとても多くて、お得感がある。
  158. ずっと…!

    ずっとこの2人(+くりちゃんも笑)は心の中で生きている!

    ももには八田ちゃん、八田ちゃんにはもも
    これがニコイチ!
    これがBL!

    大満足!

  159. ずっと…!

    ずっとこの2人(+くりちゃんも笑)は心の中で生きている!

    ももには八田ちゃん、八田ちゃんにはもも
    これがニコイチ!
    これがBL!

    大満足!

  160. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    2巻ではかなり暗い方向にいったけれど、3巻は母親との和解(?)も含めて、いい落とし所になったんじゃないかな。
    お隣さんも最後までいい子で愛おしくなった。
    オマケマンガがとても多くて、お得感がある。
  161. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    2巻ではかなり暗い方向にいったけれど、3巻は母親との和解(?)も含めて、いい落とし所になったんじゃないかな。
    お隣さんも最後までいい子で愛おしくなった。
    オマケマンガがとても多くて、お得感がある。
  162. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    ?まず1巻→2巻→3巻の表紙の移り変わりに八田ちゃんとモモの幸せの過程を感じて、胸がじーんとなった。

    男女の恋愛ものや百合作品と比べて、BLの場合多くの作品に性描写がある印象で。
    …言ってもそこまで数読んだわけじゃないので怒られそうですが。

    現実でもある程度の年齢いってる恋仲同士なら遅かれ早かれほぼするわけだし、男性の方が性欲あるしで、当たり前っちゃ当たり前なのかな。
    ?ただまあ、それまであんなに初々しかった二人でもやっぱり性行為はがっつり!
    だったり、そもそも過程とかすっ飛ばしてとりあえずヤろうぜ!
    みたいなのも、それが良いとか悪いとかではなく事実として、多い印象はあって。

    この『やたもも』も性描写はかなり多め&激しめなんだけれど、そのことにちゃんと意味がある。
    というか性描写あってこその物語。
    それがよかった。

    積み重ねて積み重ねてからのやっと伝えることができた、身体中から溢れるようなモモの八田ちゃんへの「好き」…!
    泣きました。

    飼い主とヒモみたいなところから始まった二人。
    世間一般でいう「純愛」の在り方とは違うのかもしれないけど、なんか、すごく、愛だなーと思った。

    われ鍋にとじ蓋。
    だらしがなかったり凶暴なとこもあったり、完璧じゃなくっても、完璧じゃないひとりとひとりが出会って、互いに補い合い支え合い、恋し合い愛し合い、ひとつの確かな愛のかたちになる。

    人間そうすぐに変われるわけではないし、育った環境もその中で培った信念も物事の捉え方も何もかもが違う誰かと一緒にいるとままならないことばかり。
    それでも好きで大切に想う相手だから、一緒にいたいと思うから、衝突と愛を重ねながらちょっとずつちょっとずつ歩み寄っていく。
    そういう風にやっていく。
    それが共に生きていくということなんだな、と。

    モモと八田ちゃんだけじゃなく、モモと須田、モモと母親、須田と奥さん……其々の生き方があって関係性があって、時にはうまくいかず歪んだり壊れてしまうこともある。
    けれど壊れたその跡に新たに生まれるものもある。
    築いていけるものがある。

    今この瞬間からその先へ、これからも続いていく彼らの人生にその人なりの幸せがきっとある。
    そう信じることができる、素晴らしいエンディングでした。

  163. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    母親との確執で相当ヘビーな展開になるかと思ったら、八田の際限なしのHとか、栗ちゃんの作品の書籍化とかで、案外楽しい展開だった気が。

    唯一ドキドキしたのが、八田が指輪取り戻しに須田家に乗り込むところ!
    …でも、不思議ちゃんの奥と子供に毒気を抜かれた後の、アホらしい八田と須田の言い合いがなんだか面白すぎて…!

    こういうシリアスと笑いと狂気が紙一重な描き方が、ほんとにたまらないんですよね~
    痛いけど痛すぎない、クズなんだけどクズじゃないっていう、さじ加減が絶妙。

    ももは八田にこれからもずっとエロエロに愛されて幸せになって欲しいです!

    カバー下のちぎロマの表紙に大爆笑~!
    カッコよすぎる。

  164. ずっと…!

    ずっとこの2人(+くりちゃんも笑)は心の中で生きている!

    ももには八田ちゃん、八田ちゃんにはもも
    これがニコイチ!
    これがBL!

    大満足!

  165. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    2巻ではかなり暗い方向にいったけれど、3巻は母親との和解(?)も含めて、いい落とし所になったんじゃないかな。
    お隣さんも最後までいい子で愛おしくなった。
    オマケマンガがとても多くて、お得感がある。
  166. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    2巻ではかなり暗い方向にいったけれど、3巻は母親との和解(?)も含めて、いい落とし所になったんじゃないかな。
    お隣さんも最後までいい子で愛おしくなった。
    オマケマンガがとても多くて、お得感がある。
  167. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    母親との確執で相当ヘビーな展開になるかと思ったら、八田の際限なしのHとか、栗ちゃんの作品の書籍化とかで、案外楽しい展開だった気が。

    唯一ドキドキしたのが、八田が指輪取り戻しに須田家に乗り込むところ!
    …でも、不思議ちゃんの奥と子供に毒気を抜かれた後の、アホらしい八田と須田の言い合いがなんだか面白すぎて…!

    こういうシリアスと笑いと狂気が紙一重な描き方が、ほんとにたまらないんですよね~
    痛いけど痛すぎない、クズなんだけどクズじゃないっていう、さじ加減が絶妙。

    ももは八田にこれからもずっとエロエロに愛されて幸せになって欲しいです!

    カバー下のちぎロマの表紙に大爆笑~!
    カッコよすぎる。

  168. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    ?まず1巻→2巻→3巻の表紙の移り変わりに八田ちゃんとモモの幸せの過程を感じて、胸がじーんとなった。

    男女の恋愛ものや百合作品と比べて、BLの場合多くの作品に性描写がある印象で。
    …言ってもそこまで数読んだわけじゃないので怒られそうですが。

    現実でもある程度の年齢いってる恋仲同士なら遅かれ早かれほぼするわけだし、男性の方が性欲あるしで、当たり前っちゃ当たり前なのかな。
    ?ただまあ、それまであんなに初々しかった二人でもやっぱり性行為はがっつり!
    だったり、そもそも過程とかすっ飛ばしてとりあえずヤろうぜ!
    みたいなのも、それが良いとか悪いとかではなく事実として、多い印象はあって。

    この『やたもも』も性描写はかなり多め&激しめなんだけれど、そのことにちゃんと意味がある。
    というか性描写あってこその物語。
    それがよかった。

    積み重ねて積み重ねてからのやっと伝えることができた、身体中から溢れるようなモモの八田ちゃんへの「好き」…!
    泣きました。

    飼い主とヒモみたいなところから始まった二人。
    世間一般でいう「純愛」の在り方とは違うのかもしれないけど、なんか、すごく、愛だなーと思った。

    われ鍋にとじ蓋。
    だらしがなかったり凶暴なとこもあったり、完璧じゃなくっても、完璧じゃないひとりとひとりが出会って、互いに補い合い支え合い、恋し合い愛し合い、ひとつの確かな愛のかたちになる。

    人間そうすぐに変われるわけではないし、育った環境もその中で培った信念も物事の捉え方も何もかもが違う誰かと一緒にいるとままならないことばかり。
    それでも好きで大切に想う相手だから、一緒にいたいと思うから、衝突と愛を重ねながらちょっとずつちょっとずつ歩み寄っていく。
    そういう風にやっていく。
    それが共に生きていくということなんだな、と。

    モモと八田ちゃんだけじゃなく、モモと須田、モモと母親、須田と奥さん……其々の生き方があって関係性があって、時にはうまくいかず歪んだり壊れてしまうこともある。
    けれど壊れたその跡に新たに生まれるものもある。
    築いていけるものがある。

    今この瞬間からその先へ、これからも続いていく彼らの人生にその人なりの幸せがきっとある。
    そう信じることができる、素晴らしいエンディングでした。

  169. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    2巻ではかなり暗い方向にいったけれど、3巻は母親との和解(?)も含めて、いい落とし所になったんじゃないかな。
    お隣さんも最後までいい子で愛おしくなった。
    オマケマンガがとても多くて、お得感がある。
  170. ずっと…!

    ずっとこの2人(+くりちゃんも笑)は心の中で生きている!

    ももには八田ちゃん、八田ちゃんにはもも
    これがニコイチ!
    これがBL!

    大満足!

  171. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    ?まず1巻→2巻→3巻の表紙の移り変わりに八田ちゃんとモモの幸せの過程を感じて、胸がじーんとなった。

    男女の恋愛ものや百合作品と比べて、BLの場合多くの作品に性描写がある印象で。
    …言ってもそこまで数読んだわけじゃないので怒られそうですが。

    現実でもある程度の年齢いってる恋仲同士なら遅かれ早かれほぼするわけだし、男性の方が性欲あるしで、当たり前っちゃ当たり前なのかな。
    ?ただまあ、それまであんなに初々しかった二人でもやっぱり性行為はがっつり!
    だったり、そもそも過程とかすっ飛ばしてとりあえずヤろうぜ!
    みたいなのも、それが良いとか悪いとかではなく事実として、多い印象はあって。

    この『やたもも』も性描写はかなり多め&激しめなんだけれど、そのことにちゃんと意味がある。
    というか性描写あってこその物語。
    それがよかった。

    積み重ねて積み重ねてからのやっと伝えることができた、身体中から溢れるようなモモの八田ちゃんへの「好き」…!
    泣きました。

    飼い主とヒモみたいなところから始まった二人。
    世間一般でいう「純愛」の在り方とは違うのかもしれないけど、なんか、すごく、愛だなーと思った。

    われ鍋にとじ蓋。
    だらしがなかったり凶暴なとこもあったり、完璧じゃなくっても、完璧じゃないひとりとひとりが出会って、互いに補い合い支え合い、恋し合い愛し合い、ひとつの確かな愛のかたちになる。

    人間そうすぐに変われるわけではないし、育った環境もその中で培った信念も物事の捉え方も何もかもが違う誰かと一緒にいるとままならないことばかり。
    それでも好きで大切に想う相手だから、一緒にいたいと思うから、衝突と愛を重ねながらちょっとずつちょっとずつ歩み寄っていく。
    そういう風にやっていく。
    それが共に生きていくということなんだな、と。

    モモと八田ちゃんだけじゃなく、モモと須田、モモと母親、須田と奥さん……其々の生き方があって関係性があって、時にはうまくいかず歪んだり壊れてしまうこともある。
    けれど壊れたその跡に新たに生まれるものもある。
    築いていけるものがある。

    今この瞬間からその先へ、これからも続いていく彼らの人生にその人なりの幸せがきっとある。
    そう信じることができる、素晴らしいエンディングでした。

  172. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    母親との確執で相当ヘビーな展開になるかと思ったら、八田の際限なしのHとか、栗ちゃんの作品の書籍化とかで、案外楽しい展開だった気が。

    唯一ドキドキしたのが、八田が指輪取り戻しに須田家に乗り込むところ!
    …でも、不思議ちゃんの奥と子供に毒気を抜かれた後の、アホらしい八田と須田の言い合いがなんだか面白すぎて…!

    こういうシリアスと笑いと狂気が紙一重な描き方が、ほんとにたまらないんですよね~
    痛いけど痛すぎない、クズなんだけどクズじゃないっていう、さじ加減が絶妙。

    ももは八田にこれからもずっとエロエロに愛されて幸せになって欲しいです!

    カバー下のちぎロマの表紙に大爆笑~!
    カッコよすぎる。

  173. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    母親との確執で相当ヘビーな展開になるかと思ったら、八田の際限なしのHとか、栗ちゃんの作品の書籍化とかで、案外楽しい展開だった気が。

    唯一ドキドキしたのが、八田が指輪取り戻しに須田家に乗り込むところ!
    …でも、不思議ちゃんの奥と子供に毒気を抜かれた後の、アホらしい八田と須田の言い合いがなんだか面白すぎて…!

    こういうシリアスと笑いと狂気が紙一重な描き方が、ほんとにたまらないんですよね~
    痛いけど痛すぎない、クズなんだけどクズじゃないっていう、さじ加減が絶妙。

    ももは八田にこれからもずっとエロエロに愛されて幸せになって欲しいです!

    カバー下のちぎロマの表紙に大爆笑~!
    カッコよすぎる。

  174. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    2巻ではかなり暗い方向にいったけれど、3巻は母親との和解(?)も含めて、いい落とし所になったんじゃないかな。
    お隣さんも最後までいい子で愛おしくなった。
    オマケマンガがとても多くて、お得感がある。
  175. ずっと…!

    ずっとこの2人(+くりちゃんも笑)は心の中で生きている!

    ももには八田ちゃん、八田ちゃんにはもも
    これがニコイチ!
    これがBL!

    大満足!

  176. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    母親との確執で相当ヘビーな展開になるかと思ったら、八田の際限なしのHとか、栗ちゃんの作品の書籍化とかで、案外楽しい展開だった気が。

    唯一ドキドキしたのが、八田が指輪取り戻しに須田家に乗り込むところ!
    …でも、不思議ちゃんの奥と子供に毒気を抜かれた後の、アホらしい八田と須田の言い合いがなんだか面白すぎて…!

    こういうシリアスと笑いと狂気が紙一重な描き方が、ほんとにたまらないんですよね~
    痛いけど痛すぎない、クズなんだけどクズじゃないっていう、さじ加減が絶妙。

    ももは八田にこれからもずっとエロエロに愛されて幸せになって欲しいです!

    カバー下のちぎロマの表紙に大爆笑~!
    カッコよすぎる。

  177. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    ?まず1巻→2巻→3巻の表紙の移り変わりに八田ちゃんとモモの幸せの過程を感じて、胸がじーんとなった。

    男女の恋愛ものや百合作品と比べて、BLの場合多くの作品に性描写がある印象で。
    …言ってもそこまで数読んだわけじゃないので怒られそうですが。

    現実でもある程度の年齢いってる恋仲同士なら遅かれ早かれほぼするわけだし、男性の方が性欲あるしで、当たり前っちゃ当たり前なのかな。
    ?ただまあ、それまであんなに初々しかった二人でもやっぱり性行為はがっつり!
    だったり、そもそも過程とかすっ飛ばしてとりあえずヤろうぜ!
    みたいなのも、それが良いとか悪いとかではなく事実として、多い印象はあって。

    この『やたもも』も性描写はかなり多め&激しめなんだけれど、そのことにちゃんと意味がある。
    というか性描写あってこその物語。
    それがよかった。

    積み重ねて積み重ねてからのやっと伝えることができた、身体中から溢れるようなモモの八田ちゃんへの「好き」…!
    泣きました。

    飼い主とヒモみたいなところから始まった二人。
    世間一般でいう「純愛」の在り方とは違うのかもしれないけど、なんか、すごく、愛だなーと思った。

    われ鍋にとじ蓋。
    だらしがなかったり凶暴なとこもあったり、完璧じゃなくっても、完璧じゃないひとりとひとりが出会って、互いに補い合い支え合い、恋し合い愛し合い、ひとつの確かな愛のかたちになる。

    人間そうすぐに変われるわけではないし、育った環境もその中で培った信念も物事の捉え方も何もかもが違う誰かと一緒にいるとままならないことばかり。
    それでも好きで大切に想う相手だから、一緒にいたいと思うから、衝突と愛を重ねながらちょっとずつちょっとずつ歩み寄っていく。
    そういう風にやっていく。
    それが共に生きていくということなんだな、と。

    モモと八田ちゃんだけじゃなく、モモと須田、モモと母親、須田と奥さん……其々の生き方があって関係性があって、時にはうまくいかず歪んだり壊れてしまうこともある。
    けれど壊れたその跡に新たに生まれるものもある。
    築いていけるものがある。

    今この瞬間からその先へ、これからも続いていく彼らの人生にその人なりの幸せがきっとある。
    そう信じることができる、素晴らしいエンディングでした。

  178. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    ?まず1巻→2巻→3巻の表紙の移り変わりに八田ちゃんとモモの幸せの過程を感じて、胸がじーんとなった。

    男女の恋愛ものや百合作品と比べて、BLの場合多くの作品に性描写がある印象で。
    …言ってもそこまで数読んだわけじゃないので怒られそうですが。

    現実でもある程度の年齢いってる恋仲同士なら遅かれ早かれほぼするわけだし、男性の方が性欲あるしで、当たり前っちゃ当たり前なのかな。
    ?ただまあ、それまであんなに初々しかった二人でもやっぱり性行為はがっつり!
    だったり、そもそも過程とかすっ飛ばしてとりあえずヤろうぜ!
    みたいなのも、それが良いとか悪いとかではなく事実として、多い印象はあって。

    この『やたもも』も性描写はかなり多め&激しめなんだけれど、そのことにちゃんと意味がある。
    というか性描写あってこその物語。
    それがよかった。

    積み重ねて積み重ねてからのやっと伝えることができた、身体中から溢れるようなモモの八田ちゃんへの「好き」…!
    泣きました。

    飼い主とヒモみたいなところから始まった二人。
    世間一般でいう「純愛」の在り方とは違うのかもしれないけど、なんか、すごく、愛だなーと思った。

    われ鍋にとじ蓋。
    だらしがなかったり凶暴なとこもあったり、完璧じゃなくっても、完璧じゃないひとりとひとりが出会って、互いに補い合い支え合い、恋し合い愛し合い、ひとつの確かな愛のかたちになる。

    人間そうすぐに変われるわけではないし、育った環境もその中で培った信念も物事の捉え方も何もかもが違う誰かと一緒にいるとままならないことばかり。
    それでも好きで大切に想う相手だから、一緒にいたいと思うから、衝突と愛を重ねながらちょっとずつちょっとずつ歩み寄っていく。
    そういう風にやっていく。
    それが共に生きていくということなんだな、と。

    モモと八田ちゃんだけじゃなく、モモと須田、モモと母親、須田と奥さん……其々の生き方があって関係性があって、時にはうまくいかず歪んだり壊れてしまうこともある。
    けれど壊れたその跡に新たに生まれるものもある。
    築いていけるものがある。

    今この瞬間からその先へ、これからも続いていく彼らの人生にその人なりの幸せがきっとある。
    そう信じることができる、素晴らしいエンディングでした。

  179. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    ?まず1巻→2巻→3巻の表紙の移り変わりに八田ちゃんとモモの幸せの過程を感じて、胸がじーんとなった。

    男女の恋愛ものや百合作品と比べて、BLの場合多くの作品に性描写がある印象で。
    …言ってもそこまで数読んだわけじゃないので怒られそうですが。

    現実でもある程度の年齢いってる恋仲同士なら遅かれ早かれほぼするわけだし、男性の方が性欲あるしで、当たり前っちゃ当たり前なのかな。
    ?ただまあ、それまであんなに初々しかった二人でもやっぱり性行為はがっつり!
    だったり、そもそも過程とかすっ飛ばしてとりあえずヤろうぜ!
    みたいなのも、それが良いとか悪いとかではなく事実として、多い印象はあって。

    この『やたもも』も性描写はかなり多め&激しめなんだけれど、そのことにちゃんと意味がある。
    というか性描写あってこその物語。
    それがよかった。

    積み重ねて積み重ねてからのやっと伝えることができた、身体中から溢れるようなモモの八田ちゃんへの「好き」…!
    泣きました。

    飼い主とヒモみたいなところから始まった二人。
    世間一般でいう「純愛」の在り方とは違うのかもしれないけど、なんか、すごく、愛だなーと思った。

    われ鍋にとじ蓋。
    だらしがなかったり凶暴なとこもあったり、完璧じゃなくっても、完璧じゃないひとりとひとりが出会って、互いに補い合い支え合い、恋し合い愛し合い、ひとつの確かな愛のかたちになる。

    人間そうすぐに変われるわけではないし、育った環境もその中で培った信念も物事の捉え方も何もかもが違う誰かと一緒にいるとままならないことばかり。
    それでも好きで大切に想う相手だから、一緒にいたいと思うから、衝突と愛を重ねながらちょっとずつちょっとずつ歩み寄っていく。
    そういう風にやっていく。
    それが共に生きていくということなんだな、と。

    モモと八田ちゃんだけじゃなく、モモと須田、モモと母親、須田と奥さん……其々の生き方があって関係性があって、時にはうまくいかず歪んだり壊れてしまうこともある。
    けれど壊れたその跡に新たに生まれるものもある。
    築いていけるものがある。

    今この瞬間からその先へ、これからも続いていく彼らの人生にその人なりの幸せがきっとある。
    そう信じることができる、素晴らしいエンディングでした。

  180. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    2巻ではかなり暗い方向にいったけれど、3巻は母親との和解(?)も含めて、いい落とし所になったんじゃないかな。
    お隣さんも最後までいい子で愛おしくなった。
    オマケマンガがとても多くて、お得感がある。
  181. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    ?まず1巻→2巻→3巻の表紙の移り変わりに八田ちゃんとモモの幸せの過程を感じて、胸がじーんとなった。

    男女の恋愛ものや百合作品と比べて、BLの場合多くの作品に性描写がある印象で。
    …言ってもそこまで数読んだわけじゃないので怒られそうですが。

    現実でもある程度の年齢いってる恋仲同士なら遅かれ早かれほぼするわけだし、男性の方が性欲あるしで、当たり前っちゃ当たり前なのかな。
    ?ただまあ、それまであんなに初々しかった二人でもやっぱり性行為はがっつり!
    だったり、そもそも過程とかすっ飛ばしてとりあえずヤろうぜ!
    みたいなのも、それが良いとか悪いとかではなく事実として、多い印象はあって。

    この『やたもも』も性描写はかなり多め&激しめなんだけれど、そのことにちゃんと意味がある。
    というか性描写あってこその物語。
    それがよかった。

    積み重ねて積み重ねてからのやっと伝えることができた、身体中から溢れるようなモモの八田ちゃんへの「好き」…!
    泣きました。

    飼い主とヒモみたいなところから始まった二人。
    世間一般でいう「純愛」の在り方とは違うのかもしれないけど、なんか、すごく、愛だなーと思った。

    われ鍋にとじ蓋。
    だらしがなかったり凶暴なとこもあったり、完璧じゃなくっても、完璧じゃないひとりとひとりが出会って、互いに補い合い支え合い、恋し合い愛し合い、ひとつの確かな愛のかたちになる。

    人間そうすぐに変われるわけではないし、育った環境もその中で培った信念も物事の捉え方も何もかもが違う誰かと一緒にいるとままならないことばかり。
    それでも好きで大切に想う相手だから、一緒にいたいと思うから、衝突と愛を重ねながらちょっとずつちょっとずつ歩み寄っていく。
    そういう風にやっていく。
    それが共に生きていくということなんだな、と。

    モモと八田ちゃんだけじゃなく、モモと須田、モモと母親、須田と奥さん……其々の生き方があって関係性があって、時にはうまくいかず歪んだり壊れてしまうこともある。
    けれど壊れたその跡に新たに生まれるものもある。
    築いていけるものがある。

    今この瞬間からその先へ、これからも続いていく彼らの人生にその人なりの幸せがきっとある。
    そう信じることができる、素晴らしいエンディングでした。

  182. ずっと…!

    ずっとこの2人(+くりちゃんも笑)は心の中で生きている!

    ももには八田ちゃん、八田ちゃんにはもも
    これがニコイチ!
    これがBL!

    大満足!

  183. ずっと…!

    ずっとこの2人(+くりちゃんも笑)は心の中で生きている!

    ももには八田ちゃん、八田ちゃんにはもも
    これがニコイチ!
    これがBL!

    大満足!

  184. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    ?まず1巻→2巻→3巻の表紙の移り変わりに八田ちゃんとモモの幸せの過程を感じて、胸がじーんとなった。

    男女の恋愛ものや百合作品と比べて、BLの場合多くの作品に性描写がある印象で。
    …言ってもそこまで数読んだわけじゃないので怒られそうですが。

    現実でもある程度の年齢いってる恋仲同士なら遅かれ早かれほぼするわけだし、男性の方が性欲あるしで、当たり前っちゃ当たり前なのかな。
    ?ただまあ、それまであんなに初々しかった二人でもやっぱり性行為はがっつり!
    だったり、そもそも過程とかすっ飛ばしてとりあえずヤろうぜ!
    みたいなのも、それが良いとか悪いとかではなく事実として、多い印象はあって。

    この『やたもも』も性描写はかなり多め&激しめなんだけれど、そのことにちゃんと意味がある。
    というか性描写あってこその物語。
    それがよかった。

    積み重ねて積み重ねてからのやっと伝えることができた、身体中から溢れるようなモモの八田ちゃんへの「好き」…!
    泣きました。

    飼い主とヒモみたいなところから始まった二人。
    世間一般でいう「純愛」の在り方とは違うのかもしれないけど、なんか、すごく、愛だなーと思った。

    われ鍋にとじ蓋。
    だらしがなかったり凶暴なとこもあったり、完璧じゃなくっても、完璧じゃないひとりとひとりが出会って、互いに補い合い支え合い、恋し合い愛し合い、ひとつの確かな愛のかたちになる。

    人間そうすぐに変われるわけではないし、育った環境もその中で培った信念も物事の捉え方も何もかもが違う誰かと一緒にいるとままならないことばかり。
    それでも好きで大切に想う相手だから、一緒にいたいと思うから、衝突と愛を重ねながらちょっとずつちょっとずつ歩み寄っていく。
    そういう風にやっていく。
    それが共に生きていくということなんだな、と。

    モモと八田ちゃんだけじゃなく、モモと須田、モモと母親、須田と奥さん……其々の生き方があって関係性があって、時にはうまくいかず歪んだり壊れてしまうこともある。
    けれど壊れたその跡に新たに生まれるものもある。
    築いていけるものがある。

    今この瞬間からその先へ、これからも続いていく彼らの人生にその人なりの幸せがきっとある。
    そう信じることができる、素晴らしいエンディングでした。

  185. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    2巻ではかなり暗い方向にいったけれど、3巻は母親との和解(?)も含めて、いい落とし所になったんじゃないかな。
    お隣さんも最後までいい子で愛おしくなった。
    オマケマンガがとても多くて、お得感がある。
  186. ずっと…!

    ずっとこの2人(+くりちゃんも笑)は心の中で生きている!

    ももには八田ちゃん、八田ちゃんにはもも
    これがニコイチ!
    これがBL!

    大満足!

  187. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    母親との確執で相当ヘビーな展開になるかと思ったら、八田の際限なしのHとか、栗ちゃんの作品の書籍化とかで、案外楽しい展開だった気が。

    唯一ドキドキしたのが、八田が指輪取り戻しに須田家に乗り込むところ!
    …でも、不思議ちゃんの奥と子供に毒気を抜かれた後の、アホらしい八田と須田の言い合いがなんだか面白すぎて…!

    こういうシリアスと笑いと狂気が紙一重な描き方が、ほんとにたまらないんですよね~
    痛いけど痛すぎない、クズなんだけどクズじゃないっていう、さじ加減が絶妙。

    ももは八田にこれからもずっとエロエロに愛されて幸せになって欲しいです!

    カバー下のちぎロマの表紙に大爆笑~!
    カッコよすぎる。

  188. ずっと…!

    ずっとこの2人(+くりちゃんも笑)は心の中で生きている!

    ももには八田ちゃん、八田ちゃんにはもも
    これがニコイチ!
    これがBL!

    大満足!

  189. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    ?まず1巻→2巻→3巻の表紙の移り変わりに八田ちゃんとモモの幸せの過程を感じて、胸がじーんとなった。

    男女の恋愛ものや百合作品と比べて、BLの場合多くの作品に性描写がある印象で。
    …言ってもそこまで数読んだわけじゃないので怒られそうですが。

    現実でもある程度の年齢いってる恋仲同士なら遅かれ早かれほぼするわけだし、男性の方が性欲あるしで、当たり前っちゃ当たり前なのかな。
    ?ただまあ、それまであんなに初々しかった二人でもやっぱり性行為はがっつり!
    だったり、そもそも過程とかすっ飛ばしてとりあえずヤろうぜ!
    みたいなのも、それが良いとか悪いとかではなく事実として、多い印象はあって。

    この『やたもも』も性描写はかなり多め&激しめなんだけれど、そのことにちゃんと意味がある。
    というか性描写あってこその物語。
    それがよかった。

    積み重ねて積み重ねてからのやっと伝えることができた、身体中から溢れるようなモモの八田ちゃんへの「好き」…!
    泣きました。

    飼い主とヒモみたいなところから始まった二人。
    世間一般でいう「純愛」の在り方とは違うのかもしれないけど、なんか、すごく、愛だなーと思った。

    われ鍋にとじ蓋。
    だらしがなかったり凶暴なとこもあったり、完璧じゃなくっても、完璧じゃないひとりとひとりが出会って、互いに補い合い支え合い、恋し合い愛し合い、ひとつの確かな愛のかたちになる。

    人間そうすぐに変われるわけではないし、育った環境もその中で培った信念も物事の捉え方も何もかもが違う誰かと一緒にいるとままならないことばかり。
    それでも好きで大切に想う相手だから、一緒にいたいと思うから、衝突と愛を重ねながらちょっとずつちょっとずつ歩み寄っていく。
    そういう風にやっていく。
    それが共に生きていくということなんだな、と。

    モモと八田ちゃんだけじゃなく、モモと須田、モモと母親、須田と奥さん……其々の生き方があって関係性があって、時にはうまくいかず歪んだり壊れてしまうこともある。
    けれど壊れたその跡に新たに生まれるものもある。
    築いていけるものがある。

    今この瞬間からその先へ、これからも続いていく彼らの人生にその人なりの幸せがきっとある。
    そう信じることができる、素晴らしいエンディングでした。

  190. ずっと…!

    ずっとこの2人(+くりちゃんも笑)は心の中で生きている!

    ももには八田ちゃん、八田ちゃんにはもも
    これがニコイチ!
    これがBL!

    大満足!

  191. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    母親との確執で相当ヘビーな展開になるかと思ったら、八田の際限なしのHとか、栗ちゃんの作品の書籍化とかで、案外楽しい展開だった気が。

    唯一ドキドキしたのが、八田が指輪取り戻しに須田家に乗り込むところ!
    …でも、不思議ちゃんの奥と子供に毒気を抜かれた後の、アホらしい八田と須田の言い合いがなんだか面白すぎて…!

    こういうシリアスと笑いと狂気が紙一重な描き方が、ほんとにたまらないんですよね~
    痛いけど痛すぎない、クズなんだけどクズじゃないっていう、さじ加減が絶妙。

    ももは八田にこれからもずっとエロエロに愛されて幸せになって欲しいです!

    カバー下のちぎロマの表紙に大爆笑~!
    カッコよすぎる。

  192. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    母親との確執で相当ヘビーな展開になるかと思ったら、八田の際限なしのHとか、栗ちゃんの作品の書籍化とかで、案外楽しい展開だった気が。

    唯一ドキドキしたのが、八田が指輪取り戻しに須田家に乗り込むところ!
    …でも、不思議ちゃんの奥と子供に毒気を抜かれた後の、アホらしい八田と須田の言い合いがなんだか面白すぎて…!

    こういうシリアスと笑いと狂気が紙一重な描き方が、ほんとにたまらないんですよね~
    痛いけど痛すぎない、クズなんだけどクズじゃないっていう、さじ加減が絶妙。

    ももは八田にこれからもずっとエロエロに愛されて幸せになって欲しいです!

    カバー下のちぎロマの表紙に大爆笑~!
    カッコよすぎる。

  193. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    母親との確執で相当ヘビーな展開になるかと思ったら、八田の際限なしのHとか、栗ちゃんの作品の書籍化とかで、案外楽しい展開だった気が。

    唯一ドキドキしたのが、八田が指輪取り戻しに須田家に乗り込むところ!
    …でも、不思議ちゃんの奥と子供に毒気を抜かれた後の、アホらしい八田と須田の言い合いがなんだか面白すぎて…!

    こういうシリアスと笑いと狂気が紙一重な描き方が、ほんとにたまらないんですよね~
    痛いけど痛すぎない、クズなんだけどクズじゃないっていう、さじ加減が絶妙。

    ももは八田にこれからもずっとエロエロに愛されて幸せになって欲しいです!

    カバー下のちぎロマの表紙に大爆笑~!
    カッコよすぎる。

  194. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    2巻ではかなり暗い方向にいったけれど、3巻は母親との和解(?)も含めて、いい落とし所になったんじゃないかな。
    お隣さんも最後までいい子で愛おしくなった。
    オマケマンガがとても多くて、お得感がある。
  195. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    ?まず1巻→2巻→3巻の表紙の移り変わりに八田ちゃんとモモの幸せの過程を感じて、胸がじーんとなった。

    男女の恋愛ものや百合作品と比べて、BLの場合多くの作品に性描写がある印象で。
    …言ってもそこまで数読んだわけじゃないので怒られそうですが。

    現実でもある程度の年齢いってる恋仲同士なら遅かれ早かれほぼするわけだし、男性の方が性欲あるしで、当たり前っちゃ当たり前なのかな。
    ?ただまあ、それまであんなに初々しかった二人でもやっぱり性行為はがっつり!
    だったり、そもそも過程とかすっ飛ばしてとりあえずヤろうぜ!
    みたいなのも、それが良いとか悪いとかではなく事実として、多い印象はあって。

    この『やたもも』も性描写はかなり多め&激しめなんだけれど、そのことにちゃんと意味がある。
    というか性描写あってこその物語。
    それがよかった。

    積み重ねて積み重ねてからのやっと伝えることができた、身体中から溢れるようなモモの八田ちゃんへの「好き」…!
    泣きました。

    飼い主とヒモみたいなところから始まった二人。
    世間一般でいう「純愛」の在り方とは違うのかもしれないけど、なんか、すごく、愛だなーと思った。

    われ鍋にとじ蓋。
    だらしがなかったり凶暴なとこもあったり、完璧じゃなくっても、完璧じゃないひとりとひとりが出会って、互いに補い合い支え合い、恋し合い愛し合い、ひとつの確かな愛のかたちになる。

    人間そうすぐに変われるわけではないし、育った環境もその中で培った信念も物事の捉え方も何もかもが違う誰かと一緒にいるとままならないことばかり。
    それでも好きで大切に想う相手だから、一緒にいたいと思うから、衝突と愛を重ねながらちょっとずつちょっとずつ歩み寄っていく。
    そういう風にやっていく。
    それが共に生きていくということなんだな、と。

    モモと八田ちゃんだけじゃなく、モモと須田、モモと母親、須田と奥さん……其々の生き方があって関係性があって、時にはうまくいかず歪んだり壊れてしまうこともある。
    けれど壊れたその跡に新たに生まれるものもある。
    築いていけるものがある。

    今この瞬間からその先へ、これからも続いていく彼らの人生にその人なりの幸せがきっとある。
    そう信じることができる、素晴らしいエンディングでした。

  196. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    ?まず1巻→2巻→3巻の表紙の移り変わりに八田ちゃんとモモの幸せの過程を感じて、胸がじーんとなった。

    男女の恋愛ものや百合作品と比べて、BLの場合多くの作品に性描写がある印象で。
    …言ってもそこまで数読んだわけじゃないので怒られそうですが。

    現実でもある程度の年齢いってる恋仲同士なら遅かれ早かれほぼするわけだし、男性の方が性欲あるしで、当たり前っちゃ当たり前なのかな。
    ?ただまあ、それまであんなに初々しかった二人でもやっぱり性行為はがっつり!
    だったり、そもそも過程とかすっ飛ばしてとりあえずヤろうぜ!
    みたいなのも、それが良いとか悪いとかではなく事実として、多い印象はあって。

    この『やたもも』も性描写はかなり多め&激しめなんだけれど、そのことにちゃんと意味がある。
    というか性描写あってこその物語。
    それがよかった。

    積み重ねて積み重ねてからのやっと伝えることができた、身体中から溢れるようなモモの八田ちゃんへの「好き」…!
    泣きました。

    飼い主とヒモみたいなところから始まった二人。
    世間一般でいう「純愛」の在り方とは違うのかもしれないけど、なんか、すごく、愛だなーと思った。

    われ鍋にとじ蓋。
    だらしがなかったり凶暴なとこもあったり、完璧じゃなくっても、完璧じゃないひとりとひとりが出会って、互いに補い合い支え合い、恋し合い愛し合い、ひとつの確かな愛のかたちになる。

    人間そうすぐに変われるわけではないし、育った環境もその中で培った信念も物事の捉え方も何もかもが違う誰かと一緒にいるとままならないことばかり。
    それでも好きで大切に想う相手だから、一緒にいたいと思うから、衝突と愛を重ねながらちょっとずつちょっとずつ歩み寄っていく。
    そういう風にやっていく。
    それが共に生きていくということなんだな、と。

    モモと八田ちゃんだけじゃなく、モモと須田、モモと母親、須田と奥さん……其々の生き方があって関係性があって、時にはうまくいかず歪んだり壊れてしまうこともある。
    けれど壊れたその跡に新たに生まれるものもある。
    築いていけるものがある。

    今この瞬間からその先へ、これからも続いていく彼らの人生にその人なりの幸せがきっとある。
    そう信じることができる、素晴らしいエンディングでした。

  197. ずっと…!

    ずっとこの2人(+くりちゃんも笑)は心の中で生きている!

    ももには八田ちゃん、八田ちゃんにはもも
    これがニコイチ!
    これがBL!

    大満足!

  198. ずっと…!

    ずっとこの2人(+くりちゃんも笑)は心の中で生きている!

    ももには八田ちゃん、八田ちゃんにはもも
    これがニコイチ!
    これがBL!

    大満足!

  199. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    2巻ではかなり暗い方向にいったけれど、3巻は母親との和解(?)も含めて、いい落とし所になったんじゃないかな。
    お隣さんも最後までいい子で愛おしくなった。
    オマケマンガがとても多くて、お得感がある。
  200. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    ?まず1巻→2巻→3巻の表紙の移り変わりに八田ちゃんとモモの幸せの過程を感じて、胸がじーんとなった。

    男女の恋愛ものや百合作品と比べて、BLの場合多くの作品に性描写がある印象で。
    …言ってもそこまで数読んだわけじゃないので怒られそうですが。

    現実でもある程度の年齢いってる恋仲同士なら遅かれ早かれほぼするわけだし、男性の方が性欲あるしで、当たり前っちゃ当たり前なのかな。
    ?ただまあ、それまであんなに初々しかった二人でもやっぱり性行為はがっつり!
    だったり、そもそも過程とかすっ飛ばしてとりあえずヤろうぜ!
    みたいなのも、それが良いとか悪いとかではなく事実として、多い印象はあって。

    この『やたもも』も性描写はかなり多め&激しめなんだけれど、そのことにちゃんと意味がある。
    というか性描写あってこその物語。
    それがよかった。

    積み重ねて積み重ねてからのやっと伝えることができた、身体中から溢れるようなモモの八田ちゃんへの「好き」…!
    泣きました。

    飼い主とヒモみたいなところから始まった二人。
    世間一般でいう「純愛」の在り方とは違うのかもしれないけど、なんか、すごく、愛だなーと思った。

    われ鍋にとじ蓋。
    だらしがなかったり凶暴なとこもあったり、完璧じゃなくっても、完璧じゃないひとりとひとりが出会って、互いに補い合い支え合い、恋し合い愛し合い、ひとつの確かな愛のかたちになる。

    人間そうすぐに変われるわけではないし、育った環境もその中で培った信念も物事の捉え方も何もかもが違う誰かと一緒にいるとままならないことばかり。
    それでも好きで大切に想う相手だから、一緒にいたいと思うから、衝突と愛を重ねながらちょっとずつちょっとずつ歩み寄っていく。
    そういう風にやっていく。
    それが共に生きていくということなんだな、と。

    モモと八田ちゃんだけじゃなく、モモと須田、モモと母親、須田と奥さん……其々の生き方があって関係性があって、時にはうまくいかず歪んだり壊れてしまうこともある。
    けれど壊れたその跡に新たに生まれるものもある。
    築いていけるものがある。

    今この瞬間からその先へ、これからも続いていく彼らの人生にその人なりの幸せがきっとある。
    そう信じることができる、素晴らしいエンディングでした。

  201. ずっと…!

    ずっとこの2人(+くりちゃんも笑)は心の中で生きている!

    ももには八田ちゃん、八田ちゃんにはもも
    これがニコイチ!
    これがBL!

    大満足!

  202. ずっと…!

    ずっとこの2人(+くりちゃんも笑)は心の中で生きている!

    ももには八田ちゃん、八田ちゃんにはもも
    これがニコイチ!
    これがBL!

    大満足!

  203. ずっと…!

    ずっとこの2人(+くりちゃんも笑)は心の中で生きている!

    ももには八田ちゃん、八田ちゃんにはもも
    これがニコイチ!
    これがBL!

    大満足!

  204. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    母親との確執で相当ヘビーな展開になるかと思ったら、八田の際限なしのHとか、栗ちゃんの作品の書籍化とかで、案外楽しい展開だった気が。

    唯一ドキドキしたのが、八田が指輪取り戻しに須田家に乗り込むところ!
    …でも、不思議ちゃんの奥と子供に毒気を抜かれた後の、アホらしい八田と須田の言い合いがなんだか面白すぎて…!

    こういうシリアスと笑いと狂気が紙一重な描き方が、ほんとにたまらないんですよね~
    痛いけど痛すぎない、クズなんだけどクズじゃないっていう、さじ加減が絶妙。

    ももは八田にこれからもずっとエロエロに愛されて幸せになって欲しいです!

    カバー下のちぎロマの表紙に大爆笑~!
    カッコよすぎる。

  205. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    2巻ではかなり暗い方向にいったけれど、3巻は母親との和解(?)も含めて、いい落とし所になったんじゃないかな。
    お隣さんも最後までいい子で愛おしくなった。
    オマケマンガがとても多くて、お得感がある。
  206. ずっと…!

    ずっとこの2人(+くりちゃんも笑)は心の中で生きている!

    ももには八田ちゃん、八田ちゃんにはもも
    これがニコイチ!
    これがBL!

    大満足!

  207. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    ?まず1巻→2巻→3巻の表紙の移り変わりに八田ちゃんとモモの幸せの過程を感じて、胸がじーんとなった。

    男女の恋愛ものや百合作品と比べて、BLの場合多くの作品に性描写がある印象で。
    …言ってもそこまで数読んだわけじゃないので怒られそうですが。

    現実でもある程度の年齢いってる恋仲同士なら遅かれ早かれほぼするわけだし、男性の方が性欲あるしで、当たり前っちゃ当たり前なのかな。
    ?ただまあ、それまであんなに初々しかった二人でもやっぱり性行為はがっつり!
    だったり、そもそも過程とかすっ飛ばしてとりあえずヤろうぜ!
    みたいなのも、それが良いとか悪いとかではなく事実として、多い印象はあって。

    この『やたもも』も性描写はかなり多め&激しめなんだけれど、そのことにちゃんと意味がある。
    というか性描写あってこその物語。
    それがよかった。

    積み重ねて積み重ねてからのやっと伝えることができた、身体中から溢れるようなモモの八田ちゃんへの「好き」…!
    泣きました。

    飼い主とヒモみたいなところから始まった二人。
    世間一般でいう「純愛」の在り方とは違うのかもしれないけど、なんか、すごく、愛だなーと思った。

    われ鍋にとじ蓋。
    だらしがなかったり凶暴なとこもあったり、完璧じゃなくっても、完璧じゃないひとりとひとりが出会って、互いに補い合い支え合い、恋し合い愛し合い、ひとつの確かな愛のかたちになる。

    人間そうすぐに変われるわけではないし、育った環境もその中で培った信念も物事の捉え方も何もかもが違う誰かと一緒にいるとままならないことばかり。
    それでも好きで大切に想う相手だから、一緒にいたいと思うから、衝突と愛を重ねながらちょっとずつちょっとずつ歩み寄っていく。
    そういう風にやっていく。
    それが共に生きていくということなんだな、と。

    モモと八田ちゃんだけじゃなく、モモと須田、モモと母親、須田と奥さん……其々の生き方があって関係性があって、時にはうまくいかず歪んだり壊れてしまうこともある。
    けれど壊れたその跡に新たに生まれるものもある。
    築いていけるものがある。

    今この瞬間からその先へ、これからも続いていく彼らの人生にその人なりの幸せがきっとある。
    そう信じることができる、素晴らしいエンディングでした。

  208. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    母親との確執で相当ヘビーな展開になるかと思ったら、八田の際限なしのHとか、栗ちゃんの作品の書籍化とかで、案外楽しい展開だった気が。

    唯一ドキドキしたのが、八田が指輪取り戻しに須田家に乗り込むところ!
    …でも、不思議ちゃんの奥と子供に毒気を抜かれた後の、アホらしい八田と須田の言い合いがなんだか面白すぎて…!

    こういうシリアスと笑いと狂気が紙一重な描き方が、ほんとにたまらないんですよね~
    痛いけど痛すぎない、クズなんだけどクズじゃないっていう、さじ加減が絶妙。

    ももは八田にこれからもずっとエロエロに愛されて幸せになって欲しいです!

    カバー下のちぎロマの表紙に大爆笑~!
    カッコよすぎる。

  209. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    ?まず1巻→2巻→3巻の表紙の移り変わりに八田ちゃんとモモの幸せの過程を感じて、胸がじーんとなった。

    男女の恋愛ものや百合作品と比べて、BLの場合多くの作品に性描写がある印象で。
    …言ってもそこまで数読んだわけじゃないので怒られそうですが。

    現実でもある程度の年齢いってる恋仲同士なら遅かれ早かれほぼするわけだし、男性の方が性欲あるしで、当たり前っちゃ当たり前なのかな。
    ?ただまあ、それまであんなに初々しかった二人でもやっぱり性行為はがっつり!
    だったり、そもそも過程とかすっ飛ばしてとりあえずヤろうぜ!
    みたいなのも、それが良いとか悪いとかではなく事実として、多い印象はあって。

    この『やたもも』も性描写はかなり多め&激しめなんだけれど、そのことにちゃんと意味がある。
    というか性描写あってこその物語。
    それがよかった。

    積み重ねて積み重ねてからのやっと伝えることができた、身体中から溢れるようなモモの八田ちゃんへの「好き」…!
    泣きました。

    飼い主とヒモみたいなところから始まった二人。
    世間一般でいう「純愛」の在り方とは違うのかもしれないけど、なんか、すごく、愛だなーと思った。

    われ鍋にとじ蓋。
    だらしがなかったり凶暴なとこもあったり、完璧じゃなくっても、完璧じゃないひとりとひとりが出会って、互いに補い合い支え合い、恋し合い愛し合い、ひとつの確かな愛のかたちになる。

    人間そうすぐに変われるわけではないし、育った環境もその中で培った信念も物事の捉え方も何もかもが違う誰かと一緒にいるとままならないことばかり。
    それでも好きで大切に想う相手だから、一緒にいたいと思うから、衝突と愛を重ねながらちょっとずつちょっとずつ歩み寄っていく。
    そういう風にやっていく。
    それが共に生きていくということなんだな、と。

    モモと八田ちゃんだけじゃなく、モモと須田、モモと母親、須田と奥さん……其々の生き方があって関係性があって、時にはうまくいかず歪んだり壊れてしまうこともある。
    けれど壊れたその跡に新たに生まれるものもある。
    築いていけるものがある。

    今この瞬間からその先へ、これからも続いていく彼らの人生にその人なりの幸せがきっとある。
    そう信じることができる、素晴らしいエンディングでした。

  210. ずっと…!

    ずっとこの2人(+くりちゃんも笑)は心の中で生きている!

    ももには八田ちゃん、八田ちゃんにはもも
    これがニコイチ!
    これがBL!

    大満足!

  211. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    母親との確執で相当ヘビーな展開になるかと思ったら、八田の際限なしのHとか、栗ちゃんの作品の書籍化とかで、案外楽しい展開だった気が。

    唯一ドキドキしたのが、八田が指輪取り戻しに須田家に乗り込むところ!
    …でも、不思議ちゃんの奥と子供に毒気を抜かれた後の、アホらしい八田と須田の言い合いがなんだか面白すぎて…!

    こういうシリアスと笑いと狂気が紙一重な描き方が、ほんとにたまらないんですよね~
    痛いけど痛すぎない、クズなんだけどクズじゃないっていう、さじ加減が絶妙。

    ももは八田にこれからもずっとエロエロに愛されて幸せになって欲しいです!

    カバー下のちぎロマの表紙に大爆笑~!
    カッコよすぎる。

  212. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    ?まず1巻→2巻→3巻の表紙の移り変わりに八田ちゃんとモモの幸せの過程を感じて、胸がじーんとなった。

    男女の恋愛ものや百合作品と比べて、BLの場合多くの作品に性描写がある印象で。
    …言ってもそこまで数読んだわけじゃないので怒られそうですが。

    現実でもある程度の年齢いってる恋仲同士なら遅かれ早かれほぼするわけだし、男性の方が性欲あるしで、当たり前っちゃ当たり前なのかな。
    ?ただまあ、それまであんなに初々しかった二人でもやっぱり性行為はがっつり!
    だったり、そもそも過程とかすっ飛ばしてとりあえずヤろうぜ!
    みたいなのも、それが良いとか悪いとかではなく事実として、多い印象はあって。

    この『やたもも』も性描写はかなり多め&激しめなんだけれど、そのことにちゃんと意味がある。
    というか性描写あってこその物語。
    それがよかった。

    積み重ねて積み重ねてからのやっと伝えることができた、身体中から溢れるようなモモの八田ちゃんへの「好き」…!
    泣きました。

    飼い主とヒモみたいなところから始まった二人。
    世間一般でいう「純愛」の在り方とは違うのかもしれないけど、なんか、すごく、愛だなーと思った。

    われ鍋にとじ蓋。
    だらしがなかったり凶暴なとこもあったり、完璧じゃなくっても、完璧じゃないひとりとひとりが出会って、互いに補い合い支え合い、恋し合い愛し合い、ひとつの確かな愛のかたちになる。

    人間そうすぐに変われるわけではないし、育った環境もその中で培った信念も物事の捉え方も何もかもが違う誰かと一緒にいるとままならないことばかり。
    それでも好きで大切に想う相手だから、一緒にいたいと思うから、衝突と愛を重ねながらちょっとずつちょっとずつ歩み寄っていく。
    そういう風にやっていく。
    それが共に生きていくということなんだな、と。

    モモと八田ちゃんだけじゃなく、モモと須田、モモと母親、須田と奥さん……其々の生き方があって関係性があって、時にはうまくいかず歪んだり壊れてしまうこともある。
    けれど壊れたその跡に新たに生まれるものもある。
    築いていけるものがある。

    今この瞬間からその先へ、これからも続いていく彼らの人生にその人なりの幸せがきっとある。
    そう信じることができる、素晴らしいエンディングでした。

  213. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    母親との確執で相当ヘビーな展開になるかと思ったら、八田の際限なしのHとか、栗ちゃんの作品の書籍化とかで、案外楽しい展開だった気が。

    唯一ドキドキしたのが、八田が指輪取り戻しに須田家に乗り込むところ!
    …でも、不思議ちゃんの奥と子供に毒気を抜かれた後の、アホらしい八田と須田の言い合いがなんだか面白すぎて…!

    こういうシリアスと笑いと狂気が紙一重な描き方が、ほんとにたまらないんですよね~
    痛いけど痛すぎない、クズなんだけどクズじゃないっていう、さじ加減が絶妙。

    ももは八田にこれからもずっとエロエロに愛されて幸せになって欲しいです!

    カバー下のちぎロマの表紙に大爆笑~!
    カッコよすぎる。

  214. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    2巻ではかなり暗い方向にいったけれど、3巻は母親との和解(?)も含めて、いい落とし所になったんじゃないかな。
    お隣さんも最後までいい子で愛おしくなった。
    オマケマンガがとても多くて、お得感がある。
  215. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    2巻ではかなり暗い方向にいったけれど、3巻は母親との和解(?)も含めて、いい落とし所になったんじゃないかな。
    お隣さんも最後までいい子で愛おしくなった。
    オマケマンガがとても多くて、お得感がある。
  216. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    2巻ではかなり暗い方向にいったけれど、3巻は母親との和解(?)も含めて、いい落とし所になったんじゃないかな。
    お隣さんも最後までいい子で愛おしくなった。
    オマケマンガがとても多くて、お得感がある。
  217. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    2巻ではかなり暗い方向にいったけれど、3巻は母親との和解(?)も含めて、いい落とし所になったんじゃないかな。
    お隣さんも最後までいい子で愛おしくなった。
    オマケマンガがとても多くて、お得感がある。
  218. ずっと…!

    ずっとこの2人(+くりちゃんも笑)は心の中で生きている!

    ももには八田ちゃん、八田ちゃんにはもも
    これがニコイチ!
    これがBL!

    大満足!

  219. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    母親との確執で相当ヘビーな展開になるかと思ったら、八田の際限なしのHとか、栗ちゃんの作品の書籍化とかで、案外楽しい展開だった気が。

    唯一ドキドキしたのが、八田が指輪取り戻しに須田家に乗り込むところ!
    …でも、不思議ちゃんの奥と子供に毒気を抜かれた後の、アホらしい八田と須田の言い合いがなんだか面白すぎて…!

    こういうシリアスと笑いと狂気が紙一重な描き方が、ほんとにたまらないんですよね~
    痛いけど痛すぎない、クズなんだけどクズじゃないっていう、さじ加減が絶妙。

    ももは八田にこれからもずっとエロエロに愛されて幸せになって欲しいです!

    カバー下のちぎロマの表紙に大爆笑~!
    カッコよすぎる。

  220. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    ?まず1巻→2巻→3巻の表紙の移り変わりに八田ちゃんとモモの幸せの過程を感じて、胸がじーんとなった。

    男女の恋愛ものや百合作品と比べて、BLの場合多くの作品に性描写がある印象で。
    …言ってもそこまで数読んだわけじゃないので怒られそうですが。

    現実でもある程度の年齢いってる恋仲同士なら遅かれ早かれほぼするわけだし、男性の方が性欲あるしで、当たり前っちゃ当たり前なのかな。
    ?ただまあ、それまであんなに初々しかった二人でもやっぱり性行為はがっつり!
    だったり、そもそも過程とかすっ飛ばしてとりあえずヤろうぜ!
    みたいなのも、それが良いとか悪いとかではなく事実として、多い印象はあって。

    この『やたもも』も性描写はかなり多め&激しめなんだけれど、そのことにちゃんと意味がある。
    というか性描写あってこその物語。
    それがよかった。

    積み重ねて積み重ねてからのやっと伝えることができた、身体中から溢れるようなモモの八田ちゃんへの「好き」…!
    泣きました。

    飼い主とヒモみたいなところから始まった二人。
    世間一般でいう「純愛」の在り方とは違うのかもしれないけど、なんか、すごく、愛だなーと思った。

    われ鍋にとじ蓋。
    だらしがなかったり凶暴なとこもあったり、完璧じゃなくっても、完璧じゃないひとりとひとりが出会って、互いに補い合い支え合い、恋し合い愛し合い、ひとつの確かな愛のかたちになる。

    人間そうすぐに変われるわけではないし、育った環境もその中で培った信念も物事の捉え方も何もかもが違う誰かと一緒にいるとままならないことばかり。
    それでも好きで大切に想う相手だから、一緒にいたいと思うから、衝突と愛を重ねながらちょっとずつちょっとずつ歩み寄っていく。
    そういう風にやっていく。
    それが共に生きていくということなんだな、と。

    モモと八田ちゃんだけじゃなく、モモと須田、モモと母親、須田と奥さん……其々の生き方があって関係性があって、時にはうまくいかず歪んだり壊れてしまうこともある。
    けれど壊れたその跡に新たに生まれるものもある。
    築いていけるものがある。

    今この瞬間からその先へ、これからも続いていく彼らの人生にその人なりの幸せがきっとある。
    そう信じることができる、素晴らしいエンディングでした。

  221. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    母親との確執で相当ヘビーな展開になるかと思ったら、八田の際限なしのHとか、栗ちゃんの作品の書籍化とかで、案外楽しい展開だった気が。

    唯一ドキドキしたのが、八田が指輪取り戻しに須田家に乗り込むところ!
    …でも、不思議ちゃんの奥と子供に毒気を抜かれた後の、アホらしい八田と須田の言い合いがなんだか面白すぎて…!

    こういうシリアスと笑いと狂気が紙一重な描き方が、ほんとにたまらないんですよね~
    痛いけど痛すぎない、クズなんだけどクズじゃないっていう、さじ加減が絶妙。

    ももは八田にこれからもずっとエロエロに愛されて幸せになって欲しいです!

    カバー下のちぎロマの表紙に大爆笑~!
    カッコよすぎる。

  222. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    2巻ではかなり暗い方向にいったけれど、3巻は母親との和解(?)も含めて、いい落とし所になったんじゃないかな。
    お隣さんも最後までいい子で愛おしくなった。
    オマケマンガがとても多くて、お得感がある。
  223. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    ?まず1巻→2巻→3巻の表紙の移り変わりに八田ちゃんとモモの幸せの過程を感じて、胸がじーんとなった。

    男女の恋愛ものや百合作品と比べて、BLの場合多くの作品に性描写がある印象で。
    …言ってもそこまで数読んだわけじゃないので怒られそうですが。

    現実でもある程度の年齢いってる恋仲同士なら遅かれ早かれほぼするわけだし、男性の方が性欲あるしで、当たり前っちゃ当たり前なのかな。
    ?ただまあ、それまであんなに初々しかった二人でもやっぱり性行為はがっつり!
    だったり、そもそも過程とかすっ飛ばしてとりあえずヤろうぜ!
    みたいなのも、それが良いとか悪いとかではなく事実として、多い印象はあって。

    この『やたもも』も性描写はかなり多め&激しめなんだけれど、そのことにちゃんと意味がある。
    というか性描写あってこその物語。
    それがよかった。

    積み重ねて積み重ねてからのやっと伝えることができた、身体中から溢れるようなモモの八田ちゃんへの「好き」…!
    泣きました。

    飼い主とヒモみたいなところから始まった二人。
    世間一般でいう「純愛」の在り方とは違うのかもしれないけど、なんか、すごく、愛だなーと思った。

    われ鍋にとじ蓋。
    だらしがなかったり凶暴なとこもあったり、完璧じゃなくっても、完璧じゃないひとりとひとりが出会って、互いに補い合い支え合い、恋し合い愛し合い、ひとつの確かな愛のかたちになる。

    人間そうすぐに変われるわけではないし、育った環境もその中で培った信念も物事の捉え方も何もかもが違う誰かと一緒にいるとままならないことばかり。
    それでも好きで大切に想う相手だから、一緒にいたいと思うから、衝突と愛を重ねながらちょっとずつちょっとずつ歩み寄っていく。
    そういう風にやっていく。
    それが共に生きていくということなんだな、と。

    モモと八田ちゃんだけじゃなく、モモと須田、モモと母親、須田と奥さん……其々の生き方があって関係性があって、時にはうまくいかず歪んだり壊れてしまうこともある。
    けれど壊れたその跡に新たに生まれるものもある。
    築いていけるものがある。

    今この瞬間からその先へ、これからも続いていく彼らの人生にその人なりの幸せがきっとある。
    そう信じることができる、素晴らしいエンディングでした。

  224. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    ?まず1巻→2巻→3巻の表紙の移り変わりに八田ちゃんとモモの幸せの過程を感じて、胸がじーんとなった。

    男女の恋愛ものや百合作品と比べて、BLの場合多くの作品に性描写がある印象で。
    …言ってもそこまで数読んだわけじゃないので怒られそうですが。

    現実でもある程度の年齢いってる恋仲同士なら遅かれ早かれほぼするわけだし、男性の方が性欲あるしで、当たり前っちゃ当たり前なのかな。
    ?ただまあ、それまであんなに初々しかった二人でもやっぱり性行為はがっつり!
    だったり、そもそも過程とかすっ飛ばしてとりあえずヤろうぜ!
    みたいなのも、それが良いとか悪いとかではなく事実として、多い印象はあって。

    この『やたもも』も性描写はかなり多め&激しめなんだけれど、そのことにちゃんと意味がある。
    というか性描写あってこその物語。
    それがよかった。

    積み重ねて積み重ねてからのやっと伝えることができた、身体中から溢れるようなモモの八田ちゃんへの「好き」…!
    泣きました。

    飼い主とヒモみたいなところから始まった二人。
    世間一般でいう「純愛」の在り方とは違うのかもしれないけど、なんか、すごく、愛だなーと思った。

    われ鍋にとじ蓋。
    だらしがなかったり凶暴なとこもあったり、完璧じゃなくっても、完璧じゃないひとりとひとりが出会って、互いに補い合い支え合い、恋し合い愛し合い、ひとつの確かな愛のかたちになる。

    人間そうすぐに変われるわけではないし、育った環境もその中で培った信念も物事の捉え方も何もかもが違う誰かと一緒にいるとままならないことばかり。
    それでも好きで大切に想う相手だから、一緒にいたいと思うから、衝突と愛を重ねながらちょっとずつちょっとずつ歩み寄っていく。
    そういう風にやっていく。
    それが共に生きていくということなんだな、と。

    モモと八田ちゃんだけじゃなく、モモと須田、モモと母親、須田と奥さん……其々の生き方があって関係性があって、時にはうまくいかず歪んだり壊れてしまうこともある。
    けれど壊れたその跡に新たに生まれるものもある。
    築いていけるものがある。

    今この瞬間からその先へ、これからも続いていく彼らの人生にその人なりの幸せがきっとある。
    そう信じることができる、素晴らしいエンディングでした。

  225. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    ?まず1巻→2巻→3巻の表紙の移り変わりに八田ちゃんとモモの幸せの過程を感じて、胸がじーんとなった。

    男女の恋愛ものや百合作品と比べて、BLの場合多くの作品に性描写がある印象で。
    …言ってもそこまで数読んだわけじゃないので怒られそうですが。

    現実でもある程度の年齢いってる恋仲同士なら遅かれ早かれほぼするわけだし、男性の方が性欲あるしで、当たり前っちゃ当たり前なのかな。
    ?ただまあ、それまであんなに初々しかった二人でもやっぱり性行為はがっつり!
    だったり、そもそも過程とかすっ飛ばしてとりあえずヤろうぜ!
    みたいなのも、それが良いとか悪いとかではなく事実として、多い印象はあって。

    この『やたもも』も性描写はかなり多め&激しめなんだけれど、そのことにちゃんと意味がある。
    というか性描写あってこその物語。
    それがよかった。

    積み重ねて積み重ねてからのやっと伝えることができた、身体中から溢れるようなモモの八田ちゃんへの「好き」…!
    泣きました。

    飼い主とヒモみたいなところから始まった二人。
    世間一般でいう「純愛」の在り方とは違うのかもしれないけど、なんか、すごく、愛だなーと思った。

    われ鍋にとじ蓋。
    だらしがなかったり凶暴なとこもあったり、完璧じゃなくっても、完璧じゃないひとりとひとりが出会って、互いに補い合い支え合い、恋し合い愛し合い、ひとつの確かな愛のかたちになる。

    人間そうすぐに変われるわけではないし、育った環境もその中で培った信念も物事の捉え方も何もかもが違う誰かと一緒にいるとままならないことばかり。
    それでも好きで大切に想う相手だから、一緒にいたいと思うから、衝突と愛を重ねながらちょっとずつちょっとずつ歩み寄っていく。
    そういう風にやっていく。
    それが共に生きていくということなんだな、と。

    モモと八田ちゃんだけじゃなく、モモと須田、モモと母親、須田と奥さん……其々の生き方があって関係性があって、時にはうまくいかず歪んだり壊れてしまうこともある。
    けれど壊れたその跡に新たに生まれるものもある。
    築いていけるものがある。

    今この瞬間からその先へ、これからも続いていく彼らの人生にその人なりの幸せがきっとある。
    そう信じることができる、素晴らしいエンディングでした。

  226. ずっと…!

    ずっとこの2人(+くりちゃんも笑)は心の中で生きている!

    ももには八田ちゃん、八田ちゃんにはもも
    これがニコイチ!
    これがBL!

    大満足!

  227. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    2巻ではかなり暗い方向にいったけれど、3巻は母親との和解(?)も含めて、いい落とし所になったんじゃないかな。
    お隣さんも最後までいい子で愛おしくなった。
    オマケマンガがとても多くて、お得感がある。
  228. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    2巻ではかなり暗い方向にいったけれど、3巻は母親との和解(?)も含めて、いい落とし所になったんじゃないかな。
    お隣さんも最後までいい子で愛おしくなった。
    オマケマンガがとても多くて、お得感がある。
  229. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    2巻ではかなり暗い方向にいったけれど、3巻は母親との和解(?)も含めて、いい落とし所になったんじゃないかな。
    お隣さんも最後までいい子で愛おしくなった。
    オマケマンガがとても多くて、お得感がある。
  230. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    母親との確執で相当ヘビーな展開になるかと思ったら、八田の際限なしのHとか、栗ちゃんの作品の書籍化とかで、案外楽しい展開だった気が。

    唯一ドキドキしたのが、八田が指輪取り戻しに須田家に乗り込むところ!
    …でも、不思議ちゃんの奥と子供に毒気を抜かれた後の、アホらしい八田と須田の言い合いがなんだか面白すぎて…!

    こういうシリアスと笑いと狂気が紙一重な描き方が、ほんとにたまらないんですよね~
    痛いけど痛すぎない、クズなんだけどクズじゃないっていう、さじ加減が絶妙。

    ももは八田にこれからもずっとエロエロに愛されて幸せになって欲しいです!

    カバー下のちぎロマの表紙に大爆笑~!
    カッコよすぎる。

  231. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    ?まず1巻→2巻→3巻の表紙の移り変わりに八田ちゃんとモモの幸せの過程を感じて、胸がじーんとなった。

    男女の恋愛ものや百合作品と比べて、BLの場合多くの作品に性描写がある印象で。
    …言ってもそこまで数読んだわけじゃないので怒られそうですが。

    現実でもある程度の年齢いってる恋仲同士なら遅かれ早かれほぼするわけだし、男性の方が性欲あるしで、当たり前っちゃ当たり前なのかな。
    ?ただまあ、それまであんなに初々しかった二人でもやっぱり性行為はがっつり!
    だったり、そもそも過程とかすっ飛ばしてとりあえずヤろうぜ!
    みたいなのも、それが良いとか悪いとかではなく事実として、多い印象はあって。

    この『やたもも』も性描写はかなり多め&激しめなんだけれど、そのことにちゃんと意味がある。
    というか性描写あってこその物語。
    それがよかった。

    積み重ねて積み重ねてからのやっと伝えることができた、身体中から溢れるようなモモの八田ちゃんへの「好き」…!
    泣きました。

    飼い主とヒモみたいなところから始まった二人。
    世間一般でいう「純愛」の在り方とは違うのかもしれないけど、なんか、すごく、愛だなーと思った。

    われ鍋にとじ蓋。
    だらしがなかったり凶暴なとこもあったり、完璧じゃなくっても、完璧じゃないひとりとひとりが出会って、互いに補い合い支え合い、恋し合い愛し合い、ひとつの確かな愛のかたちになる。

    人間そうすぐに変われるわけではないし、育った環境もその中で培った信念も物事の捉え方も何もかもが違う誰かと一緒にいるとままならないことばかり。
    それでも好きで大切に想う相手だから、一緒にいたいと思うから、衝突と愛を重ねながらちょっとずつちょっとずつ歩み寄っていく。
    そういう風にやっていく。
    それが共に生きていくということなんだな、と。

    モモと八田ちゃんだけじゃなく、モモと須田、モモと母親、須田と奥さん……其々の生き方があって関係性があって、時にはうまくいかず歪んだり壊れてしまうこともある。
    けれど壊れたその跡に新たに生まれるものもある。
    築いていけるものがある。

    今この瞬間からその先へ、これからも続いていく彼らの人生にその人なりの幸せがきっとある。
    そう信じることができる、素晴らしいエンディングでした。

  232. ずっと…!

    ずっとこの2人(+くりちゃんも笑)は心の中で生きている!

    ももには八田ちゃん、八田ちゃんにはもも
    これがニコイチ!
    これがBL!

    大満足!

  233. ずっと…!

    ずっとこの2人(+くりちゃんも笑)は心の中で生きている!

    ももには八田ちゃん、八田ちゃんにはもも
    これがニコイチ!
    これがBL!

    大満足!

  234. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    2巻ではかなり暗い方向にいったけれど、3巻は母親との和解(?)も含めて、いい落とし所になったんじゃないかな。
    お隣さんも最後までいい子で愛おしくなった。
    オマケマンガがとても多くて、お得感がある。
  235. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    ?まず1巻→2巻→3巻の表紙の移り変わりに八田ちゃんとモモの幸せの過程を感じて、胸がじーんとなった。

    男女の恋愛ものや百合作品と比べて、BLの場合多くの作品に性描写がある印象で。
    …言ってもそこまで数読んだわけじゃないので怒られそうですが。

    現実でもある程度の年齢いってる恋仲同士なら遅かれ早かれほぼするわけだし、男性の方が性欲あるしで、当たり前っちゃ当たり前なのかな。
    ?ただまあ、それまであんなに初々しかった二人でもやっぱり性行為はがっつり!
    だったり、そもそも過程とかすっ飛ばしてとりあえずヤろうぜ!
    みたいなのも、それが良いとか悪いとかではなく事実として、多い印象はあって。

    この『やたもも』も性描写はかなり多め&激しめなんだけれど、そのことにちゃんと意味がある。
    というか性描写あってこその物語。
    それがよかった。

    積み重ねて積み重ねてからのやっと伝えることができた、身体中から溢れるようなモモの八田ちゃんへの「好き」…!
    泣きました。

    飼い主とヒモみたいなところから始まった二人。
    世間一般でいう「純愛」の在り方とは違うのかもしれないけど、なんか、すごく、愛だなーと思った。

    われ鍋にとじ蓋。
    だらしがなかったり凶暴なとこもあったり、完璧じゃなくっても、完璧じゃないひとりとひとりが出会って、互いに補い合い支え合い、恋し合い愛し合い、ひとつの確かな愛のかたちになる。

    人間そうすぐに変われるわけではないし、育った環境もその中で培った信念も物事の捉え方も何もかもが違う誰かと一緒にいるとままならないことばかり。
    それでも好きで大切に想う相手だから、一緒にいたいと思うから、衝突と愛を重ねながらちょっとずつちょっとずつ歩み寄っていく。
    そういう風にやっていく。
    それが共に生きていくということなんだな、と。

    モモと八田ちゃんだけじゃなく、モモと須田、モモと母親、須田と奥さん……其々の生き方があって関係性があって、時にはうまくいかず歪んだり壊れてしまうこともある。
    けれど壊れたその跡に新たに生まれるものもある。
    築いていけるものがある。

    今この瞬間からその先へ、これからも続いていく彼らの人生にその人なりの幸せがきっとある。
    そう信じることができる、素晴らしいエンディングでした。

  236. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    2巻ではかなり暗い方向にいったけれど、3巻は母親との和解(?)も含めて、いい落とし所になったんじゃないかな。
    お隣さんも最後までいい子で愛おしくなった。
    オマケマンガがとても多くて、お得感がある。
  237. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    母親との確執で相当ヘビーな展開になるかと思ったら、八田の際限なしのHとか、栗ちゃんの作品の書籍化とかで、案外楽しい展開だった気が。

    唯一ドキドキしたのが、八田が指輪取り戻しに須田家に乗り込むところ!
    …でも、不思議ちゃんの奥と子供に毒気を抜かれた後の、アホらしい八田と須田の言い合いがなんだか面白すぎて…!

    こういうシリアスと笑いと狂気が紙一重な描き方が、ほんとにたまらないんですよね~
    痛いけど痛すぎない、クズなんだけどクズじゃないっていう、さじ加減が絶妙。

    ももは八田にこれからもずっとエロエロに愛されて幸せになって欲しいです!

    カバー下のちぎロマの表紙に大爆笑~!
    カッコよすぎる。

  238. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    2巻ではかなり暗い方向にいったけれど、3巻は母親との和解(?)も含めて、いい落とし所になったんじゃないかな。
    お隣さんも最後までいい子で愛おしくなった。
    オマケマンガがとても多くて、お得感がある。
  239. ずっと…!

    ずっとこの2人(+くりちゃんも笑)は心の中で生きている!

    ももには八田ちゃん、八田ちゃんにはもも
    これがニコイチ!
    これがBL!

    大満足!

  240. ずっと…!

    ずっとこの2人(+くりちゃんも笑)は心の中で生きている!

    ももには八田ちゃん、八田ちゃんにはもも
    これがニコイチ!
    これがBL!

    大満足!

  241. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    ?まず1巻→2巻→3巻の表紙の移り変わりに八田ちゃんとモモの幸せの過程を感じて、胸がじーんとなった。

    男女の恋愛ものや百合作品と比べて、BLの場合多くの作品に性描写がある印象で。
    …言ってもそこまで数読んだわけじゃないので怒られそうですが。

    現実でもある程度の年齢いってる恋仲同士なら遅かれ早かれほぼするわけだし、男性の方が性欲あるしで、当たり前っちゃ当たり前なのかな。
    ?ただまあ、それまであんなに初々しかった二人でもやっぱり性行為はがっつり!
    だったり、そもそも過程とかすっ飛ばしてとりあえずヤろうぜ!
    みたいなのも、それが良いとか悪いとかではなく事実として、多い印象はあって。

    この『やたもも』も性描写はかなり多め&激しめなんだけれど、そのことにちゃんと意味がある。
    というか性描写あってこその物語。
    それがよかった。

    積み重ねて積み重ねてからのやっと伝えることができた、身体中から溢れるようなモモの八田ちゃんへの「好き」…!
    泣きました。

    飼い主とヒモみたいなところから始まった二人。
    世間一般でいう「純愛」の在り方とは違うのかもしれないけど、なんか、すごく、愛だなーと思った。

    われ鍋にとじ蓋。
    だらしがなかったり凶暴なとこもあったり、完璧じゃなくっても、完璧じゃないひとりとひとりが出会って、互いに補い合い支え合い、恋し合い愛し合い、ひとつの確かな愛のかたちになる。

    人間そうすぐに変われるわけではないし、育った環境もその中で培った信念も物事の捉え方も何もかもが違う誰かと一緒にいるとままならないことばかり。
    それでも好きで大切に想う相手だから、一緒にいたいと思うから、衝突と愛を重ねながらちょっとずつちょっとずつ歩み寄っていく。
    そういう風にやっていく。
    それが共に生きていくということなんだな、と。

    モモと八田ちゃんだけじゃなく、モモと須田、モモと母親、須田と奥さん……其々の生き方があって関係性があって、時にはうまくいかず歪んだり壊れてしまうこともある。
    けれど壊れたその跡に新たに生まれるものもある。
    築いていけるものがある。

    今この瞬間からその先へ、これからも続いていく彼らの人生にその人なりの幸せがきっとある。
    そう信じることができる、素晴らしいエンディングでした。

  242. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    ?まず1巻→2巻→3巻の表紙の移り変わりに八田ちゃんとモモの幸せの過程を感じて、胸がじーんとなった。

    男女の恋愛ものや百合作品と比べて、BLの場合多くの作品に性描写がある印象で。
    …言ってもそこまで数読んだわけじゃないので怒られそうですが。

    現実でもある程度の年齢いってる恋仲同士なら遅かれ早かれほぼするわけだし、男性の方が性欲あるしで、当たり前っちゃ当たり前なのかな。
    ?ただまあ、それまであんなに初々しかった二人でもやっぱり性行為はがっつり!
    だったり、そもそも過程とかすっ飛ばしてとりあえずヤろうぜ!
    みたいなのも、それが良いとか悪いとかではなく事実として、多い印象はあって。

    この『やたもも』も性描写はかなり多め&激しめなんだけれど、そのことにちゃんと意味がある。
    というか性描写あってこその物語。
    それがよかった。

    積み重ねて積み重ねてからのやっと伝えることができた、身体中から溢れるようなモモの八田ちゃんへの「好き」…!
    泣きました。

    飼い主とヒモみたいなところから始まった二人。
    世間一般でいう「純愛」の在り方とは違うのかもしれないけど、なんか、すごく、愛だなーと思った。

    われ鍋にとじ蓋。
    だらしがなかったり凶暴なとこもあったり、完璧じゃなくっても、完璧じゃないひとりとひとりが出会って、互いに補い合い支え合い、恋し合い愛し合い、ひとつの確かな愛のかたちになる。

    人間そうすぐに変われるわけではないし、育った環境もその中で培った信念も物事の捉え方も何もかもが違う誰かと一緒にいるとままならないことばかり。
    それでも好きで大切に想う相手だから、一緒にいたいと思うから、衝突と愛を重ねながらちょっとずつちょっとずつ歩み寄っていく。
    そういう風にやっていく。
    それが共に生きていくということなんだな、と。

    モモと八田ちゃんだけじゃなく、モモと須田、モモと母親、須田と奥さん……其々の生き方があって関係性があって、時にはうまくいかず歪んだり壊れてしまうこともある。
    けれど壊れたその跡に新たに生まれるものもある。
    築いていけるものがある。

    今この瞬間からその先へ、これからも続いていく彼らの人生にその人なりの幸せがきっとある。
    そう信じることができる、素晴らしいエンディングでした。

  243. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    母親との確執で相当ヘビーな展開になるかと思ったら、八田の際限なしのHとか、栗ちゃんの作品の書籍化とかで、案外楽しい展開だった気が。

    唯一ドキドキしたのが、八田が指輪取り戻しに須田家に乗り込むところ!
    …でも、不思議ちゃんの奥と子供に毒気を抜かれた後の、アホらしい八田と須田の言い合いがなんだか面白すぎて…!

    こういうシリアスと笑いと狂気が紙一重な描き方が、ほんとにたまらないんですよね~
    痛いけど痛すぎない、クズなんだけどクズじゃないっていう、さじ加減が絶妙。

    ももは八田にこれからもずっとエロエロに愛されて幸せになって欲しいです!

    カバー下のちぎロマの表紙に大爆笑~!
    カッコよすぎる。

  244. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    ?まず1巻→2巻→3巻の表紙の移り変わりに八田ちゃんとモモの幸せの過程を感じて、胸がじーんとなった。

    男女の恋愛ものや百合作品と比べて、BLの場合多くの作品に性描写がある印象で。
    …言ってもそこまで数読んだわけじゃないので怒られそうですが。

    現実でもある程度の年齢いってる恋仲同士なら遅かれ早かれほぼするわけだし、男性の方が性欲あるしで、当たり前っちゃ当たり前なのかな。
    ?ただまあ、それまであんなに初々しかった二人でもやっぱり性行為はがっつり!
    だったり、そもそも過程とかすっ飛ばしてとりあえずヤろうぜ!
    みたいなのも、それが良いとか悪いとかではなく事実として、多い印象はあって。

    この『やたもも』も性描写はかなり多め&激しめなんだけれど、そのことにちゃんと意味がある。
    というか性描写あってこその物語。
    それがよかった。

    積み重ねて積み重ねてからのやっと伝えることができた、身体中から溢れるようなモモの八田ちゃんへの「好き」…!
    泣きました。

    飼い主とヒモみたいなところから始まった二人。
    世間一般でいう「純愛」の在り方とは違うのかもしれないけど、なんか、すごく、愛だなーと思った。

    われ鍋にとじ蓋。
    だらしがなかったり凶暴なとこもあったり、完璧じゃなくっても、完璧じゃないひとりとひとりが出会って、互いに補い合い支え合い、恋し合い愛し合い、ひとつの確かな愛のかたちになる。

    人間そうすぐに変われるわけではないし、育った環境もその中で培った信念も物事の捉え方も何もかもが違う誰かと一緒にいるとままならないことばかり。
    それでも好きで大切に想う相手だから、一緒にいたいと思うから、衝突と愛を重ねながらちょっとずつちょっとずつ歩み寄っていく。
    そういう風にやっていく。
    それが共に生きていくということなんだな、と。

    モモと八田ちゃんだけじゃなく、モモと須田、モモと母親、須田と奥さん……其々の生き方があって関係性があって、時にはうまくいかず歪んだり壊れてしまうこともある。
    けれど壊れたその跡に新たに生まれるものもある。
    築いていけるものがある。

    今この瞬間からその先へ、これからも続いていく彼らの人生にその人なりの幸せがきっとある。
    そう信じることができる、素晴らしいエンディングでした。

  245. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    ?まず1巻→2巻→3巻の表紙の移り変わりに八田ちゃんとモモの幸せの過程を感じて、胸がじーんとなった。

    男女の恋愛ものや百合作品と比べて、BLの場合多くの作品に性描写がある印象で。
    …言ってもそこまで数読んだわけじゃないので怒られそうですが。

    現実でもある程度の年齢いってる恋仲同士なら遅かれ早かれほぼするわけだし、男性の方が性欲あるしで、当たり前っちゃ当たり前なのかな。
    ?ただまあ、それまであんなに初々しかった二人でもやっぱり性行為はがっつり!
    だったり、そもそも過程とかすっ飛ばしてとりあえずヤろうぜ!
    みたいなのも、それが良いとか悪いとかではなく事実として、多い印象はあって。

    この『やたもも』も性描写はかなり多め&激しめなんだけれど、そのことにちゃんと意味がある。
    というか性描写あってこその物語。
    それがよかった。

    積み重ねて積み重ねてからのやっと伝えることができた、身体中から溢れるようなモモの八田ちゃんへの「好き」…!
    泣きました。

    飼い主とヒモみたいなところから始まった二人。
    世間一般でいう「純愛」の在り方とは違うのかもしれないけど、なんか、すごく、愛だなーと思った。

    われ鍋にとじ蓋。
    だらしがなかったり凶暴なとこもあったり、完璧じゃなくっても、完璧じゃないひとりとひとりが出会って、互いに補い合い支え合い、恋し合い愛し合い、ひとつの確かな愛のかたちになる。

    人間そうすぐに変われるわけではないし、育った環境もその中で培った信念も物事の捉え方も何もかもが違う誰かと一緒にいるとままならないことばかり。
    それでも好きで大切に想う相手だから、一緒にいたいと思うから、衝突と愛を重ねながらちょっとずつちょっとずつ歩み寄っていく。
    そういう風にやっていく。
    それが共に生きていくということなんだな、と。

    モモと八田ちゃんだけじゃなく、モモと須田、モモと母親、須田と奥さん……其々の生き方があって関係性があって、時にはうまくいかず歪んだり壊れてしまうこともある。
    けれど壊れたその跡に新たに生まれるものもある。
    築いていけるものがある。

    今この瞬間からその先へ、これからも続いていく彼らの人生にその人なりの幸せがきっとある。
    そう信じることができる、素晴らしいエンディングでした。

  246. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    2巻ではかなり暗い方向にいったけれど、3巻は母親との和解(?)も含めて、いい落とし所になったんじゃないかな。
    お隣さんも最後までいい子で愛おしくなった。
    オマケマンガがとても多くて、お得感がある。
  247. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    母親との確執で相当ヘビーな展開になるかと思ったら、八田の際限なしのHとか、栗ちゃんの作品の書籍化とかで、案外楽しい展開だった気が。

    唯一ドキドキしたのが、八田が指輪取り戻しに須田家に乗り込むところ!
    …でも、不思議ちゃんの奥と子供に毒気を抜かれた後の、アホらしい八田と須田の言い合いがなんだか面白すぎて…!

    こういうシリアスと笑いと狂気が紙一重な描き方が、ほんとにたまらないんですよね~
    痛いけど痛すぎない、クズなんだけどクズじゃないっていう、さじ加減が絶妙。

    ももは八田にこれからもずっとエロエロに愛されて幸せになって欲しいです!

    カバー下のちぎロマの表紙に大爆笑~!
    カッコよすぎる。

  248. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    2巻ではかなり暗い方向にいったけれど、3巻は母親との和解(?)も含めて、いい落とし所になったんじゃないかな。
    お隣さんも最後までいい子で愛おしくなった。
    オマケマンガがとても多くて、お得感がある。
  249. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    2巻ではかなり暗い方向にいったけれど、3巻は母親との和解(?)も含めて、いい落とし所になったんじゃないかな。
    お隣さんも最後までいい子で愛おしくなった。
    オマケマンガがとても多くて、お得感がある。
  250. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    2巻ではかなり暗い方向にいったけれど、3巻は母親との和解(?)も含めて、いい落とし所になったんじゃないかな。
    お隣さんも最後までいい子で愛おしくなった。
    オマケマンガがとても多くて、お得感がある。
  251. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    2巻ではかなり暗い方向にいったけれど、3巻は母親との和解(?)も含めて、いい落とし所になったんじゃないかな。
    お隣さんも最後までいい子で愛おしくなった。
    オマケマンガがとても多くて、お得感がある。
  252. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    母親との確執で相当ヘビーな展開になるかと思ったら、八田の際限なしのHとか、栗ちゃんの作品の書籍化とかで、案外楽しい展開だった気が。

    唯一ドキドキしたのが、八田が指輪取り戻しに須田家に乗り込むところ!
    …でも、不思議ちゃんの奥と子供に毒気を抜かれた後の、アホらしい八田と須田の言い合いがなんだか面白すぎて…!

    こういうシリアスと笑いと狂気が紙一重な描き方が、ほんとにたまらないんですよね~
    痛いけど痛すぎない、クズなんだけどクズじゃないっていう、さじ加減が絶妙。

    ももは八田にこれからもずっとエロエロに愛されて幸せになって欲しいです!

    カバー下のちぎロマの表紙に大爆笑~!
    カッコよすぎる。

  253. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    2巻ではかなり暗い方向にいったけれど、3巻は母親との和解(?)も含めて、いい落とし所になったんじゃないかな。
    お隣さんも最後までいい子で愛おしくなった。
    オマケマンガがとても多くて、お得感がある。
  254. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    母親との確執で相当ヘビーな展開になるかと思ったら、八田の際限なしのHとか、栗ちゃんの作品の書籍化とかで、案外楽しい展開だった気が。

    唯一ドキドキしたのが、八田が指輪取り戻しに須田家に乗り込むところ!
    …でも、不思議ちゃんの奥と子供に毒気を抜かれた後の、アホらしい八田と須田の言い合いがなんだか面白すぎて…!

    こういうシリアスと笑いと狂気が紙一重な描き方が、ほんとにたまらないんですよね~
    痛いけど痛すぎない、クズなんだけどクズじゃないっていう、さじ加減が絶妙。

    ももは八田にこれからもずっとエロエロに愛されて幸せになって欲しいです!

    カバー下のちぎロマの表紙に大爆笑~!
    カッコよすぎる。

  255. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    母親との確執で相当ヘビーな展開になるかと思ったら、八田の際限なしのHとか、栗ちゃんの作品の書籍化とかで、案外楽しい展開だった気が。

    唯一ドキドキしたのが、八田が指輪取り戻しに須田家に乗り込むところ!
    …でも、不思議ちゃんの奥と子供に毒気を抜かれた後の、アホらしい八田と須田の言い合いがなんだか面白すぎて…!

    こういうシリアスと笑いと狂気が紙一重な描き方が、ほんとにたまらないんですよね~
    痛いけど痛すぎない、クズなんだけどクズじゃないっていう、さじ加減が絶妙。

    ももは八田にこれからもずっとエロエロに愛されて幸せになって欲しいです!

    カバー下のちぎロマの表紙に大爆笑~!
    カッコよすぎる。

  256. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    ?まず1巻→2巻→3巻の表紙の移り変わりに八田ちゃんとモモの幸せの過程を感じて、胸がじーんとなった。

    男女の恋愛ものや百合作品と比べて、BLの場合多くの作品に性描写がある印象で。
    …言ってもそこまで数読んだわけじゃないので怒られそうですが。

    現実でもある程度の年齢いってる恋仲同士なら遅かれ早かれほぼするわけだし、男性の方が性欲あるしで、当たり前っちゃ当たり前なのかな。
    ?ただまあ、それまであんなに初々しかった二人でもやっぱり性行為はがっつり!
    だったり、そもそも過程とかすっ飛ばしてとりあえずヤろうぜ!
    みたいなのも、それが良いとか悪いとかではなく事実として、多い印象はあって。

    この『やたもも』も性描写はかなり多め&激しめなんだけれど、そのことにちゃんと意味がある。
    というか性描写あってこその物語。
    それがよかった。

    積み重ねて積み重ねてからのやっと伝えることができた、身体中から溢れるようなモモの八田ちゃんへの「好き」…!
    泣きました。

    飼い主とヒモみたいなところから始まった二人。
    世間一般でいう「純愛」の在り方とは違うのかもしれないけど、なんか、すごく、愛だなーと思った。

    われ鍋にとじ蓋。
    だらしがなかったり凶暴なとこもあったり、完璧じゃなくっても、完璧じゃないひとりとひとりが出会って、互いに補い合い支え合い、恋し合い愛し合い、ひとつの確かな愛のかたちになる。

    人間そうすぐに変われるわけではないし、育った環境もその中で培った信念も物事の捉え方も何もかもが違う誰かと一緒にいるとままならないことばかり。
    それでも好きで大切に想う相手だから、一緒にいたいと思うから、衝突と愛を重ねながらちょっとずつちょっとずつ歩み寄っていく。
    そういう風にやっていく。
    それが共に生きていくということなんだな、と。

    モモと八田ちゃんだけじゃなく、モモと須田、モモと母親、須田と奥さん……其々の生き方があって関係性があって、時にはうまくいかず歪んだり壊れてしまうこともある。
    けれど壊れたその跡に新たに生まれるものもある。
    築いていけるものがある。

    今この瞬間からその先へ、これからも続いていく彼らの人生にその人なりの幸せがきっとある。
    そう信じることができる、素晴らしいエンディングでした。

  257. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    母親との確執で相当ヘビーな展開になるかと思ったら、八田の際限なしのHとか、栗ちゃんの作品の書籍化とかで、案外楽しい展開だった気が。

    唯一ドキドキしたのが、八田が指輪取り戻しに須田家に乗り込むところ!
    …でも、不思議ちゃんの奥と子供に毒気を抜かれた後の、アホらしい八田と須田の言い合いがなんだか面白すぎて…!

    こういうシリアスと笑いと狂気が紙一重な描き方が、ほんとにたまらないんですよね~
    痛いけど痛すぎない、クズなんだけどクズじゃないっていう、さじ加減が絶妙。

    ももは八田にこれからもずっとエロエロに愛されて幸せになって欲しいです!

    カバー下のちぎロマの表紙に大爆笑~!
    カッコよすぎる。

  258. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    母親との確執で相当ヘビーな展開になるかと思ったら、八田の際限なしのHとか、栗ちゃんの作品の書籍化とかで、案外楽しい展開だった気が。

    唯一ドキドキしたのが、八田が指輪取り戻しに須田家に乗り込むところ!
    …でも、不思議ちゃんの奥と子供に毒気を抜かれた後の、アホらしい八田と須田の言い合いがなんだか面白すぎて…!

    こういうシリアスと笑いと狂気が紙一重な描き方が、ほんとにたまらないんですよね~
    痛いけど痛すぎない、クズなんだけどクズじゃないっていう、さじ加減が絶妙。

    ももは八田にこれからもずっとエロエロに愛されて幸せになって欲しいです!

    カバー下のちぎロマの表紙に大爆笑~!
    カッコよすぎる。

  259. ずっと…!

    ずっとこの2人(+くりちゃんも笑)は心の中で生きている!

    ももには八田ちゃん、八田ちゃんにはもも
    これがニコイチ!
    これがBL!

    大満足!

  260. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    ?まず1巻→2巻→3巻の表紙の移り変わりに八田ちゃんとモモの幸せの過程を感じて、胸がじーんとなった。

    男女の恋愛ものや百合作品と比べて、BLの場合多くの作品に性描写がある印象で。
    …言ってもそこまで数読んだわけじゃないので怒られそうですが。

    現実でもある程度の年齢いってる恋仲同士なら遅かれ早かれほぼするわけだし、男性の方が性欲あるしで、当たり前っちゃ当たり前なのかな。
    ?ただまあ、それまであんなに初々しかった二人でもやっぱり性行為はがっつり!
    だったり、そもそも過程とかすっ飛ばしてとりあえずヤろうぜ!
    みたいなのも、それが良いとか悪いとかではなく事実として、多い印象はあって。

    この『やたもも』も性描写はかなり多め&激しめなんだけれど、そのことにちゃんと意味がある。
    というか性描写あってこその物語。
    それがよかった。

    積み重ねて積み重ねてからのやっと伝えることができた、身体中から溢れるようなモモの八田ちゃんへの「好き」…!
    泣きました。

    飼い主とヒモみたいなところから始まった二人。
    世間一般でいう「純愛」の在り方とは違うのかもしれないけど、なんか、すごく、愛だなーと思った。

    われ鍋にとじ蓋。
    だらしがなかったり凶暴なとこもあったり、完璧じゃなくっても、完璧じゃないひとりとひとりが出会って、互いに補い合い支え合い、恋し合い愛し合い、ひとつの確かな愛のかたちになる。

    人間そうすぐに変われるわけではないし、育った環境もその中で培った信念も物事の捉え方も何もかもが違う誰かと一緒にいるとままならないことばかり。
    それでも好きで大切に想う相手だから、一緒にいたいと思うから、衝突と愛を重ねながらちょっとずつちょっとずつ歩み寄っていく。
    そういう風にやっていく。
    それが共に生きていくということなんだな、と。

    モモと八田ちゃんだけじゃなく、モモと須田、モモと母親、須田と奥さん……其々の生き方があって関係性があって、時にはうまくいかず歪んだり壊れてしまうこともある。
    けれど壊れたその跡に新たに生まれるものもある。
    築いていけるものがある。

    今この瞬間からその先へ、これからも続いていく彼らの人生にその人なりの幸せがきっとある。
    そう信じることができる、素晴らしいエンディングでした。

  261. ずっと…!

    ずっとこの2人(+くりちゃんも笑)は心の中で生きている!

    ももには八田ちゃん、八田ちゃんにはもも
    これがニコイチ!
    これがBL!

    大満足!

  262. ずっと…!

    ずっとこの2人(+くりちゃんも笑)は心の中で生きている!

    ももには八田ちゃん、八田ちゃんにはもも
    これがニコイチ!
    これがBL!

    大満足!

  263. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    ?まず1巻→2巻→3巻の表紙の移り変わりに八田ちゃんとモモの幸せの過程を感じて、胸がじーんとなった。

    男女の恋愛ものや百合作品と比べて、BLの場合多くの作品に性描写がある印象で。
    …言ってもそこまで数読んだわけじゃないので怒られそうですが。

    現実でもある程度の年齢いってる恋仲同士なら遅かれ早かれほぼするわけだし、男性の方が性欲あるしで、当たり前っちゃ当たり前なのかな。
    ?ただまあ、それまであんなに初々しかった二人でもやっぱり性行為はがっつり!
    だったり、そもそも過程とかすっ飛ばしてとりあえずヤろうぜ!
    みたいなのも、それが良いとか悪いとかではなく事実として、多い印象はあって。

    この『やたもも』も性描写はかなり多め&激しめなんだけれど、そのことにちゃんと意味がある。
    というか性描写あってこその物語。
    それがよかった。

    積み重ねて積み重ねてからのやっと伝えることができた、身体中から溢れるようなモモの八田ちゃんへの「好き」…!
    泣きました。

    飼い主とヒモみたいなところから始まった二人。
    世間一般でいう「純愛」の在り方とは違うのかもしれないけど、なんか、すごく、愛だなーと思った。

    われ鍋にとじ蓋。
    だらしがなかったり凶暴なとこもあったり、完璧じゃなくっても、完璧じゃないひとりとひとりが出会って、互いに補い合い支え合い、恋し合い愛し合い、ひとつの確かな愛のかたちになる。

    人間そうすぐに変われるわけではないし、育った環境もその中で培った信念も物事の捉え方も何もかもが違う誰かと一緒にいるとままならないことばかり。
    それでも好きで大切に想う相手だから、一緒にいたいと思うから、衝突と愛を重ねながらちょっとずつちょっとずつ歩み寄っていく。
    そういう風にやっていく。
    それが共に生きていくということなんだな、と。

    モモと八田ちゃんだけじゃなく、モモと須田、モモと母親、須田と奥さん……其々の生き方があって関係性があって、時にはうまくいかず歪んだり壊れてしまうこともある。
    けれど壊れたその跡に新たに生まれるものもある。
    築いていけるものがある。

    今この瞬間からその先へ、これからも続いていく彼らの人生にその人なりの幸せがきっとある。
    そう信じることができる、素晴らしいエンディングでした。

  264. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    母親との確執で相当ヘビーな展開になるかと思ったら、八田の際限なしのHとか、栗ちゃんの作品の書籍化とかで、案外楽しい展開だった気が。

    唯一ドキドキしたのが、八田が指輪取り戻しに須田家に乗り込むところ!
    …でも、不思議ちゃんの奥と子供に毒気を抜かれた後の、アホらしい八田と須田の言い合いがなんだか面白すぎて…!

    こういうシリアスと笑いと狂気が紙一重な描き方が、ほんとにたまらないんですよね~
    痛いけど痛すぎない、クズなんだけどクズじゃないっていう、さじ加減が絶妙。

    ももは八田にこれからもずっとエロエロに愛されて幸せになって欲しいです!

    カバー下のちぎロマの表紙に大爆笑~!
    カッコよすぎる。

  265. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    ?まず1巻→2巻→3巻の表紙の移り変わりに八田ちゃんとモモの幸せの過程を感じて、胸がじーんとなった。

    男女の恋愛ものや百合作品と比べて、BLの場合多くの作品に性描写がある印象で。
    …言ってもそこまで数読んだわけじゃないので怒られそうですが。

    現実でもある程度の年齢いってる恋仲同士なら遅かれ早かれほぼするわけだし、男性の方が性欲あるしで、当たり前っちゃ当たり前なのかな。
    ?ただまあ、それまであんなに初々しかった二人でもやっぱり性行為はがっつり!
    だったり、そもそも過程とかすっ飛ばしてとりあえずヤろうぜ!
    みたいなのも、それが良いとか悪いとかではなく事実として、多い印象はあって。

    この『やたもも』も性描写はかなり多め&激しめなんだけれど、そのことにちゃんと意味がある。
    というか性描写あってこその物語。
    それがよかった。

    積み重ねて積み重ねてからのやっと伝えることができた、身体中から溢れるようなモモの八田ちゃんへの「好き」…!
    泣きました。

    飼い主とヒモみたいなところから始まった二人。
    世間一般でいう「純愛」の在り方とは違うのかもしれないけど、なんか、すごく、愛だなーと思った。

    われ鍋にとじ蓋。
    だらしがなかったり凶暴なとこもあったり、完璧じゃなくっても、完璧じゃないひとりとひとりが出会って、互いに補い合い支え合い、恋し合い愛し合い、ひとつの確かな愛のかたちになる。

    人間そうすぐに変われるわけではないし、育った環境もその中で培った信念も物事の捉え方も何もかもが違う誰かと一緒にいるとままならないことばかり。
    それでも好きで大切に想う相手だから、一緒にいたいと思うから、衝突と愛を重ねながらちょっとずつちょっとずつ歩み寄っていく。
    そういう風にやっていく。
    それが共に生きていくということなんだな、と。

    モモと八田ちゃんだけじゃなく、モモと須田、モモと母親、須田と奥さん……其々の生き方があって関係性があって、時にはうまくいかず歪んだり壊れてしまうこともある。
    けれど壊れたその跡に新たに生まれるものもある。
    築いていけるものがある。

    今この瞬間からその先へ、これからも続いていく彼らの人生にその人なりの幸せがきっとある。
    そう信じることができる、素晴らしいエンディングでした。

  266. ずっと…!

    ずっとこの2人(+くりちゃんも笑)は心の中で生きている!

    ももには八田ちゃん、八田ちゃんにはもも
    これがニコイチ!
    これがBL!

    大満足!

  267. ずっと…!

    ずっとこの2人(+くりちゃんも笑)は心の中で生きている!

    ももには八田ちゃん、八田ちゃんにはもも
    これがニコイチ!
    これがBL!

    大満足!

  268. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    ?まず1巻→2巻→3巻の表紙の移り変わりに八田ちゃんとモモの幸せの過程を感じて、胸がじーんとなった。

    男女の恋愛ものや百合作品と比べて、BLの場合多くの作品に性描写がある印象で。
    …言ってもそこまで数読んだわけじゃないので怒られそうですが。

    現実でもある程度の年齢いってる恋仲同士なら遅かれ早かれほぼするわけだし、男性の方が性欲あるしで、当たり前っちゃ当たり前なのかな。
    ?ただまあ、それまであんなに初々しかった二人でもやっぱり性行為はがっつり!
    だったり、そもそも過程とかすっ飛ばしてとりあえずヤろうぜ!
    みたいなのも、それが良いとか悪いとかではなく事実として、多い印象はあって。

    この『やたもも』も性描写はかなり多め&激しめなんだけれど、そのことにちゃんと意味がある。
    というか性描写あってこその物語。
    それがよかった。

    積み重ねて積み重ねてからのやっと伝えることができた、身体中から溢れるようなモモの八田ちゃんへの「好き」…!
    泣きました。

    飼い主とヒモみたいなところから始まった二人。
    世間一般でいう「純愛」の在り方とは違うのかもしれないけど、なんか、すごく、愛だなーと思った。

    われ鍋にとじ蓋。
    だらしがなかったり凶暴なとこもあったり、完璧じゃなくっても、完璧じゃないひとりとひとりが出会って、互いに補い合い支え合い、恋し合い愛し合い、ひとつの確かな愛のかたちになる。

    人間そうすぐに変われるわけではないし、育った環境もその中で培った信念も物事の捉え方も何もかもが違う誰かと一緒にいるとままならないことばかり。
    それでも好きで大切に想う相手だから、一緒にいたいと思うから、衝突と愛を重ねながらちょっとずつちょっとずつ歩み寄っていく。
    そういう風にやっていく。
    それが共に生きていくということなんだな、と。

    モモと八田ちゃんだけじゃなく、モモと須田、モモと母親、須田と奥さん……其々の生き方があって関係性があって、時にはうまくいかず歪んだり壊れてしまうこともある。
    けれど壊れたその跡に新たに生まれるものもある。
    築いていけるものがある。

    今この瞬間からその先へ、これからも続いていく彼らの人生にその人なりの幸せがきっとある。
    そう信じることができる、素晴らしいエンディングでした。

  269. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    2巻ではかなり暗い方向にいったけれど、3巻は母親との和解(?)も含めて、いい落とし所になったんじゃないかな。
    お隣さんも最後までいい子で愛おしくなった。
    オマケマンガがとても多くて、お得感がある。
  270. ずっと…!

    ずっとこの2人(+くりちゃんも笑)は心の中で生きている!

    ももには八田ちゃん、八田ちゃんにはもも
    これがニコイチ!
    これがBL!

    大満足!

  271. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    2巻ではかなり暗い方向にいったけれど、3巻は母親との和解(?)も含めて、いい落とし所になったんじゃないかな。
    お隣さんも最後までいい子で愛おしくなった。
    オマケマンガがとても多くて、お得感がある。
  272. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    2巻ではかなり暗い方向にいったけれど、3巻は母親との和解(?)も含めて、いい落とし所になったんじゃないかな。
    お隣さんも最後までいい子で愛おしくなった。
    オマケマンガがとても多くて、お得感がある。
  273. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    ?まず1巻→2巻→3巻の表紙の移り変わりに八田ちゃんとモモの幸せの過程を感じて、胸がじーんとなった。

    男女の恋愛ものや百合作品と比べて、BLの場合多くの作品に性描写がある印象で。
    …言ってもそこまで数読んだわけじゃないので怒られそうですが。

    現実でもある程度の年齢いってる恋仲同士なら遅かれ早かれほぼするわけだし、男性の方が性欲あるしで、当たり前っちゃ当たり前なのかな。
    ?ただまあ、それまであんなに初々しかった二人でもやっぱり性行為はがっつり!
    だったり、そもそも過程とかすっ飛ばしてとりあえずヤろうぜ!
    みたいなのも、それが良いとか悪いとかではなく事実として、多い印象はあって。

    この『やたもも』も性描写はかなり多め&激しめなんだけれど、そのことにちゃんと意味がある。
    というか性描写あってこその物語。
    それがよかった。

    積み重ねて積み重ねてからのやっと伝えることができた、身体中から溢れるようなモモの八田ちゃんへの「好き」…!
    泣きました。

    飼い主とヒモみたいなところから始まった二人。
    世間一般でいう「純愛」の在り方とは違うのかもしれないけど、なんか、すごく、愛だなーと思った。

    われ鍋にとじ蓋。
    だらしがなかったり凶暴なとこもあったり、完璧じゃなくっても、完璧じゃないひとりとひとりが出会って、互いに補い合い支え合い、恋し合い愛し合い、ひとつの確かな愛のかたちになる。

    人間そうすぐに変われるわけではないし、育った環境もその中で培った信念も物事の捉え方も何もかもが違う誰かと一緒にいるとままならないことばかり。
    それでも好きで大切に想う相手だから、一緒にいたいと思うから、衝突と愛を重ねながらちょっとずつちょっとずつ歩み寄っていく。
    そういう風にやっていく。
    それが共に生きていくということなんだな、と。

    モモと八田ちゃんだけじゃなく、モモと須田、モモと母親、須田と奥さん……其々の生き方があって関係性があって、時にはうまくいかず歪んだり壊れてしまうこともある。
    けれど壊れたその跡に新たに生まれるものもある。
    築いていけるものがある。

    今この瞬間からその先へ、これからも続いていく彼らの人生にその人なりの幸せがきっとある。
    そう信じることができる、素晴らしいエンディングでした。

  274. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    母親との確執で相当ヘビーな展開になるかと思ったら、八田の際限なしのHとか、栗ちゃんの作品の書籍化とかで、案外楽しい展開だった気が。

    唯一ドキドキしたのが、八田が指輪取り戻しに須田家に乗り込むところ!
    …でも、不思議ちゃんの奥と子供に毒気を抜かれた後の、アホらしい八田と須田の言い合いがなんだか面白すぎて…!

    こういうシリアスと笑いと狂気が紙一重な描き方が、ほんとにたまらないんですよね~
    痛いけど痛すぎない、クズなんだけどクズじゃないっていう、さじ加減が絶妙。

    ももは八田にこれからもずっとエロエロに愛されて幸せになって欲しいです!

    カバー下のちぎロマの表紙に大爆笑~!
    カッコよすぎる。

  275. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    母親との確執で相当ヘビーな展開になるかと思ったら、八田の際限なしのHとか、栗ちゃんの作品の書籍化とかで、案外楽しい展開だった気が。

    唯一ドキドキしたのが、八田が指輪取り戻しに須田家に乗り込むところ!
    …でも、不思議ちゃんの奥と子供に毒気を抜かれた後の、アホらしい八田と須田の言い合いがなんだか面白すぎて…!

    こういうシリアスと笑いと狂気が紙一重な描き方が、ほんとにたまらないんですよね~
    痛いけど痛すぎない、クズなんだけどクズじゃないっていう、さじ加減が絶妙。

    ももは八田にこれからもずっとエロエロに愛されて幸せになって欲しいです!

    カバー下のちぎロマの表紙に大爆笑~!
    カッコよすぎる。

  276. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    母親との確執で相当ヘビーな展開になるかと思ったら、八田の際限なしのHとか、栗ちゃんの作品の書籍化とかで、案外楽しい展開だった気が。

    唯一ドキドキしたのが、八田が指輪取り戻しに須田家に乗り込むところ!
    …でも、不思議ちゃんの奥と子供に毒気を抜かれた後の、アホらしい八田と須田の言い合いがなんだか面白すぎて…!

    こういうシリアスと笑いと狂気が紙一重な描き方が、ほんとにたまらないんですよね~
    痛いけど痛すぎない、クズなんだけどクズじゃないっていう、さじ加減が絶妙。

    ももは八田にこれからもずっとエロエロに愛されて幸せになって欲しいです!

    カバー下のちぎロマの表紙に大爆笑~!
    カッコよすぎる。

  277. ずっと…!

    ずっとこの2人(+くりちゃんも笑)は心の中で生きている!

    ももには八田ちゃん、八田ちゃんにはもも
    これがニコイチ!
    これがBL!

    大満足!

  278. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    母親との確執で相当ヘビーな展開になるかと思ったら、八田の際限なしのHとか、栗ちゃんの作品の書籍化とかで、案外楽しい展開だった気が。

    唯一ドキドキしたのが、八田が指輪取り戻しに須田家に乗り込むところ!
    …でも、不思議ちゃんの奥と子供に毒気を抜かれた後の、アホらしい八田と須田の言い合いがなんだか面白すぎて…!

    こういうシリアスと笑いと狂気が紙一重な描き方が、ほんとにたまらないんですよね~
    痛いけど痛すぎない、クズなんだけどクズじゃないっていう、さじ加減が絶妙。

    ももは八田にこれからもずっとエロエロに愛されて幸せになって欲しいです!

    カバー下のちぎロマの表紙に大爆笑~!
    カッコよすぎる。

  279. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    ?まず1巻→2巻→3巻の表紙の移り変わりに八田ちゃんとモモの幸せの過程を感じて、胸がじーんとなった。

    男女の恋愛ものや百合作品と比べて、BLの場合多くの作品に性描写がある印象で。
    …言ってもそこまで数読んだわけじゃないので怒られそうですが。

    現実でもある程度の年齢いってる恋仲同士なら遅かれ早かれほぼするわけだし、男性の方が性欲あるしで、当たり前っちゃ当たり前なのかな。
    ?ただまあ、それまであんなに初々しかった二人でもやっぱり性行為はがっつり!
    だったり、そもそも過程とかすっ飛ばしてとりあえずヤろうぜ!
    みたいなのも、それが良いとか悪いとかではなく事実として、多い印象はあって。

    この『やたもも』も性描写はかなり多め&激しめなんだけれど、そのことにちゃんと意味がある。
    というか性描写あってこその物語。
    それがよかった。

    積み重ねて積み重ねてからのやっと伝えることができた、身体中から溢れるようなモモの八田ちゃんへの「好き」…!
    泣きました。

    飼い主とヒモみたいなところから始まった二人。
    世間一般でいう「純愛」の在り方とは違うのかもしれないけど、なんか、すごく、愛だなーと思った。

    われ鍋にとじ蓋。
    だらしがなかったり凶暴なとこもあったり、完璧じゃなくっても、完璧じゃないひとりとひとりが出会って、互いに補い合い支え合い、恋し合い愛し合い、ひとつの確かな愛のかたちになる。

    人間そうすぐに変われるわけではないし、育った環境もその中で培った信念も物事の捉え方も何もかもが違う誰かと一緒にいるとままならないことばかり。
    それでも好きで大切に想う相手だから、一緒にいたいと思うから、衝突と愛を重ねながらちょっとずつちょっとずつ歩み寄っていく。
    そういう風にやっていく。
    それが共に生きていくということなんだな、と。

    モモと八田ちゃんだけじゃなく、モモと須田、モモと母親、須田と奥さん……其々の生き方があって関係性があって、時にはうまくいかず歪んだり壊れてしまうこともある。
    けれど壊れたその跡に新たに生まれるものもある。
    築いていけるものがある。

    今この瞬間からその先へ、これからも続いていく彼らの人生にその人なりの幸せがきっとある。
    そう信じることができる、素晴らしいエンディングでした。

  280. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    ?まず1巻→2巻→3巻の表紙の移り変わりに八田ちゃんとモモの幸せの過程を感じて、胸がじーんとなった。

    男女の恋愛ものや百合作品と比べて、BLの場合多くの作品に性描写がある印象で。
    …言ってもそこまで数読んだわけじゃないので怒られそうですが。

    現実でもある程度の年齢いってる恋仲同士なら遅かれ早かれほぼするわけだし、男性の方が性欲あるしで、当たり前っちゃ当たり前なのかな。
    ?ただまあ、それまであんなに初々しかった二人でもやっぱり性行為はがっつり!
    だったり、そもそも過程とかすっ飛ばしてとりあえずヤろうぜ!
    みたいなのも、それが良いとか悪いとかではなく事実として、多い印象はあって。

    この『やたもも』も性描写はかなり多め&激しめなんだけれど、そのことにちゃんと意味がある。
    というか性描写あってこその物語。
    それがよかった。

    積み重ねて積み重ねてからのやっと伝えることができた、身体中から溢れるようなモモの八田ちゃんへの「好き」…!
    泣きました。

    飼い主とヒモみたいなところから始まった二人。
    世間一般でいう「純愛」の在り方とは違うのかもしれないけど、なんか、すごく、愛だなーと思った。

    われ鍋にとじ蓋。
    だらしがなかったり凶暴なとこもあったり、完璧じゃなくっても、完璧じゃないひとりとひとりが出会って、互いに補い合い支え合い、恋し合い愛し合い、ひとつの確かな愛のかたちになる。

    人間そうすぐに変われるわけではないし、育った環境もその中で培った信念も物事の捉え方も何もかもが違う誰かと一緒にいるとままならないことばかり。
    それでも好きで大切に想う相手だから、一緒にいたいと思うから、衝突と愛を重ねながらちょっとずつちょっとずつ歩み寄っていく。
    そういう風にやっていく。
    それが共に生きていくということなんだな、と。

    モモと八田ちゃんだけじゃなく、モモと須田、モモと母親、須田と奥さん……其々の生き方があって関係性があって、時にはうまくいかず歪んだり壊れてしまうこともある。
    けれど壊れたその跡に新たに生まれるものもある。
    築いていけるものがある。

    今この瞬間からその先へ、これからも続いていく彼らの人生にその人なりの幸せがきっとある。
    そう信じることができる、素晴らしいエンディングでした。

  281. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    母親との確執で相当ヘビーな展開になるかと思ったら、八田の際限なしのHとか、栗ちゃんの作品の書籍化とかで、案外楽しい展開だった気が。

    唯一ドキドキしたのが、八田が指輪取り戻しに須田家に乗り込むところ!
    …でも、不思議ちゃんの奥と子供に毒気を抜かれた後の、アホらしい八田と須田の言い合いがなんだか面白すぎて…!

    こういうシリアスと笑いと狂気が紙一重な描き方が、ほんとにたまらないんですよね~
    痛いけど痛すぎない、クズなんだけどクズじゃないっていう、さじ加減が絶妙。

    ももは八田にこれからもずっとエロエロに愛されて幸せになって欲しいです!

    カバー下のちぎロマの表紙に大爆笑~!
    カッコよすぎる。

  282. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    2巻ではかなり暗い方向にいったけれど、3巻は母親との和解(?)も含めて、いい落とし所になったんじゃないかな。
    お隣さんも最後までいい子で愛おしくなった。
    オマケマンガがとても多くて、お得感がある。
  283. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    ?まず1巻→2巻→3巻の表紙の移り変わりに八田ちゃんとモモの幸せの過程を感じて、胸がじーんとなった。

    男女の恋愛ものや百合作品と比べて、BLの場合多くの作品に性描写がある印象で。
    …言ってもそこまで数読んだわけじゃないので怒られそうですが。

    現実でもある程度の年齢いってる恋仲同士なら遅かれ早かれほぼするわけだし、男性の方が性欲あるしで、当たり前っちゃ当たり前なのかな。
    ?ただまあ、それまであんなに初々しかった二人でもやっぱり性行為はがっつり!
    だったり、そもそも過程とかすっ飛ばしてとりあえずヤろうぜ!
    みたいなのも、それが良いとか悪いとかではなく事実として、多い印象はあって。

    この『やたもも』も性描写はかなり多め&激しめなんだけれど、そのことにちゃんと意味がある。
    というか性描写あってこその物語。
    それがよかった。

    積み重ねて積み重ねてからのやっと伝えることができた、身体中から溢れるようなモモの八田ちゃんへの「好き」…!
    泣きました。

    飼い主とヒモみたいなところから始まった二人。
    世間一般でいう「純愛」の在り方とは違うのかもしれないけど、なんか、すごく、愛だなーと思った。

    われ鍋にとじ蓋。
    だらしがなかったり凶暴なとこもあったり、完璧じゃなくっても、完璧じゃないひとりとひとりが出会って、互いに補い合い支え合い、恋し合い愛し合い、ひとつの確かな愛のかたちになる。

    人間そうすぐに変われるわけではないし、育った環境もその中で培った信念も物事の捉え方も何もかもが違う誰かと一緒にいるとままならないことばかり。
    それでも好きで大切に想う相手だから、一緒にいたいと思うから、衝突と愛を重ねながらちょっとずつちょっとずつ歩み寄っていく。
    そういう風にやっていく。
    それが共に生きていくということなんだな、と。

    モモと八田ちゃんだけじゃなく、モモと須田、モモと母親、須田と奥さん……其々の生き方があって関係性があって、時にはうまくいかず歪んだり壊れてしまうこともある。
    けれど壊れたその跡に新たに生まれるものもある。
    築いていけるものがある。

    今この瞬間からその先へ、これからも続いていく彼らの人生にその人なりの幸せがきっとある。
    そう信じることができる、素晴らしいエンディングでした。

  284. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    2巻ではかなり暗い方向にいったけれど、3巻は母親との和解(?)も含めて、いい落とし所になったんじゃないかな。
    お隣さんも最後までいい子で愛おしくなった。
    オマケマンガがとても多くて、お得感がある。
  285. ずっと…!

    ずっとこの2人(+くりちゃんも笑)は心の中で生きている!

    ももには八田ちゃん、八田ちゃんにはもも
    これがニコイチ!
    これがBL!

    大満足!

  286. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    母親との確執で相当ヘビーな展開になるかと思ったら、八田の際限なしのHとか、栗ちゃんの作品の書籍化とかで、案外楽しい展開だった気が。

    唯一ドキドキしたのが、八田が指輪取り戻しに須田家に乗り込むところ!
    …でも、不思議ちゃんの奥と子供に毒気を抜かれた後の、アホらしい八田と須田の言い合いがなんだか面白すぎて…!

    こういうシリアスと笑いと狂気が紙一重な描き方が、ほんとにたまらないんですよね~
    痛いけど痛すぎない、クズなんだけどクズじゃないっていう、さじ加減が絶妙。

    ももは八田にこれからもずっとエロエロに愛されて幸せになって欲しいです!

    カバー下のちぎロマの表紙に大爆笑~!
    カッコよすぎる。

  287. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    ?まず1巻→2巻→3巻の表紙の移り変わりに八田ちゃんとモモの幸せの過程を感じて、胸がじーんとなった。

    男女の恋愛ものや百合作品と比べて、BLの場合多くの作品に性描写がある印象で。
    …言ってもそこまで数読んだわけじゃないので怒られそうですが。

    現実でもある程度の年齢いってる恋仲同士なら遅かれ早かれほぼするわけだし、男性の方が性欲あるしで、当たり前っちゃ当たり前なのかな。
    ?ただまあ、それまであんなに初々しかった二人でもやっぱり性行為はがっつり!
    だったり、そもそも過程とかすっ飛ばしてとりあえずヤろうぜ!
    みたいなのも、それが良いとか悪いとかではなく事実として、多い印象はあって。

    この『やたもも』も性描写はかなり多め&激しめなんだけれど、そのことにちゃんと意味がある。
    というか性描写あってこその物語。
    それがよかった。

    積み重ねて積み重ねてからのやっと伝えることができた、身体中から溢れるようなモモの八田ちゃんへの「好き」…!
    泣きました。

    飼い主とヒモみたいなところから始まった二人。
    世間一般でいう「純愛」の在り方とは違うのかもしれないけど、なんか、すごく、愛だなーと思った。

    われ鍋にとじ蓋。
    だらしがなかったり凶暴なとこもあったり、完璧じゃなくっても、完璧じゃないひとりとひとりが出会って、互いに補い合い支え合い、恋し合い愛し合い、ひとつの確かな愛のかたちになる。

    人間そうすぐに変われるわけではないし、育った環境もその中で培った信念も物事の捉え方も何もかもが違う誰かと一緒にいるとままならないことばかり。
    それでも好きで大切に想う相手だから、一緒にいたいと思うから、衝突と愛を重ねながらちょっとずつちょっとずつ歩み寄っていく。
    そういう風にやっていく。
    それが共に生きていくということなんだな、と。

    モモと八田ちゃんだけじゃなく、モモと須田、モモと母親、須田と奥さん……其々の生き方があって関係性があって、時にはうまくいかず歪んだり壊れてしまうこともある。
    けれど壊れたその跡に新たに生まれるものもある。
    築いていけるものがある。

    今この瞬間からその先へ、これからも続いていく彼らの人生にその人なりの幸せがきっとある。
    そう信じることができる、素晴らしいエンディングでした。

  288. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    ?まず1巻→2巻→3巻の表紙の移り変わりに八田ちゃんとモモの幸せの過程を感じて、胸がじーんとなった。

    男女の恋愛ものや百合作品と比べて、BLの場合多くの作品に性描写がある印象で。
    …言ってもそこまで数読んだわけじゃないので怒られそうですが。

    現実でもある程度の年齢いってる恋仲同士なら遅かれ早かれほぼするわけだし、男性の方が性欲あるしで、当たり前っちゃ当たり前なのかな。
    ?ただまあ、それまであんなに初々しかった二人でもやっぱり性行為はがっつり!
    だったり、そもそも過程とかすっ飛ばしてとりあえずヤろうぜ!
    みたいなのも、それが良いとか悪いとかではなく事実として、多い印象はあって。

    この『やたもも』も性描写はかなり多め&激しめなんだけれど、そのことにちゃんと意味がある。
    というか性描写あってこその物語。
    それがよかった。

    積み重ねて積み重ねてからのやっと伝えることができた、身体中から溢れるようなモモの八田ちゃんへの「好き」…!
    泣きました。

    飼い主とヒモみたいなところから始まった二人。
    世間一般でいう「純愛」の在り方とは違うのかもしれないけど、なんか、すごく、愛だなーと思った。

    われ鍋にとじ蓋。
    だらしがなかったり凶暴なとこもあったり、完璧じゃなくっても、完璧じゃないひとりとひとりが出会って、互いに補い合い支え合い、恋し合い愛し合い、ひとつの確かな愛のかたちになる。

    人間そうすぐに変われるわけではないし、育った環境もその中で培った信念も物事の捉え方も何もかもが違う誰かと一緒にいるとままならないことばかり。
    それでも好きで大切に想う相手だから、一緒にいたいと思うから、衝突と愛を重ねながらちょっとずつちょっとずつ歩み寄っていく。
    そういう風にやっていく。
    それが共に生きていくということなんだな、と。

    モモと八田ちゃんだけじゃなく、モモと須田、モモと母親、須田と奥さん……其々の生き方があって関係性があって、時にはうまくいかず歪んだり壊れてしまうこともある。
    けれど壊れたその跡に新たに生まれるものもある。
    築いていけるものがある。

    今この瞬間からその先へ、これからも続いていく彼らの人生にその人なりの幸せがきっとある。
    そう信じることができる、素晴らしいエンディングでした。

  289. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    2巻ではかなり暗い方向にいったけれど、3巻は母親との和解(?)も含めて、いい落とし所になったんじゃないかな。
    お隣さんも最後までいい子で愛おしくなった。
    オマケマンガがとても多くて、お得感がある。
  290. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    母親との確執で相当ヘビーな展開になるかと思ったら、八田の際限なしのHとか、栗ちゃんの作品の書籍化とかで、案外楽しい展開だった気が。

    唯一ドキドキしたのが、八田が指輪取り戻しに須田家に乗り込むところ!
    …でも、不思議ちゃんの奥と子供に毒気を抜かれた後の、アホらしい八田と須田の言い合いがなんだか面白すぎて…!

    こういうシリアスと笑いと狂気が紙一重な描き方が、ほんとにたまらないんですよね~
    痛いけど痛すぎない、クズなんだけどクズじゃないっていう、さじ加減が絶妙。

    ももは八田にこれからもずっとエロエロに愛されて幸せになって欲しいです!

    カバー下のちぎロマの表紙に大爆笑~!
    カッコよすぎる。

  291. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    2巻ではかなり暗い方向にいったけれど、3巻は母親との和解(?)も含めて、いい落とし所になったんじゃないかな。
    お隣さんも最後までいい子で愛おしくなった。
    オマケマンガがとても多くて、お得感がある。
  292. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    母親との確執で相当ヘビーな展開になるかと思ったら、八田の際限なしのHとか、栗ちゃんの作品の書籍化とかで、案外楽しい展開だった気が。

    唯一ドキドキしたのが、八田が指輪取り戻しに須田家に乗り込むところ!
    …でも、不思議ちゃんの奥と子供に毒気を抜かれた後の、アホらしい八田と須田の言い合いがなんだか面白すぎて…!

    こういうシリアスと笑いと狂気が紙一重な描き方が、ほんとにたまらないんですよね~
    痛いけど痛すぎない、クズなんだけどクズじゃないっていう、さじ加減が絶妙。

    ももは八田にこれからもずっとエロエロに愛されて幸せになって欲しいです!

    カバー下のちぎロマの表紙に大爆笑~!
    カッコよすぎる。

  293. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ

    2巻ではかなり暗い方向にいったけれど、3巻は母親との和解(?)も含めて、いい落とし所になったんじゃないかな。
    お隣さんも最後までいい子で愛おしくなった。
    オマケマンガがとても多くて、お得感がある。
  294. user より:
    やたもも 3 (バンブーコミックス Qpaコレクショ